FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

議会運営委員会

 「朝から雨模様。なんだか生温かい気候で寒暖の差が激しいので体調を崩しやすい。とはいえ今日は午前9時半より議会運営委員会があり、来る12月定例議会の開催に向けて、今回の会期中の決議事項や審議事項などを確認。また作業部会から議会報告会を2月上旬に開催する内容について全体の計画を立てたので発表し、これをまた全協へと繋ぐ。ただ12月4日の全協は行政側から11もの説明事項があるので、長い1日になりそうだ。」

 11時にはいったん事務所に戻って用事を済ませ、コンビニでランチを買って済ませ、また13時半には作業部会のため庁舎に戻る。
 本来はここで全員で確認したかったことがあったのだが、残念ながらもともとのAグループの3人しか集まらなかったので、より具体的な話を進めた。とりあえず2月7日の議会報告会に特化してこの会を成功させるのも、これからの部会としての腕の見せ所かもしれない。
 また会場での飲料水の提供についてやチラシ配布や、会の後に書いてもらうアンケートの原案をこの12月議会終了までには出して、まずはみなさんの了解をもらわねばならないことなどを話し合った。
 この議会報告後はまずはお披露目で、新年度からのそれらは会の開催にあたっての要綱をしっかり作ってから、それらに基づいて開催していく予定だ。
 夕方事務所に戻って、今日の結果を踏まえて仕事の段取りについてスタッフと話し合って、明日から着々と作業に取り掛かって行こう。

会合準備

 「今朝からとっても暖かい。お天気も良くて洗濯物もよく乾きそうだ。宝塚高校の同窓会や友人との語らいの時間など仕事から離れて、充実の時間を過ごしてとってもリフレッシュできた感があった。」

 午前中は、事務所にて溜まった仕事や早めに取りかかっておかないといけない書類整理や原稿書きなどをするため、来客対応をふくめ忙しい時間を過ごした。
 午後から銀行に行き、金融商品について話を聴いたり事務手続きをし、3時過ぎには庁舎に行きいろんな用事を済ませた。
 明日の議会運営委員会で作業部会で決まったことなどの報告や全協に出す案件についての素案を作成したりで夜遅くなってしまった。

宝塚高校同窓会

 「今朝は6時起床、7時にはタクシーが来て20分過ぎには空港に。結構多くの人が来ている。飛行機は満席だ。8時50分発で若干の遅れがあって、9時に大阪空港へ。9時40分には元宝塚の実家に到着。今は社会福祉協議会が運営する野上憩いの家という365日年中無休でやっている高齢者デイケアーの拠点になっている。最近では子育て支援センターや子供たちの休み中の学習の場になったり、地元地域の人たちの趣味の部屋としてお貸ししたりの場所にもなっている。今日はここの管理者と会って施設管理上で家主との相談事や情報交換というようなことをする時間をとって、約1時間お話しすることができた。その後、同窓会の開始時間まで2時間近くあったので終点の宝塚まで行って、軽食を摂って時間つぶしをし会場の宝塚ホテルに向かった。」
              DSC_1114 (250x104)
 宝塚高校の創立55周年の大同窓会は、午後13時30分始まりなのだがすでに12時半から受け付けをしていたので知り合いも少しいて、少し早かったのだが会場の指定のテーブルに着いた。
 このテーブルには7期生と私たち6期生で10人集まった。最終的には会場に123人の同窓生が集まり、最初に記念写真を撮りそのあと現校長や同窓会長などの挨拶があって、オープニングセレモニーが終わると両脇に並ぶ料理の数々に皆が好きなものを取っていくビュッヘスタイルだった。
          DSC_1119 (250x141) 
 また吹奏楽OB楽団の演奏で校歌を歌ったり、いろんな演奏で盛り上げてくれた。さらに吉本興業から落語家の桂小枝(9期生)、お笑いユニットの学天即(35期生)の特別参加で盛り上がった。
     DSC_1123 (200x140) abc94f76e8342905ac3dbb26bd24da82874f3687[1] (198x250)
 私はスマホで写真を撮ろうとしたら、もうこの段階で電池残量が少なくてカメラ機能がストップしてしまった、残念だった。
 4時にはお開きとなったが、5期生など現役の時に共通する先生など話が合うので少し残ってお茶しながら、昔懐かしい話に花が咲いた。
 夕方6時には新阪急ホテルで友人と待ち合わせていたので、それから梅田まで出た。チェックインしようとホテルに行くと1階フロントで彼女と出会って、少し私が部屋に荷物を置いて戻ってくるまで待ってくれていた。本当に久しぶりの再会だったが、河童横丁のほうまで歩いてその中の近江野菜のレストランという居酒屋さんでお話ししながら楽しい時間を過ごした。
 正直、同窓会で結構食べていたのでお腹のほうは苦しいぐらいいっぱいだったが、せっかくなのであっさりしたものを少しづつオーダーして、ビールを飲みながらお腹が落ち着くのを待った。
 確かに時間に連れて、少しづつお腹に入れる余裕が出てきた。2時間経つとオーダーストップの宣告が・・
 さらに場所を変えてサンマルクのフリースペースででも話をして、気が付けば11時過ぎに。そこでも私のお腹の調子もあまり良くなくてしかも眠気も出てきて、そこを出たところで別れた。またの再会を楽しみに。
 ホテルの戻るちょっとの間でもお腹がぐるぐる言って痛かったけど、部屋に到着するとその痛みも消えてシャワーを浴びて、翌朝シャンプーすることに。おやすみなさ~い。みっちゃん楽しい時間ありがとう。

法事&地区役員会

 「今日は親戚のおばさんの3回忌の法事に夫婦で出席。大洲までのアクセスは、夫の車で。ただ夫は11時過ぎに終わった法事の後、お墓には行かず昼からの会議のためさっと帰っちゃったので、姉さん夫婦の車でお墓で祭礼を済ませ、そのあと近くの料亭に宴席を設けておられたので、そちらでみなさんとともに食事を済ませ、約2時間ほど久しぶりの親戚の方々と談笑し、おばさんのことや近況報告など話は尽きなかったけど、お開きの後は久々に姉の家によって、結局兄さんがその日ドイツに行くので松山空港に行くという事で4時には息子さんに車で送ってもらうとのことだった。同じ方向の私にはちょうどタクシー使って帰ろうかと思っていたぐらいだったから、便乗させてもらった。(ラッキー)」

 5時前に帰宅。しばらくして6時半から、地区の役員会があって、そのあと忘年会もあったので今度はそこで1時間ほどの会議後、宴会となった。この前の西高柳の文化祭の反省と会計報告、さらに今後の予定など区長からお話も合って、みなさんからの承認も得て、宴会となった。
 お昼にも法事でビールやお酒を飲んでいたが、
この時にはほとんど消えていたので、ここでのご近所さんたちともおいしいお酒が飲めた。
 ただダイエットしてる私にはあまり良くないことなので、
また明日から気を引き締めて頑張ろう・・
 明日早朝から宝塚に向けて出発。
早く起きないといけないので荷物ができたら早めに就寝しよう。

作業部会

 「今朝はいいお天気だったのに時間とともに曇ってきて、ついに10時過ぎにはぽつぽつと寒い雨が降ってきた。洗濯物はテラスの中で昨日から干していたので、ほとんど乾いていたからあわてて取り込んだ。朝から連絡しないといけない用事がいくつもあって、それらを片付けていると事務所に行くのが10時半過ぎになってしまった。でも昨日のうちに一般質問の通告書も仕上げていたし、今日の作業部会のレジュメの原案はできていたのでスタッフに仕上げてもらう段階にはなっていた。そのためメールで事務局に午後から送って、銀行から営業に来られて色々話しているうちにお昼になってしまった。午後1時半から作業部会Aグループの話し合いがあるので、急ぎ向かった。」

 ところが母のことでグループホームから連絡があって、朝から低血糖状態が続いていて非常に低いので急きょ渡辺病院へ行き治療を受けるため移動し点滴を受けているとの話を聞き、一度病院に行ってほしいとのことだったので会議を早めに切り上げて次の3時半からの議運準備行政側からの提案議案について対策会議を開くため、なるべくそれに間に合うようにと病院へ駆けつけたが、まだ点滴を受けていた。
 ホームのスタッフに付き添われて点滴中だった。あと少しだったが、まだ時間がかかりそうなので先生からの指示を受け、この3日間過ごして様子を診ていくとの話を聞き、母の様子も見てとりあえず引き返した。
 その後少し遅れて対策会議に参加して4時半には会議が終わり、5時過ぎには予約していた美容院に行き白いものが目立ってきたヘヤーをきれいに整えてもらった。
 今晩もまた夫は夕食はいらないとの連絡があって、のんびり個食を楽しんだ。

ワイワイ座談会

 「今朝は事務所にてネットワーク松前のワイワイトークのレジュメの残りの分が今日もたらされてので、それらを一緒に最後に閉じて作成すると、私と代表ともう一人の担当者とで最後の打ち合わせも済ませ、12時には会場の福祉センターに行った。午後1時から本番だが会場づくりにネットワークの皆さんが次から次へと入ってきて、テーブルやいすを並べ、どんどん会場ができ上がっていく。受付に名札やレジュメ、資料、アンケート用紙などが並び、スタンバイ。」

 今回のテーマはいかに人生きらきらと過ごすか・・
 
4人のキラ人たちのお話しをもとにこれからの人生をみんなでそれぞれが考えていくことで、各人の活動にまたその周りの人々も巻き込んでいい地域や社会づくりにつながっていることに気づきがあったり、男女共同参画の活動にも一歩づつ進展が。
        P1120232 (300x185)
 相変わらず元気でおしゃべり大好きなネットワークのメンバーと花サロンや子育てサークルの方々、ウエルエイジングの活動を続けているみなさんとのワークショップは時間を忘れるぐらい意見交換ができ、それでも足らない人たちには下の喫茶みどりにてお茶しながらのおしゃべりタイムも用意されていた。
 夕方4時ごろには外はかなり暗くなっていて、ちょっと不気味な感じだったけど、会が終わってほっとした気分だった。
 4時半には事務所に戻り、残っていた用事を済ませ、明日は勤労感謝の日でお休みなので24日に向けて通告書が仕上げられるように打ち合わせをして5時過ぎに帰宅。
 今日は11月22日つまり『いい夫婦の日』だったので、夫に「ご飯食べに行く?」って電話しようと思ったら向こうからかかってきたので、今日が何の日か知ってかけてきたのかと思ったら知らなかったみたいだったけど、以心伝心か? こちらからかけたら、私がおごらなきゃならなったかもしれなかったし・・・(笑)
 夫の下心:明日自分を詩吟の大会のあるウエルピアの会場まで送ってほしいという事もあったみたい・・・

無理はできない、フラレッスン

 「今朝は本当に洗濯日和なのに、昨日ほとんど洗濯しちゃったのであまりバスケットに入っていないので残念。昨日できなかったブログを今朝書いてメールした。そのあと事務局へ行き、議会報告会の資料について確認して24日のグループ別作業部会には出せるように。その後エミフルにて軽く昼食を。そしてフラのレッスンに。今日はいつもの潤子先生は用事で来れず、お弟子さんが来て一緒に踊ってくれた。私の今の状況は何曲か踊ると左足がしびれてきて、鈍痛がするので最初の基礎ステップの練習をすると最後までできなくなってしまうので当分、年内は直接踊りの練習に入ったほうがいいみたい。情けないけどね・・・」

 レッスン後は事務所に戻って、昨日からの続きで一般質問の通告書の原稿書きをした。今週中にほぼ仕上げる予定で、大きなテーマとしては3つぐらいを考えている。
 夕方4時半には事務所を出て、帰りに買い物をして帰宅。ただ夕食を作る前に夫から電話があって、夕食はいらないとのこと。一人のんびり食事を済ませ、ニュースやメールのチェック。
 明日はネットワーク松前のワイワイトークの日だ。うまく会が進行できるように、ファシリテータとして頑張るつもりだ。記録係として写真もしっかり撮っておこう。
 ただ明日は雨らしいので皆さんの出席にかかわるかも知れないので、ちょっと心配。

通告書に着手

 「今朝から冬将軍の到来か・・・とっても寒い。なんだか霧雨も降っているような。12月下旬並みの気温だったとか。午前中はネットワーク松前の一部メンバーとともに、来る22日の本番に向けて最後の打ち合わせと資料の印刷なども事務所にて行う。その中でこのネットワーク松前の設立当初の12年前を振り返って、松山の女性会議の実行委員時代のことや、そのころ自分の中でもやもやしていた性別による不平等や不利益的扱いについて語り合い、それが男女共同参画社会の推進力になったことなどを熱く語りあう場にもなった。結局12時過ぎまで話し合いを行い作業も終えて、私はそのま
ま事務所にて軽く昼食を取って、引き続きデスクワークに入った。」


 午後2時ごろより、いよいよ12月議会に向けて一般質問の通告書を書き始めた。今回は9月の中ごろに遭遇した台風18号について、今までにはない怖い思いというか危機的状況に対応しなくてはならなかった事象について、しっかり検証すべきだと感じた。このところの異常気象から、このような大雨台風や集中豪雨はこれから頻度高くやってくる可能性があるとみて、防災対策をきっちり構えておくべきだと痛感したのでこれを行政に対してしっかり認識していただきたく一般質問によりその姿勢を正していきたいと思っている。
 この質問以外にまだ2~3質問事項があるのだが、これについては今週中にまとめて表記していくつもりだ。
 また同時並行に、作業部会の当面の審議事項として議会報告会の実施とその要綱づくりがある。
そのための資料集めや、たたき台となるべき松前町議会の実施要項も固めていかなければならないので結構時間との戦いだ。集中しないとスイッチの入らない私としては、そろそろ始動しないと大変だと感じつつ、環境は整った。
 夕方庁舎事務局に行くつもりだったのだが、歯医者の予約があったことに気づき行けなかった。
 夕方5時の予約に飛び込んだ歯医者だったが、それは私の記憶違いで実際は12月4日の5時とのことで結局無駄足に。
 とはいえ、少し時間の余裕ができたので早めの夕食準備にかかり、スタンバイできたのに夫はそれらにはほとんど手を付けず、冷蔵庫から自分の好きなものだけ出してお茶漬けを食べてたので、ちょっとイラっときたけど喧嘩する気持ちもなく(以前の私ならかなり嫌味の二言、三言は言っていたと思うけど)お互いの時間を好きなように生きているというこの空気を居心地良く感じている自分に、はっとした。
 夜10時過ぎには、二男からようやく見習いから正式社員になれたと報告があって、私はそのことがとても嬉しかった。もう完全に関心は夫より息子のほうにいってるなと、冷めた自分を再確認した。

男女共同参画学習会

 「昨晩足が痛くてなかなか寝付けなかったので、さすがに今朝は寝不足気味な感じがあった。午前9時にはフレッシュ・リブまさき主催の男女共同参画学習会に参加。初めに愛媛県版イクボス「ひめボス」実践研修講師:和泉 智子氏のお話を1時間あまり聞いて、そのあと休憩をはさんでA家庭でB地域でC職場でという3つの分散会会場に分かれて意見交換をして、最後に元の大会場に戻って各会場の意見をまとめたものを発表者が述べるという形のものだった。」

 和泉さんのお話のテーマは「私らしい寄せ鍋人生~ワーク・ライフ・ソーシャルの相乗効果を目指して~」だった。
 1998年に愛媛トヨタに入社、
その頃は専業主婦に漠然と憧れを持ち、ショールームの案内役という花形っぽい仕事についていたが、3年後の社内移動で上司が変わって指示待ちじゃなく自分で考える姿勢を促されるようになってから仕事がとても面白くなって、結婚しても仕事は続け、ま
た子供ができても産休・
育休を取って今も時短で働かせてもらっているとのこと。気が付けばもう入社20年のお局様だけど、係長というポストについてしっかり社内でも中間管理職的な位置を保っておられる。
 そんな彼女のロールモデルは、ひめボスの存在だったと。これは
職場で働く部下・スタッフのワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら組織の業績も結果をだし、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のことらしい。
 正社員で働き続けることが、夫の転職時や自分の病気の時も
人生のリスクヘッジをクリアすることができたという点も大事なポイントのように聞こえた。
 とかく働きやすい、
特に子育て中はパートとかフリーランスという形にというのが今はまだ多いのだが、社会保険やのちの年金のことなどを考えると、また子育て時から解放された後には再考すべきではないだろうか。
 やはり女性側が我慢したり、
子育ては女性がすべきもの特に3歳児神話などがその時期の女性たちの判断に影響するのかもしれない。
 Cの分散会での意見交換会のところで
その点を大いに考えさせられたが、その視点が少し影を潜めているのかもしれない。
 ただ、今は
労働力不足で企業側も正社員への転職に窓口を大きく開けているようなので、チャンスかもしれないとのアドバイスも入った。
 やはり今回も感じたのだが、
せっかくの講師の話と分散会の中身があまりリンクせずに、意見交換が浅いままで終わってしまうのが残念。議事進行や発表者の意見の中身からそういうことを引きだす打ち合わせなども今後は執行部のほうでやっておかれたら、多少でもこの不消化感がなくなるのでは?
 
会終了後、友人と久々にゆっくりとエミフルの敷地内のレストランで食事をして、楽しい時間を過ごすことができた。

防災士スキルアップ講座

 「今日は午前中は、母のことで長い間お世話になっていた10年間通い続けた愛大の先生に、この退院を機に松山市内の近場の先生のほうに切り替えさせてもらうことについて感謝とお詫びを込めてお手紙を書いて私なりにけじめをつけさせていただいた。父が生きている間は母とのツーショットのお膳立てをまた母一人になってからは気分転換のドライブがてらにと愛大病院まで連れて行ってたのだが、私も股関節を痛め母を抱え上げて車いす移動など十分に一人で対応することに自信がなくなり、ちょうどこちらの松山の病院でしっかり糖尿以外の肺炎性心不全も直していただき退院させてもらったことを機に切り替える決意をした経緯を詳しく書いて20日の受診日に行かないことを伝えた。本当にありがとうございました。」

 その手紙を携えてエミフル内の郵便局から速達で出して、
昼食を食べて昼1時から予定されている消防学校での防災士スキルアップ専門講座に出かけた。途中、車の渋滞などもあって15分ほど遅れて到着。
 ワークショップのために最初から5人ずつのグループに分けられた
席が決まっていて、私は松前町、内子町、東温市の防災士さんたちと一緒に講義を受けた。
 最初の2時間は地区防災計画を作る目的や実践例、
またそのプロセスなど、先進事例新居浜市の金栄校区の自主防災会の例を紹介しながらのお話。
           P1120223 (250x149)   
 そのあとは高知市下地地区の取り組みや計画策定時に生じた課題や
問題点解決策などについて講義があった。
    P1120226 (250x200)
 そのあと2時間かけてのワークショップ。テーマは「
地区防災計画におけるよう配慮者への支援について」
 いつものようにテーブルの上に大きなトリノコ用紙を広げ、
ポストイット紙、マジックなど筆記用具を置き、まずはグループ名を決め、自己紹介、ファシリテータを決める手順で進めていった。
 アイスブレイクした後結局、私が進行役と発表役を任され、
なるべく皆さんの意見をどんどん引っ張り出して書いてもらって、項目に分けて貼り付けていった。
         P1120227 (250x188)
 みなさんとってもいいご意見なり話の展開で、
進行役としてはとても楽させてもらった感がある。たぶん日頃からそれなりの視点をお持ちなんだろうし、地域の抱える問題もよく把握されている感じだった。 9月17日の18号台風のちょうど後だったという事もあって、災害に対する危機感も以前よりは現実味があったのではないだろうか。
 
最後に各グループで作ったトリノコ用紙の内容を壁に貼り付けて、各グループ3分間の持ち時間で発表するという形を取った。私たちのグループはみなさんがいっぱい書いていろんな意見を出してくださったので、大きくまとめた3つの項目が整理されとても見やすい表が出来上がったので、こちらとしても発表しやすかった。
    P1120230 (250x136)
 最後にアンケートを書いて提出し、帰宅の途に。
もうすっかり暗くなっていたが、途中でちょっと買い物をして一人のんびり夕食を。

作業部会にむけて

 「今日はいいお天気。でも何かと忙しい。午前中は事務所にて今日の午後からの作業部会のための準備などでデスクワーク。また今後の仕事の段取りについて、スタッフと打ち合わせ。11時半過ぎにはいったん自宅に戻って書類を取りに行き、それから庁舎に行って、簡単なランチを取って事務局にてレジュメなど資料を受け取り局長に別の資料の件でお願いして、午後1時には6階の部屋で作業部会を行った。先日の議運での内容報告と急がねばならない議会報告会の内容や18号台風の検証について、議長を通して議会への報告を含め全協でやってほしいことなどを確認した。午後3時過ぎには閉会した。」

 そのあと母のところに行って退院後のホームでの生活に適応できてるのかどうか見に行った。ちょうどおやつのケーキを食べさせてもらっているところだった。少しづつベッドから起きて車椅子の時間を増やしてるとのこと。元気そうにしていたので私も安心して帰れた。洗濯して持ってきた毛布や下着など、係の人に渡してホームを出た。
 また事務所に戻って、24日の作業部会Aグループのための資料の入手についてあちこち先進的な事例のところに直接掛け合った。
 夜には西高柳地区の集会所にて、自主防災会の幹事会があったので出席。
 先日の防災士会でほぼ固めた第10回の総合防災訓練のことについて説明し、意見を出し合っ
て12月10日本番に向けて皆さんの承認を取り、準備に取り掛かることに。
 9時過ぎには帰宅。夫は酔っぱらってご帰還だ。

ワイワイ座談会、打ち合わせ

 「昨晩が遅く午前3時に就寝してその後、足の痛みでなかなか寝付けなくて、結局朝起床したのが午前8時。もうダイニングには夫はおらず、仕事に行ったみたい。その時自分が頼んだ書類を息子に届けるようにと言っていた封筒を、朝切手を貼ろうと置いていたので自分が持って速達で送ったらしい。そのことを何の置手紙もないのでどこに行ったか必死で探したのがないので電話で連絡したら出てこない。仕方ないので伝言を入れておくと、ずいぶん後になって電話をかけてきて「あれはテーブルにあったので自分が送っておいたよ」と言ってきた。それならわかるようにしといてよ・・こっちはどこに行ったのか必死で探したのだから。

 午前中10時からネットワーク松前のメンバー6人で最終打ち合わせをした。
 来る11月22日のワイワイ座談会をより充実させるために、ワークショップの進行やその前の発表時間の厳守のための対策とか・・いろいろな工夫や知恵で今年も無事にいい会が運営できそうだ。
 忘年会の日程も決まったし、なんだかあわただしく2017年もラストランになってきそうだ。
 気のせいか少し体重が減ると、股関節の痛みが緩和されてきた感じがする。この調子でダイエット頑張ろ~~~
 ネットワークの友人とランチを。もう1時が過ぎてたのでお得な日替わり定食が終わっていて、私たちダイエット中を頑張っているのに、ちょっと豪華な御膳定食を注文。
        DSC_1108 (200x112)
夕食は質素にしなきゃ・・・
 3時過ぎには議会事務局に行き、明日の作業部会のレジュメのコピーを頼み、打ち合わせを。
 夜は本当に軽めの食事にして、少々物足りなさを感じつつ我慢我慢!

母、退院

 「今日は、母の退院の日だ。朝からいいお天気でやはり朝は気温も低い。10時過ぎに母の部屋に行くと、もう入院時に来ていた服に着がえさせてもらっていた。先に支払いを済ませ、11時前にはお迎えの介護タクシーが来て、ストレッチャーが用意されてベッドからすぐに移動そしてそのまま車に乗せてグループホームに。私と施設責任者が事前に薬のことや今後の医療管理について話を聞き、施設での生活が復活する。ベッドの上にいる母に『ホームに帰れるけど、うれしいですか』って聞くと首を縦に振って、しっかりとうなずいた。退院するという事がはっきりわかっているという感じだ。」

 昼前にはホームに着いて、自分の部屋で休むことができる喜びがしっかり彼女の表情に現れ、本当に戻ってきたね、よかったね。というと、涙を流して何回もうなずいていた。やはり戻ってきたかったのだ。そんな母の様子に、こちらまでジ~ンときた。病院ではやはり不安でさびしかったのだ。
 これでしっかり元気になっていってくれたらと思い、ホームのスタッフにこれからのことをゆだねて私は帰宅。
 2時過ぎに事務所に戻り、作業部会のためのレジュメづくりや、以前行った意見交換会のまとめなども作成し、17日の会の準備はできた。
 明日はネットワーク松前の打ち合わせ会が事務所にて行われる予定だ。
 また12月議会に向けて忙しくなりそうだ。

防災士会議

 「今日は朝から雨模様。伊予高の文化祭ということでスタッフはその世話役で頑張ってるというのに、皮肉なお天気だね。午前中は少し事務所でデスクワークを。昼からはフラダンスのレッスンを受けた。もうすぐ大会が近づいているので、練習は休めない。ただ40分間踊り続けると左足がしびれてくるし、ステップによっては股関節にビクっと来るのもあって、今日は大会に発表するものの練習はしたけど新曲に関しては足がつらいので見学に回った。本当に早くすっきりしたいものだ。」
              フラレッスン
 レッスン後は帰宅して何かと雑用に追われていると息子から連絡があって用事を頼まれたりして、いろいろ対応しているうちに私の定期検診の日だったので予約している病院へ行き町での検診について主治医に簡単な説明をした。
 夫から「夕食要らない」コールがあって、ほっとした。
 夜7時より地区集会所にて今年最後の防災士の活躍の場でもある総合防災訓練について防災士会議があった。この計画をスムースに実行しもらうためにも、前に自分たちで立案したこのマニュアルや役割分担などを再度確認して今度の幹事会にかける予定だ。
 そのあと今度発行する備えニュースの原稿分担とレイアウトや内容について検討した。会はようやく9時過ぎに終わった。
 さすがに時間がなくて軽くお茶づけだけだった夕食に、空腹でお腹がなっていた。これを我慢するとダイエットになるのだ・・・果物1つで我慢した。
           2648807i[1] (100x75)

健康には注意しないとね

 「朝から小春日和そのものの暖かさで気持ち良かった。ただ昨日ストレッチし過ぎて、朝からずっと痛い。やはり無理したかな。朝から町の総合健康診断を受けに福祉センターに行って、レントゲンや超音波エコー検査、マンモ、バリウム、血液、尿、心電図等々、午前中いっぱい掛かって昼からも子宮がん検診など1年に一回とはいえ疲れるね。だんだん歳を重ねてくと、とても大切な事と感じるようになった。やはり来ている人を見ると中高年の女性が多いなと感じた。みなさん健康で長生きしたいと思われているんだなと思った。」


 検査がすべて終わったのは2時過ぎで、それから庁舎によって事務局で今後の議会の予定などの確認をした。

 そのあと事務所に帰ってデスクワーク、来客対応、4時には事務所を出て母の病院へ。
 そこで今の母の持病である糖尿関係のインシュリンのコントロールなど、どのようにしていくかについて退院に当たり打ち合わせをして帰宅。

 明日はいよいよ母も退院できる。本当によかった。愛大の伊賀瀬先生には10年以上に渡り大変お世話になったけれど、今後のケアについては今の病院に切り替えることに決めた。(母の状態も2カ月に1回とはいえ私の車で通院するのが難しくなってきたので・・)介護タクシーを使うことになるだろう。

 それでも生きようとする母の気力には、私たちはできる限りの応援をしていくつもりだ。

地域防災士会議

 「今日は朝から母のグループホームに退院時の上着などを取りに行き、その帰りにたわわ祭に行く。いいお天気で行楽日和という事もあって大勢の人がエミフルに来ている。駐車場がとにかくいっぱいで、しばらくたわわ祭の会場近くには1台の余裕もなく、結局古泉駅の近くに若干の空きがあったのでなんとか車を止めて、また痛い足を引きずりながらそこで頑張っている仲間や友人に購入という形で応援を。この2日間の売り上げが楽しみなくらい大勢の人が来ている。やはりたわわ祭の集客力はすごい」
         DSC_1103 (250x141)
 そこで軽く買ってきたものを分けながら昼食を済ませた。ライスバーガーがおいしかった。午後1時前には帰宅。
 1時半から集会所にて、西高柳地区防災士会議があった。
12月に行う地区の総合防災訓練の実践計画表について防災士6人が集合して、喧々囂々の議論を行った。
 避難所運営をより実践的に参加者に主体的にかかわるやり方で訓練
を行っていく方式でするため、時間配分やみんながどのように有機的に動き、ある程度の緊張感を持って訓練を完成させるのはどういう事前準備がいるのかなど、3時間近くかけて話し合った。
 また備えニュースの発行についても、
今回自主防災会発足10周年の特別バージョンのニュースのため、紙面はA3版の裏表レイアウト式で行く予定だ。原稿依頼は具体的にほぼ今度の14日に行う防災士会の時に、明確に行える。
 また9日に行われた行政側主催の台風18号の対応についての意見交換会の報告なども行い、各地区の対応や自主防の活動についてもかなりの温度差があったというのが正直な感想だった。また総合訓練の日程についても、3日が10日になるのかこれも明日はっきりする。
 4時半に会が終わり、私は
5時前には母のところに朝グループホームから持ってきた退院時の外出用の上着などを届けるため病院に。いよいよ退院が近づいてきた。本当によかった。元気になっ
てくれて・・・
★6時過ぎに帰宅。今晩は、
昨日の夫の要望に応えてちゃんこ鍋を。ぽかぽかになる
ね。(ちゃんこ鍋のイメージカット)

エンゼル幼稚園創立40周年記念

 「今日は中国では独身の日といわれ、ネット販売の商品が半額近くになるという事で、ものすごい売り上げを記録するような日だそうで、日本の企業も便乗して売り上げを伸ばしているとか・・・。朝9時から近くのエンゼル幼稚園の創立40周年記念式典に呼ばれてたので出席したところ、来賓でしかもステージ檀上に誘導され階段を上がるときに一瞬足がもつれないか不安だったがステップの高さが低かったので、何とかクリアできたのだが冷冷ものだった。理事長の信念のもと、これまでの学校法人認定こども
園エンゼルの40年の歩みを振り返って、本当に多くのご苦労のもと今の繁栄があるのだろうと思ったが、なんといってもオープニングの園児たちの鼓笛隊マーチング行進が素晴らしかった。」

 一連の記念行事の後おめでたいお餅つきのパフォーマンスがあったり、アフリカのニテテさんのパーカッション演奏、それに合わせての園児たちのお遊戯やピアノとのコラボレーションなど、ゲストを飽きさせない演出はさすがだなと感じた。

 その後休憩をはさんで、つきたてのお餅をきな粉と餡でゲストに振る舞い、またみきゃんジュースなども用意されて、11時45分からは記念祝賀会が始まり、豪華な折が用意され、フルーツやスイートなどダイエットしてる身にはちょっとくじけそうになるごちそうが並んでいた。またステージではいろいろな出し物があったりで、充実の式典だったように思う。次の50周年に向けて理事長以下スタッフの皆さんの意気込みを感じる会だったように思う。

 いったん家に帰りお土産の折などを家に置き、エミフル内で行われていたたわわ祭に出かけた。はんぎりにも顔を出し、商工会や松前町との姉妹都市の交流販売店や、松前村などによって買い物を。
        
 だいぶお客さんが減ってきていたが、お天気も良かったのでそれなりに混雑していて駐車場は本当に満杯でずいぶん離れたところにしか駐車できず、歩く距離が長くて足が痛かった。
 夕方に帰宅すると、夫が散歩から戻ってきて急にちゃんこなべが食べたいとか言って、急に友人ご夫妻と予約して二番町のお店に行くことに。
 久しぶりにお会いする友人夫妻だが、おいしいものを前にカウンターに並び、私は久々にお会いする奥様と楽しくお話ができ、いい時間を過ごすことができた。

議会運営委員会

 「朝からいいお天気。10時から議長召集の議会運営員会に出席。議長からの諮問に答える形で作業部会で議論して一定の方向性を出し、それらを議題にした議会改革に関連するテーマで議論し、議運としての一定の結論が出たのでこれを全員協議会に出して最終結論へと導いていくことになるだろう。そうなればさらに議会報告会や防災についての下部条項として実践マニュアルや要綱を作成していかなければならないので、これはこれで作業部会としては忙しくなるだろう。」

 議運の会議が結構盛んな議論になったので時間がかかって、結局12時過ぎまでかかった。
 それから社会福祉センター1階の「みどり」喫茶店にて昼食をいただき、ちょうど職員さんの知り合いが食べに来られたので同席して、いろんなお話をしながら楽しいランチタイムを過ごした。
 2時からは庁舎2階の大会議室で、先日の台風18号について各地区の区長さんたちと地域関係者から状況報告やその時の対応などについての反省事項や今後の課題などを発表してもらう会に出席。
 私たちの地区では防災士が区長のもと集合、普段の訓練を本番で実践したような感じで、それぞれ受付、避難場所への誘導、駐車場誘導、地域パトロールでの要支援者への呼びかけなどそれぞれに別れて行動した。重信川の危険水位があと20センチ伸びてたら氾濫水位となって、越水していた。また満潮時の時間がもっと遅かったり、雨風がもっと続く台風のスピード鈍化などがあったら、被害はもっと大きく人的被害も生じていた可能性があった。
       DSC_1099 (250x140)
 4時過ぎには会議も終わったが、かなり地区防災会の組織力や活動にも認識のズレや温度差があることが分かったし、行政側の対応も初めて本格的災害に直面してかなり右往左往していた感がする。
 またどこの地域でもあの風水時に防災無線からの放送が聞き取れなかったという声も多かったので、今後受信機や精度の問題解決など急がねばならない課題も見えてきた。
 今後は地域の声、職員の初動や対応、自主防との連携状況や要避難支援者への対応などしっかりとした検証を行い、いつまた起こるかわからない災害にしっかり対応できうる体制づくりが望まれる。
 私たち議員も、この防災についてどう関わって行くのか、平常時、発災時、復旧時、復興時などそれぞれのフェーズに合わせて、コンセプトや行動マニュアルも作成していく必要がある。
 今日は母のところに行けなかったので明日には顔を出そう。

コピー機入れ替え

 「今日は朝から雨が降っていて少し寒い。でも立冬が過ぎても極端には寒くない。1日のうちでも気温の変化が激しい今日この頃だから、体調も壊しやすい。私自身、2か月前から股関節を痛め、同時に歯の調子も悪い。しかもなかなか治らない、両方とも時々病院に行って薬はもらっているのだが・・・。これから12月にかけて忙しい季節になる。この体調を引きづりながら頑張らないといけないのかと思うと、うんざりするけど。」

 午前中は事務所にてコピー機の新機種入れ替えに立ち会う。ちょうど6年リースが切れるので更新時期に合わせて、より内容のグレードアップ化を。
 意外と入れ替えには時間のかかるもので、インターネットにつなぐセッティングなどもあるからかもしれないが・・・データスキャニングも非常に簡単にできるので、何かと便利になる。スタッフも事務能率が上がるので喜んでくれた。
 午後からは仕事の段取りについて打ち合わせをして、3時過ぎに母のところに行ってご機嫌伺いを。ただ相変わらず寝てるような母には、私の来ていることがどれほどわかっているのだろうかと思ってしまう。そう思いながらもなるべく母のところに行って顔を見るとなんだか安心する。15日には退院できるのだが、こんなに寝ていることが多い毎日から本当にホームの生活ができるのか、正直少し不安なのだ。
 明日は議会運営員会があるので久しぶりに議員仲間と顔を合わすことになる。作業部会の面々とも打ち合わせが必要だ。

母、今後の体調管理について

 「昨日からの疲れも若干残っていたが、事務所にて雑務をこなし、昼12時には母のことで主治医と話し合いの約束があったので出かけ、グループホームの方からも責任者が来て3者で退院の日時やその後の生活、通院や体調管理についても詰めた話ができた。」


 結論的には、母の病名は誤嚥性肺炎による心不全という病名で、肺に多くの水が溜まり、体中特に手足のむくみがひどかったのがきれいに薬による内科的治療でなおって、糖尿についても今後の血糖値管理など今の病院で支持を頂くことになった。

 愛大病院へ12年間母を連れて2カ月に1回ではあったが連れて行く私の仕事も、こちらに切り替えることでずいぶん時間的にも体力的にも省力化されることになる。正直私の今回の足の件で母を抱えて車いすへの移動や介助が私一人では厳しくなってきていたので、いい機会だと考えている。

 やはり時間の経過と共に母も私も周りの環境も変化していくわけだから、できるように対応していかなければならないだろう。

 午後1時過ぎにはフラのレッスンにも参加。ただステップによっては股関節に響くものもあり、時々感じる痛みをこらえながらの練習となった。12月には道後でのミニフェスティバル発表会があるので、練習には出ておかないと忘れてしまうので・・
          フラ

 夕方には預けておいたラブちゃんを迎えに行き、大急ぎで夕食を。忙しい1日はあっという間に終わってしまう感じがする。

地方議会セミナー

 「昨晩少し遅かったのと、やはりいつもより足をこき使った分疲れていたので少しゆっくり目の起床。それでも8時半には下の2階のレストランで朝食を。ちょうど第1ホテルグループ35周年のメモリアルミニ会席がついていたので、ちょっとラッキーって感じだった。バイキングみたいにいちいち取りに行かなくてよかったものだから、こういう時はありがたい。さて9時にはチェックアウトして、セミナーの場所は簡単にわかると思ってチラシの地図を基に探すのだがなかなか目指すビルがわからず、主催者側に電話をするもつながらず、ほかにも電話しても間違い電話だったり、かなり焦った。気が付けば30分近くウロウロしていろいろ聞きながらやっと近くのビルの守衛さんに教えてもらって、何とか辿り着いた。本当に冷や汗ものだった。」
 
 今日は2部構成の地方議会総合研究所のセミナーに参加した。
 ①午前の部は10時から12時半で途中10分間の休憩をはさんで、かなり中身の濃い講義だった。
 ②午後の部は2時から5時までで、これも又授業料15000円分しっかり元は取れたという感じだった。
 講師は神奈川大学法学部教授で元自治省、総務省出身の弁護士という立場の先生で、法律や条例作成などに多く携わってこられているので、今回議会基本条例作業部会などで作成当時からずっと関わってきた私にとって非常に納得できたり、そういうことだったのかと感心したり、今後下部条項を作っていくのに参考にできることがたくさん入手することができた。
     DSC_1086 (250x140)
 ①「防災、危機管理における地方議会の役割」:危機管理の各フェーズにおける議員活動として4つの対応パターンに分けて説明を受けた。
 1、災害発生直後の応急対応 2、復旧時における対応 3、復興時における対応 4災害発生前における対応
 これらを実際にマニュアル化したり規則作りした先進事例を紹介してくれた。またその経緯やその内容がいかにどこが重要だという事も示してくれたので、今後は防災対策基本条例なども作ることができるという事も知った。執行部に対してもその必要性を迫ることもできるという事も・・・
 この前の台風18号に対する行政の初動や対応に、多くの問題点が見えてきた。もちろん初めての経験ではあったが大災害というものはそういうものだし、今回は幸いにも氾濫までには至らなかったので人的被害は出なかったが、それでも床上床下浸水や家屋の部分破壊や河川墓地などに大きな被害があった。これらについての検証が国体などと重なって遅れている現状の中で、こういう事への対応についても明文化しておくことの大切さを余計感じた。そういう意味でもとても有意義な内容だったし、議会改革の作業部会のメンバーにも伝えていきたいと思った
 ②『公共施設のあり方と地方議会の役割』
 1公共経営とは2、指定管理者制度採用のあり方 3、指定管理者制度における議会の役割(条例、予算、モニタリング)4、指定管理者基本条例案 5、公共施設総合管理計画 6、公共施設の再編、多機能化を進める際に住民合意形成のあり方 7、公共施設うに関する議会・議員の役割
企業的経営手法の導入で効率優先、成果主義に特化しすぎて公益的価値を軽視してしまっている→例として図書館の公共性を破壊するTUTAYA図書館→その実態と問題点などかなり具体的に説明を受けた
 指定管理者制度に向く公共施設は、かなり限定されてくるし、その枠をきっちりしておかないと住民にその不利益を浴びせることになる。
 学校の統廃合や施設統廃合についても枠づくりの条例や規則をしっかり議論して作っていくことが大事。住民の意見やその質が住民にとってどう利益をもたらすかという説明責任にも言及された。
 検証と評価の重要性から公共施設のマネジメントさらに統合的管理についても話が及び、先日の研修で行った佐倉や武蔵野市のFM のことを思い出した。
 住民への周知や理解を求めたり、要望や意見を聞き出す時に、ワークショップやオープンハウスという手法も。
         DSC_1096 (230x213)
 17時には、すべての講義が終わり急ぎ羽田に向かい最終便で松山に戻ってきた。おつかれさま・・・・本当に実り多い研修だった。
 偶然だが、同時期にトランプ大統領も東京に滞在していたので、警備態勢がかなり力が入っている感じだった。

地域文化祭

 「今日は朝からいいお天気。7時には文化祭の本番に向けて役員さんたちはスタンバイ。私も7時半には駆け付け、炊き出しの担当部署の準備を着々と。また集会所内の防災の非常持ち出し袋の展示を仕上げたり、早いお客さんなどは8時過ぎには来られるの
で、それらに対処できるように準備も。お天気が良くて気温も上がって風もなかったので、ちょっと厚着すると結構暑くて汗が出そう。9時に販売開始。続々と地域の皆さんがやってくる。もちろん町長夫妻や教育長も来られて、展示物の鑑賞と炊き出しの豚汁とおにぎりを食べてくれた。」

P1120119 (250x166) P1120118 (250x188)   
 役員さんたちの分が足りるかどうか不安になるぐらい、結構はけた。大根、ニンジン、ゴボウ、シイタケ、里芋、豚肉など具材もたっぷりで、みそだし汁にその具材の素材のエキスが溶け出して混ざりいい味が出ている。大勢の人たちに食べてもらって、無料で振る舞うわけだから喜んでもらっていると思う。
 お餅や野菜、果物、余剰品や焼き鳥など定番の売り物が次々と売れてほとんど完売していた。また中央のエリアでは獅子舞や湧水太鼓のパフォーマンスなど文化祭も多くの人が集まって盛況だった。
P1120106 (250x186)P1120108 (250x177)
 展示品は少し少なめだったけど、それなりに形になるぐらいは集まってきた。皆さんの目に触れて、また私が今まで撮ってきたいろんな地域のイベントのダイジェスト版を大画面のモニターに映し出し、みなさんに見てもらった。
     P1120115 (250x188)
 午後1時には、文化祭も終了。それから片づけ、搬出。本当に皆さんご苦労様。私は足の調子が悪いので、すべての搬出が終わるまでは無理だったので、過程の途中で帰らせてもらった。
 午後4時半には空港に向かって出発。5時20分のフライトで東京羽田空港に降り立ち、その出口には次男が迎えに来てくれていて、一緒に長男の家に連れて行ってくれた。
 遅い夕食にはなったが、神楽坂のマンションで準備して待っていてくれた。マンションを友人とシェアして借りている。その友人とともに4人で鍋を囲んで、久しぶりに息子たちとの楽しい食事タイムとなった。
 以前の古アパートからはずいぶん雰囲気が変わって、快適な生活をしている感じだった。
 12時近くまで楽しい時間を過ごして、そこからタクシーで池袋のホテルまで帰った。次男も一緒に帰る予定だったが、まだ残るというから一人で帰ってきた。やはり疲れていたのか、シャワーを浴びたら、
バタンキューの状態だった。明日はいよいよしっかりセミナーを受ける日だ。

文化祭準備

 「朝からいいお天気だけど、ちょっと肌寒い。明日の西高柳の文化祭は外で豚汁係なので寒風にやられたくないのだが、どうだろう。夫は今日から詩吟の大会で東京の武道館に行って、私が明日の夕方から東京の研修で移動するのため、ラブちゃんをみつもも動物病院さんに預けないといけない。午前中に連れていってシャンプーカットもお願いした。また母の病院に行って10月後半の支払いを済ませ、洗濯物も持って帰ってきた。」

 

 午後からは集会所にて、防災コーナーの展示物としてこの1年の活動を記録にした写真や資料をディスプレイに工夫を凝らし、防災士仲間で完成させた。昨日までの準備には参加できなかったのだが、この時間を利用して思い切り集中して、それなりの形にはなった。次々に、ほかのコーナーも展示品が届いて、にぎやかになってきた。
     DSC_1075 (250x127)
 DSC_1078 (250x141)  DSC_1077 (250x140)

 明日には非常持ち出し袋の5キロ、7キロ、10キロの3タイプを展示して来場客にアピールできるようにしている。展示品は専門の業者が来ることになっている。

 今年の夏は思い切り、東京、大阪、仙台と東北一帯など本当によく動き、様々な情報を仕入れてきたので皆さんにもそれを広げていく活動につなげている。やはり私には防災が、ライフワークになっているのかもしれない。

中学校文化祭

 「今日は38回目の結婚記念日だ。行きつけの寿司屋さんに予約を入れておいたのだが、日中はお互い忙しくて朝からほとんど会話なしで淡々と・・。午前中は岡田中学校の文化祭に。生徒たちの学習発表会や創作ダンス、そしてプロのアンサンブル桜の演奏や歌を聞かせてもらった。また校舎内に展示されている生徒さんたちの習字や絵画、粘土細工など見せてもらった。ただ以前より作品数が少なく感じたのは私だけだったろうか?」

 P1120083 (250x187) P1120088 (250x114) P1120100 (250x188) P1120103 (250x188)

 昼からはコムズにて来年1月に行うコムズフェスティバルの分科会について、女性と防災の会として実際に避難時に日常の常備材で作るおやつなどを実験的に作ってみることなどをやってみた。

 オフを使ったカレー味やココア味のお菓子など、まあまあ食べれた。たぶん空腹時ならおいしく感じるのかもしれない。次のリーダー会にて日用品を駆使して、避難生活に必要なものを作ってみる実践を行う予定だ。
 帰りに母のところに行って、介護用品の補充をして急いで帰った。

 帰宅後、6時半にはタクシーに乗り予約の店に。オーナーには今日が記念日であることを伝えていたので、マツタケの土瓶蒸しをプレゼントしてくれた。38年いろいろあったけど、ようもったわというのが実感感かもしれない。カウンターの横も中高年のカップルでそこは40年という2年先輩のご夫婦だった。そちらのご主人も、お互いよく我慢してきたから続いたのかな~なんて言っておられたが、そうかもしれない。我慢の割合は、圧倒的に妻側が多いと思うけど・・・

地域文化祭準備

 「今朝は昨日に比べて暖かく感じる。少し曇り空だったが、やはり気温は高め。上着は特に要らなかった。午前中は、事務所にてデスクワーク。特に地域の文化祭が近づいているのでその準備として、防災コーナーに展示するものについて防災士のI氏が事務所に来て、今回の展示についてさらに打ち合わせをして、この連休で準備しないといけないものが明確となった。今年の夏に多く経験した研修や勉強会や活動について写真やその時のパンフレットなどを整理し、皆さんにわかりやすいディスプレイを試みるつもりだ。」

 午後からは母のところに行きご機嫌伺いを。さらに自分の足のことで整形外科に行き、先生から気長に治療することやダイエットの続行を言われ、なるべく筋肉も使いながら無理に負荷をかけないようにとも言われた。
 今後もひきつづき通院が必要だろう。母の方が退院しても、痛みが完全になくなるまで続けるつもりだ。
 明日は結婚記念日の文化の日だ。とりあえず夜は記念日のディナーという事で、行きつけの寿司屋さんに予約を取った。
 夫はそれなのに夜10時前に相当酔っぱらって帰ってきた。明日は大丈夫なのかな?

ネットワーク研修旅行

 「今日はとてもいいお天気。朝7時50分には岡田駅前の駐車場に間に合うように夫の車で送ってもらい、ここから仁淀川から高知市へと向かうネットワーク松前の日帰り旅のスタートとなった。メンバー11人は、一路ときバスにて出発。最初にトイレ休憩で久万高原町の道の駅さんさんに立ち寄り、そこから仁淀川に向かっていく途中で沈下橋を2つ観て記念写真を撮る。車窓から見える景色はすっかり秋模様。かなり色づいたイチョウやカエデ、また柿の実がたわわになっていたり、渓谷にかかる斜面の木々が色とりどりでキャンバスに描かれた風景画が目の前に広がっているようだった。」
 P1120034 (250x165) 
                  P1120066 (250x168)
 10時半には和紙博物館に。中では常設の和紙作り工程やその歴史、実演してみせるスペースなど高知から小学生たちが先生に引率されて社会勉強にやってきていた。
 また2階・3階に版画のトリエンナーレをやっていて、展示作品を鑑賞することができた。予定もしなかった収穫だ。帰りに売店で和紙を使ったハガキや包み紙、コースター、のし袋などいろいろなものがあって、みなさんお買い物で大盛り上がり。
   P1120054 (250x188)
        P1120045 (250x140) 
               P1120063 (250x132)
 そのあと12時半には高知市内のひろめ市場にて昼食。中にはいろんなお店が立ち並び、自分の好きなものを買って、中央のテーブルに持ってきて食べたり飲んだりするフリースタイルだった。
 もちろん大勢のお客で混雑していたので11人全員が一か所で食べることはできなかったので、3~4人のグループに分かれ好きなところで食べることに。私たちは、せっかく高知に来たのだからと、カツオのたたきの付け丼と若鶏のから揚げをいただいた。おいしかった。食後のコーヒーを飲んだ後、そこでもお土産をしっかり買って13時半には出発。
 3時前には茶畑が山の斜面に多く見られる景色の中、池川茶園カフェにてほうじ茶のソフトクリームを食べる。お土産に茶畑プリンを。茶農家の女性たちが運営しているカフェで仁淀川の支流、土居川のほとりのテラスでゆっくりソフトクリームを頬張り、新茶のサービスも。さらに仁淀ブルーと橋をバックに集合写真をパチリ。
DSC_1074 (250x141) DSC_1071 (250x144) 
 帰りにまた道の駅により買い物とトイレ休憩をして、5時半には岡田に戻ってきた。
 ネットワーク松前の仲間たちとの旅はおしゃべり三昧のバスの中も食事の時もお土産購入時も、見学や散策も本当に楽しいし面白い。ただ今回は自分自身の足が痛くて特にずっと座った姿勢から立ち上がって歩き出す時が痛くって、普通に歩けないのが残念でつらかった。早く治したいのだが、焦ってもだめかもね・・・ダイエットも続けて体のバランスやをよくして、ストレッチで固くなっている太ももの筋肉や股関節を柔らかくすることが早道なのかもしれない。頑張ろう~~