FC2ブログ
 

母の入院

 「今日は母のことでめまぐるしい1日となった。昨日の段階ではどこに検査や入院していいかわからなかったのだが、朝一番に愛大に再度連絡すると主治医から貞本病院という指示が出ていたことを知り、さっそくかかりつけ医に連絡、紹介状と胸の写真を持って11時には貞本に入った。エンゼルからは看護師さんの付き添いがあったので私も心強かった。母の日常の状態について明記した情報を持ってきていたので、ドクターから尋ねられた時に返答ができたので・・。循環器系の先生から詳しい情報を獲れる最新のCTを取ってもらい、血液や尿の検査もその分析結果を待って、今母の状態がどうなっているのか診断の結果を聞きくことに。ただ別の部位にも問題もあったのでその治療も合わせてできるところにという形で渡辺病院に連絡をしてもらって、受け入れしてくれることに。」

 そのあと4時近くに渡辺に移動して、委員長先生や循環器系の先生が再度、移転の症状やCTの画像を解析して、結果漸進的に非常に危険な状況になっていることを知らされ入院が決定。
 母のために個室を用意してもらい、やっと7時前に病院から帰ることができた。
 夫も心配して、今日の事態と顛末について話して、今後1週間が勝負で先生の見立てが当たっていれば内科的治療でかなり胸水なども取れるとのことなので、それに託してみたいと思い、お任せするつもりだ。
 人工呼吸器などを付けての積極的治療は行わず、母の自然的治癒力と薬による治療にかけたいと思っていると告げた。
 高齢で認知症の母にこれ以上の痛みを伴うきつい治療は不要だと思われる。もちろん元気にはなってほしいのだが、今の段階ではかなり厳しいという否定的な答えが返ってくるのも事実だ。
 今は去年6月初めに亡くなった父に「まだそっちに連れて行かないで」と頼み、仏壇の前で手を合わす。
 明日午前中、母に面会に行く予定。頑張れ~~母さん!!

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索