FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

6月議会に向けて集中

 「今日からはしっかり6月議会に向けて集中しなければと思う。午前中は地域のサロン活動のお手伝いをして、花の寄せ植えや花の苗を売りながら高齢者の皆さんとお話をしながら楽しいひと時を。色々な行事があって、なかなか通告書作成作業に入れない。また史談会の写真発表の件もあって、何かと片づけないといけない用事が重なって焦りながらも、明日には何とか提出できる予測。」

     DSC_0759 (250x141)(サロンでの様子)
 午後からはパソコン修理のために伊予システムの方に来てもらって、いろいろ調べてもらった。結局ハードシステムの故障もあって持ち帰って修理という事になった。せっかくだから以前購入したウインドウズ10の東芝ダイナブックを有効に使えるように立ち上げからしっかりしてもらって、とりあえず使えるようにはなったのだが肝心のネット環境が無線のモデムへの電波が弱くて、
なかなか家では使えないのも事実だ。この件で時間がかかって結局事務作業が前に進まなかった。

 しかもなんだか疲れからか風邪気味で咳が出始め、これはよくないな・・・

平常の静けさに・・

 「今日の夕方には彼らともお別れなのだが、私は朝から事務所での用事もあったので午前9時過ぎにはお別れを告げ、今日1日のお付き合いを夫と息子に任せた。観光ガイドボランティアグループの代表とは午後2時にお会いして、相談を受ける。いったん帰宅して、また毎月の定期検診のため出かけるが、その時一瞬内子から戻ってきていよいよ空港へ行く準備中の彼らに会って、またさよならを言って再会を誓い別れた。」
                P1100885 (250x188)

 ぎりぎり病院から帰って、夕食を食べる暇もなく北公民館へ。
 午後7時から岡田校区青少年育成会に来賓として参加。祝辞にホームステイに来ていたテオドウ君のことに関して、3日間テレビを視ない生活に絡めてお話をさせてもらった。

       DSC_0756 (300x168)
ちょうど今頃は松山空港から関西空港に向かうフライトに乗り込む頃だろう。
息子は少し先の時間で成田へと向かったことだろう。

 いつものことだが、大勢集まってワイワイ過ごしていた時間が過ぎ、いつもの二人だけの生活が戻った時、ほっとすると同時になんだか空っぽ感がしてちょっと寂しく感じる。特にラブちゃんが一番感じてるかもしれないね

自宅でBBQを

 「今日も朝からとてもいいお天気。私はさすがに体も仕事もきつくて皆さんにお付き合いすることなく事務所にてデスクワークをして、パソコンが壊れているためブログを書いたり、通告書の内容を再考したり、来客対応など結構忙しかった。夕方4時ごろ事務所を出て、今晩の自宅庭でのBBQの素材の購入に急いだ。」

 息子やティムさん一家とウンバルトさんは、午前中から鹿島の方に船遊びに興じて、その後買い物やいろんな用事を済ませ6時前に帰ってきた。
 同行していた夫や従弟は一足先にBBQの準備のため帰ってきて、肉や野菜を切ったり焼いたりして始めたころ、ちょうど帰ってきて即始めた。
              P1100877 (250x188)
 カンパ~イとみんなでグラスを合わせ、冷えたビールはとてもおいしい。
 今日はちょうど姪っ子の誕生日。彼女も来るという事だったので、大きなバースデイケーキを準備していたのに、午後4時過ぎに体調がすぐれないと言って断ってきたものだから本人抜きでバースデーソングを歌い、ケーキカットをしてその動画を撮って息子が彼女に送ったが、無反応だったのにはちょっとびっくり。よほど具合が悪かったのか?
     P1100880 (250x188) 
 BBQは後片付けと虫よけが大変だが、みんなで協力し合って作業したので意外とスムーズに行った。
 それにしても夫がちょっと肉を買いすぎて、他に来ていた友人などに持って帰ってもらったりして、何とかなりそうに・・
 イザベラさんとテオドウ君は朝からのスケジュールですっかりお疲れモードのようで、早めに就寝を。
 もちろん夫も張り切りすぎて飲みすぎて、ベッドイン。気楽なもんだね。結局私が一番最後まで起きて何やかやと家事が残っていて、最後に洗濯もして、かなり疲れもピークに。

直心流50周年記念大会

 「今日はいよいよ夫の総監督のもと1年前から準備していた、直心流の創立50周年記念大会の開催だ。張り切って午前6時にはもう会場入りしていたようだ。ご苦労様・・・私たちは午前中、エミフルに行きショッピング。テオ君はメリーゴーランドの馬に乗ってご機嫌だった。」
            
P1100844 (174x230)

 12時半には会場入りして、ちょっと準備の手伝いをしてまた近くの公園でお弁当を食べたり、寛いで2時半に会場に入り、是非見てもらいたいと頼まれていた構成吟の約45分の場面を観た。バックの絵を息子の友人の画家に描いてもらい、その舞台貼り付けを手伝わされていたようだ。大きなものなので大変だったけど、迫力があってその演出には大きな効果を出していた。
    P1100866 (250x134) 

 5時半には予約していた道後ふなやの川席料理を堪能した。事前に温泉で汗を流し、川のせせらぎを聞きながら会席料理を楽しむ半分野外になっているお席で楽しんだ。
 10時前に帰宅、ラブちゃんはお留守番でかなりお腹も空いてお怒りモードでした。ごめんね。

ティムさん一家がやってきた

 「今日は朝からいいお天気。昨日のうちにラブちゃんも迎えに行ってシャンプーカットしてもらってとっても可愛くなっていて、お客さんたちを迎えるには絶好のタイミングかもしれないね。さあ、ふとんの準備やお部屋の掃除、午後3時過ぎにはティムさん一家とウンバルトさん、そして長男がやってきて我が家は一気に大家族。夕方、男性3人は夫の大会準備のため道後の分教会館へ。私はティムさんの奥さんのイザベラさんと息子のテオドウ君2歳を連れて予約しているお寿司屋さんへ、午後7時を目安に連れて行った。」

 時間ちょっと前についたが、既にほかの夫の友人たちも来ていて賑やかに。
 そのあと少し経って息子たちもやってきて、宴会の始まりだ。
 夫は明日の大会準備のため、かなり遅くやってきた。コース料理はおなか一杯になるほどの量だった。二次会には私と夫人にテオ君は行かず帰宅して、疲れているだろうから早く寝かせてあげた。
 もちろん男たちはかなり飲んで、遅くに帰ってきた。おやすみなさい・・

ただいま~

「楽しかった旅も終わり・・また日常に戻ります。でも楽しんだぶん頑張らないとね!」

 日付は5月26日になって午前7時30分、上海に。

 上海到着後、乗継。上海からは1時間半で日本に。

 12時半には松山空港に到着。無事帰って来ました。

 ここで17人のツアーメンバーとも解散。
 今回の旅は好天に恵まれ、
ガイドさんもよくて、飛行機の時間もほぼ定刻の離着陸、ツアーメンバーに怪我や事故もなく全員無事に帰国できて、すばらしい思い出となる旅となった。


 その後タクシーで帰宅。眠気とだるさでフラフラしながらも、荷物の整理。
お土産や洗濯物の仕分けなど、旅の終わりには必ずすべき用事だ。

 夫は24日から息子たちの旅に合流していないので、明日やって来るティムさんファミリーとウンバルトさんを迎えるために準備した。

 夜は簡単に済ませて、早めに休んだ。明日のために・・

マレーシア最終日

 「ホテルでやっとゆっくりとした朝食が摂れる。でも今日が最終日となるわけだ。ホテルのプールに入るのも散策もありだったのだが、3人とも部屋でゆっくり冷蔵庫に残っているものを片付けたり、荷物の整理をしたりで時を過ごし、11時45分にはロビー集合でチェックアウト。大きな荷物はバスの中に、私たちはマラッカ観光に。」


 昼食前に、ろうけつ染め工場に行き、ろうけつの実演を見学。

 プリントではないので世界に1品しかない素敵なデザインのスカーフやショールなど購入。またお土産のキーホルダーやブレスレットやいろんなものを勧められた。

P1100750 (164x230) P1100752 (200x126)  
 昼食はスチームボート料理(いろんな素材が入って、とっても美味しかった)

     P1100754 (250x188)
 昼食後、隣にある有名なチョコレート店に立ち寄る。

 ここでもマンゴーチョコ、70%カカオチョコ、トウガラシチョコなど、いろんなものを勧められる。もう今日が最終日かと思うとつい財布のひもが・・・。現地のお金リンギットも使い切ってと思うのも仕方ないか。でもお土産は最後というプランは、理にかなっているかもしれない。


 いよいよバスは一路マラッカに向かう。マレーシア最古の町と言われる。

 もともとジャングルだった未開の地を中世のポルトガルが、その後オランダが統治し、その頃の文化や習慣が色濃く残り、もちろん中国人やイスラム文化も融合して街全体が世界遺産になっているとのこと。

 中国の青雲亭寺院でお線香をあげてお参りをし、日本のおみくじのようなものもあって、きらびやかな色で飾られたお寺の様式に同じ仏教寺院でも日本のそれとはかなり違うと感じながら手を合わせた。
      P1100787 (250x188)

 マラッカ海峡に繋がる川沿いに広がるオランダ広場や、そのエリアを廻る人力車のような派手な観光自転車が日本のキャラクター(ピカチュウ、クレヨンしんちゃん、ドラえもん、セーラームーン等など)のぬいぐるみのようなものをくっつけて、そのアニメソングをかけながら走り回っていたのには、ちょっと眉をひそめたくなるような・・・
     マラッカ運河 P1100799 (250x95)
      P1100804 (230x193) ???   

 フランシスコ・ザビエルの遺体があったセントポール教会サンチャゴ砦どを廻って、かなり足も疲れてきた。

  P1100809 (250x188)
          P1100825 (240x250)
最後にマラッカモスクから夕日の鑑賞を…残念ながら、これだけは雲が多く
てはっきりとは見えなかった。でも心地よい潮風に吹かれながら、時間の許す限り沈みゆくマラッカ海峡の夕日をながめながらマレーシアとの別れを惜しんだ。

 P1100832 (230x173)
             P1100833 (230x150) 
 夕食はニョニャ料理で締めくくった。これはマレ-料理と中華料理がミッ
クスした家庭料理だそうで、味付けも日本人向けでおいしくいただいた。

 そこからバスは一路空港へ。夜の11時過ぎに到着。そこで今日買ったお土産などをトランクに詰め帰国のための準備、時間待ち。
 最後まで私たちを見
送ってくれたジャッキーさんともここでお別れ、本当に楽しい旅をありがとうございました。
  P1100745 (230x173) 
お世話になりました

 搭乗したのは午前2時過ぎ。またこれから眠れない一夜を過ごすのか・・・上海までの5時間。機内食もあまり進まない感じ。お腹はどうしても便秘気味。

マレーシア観光1

 「暦の上では2日目の朝、モーニングコールのあと3人それぞれ朝の準備を。バスタブ付きシャワー室とは別にシャワー室、トイレも別に2つあってスムーズに30分ほどで完了。荷物の出し入れはスペースの広い部屋のため自由自在、好きなところでできるのでとても便利。中にガラス張りの部屋があって、デスクありで充電コンセントも3つ並んであり・・ほんとに行き届いた内装になっていた。」

 10時前にはロビー集合でバスに乗って、とりあえずKLセントラル駅へ。
 マレー鉄道に乗車、初めての改札、出入り口の機械も日本のとはずいぶん違って、あまり早く出入りするとすぐエラーになってしまう。せっかちな日本人向きではないようだ。
 P1100473 (200x151) P1100471 (200x150)
 パトウケーフ駅到着後、最初にバトゥ洞窟見学。
 着いてびっくり! 270段の階段が真正面に洞窟に向かって反り立っていて、見るからに険しい感じが。でもここまで来たのだからと頑張って登っては見たものの、途中で何回も休憩しないと心臓がアフアフして苦しいし足はだるいし、強烈なむし暑さと共に疲労感が。おまけに寝不足と来ているので過酷な1日の始まりでもあった。
 板ちゃんは上まで上がったものの顔色が青ざめて、しばらく動けない状態。Kさんは降りれなくなりそうだと3分の1ぐらいまで登ってリタイアしていた。確かに残り洞窟の中にまだ100段ぐらいの石段があってその上に拝殿があって仏像があるのだが、私もさすがにそこまでは行けず下から拝んだ。一番年上の私が結局一番仏像の近くまでは行けた。普段の鍛えようが足らないのでは・・
 P1100481 (188x250) P1100488 (188x250)
 このツアーのメンバーの平均年齢はかなり高そう。60代後半はいってるのでは。4組のカップルも結構高齢のようだったが旅行慣れしていて足取りも軽やかに。しかもとっても仲良しって感じ、座席も必ず並んで座っていたし・・。私の場合だと夫とよく旅行するけど、かなり違う。

 ガイドさんの名前はジャッキーさん。このジャッキーグループ17人は早いテンポの彼の誘導にも遅れることなくちゃんと付いて行ってるので、すごいと感じた。
 暑い道中、散策から帰ってバスに乗り込むとそこは天国。冷房がよく効いていて生き返る。ただバスでゆっくり眠れないのはジャッキートークがすごいので、前の方の席に座ると顔を見ながら反応見ながら車窓ガイドをしてくれるため・・いいことなんだけど、てんこ盛りのスケジュールにいやはや元気な私でもちょっぴりキツかった。わがメンバー2人は、もっとキツそうだった。

 今日の日程、国立モスクでは決められた服装、特に女性は髪の毛を見せないようにストールをまいて入場。新王宮にも行き、ぱちぱち写真を。
     P1100542 (230x173)
P1100547 (230x173) P1100572 (200x150)
 もちろんツアーお決まりの買い物、お土産店、宝石工場見学等々ありまして、皆さんお財布と相談しながら買うことに。
 また錫製品製作、展示、販売店にてビールグラスや冷酒グラスを。長い間温度を保ってくれるものなので冷たいビールが本当においしく飲めそうだ。
P1100518 (250x188) P1100525 (173x230)
          P1100529 (250x188)
 ちょっとお高いけど買ってしまったし、茶筒も頑張って購入。旅に出るとつい財布のヒモもがゆるくなってしまうのが悪い癖。

 夕食は海鮮料理を楽しみ、そのあとホタルの生息する川岸をボートで遊覧。
 でも真っ暗で何も見えないし、写真撮影は禁止。でもホタルの輝きがなお一層生えて、幻想的な雰囲気を醸し出していた。虫よけジェルを塗りたくっていたけど、思うほど虫の被害もなく、ゆっくり過ぎるくらい飽きるほどボートでめぐり、ホテルに戻ったのは今日も遅く11時近くになっていた。
 近くのコンビニでビールを買い込んで帰って、ドアを開けるとホテル側の粋な計らいで昨日の夜の不手際のお詫びのしるしとして果物やお菓子がたっぷりダイニングテーブルに置いてあった。お詫びのメッセージと共に。
 疲れた体がぐっと癒されて、3人でシャワーを浴びた後少しばかり談笑して、また明日も早い出発なので早めにベッドイン。と言っても12時は過ぎていた。

いざ、マレーシアへ

 「今日からいよいようちのスタッフと共通の友人Kさんとの3人マレーシア旅行の始まりだ。松山空港11時半集合という比較的ゆったりした時間帯だったので、朝シャンしてセットしてKさんの娘さんの車で空港まで送ってもらった。」

 空港では、途中上海でトランジットしてからクアラルンプールへ行くため手荷物チェックが結構厳しくて、練り製品・ジェルや化粧品など液体関係は100ミリリットル以上持ち込み禁止なため必ず透明の袋に入れてチェックを受けなければならないのだ。私も軽く考えていたため全部化粧ポーチの中身を入れ替えなければならず、相当前に並んでいたはずがかなり後ろになってしまった。
 とは言え、その程度のトラブルぐらいで今回の旅は全体に順調でほぼスケジュール通りに動くことができた。お天気にも恵まれ、現地ガイドさんもベテランで少し訛りのある日本語がユニークでコメディアン桂文鎮の若いころのような風貌でユーモアたっぷりの話し方に私たちツアーメンバー17人は絶えず笑いの中で過ごすことができた。

 さて本日のスケジュールは結構強行軍で、上海までは1時間半で行き時差は1時間ぐらいなのだが、ここでの待合時間が5時間ぐらいあるのだ。
 手続きやツアー仲間との交流や買い物など、そして簡単な食事等でようやく19時30分いや20時ごろになって搭乗できた。それから約6時間、機中泊と言ってもなかなか眠れるものではない。
 中国東方航空のエコノミーには座席ごとのテレビモニターはない。機内食もやはりあまりおいしくなかったが、とりあえず完食。
 到着25時30分、少し遅れたが想定内だ。それから入国手続きは簡単に終了。一路クアラルンプール市内のホテルへ約65キロの道のりをバスは走る。

 ホテルはフレーザーレジデンスクアラルンプール1001号室。
 3人でこれから3日間の連泊になるのだが、びっくりするほどきれいで広くて設備も充実していて、これなら何日でも滞在したいぐらい豪華マンションの部屋のような作りになっていた。100平方mぐらいはあったのでは・・・
                 P1100461 (230x173) 
    P1100459 (250x188)
            P1100462 (250x188)
 ただ3人仕様という事になっていたのにエキストラベッドやアミニティの準備ができていなかったので、すぐに添乗員さんに連絡してセッティングしてもらい、事なきを得たのだが結局シャワーを終えベッドに入れたのは午前5時ごろ、モーニングコールが8時というからほとんど寝れないかも・・
 少しでも寝ておかないと体が持たないとばかり、みんな慌ててベッドイン。

日本防災士会愛媛県支部 設立総会

 「今朝はお風呂工事の最終日で、クロスや電気系統の仕上げで夕方私が会議から帰宅した時にはほとんど出来ていたのだが、電気屋さんの工事がまだだったのでやっと夕方6時半ごろ最終の工事も終わった。洗面所の方も出来上がっていたので、のけていた洗面整理チェストを所定の場所に戻して、さらに中に入っていた化粧品や洗面グッズなどもそこに移し替え、ようやく落ち着いた。そんな作業をしていたら夕飯の時間は8時過ぎ。でも夫は京都から帰ってくるのが9時過ぎだとか・・・夕飯はいらないようで、一人夕飯を済ませ、お風呂も沸かしておいた。9時過ぎには夫がご帰還。すべての作業が終わってから登場なんだからいい気なもんだね。」
        P1100441 (280x210) 
 今日は11時過ぎにはアイテムえひめに行って、ようやくこの日を迎えた日本防災士会愛媛県支部設立総会に主催者側として出席。私は来賓受付をさせて頂き、井原政務官、県知事代理や各自治体の危機管理部門の担当者が、また香川・徳島・高知の各支部から遠路駆けつけて頂き、一般の防災士の方も役員以外で35名も来ていただいて会場がいっぱいになり、会としては盛会に終えることができた。中でも愛媛の小学生防災士2人の出席で支部の前途に夢が湧く。ただ彼らが入会する場合に、もう少し入会金や会費は安くならないか、今後本部へ取扱いについて打診し、門戸を開くような方向で行くように期待したい。

 総会行事が終了後、愛媛大学の矢田部先生の記念講演があって、
相変わらずの毒舌で世間の問題を切って捨てながら、若手の防災士の育成が大切だと・・。
 最後に今後の支部としての活動について話し合いがなされ、
記念写真を撮ってお開きとなった。今後、また一段と忙しくなりそうだ。
         P1100449 (280x154)
 
明日から事務所のスタッフと友人と3人でマレーシアに親睦と充電のための旅行に出かけることに。26日の夕方には戻ってくるのだが、それまでしばらくブログはお休みで~す。行ってきま~す。

「はんぎり」総会へ

 「今日も朝からとっても天気が良くて、もう初夏の装いでいいくらいだ。午前10時には福祉センターにて、「はんぎり」の総会に出席。此処ではいよいよ観光ガイドボランティア養成のため、町民講座を6回計画、町の補助もあって勢いが付き会長も気合が入っている。実際に6月3日と27日に、はんぎりのメンバーで東西のコースに分かれて歩きながらガイドしていく研修もやってみることに。さてさて私も27日のコースに参加予定なのだが足が付いて行けるのか、少々不安もあるがトライするるつもりだ。」 

 お昼には、ちょうどエミフルではんぎりメンバー2人と食事を。久々の3人女子会? ジャンジャカの焼き肉をほおばりながら約1時間楽しい時を過ごした。
 
 午後からもまた福祉センターにて会議のあるお二人と別れて、私は明後日からのマレーシア行きの準備のため日焼け止めクリーム、虫よけ対策などのグッズを購入したり、事前の添乗員さんからの現地についてのアドバイスを受けたことで荷物の中身についてもかなりチェックできた。
 そのつもりで夜にはキャリーバッグにいろいろ荷物を詰め合わせて、ほぼ出来上がったところで、バッグのキーがどこに行ったか分からなくてさあ大変。記憶を頼りにかなり時間を割いて探したのだが見つからない。
 ちょうどいい大きさにと思って今回新しく買ったものだけにかなり悩んで、もう時間もないし・・と古い分に中身を入れ替えようと思ったとき、「爺ちゃん助けてよ」って呟いて、最後にもう一度この辺りと思う引出を開けて見ると、そこにあるじゃないですか!・・偶然とはいえ、さっき見た時は気が付かなかったのに、この鍵の存在に驚いた。やっぱり爺ちゃんが背中を押してくれたのかな~なんて思いながら「ありがとう」って思わず心の中で叫んだ。かなり鍵探しで時間のロスがあったが、安心してこの新しいお風呂に入ることができた。
 工事中 P1100435 (280x210)  
         P1100437 (280x210)  出来上がり
 やっぱり自宅で入浴できるのはありがたい。どんなに遅くなっても入れるし、リラックスできる。

 明日、洗面所のクロスの張替えを済ませば、全部出来上がり。何とか27日からの来客に間に合う。夫も明日には出張から帰ってくるので、この新しい風呂に入ることができるのだ。
 そんなこんなで結局午前2時半過ぎの日付の変わった夜中に床に就いた。明日こそは早めに就寝したいと思っている。

家の改修もあと少し!

 「今日もとてもいいお天気。庭の花たちにも水やりが必要かも。午前中は家の周りのエクステリアの改修などにも手を付けているので、その打ち合わせを。9時半過ぎには事務所に入った。午前中は何かと来客が多いが、今日は新聞のお悔やみ欄に私の同性同名の方が出ていたみたいで、わざわざ確認のため訪ねてくる人も。その人の享年は76歳だったから、まだある程度は理解できる。しかし何となく若いときと違ってリアル感があるのも事実だ。午後から家の中の照明関係で今調子のよくないものについて器具を変えたり、新機種に変えたりする作業をしてもらって、明日にはほぼ全部できるようだ。」

 昨日お風呂に入っていないので今日はどうしても入っておきたいので、夕方帰宅後、夫に連絡したら本人は特に入らなくていいというので私だけ元気人村に行き、そのあと夕食だけレストラン北斗で待ち合わせをして食べて帰ることに。
 夫は明日から仕事のため高松、大阪へと出張する。私も20日、21日ともとも会議が入っていて、特に21日は防災士会の愛媛県支部創立のための会をアイテム愛媛にて行うのだが、私自身も創立メンバーの一人として理事をしている関係で1日がかりになりそうだ。

 トランプゲートや今治の加計学園誘致であったり、世間もいろんな疑惑事件で賑やかだ。どうおさまりが着くのか目が離せない状況だ。

準備OK!

 「今朝から気温も高く日中は特に車内が暑くて初夏を思わせる。ただ湿度が低いので過ごしやすい1日だった。そのため今日はお風呂を我慢した。19日の作業部会のためにレジュメ作りをして、午後3時半ごろ事務所を出て22日からの旅行のために少し買い物が必要だったので高島屋に行く。靴やスカーフなど小物類も揃った。帰宅後夕食の準備。」

 ここの所夜更かしの日が多くて、この時間帯つまりパソコンに向かってブログなどを書いたりメールのチェックなどをしていると、ふと睡魔が襲ってきて時間が掛かることがよくある。
 ただブログを書くことによって1日の振り返りと明日に向かって何をすべきかが明確になり、とてもいい習慣だと思っている。

 明日は風呂工事や勝手口回りの工事も始まるようで、朝からいろんな人がやってきて忙しくなるだろう・・

土地開発公社理事会

 「朝からとてもいいお天気。お風呂工事の業者さんたちも8時半にはやってくる。昨日お風呂に入れなかったので今日は絶対にどこかの健康ランドのようなところにゆっくり行きたい。結局夫と共に喜助の湯に行き、帰りに近くの居酒屋で一杯やって代行さんを呼んで帰宅。これで気持ちよくなった。あともう少しでこの生活も終わる。それまで頑張ろう。」

 午前中は土地開発公社の理事会に出席。なかなか進まない南黒田の工業団地の企業誘致だが、近所の一部住民による反対意見の方々に話をする機会が得れるとのことなどを聞き、少しでも前に進むことを期待したい。
 会議は28年度の決算認定だったが、ほぼ何も動いていないのですこぶる簡単な決算なので異論もなく、会議は短時間で終了した。

 議会事務局へいき、連絡事項を聞き広報常任委員会の研修旅行の件など着々と決まっていく事態をチェックしておく。6月議会に向けて今のうちに決めれることは先先に片づけておこう。

 眞子さまが大学の同級生とご婚約というニュースが流れていた。最近のあまり楽しくない目を背けたくなるような話が多い中、とても微笑ましく、ほっとするお話しだ。お幸せに。

母の病院

 「北朝鮮のミサイル発射で世界中が怒り心頭の時、今度は国際的なハッカー集団によるコンピューターのサイバー攻撃で多くの会社や病院、公共機関などに影響が出ているようで、人を困らすことや恐怖に陥れること楽しんでいる輩が多い事に愕然とする限りだ。さすがに私たちのようなごくごくプライベート的な個人のPCにはウイルスが来て無いようだけど、どこで何にひっかかるともわからないので用心したことに越したことはない。今日は母を連れて愛大病院へ定期検診に。なんだか目が辛そうで顔をしかめたり険しい顔をしていた。ほとんど会話が成り立たないのでどこが調子が悪いのか様子を見ながら想像するしかないのだ。母の調子もあまり良くなかったみたいだけど血液検査では別段変わったことはなかったのだが、私のおなかの調子も良くなくて何回もトイレに行かなければならず、そのたびにボランティアさんに母を見てもらいながらトイレに飛び込んだ。あ~辛かった。」

 比較的、病院の方が少し空いていたので精算などは時間が掛からなかった。それでも母をグループホームへ送り届け、処方箋を持って指定薬局に行き一連の仕事が終わるのに時間が掛かるので、昼食は2時過ぎになってしまう。また事務所に戻って仕事を始めたのは3時ごろから・・
 デスクワークをしていると来客があって話をしていると、もう5時過ぎに。
 今日はお風呂に行く時間的余裕もなく、薬を届けてから買い物だけ済ませ帰宅。明日はどこか外風呂を利用しようと思っている。

 明日は岡小のひまわり集会のフラダンス講習の実施を依頼されたので、レッスンの時に皆さんに相談しなくちゃ~~
 そういえば父が亡くなって大変な時に結構忙しくて、悲しみに耽る時間もなく過ぎて行ったことを思い出した。5月30日が父の命日なので、改めて1年過ぎるのがとっても早く感じるなと思った。

地域巡回

 「今日は昨日よりさらに温度が上がって夏のような日差し。午前9時より二手に分かれて地域巡回して、自主防災会の幹事会をした。巡回で得た情報を披露し、問題点や改善点などを出し合って今後の問題解決へとつなぐ会合となった。暑い日差しの中で、私もムービー片手に写真も撮りながら、現地を見て回った。会合ではいろいろな問題個所について話が出ていたので、私の方からも担当部署に確認したいこともわかって、やはり地域巡回に参加得ることの重要さを肌で感じた。」
  P1100396 (280x210)
                P1100381 (280x210)
 午前中の用事は終わったが、よく考えれば今日は母の日だった。玄関の花がくたびれているので、ちょっと付け加えて元気な赤のカーネーションをメインに活け替えてみた。
      P1100432 (280x210)  
 朝から夫は詩吟の大会で夜遅くまでかかるようだし、
私はお風呂も一人湯ららの温泉に行き、気持ちよくなって帰ってきて、それから8時前から夕食を。
 夫は9時半ごろ帰ってきて、『風呂は沸いとるか~』だって?
 今沸かす風呂はありませんよ~~
全く忘れてそんなことを言うもんだから思わず『どうやって風呂沸かすのよ??』って叫んだわ!! 当然風呂も入らず、果物食べて寝室に。
 私も、早めに休むとしようか・・明日は、
母を愛大病院に連れて行く日だし。

浴室改装

 「朝からいいお天気で気持ちいい。ただ昨日までの疲れが、足・腰に残っていて、なんだか若いときと違うなとつくづく感じる。ただ今日は朝からバスルームのリフォームのため業者さんたちが8時ごろからやってくる。ゆっくり寝ているわけにもいかず、洗面所も実質使えなくなるので早めに歯磨きなど朝支度を済ませ、朝食もそそくさ・・。時間通り皆さんがやってきて、浴槽の解体工事を始めた。ほぼ午前中に浴室部分が色々な配管電気系統などのコードなどがむき出し状態になって、床下のコンクリートや地面の部分も全部露出して、これから1週間お風呂は全く使えない状態になってしまった。もちろんわかってはいたことだけど、しばらくは銭湯通いということになる。」

 午後から私は文化センターで行われる人権大会に参加。工事もほぼ午前中で今日の予定は終わったので、12時45分には到着。議員席はいつも決まっているのでそこに座っていると、他の議員さんたちもやってきてそこには6人顔をそろえた。会式の前にひまわり合唱団のオープニングコーラスで花を添えてもらった。
       P1100359 (250x188)
 
そのあと長年人権活動をされてきた方への感謝状授与や町長などの来賓祝辞があって、そのあと記念講演として俳優の水澤心吾さんの一人芝居「決断 命のビザ~SEMPO杉原千畝物語~」を鑑賞することができた。
 杉原千畝氏は、
第二次世界大戦の末期にヒットラーのユダヤ人虐殺政策から逃れようとやってきた人々を、外交官としてビザを個人的に発給することによって結果的に6千人もの命を救うという人道的な行為を勇気を持って行った人として有名だ。自分はもちろん妻や子どもたちの命も危険にさらすかもしれないという究極の決断だったが、その勇気は日本人よりも今や世界の人々に語り継がれている。
 当時、その行為は日本政府に反する行為であったため、
帰国後彼は冷遇され、決して評価されずに外務省を去ったけれど、のちに多くの命を救われたユダヤの人々から尊敬されその人々の子や孫が育ち25万人もの関係者がいると言われる。
 水澤さんの迫真の演技に引き込まれ、涙が止まらなかった。
自分に置き換え、そこまでの勇気、決断ができるのかどうか、そういう状況におかれた時まさにその人の評価ができるのかもしれないが、やはり純粋になりきれない損得勘定や利己的な気持ちが優先してしまうこの社会で、人権を守るという重い課題にこれからもしっかりと向き合って行かなければならないと感じた。

 夕方お風呂に行くため久しぶりに元気人村に行ったが、
以前に比べてかなり人が少なくてガランとしていて、しかも食事するところもなくなっていて結局エミフルの網元へ。
 顔はすっぴんだし、あまり人に会いたくないなと思っていると、
そういう時に限って役場の人たちの打ち上げ会場と一緒だったりして、この日もやっぱり鉢合わせ。とほほほ・・・
 あ~これから1週間風呂を求めてあっちこっち行かねば
ならないし、きれいになるまで我慢我慢だ。

研修2日目

 「今日は研修旅行2日目だ。朝7時の朝食、8時出発だったが比較的睡眠時間を取っているので、6時には目が覚めて眠くはなかった。天気予報によると今日は西から崩れてきて昼過ぎには降水確率90%の大雨予想が発表されている。高千穂峡散策の間はぜひおとなしくしていてほしい雨たちよ。その願いが聞いたのか、昼食後バス移動の時に降り出した。ラッキー」
        IMG_8435 (300x201)
 阿蘇の火山爆発の時に噴出した火砕流が長い時間をかけて浸食された柱状節理の岩盤が不思議な形を作りだしていて、何とも言えない神秘の世界を感じる。だから神話の中にここが神々の集まるところということで、天岩戸神社、荒立神社など古事記や日本書紀などにも記されている神話そのものの神社があちこちにあって、宮司さんの説明を聞きながら神苑を散策した。
 
 高千穂峡の散策は一回バスで一番高いところに行って、
そこから降りてくるようなコースだったが、途中写真撮りのため岩に上がったり石積みの小道を歩くためかなり足が痛かった。それでも峡谷の下を覗くと濃い緑の川が流れていて、新緑が覆いかぶさるように生い茂り自然の造形美に感動だった。
  IMG_8420 (142x200)  IMG_8439 (173x250)
 高千穂峡の散策が終わったところで昼食となり、
また坂の上の茅葺の古民家に準備された郷土料理はとてもおいしかった。

 ただ急にコーヒーも飲みたくなって、
近くの喫茶店に入り高千穂の水を使った石焼き焙煎のコーヒーはコクがあって飲みやすかった。その時、高千穂バーガーというのが目に留まりトライしたのだが、さすがに昼食後だけだったので半分しか食べることが出来なくて残りを帰り道すがらいただ
くことに・・・

 13時すぎからはひたすらバスで延岡を目指し、
佐賀関港からフェリーでまた三崎港へと戻った。約1時間の船上も友人たちとの語らいの間に過ぎて行った。17時半ごろには四国に戻り、ひたすら松前町に向かってバスは走る。その間車内では、静かに眠らしてはくれない。何時もの旅の
感想を発表する時間帯となっていた。
幸い今回は人が多かったので、それぞれ多くを語らなくても時間は過ぎて行った。
 もう慣れたせいなのか、
史談会の古参のお喋りおじさんたちの薀蓄も子守唄のように流せるようになったものだから・・
 この古参の方々に去年から強力なお喋りおじさんが追加されて、
まるで漫才を聞いているみたいに感じるのは私だけではないと思うのだが~~~

 
途中何回かのトイレ休憩を挟みながら無事松前町役場に帰ってきた。もうその頃にはこっちの方でも雨足が強くなっていて、バスから荷物を降ろしてそこで順次解散ということに。
 
私は文化センター裏の駐車場に止めていた車におみあげや荷物を積んで、家路に。

 帰宅時に夫は
どこかに出かけていたみたいで、私は残りご飯とカレーを温めて食べた。バスに乗っていただけなのに、やはりお腹は空いていたみたい。
 そして今日でこの風呂とは最後の使用となるため、
味わいながら旅の疲れを癒すかのように湯船に体を沈め最後の湯を楽しんだ。
 明日からの工事のため、荷物をまとめて家具の移動に備えた。
もう12時過ぎだ。今日も遅くなりそうだ。あ~疲れた。おやすみなさい・・

史談会研修へ

 「今日から一泊二日の史談会県外研修の旅に参加。いつものように朝6時50分松前庁舎前に集合。何時もながら準備等で午前2時半ごろ床について5時半には起床という超寝不足状態で参加。気分的には張り切っているから眠気は感じず、バスに乗り込む。何時もの松岡女性ドライバー、伊予鉄観光の添乗員の若山くん、そして会長の鷲野氏を始め常連さんと新メンバーが結構多くて総勢27人のツアーとなった。中型バスはほぼ満席で、去年に比べ賑やかな出発となった。朝からよく晴れて車は三崎港に向かい9時40分の出港、国道九四フェリーで約1時間後に佐賀関港へ。」

 そこから大分県を豊後大野の方に走り、最初の観光地の原尻の滝の見えるお食事処で昼食を。
 9万年前に起きた阿蘇山の巨大噴火大火砕流が引き起こしたその痕跡が自然のオブジェのごとくあちこちにその形を残し、自然の偉大さと怖れを私たちに見せつけているようだった。この滝はそんなジオパークの中の一つの景観であり、少しオーバーかもしれないが東洋のナイアガラなどと呼ぶ人もいるとかいないとか・・
       IMG_8351 (280x165) 
 さほど時間はなかったが、滝を遠目に見たり、メンバーの中にはその滝の周りの吊り橋や周囲の小道を散策した人も。
 13時過ぎには、そこから竹田市に向かい岡城址に向かった。以前にも竹田市は行ったことが有り、滝廉太郎のメロディ道路や資料館、街並み散策もしたことがあったのだが、今回はほぼ岡城址を中心に地元のボランティアガイドさんと共に杖を突きながら坂道や石段などを上りながら、あちこちに残されている石垣を見ながら、当時のお城のあったころのことを想像した。
 歴史は830年もさかのぼって平安末期から戦国時代、徳川の時代に至るまで城主が時の戦乱の中で次々に変わり、今から400年前に中川秀成により本格的な建設を始めた城塞の石垣の部分だけが残っている。のちに荒廃したその城跡を偲び滝廉太郎の「荒城の月」という名曲が生まれたとされている。
 IMG_8376 (280x187)
            IMG_8354 (280x187)
 岡城址を15時30分に出発して、一路宮崎県の高千穂へと向かった。長いバス移動でようやく17時30ごろ、今晩のお宿今国旅館に到着。何時もならここでゆっくりお風呂に入り宴会となるところではあるのだが、今回は夜神楽鑑賞というイベントを挟んでいるので18時からすぐに19時すぎまで夕食、引き続き簡単な宴会となり、20時からの高千穂神社境内で行われる神楽を見るためマイクロバスで移動、少しでもいい席をと夕食後早めに現地へ移動した。
     P1100267 (250x188)
 始まる頃には大勢の観光客がお堂に集まり、今か今かと始まりを待った。外国人の見学もあったりでまさに国際色豊かな境内に大きな太鼓の音が鳴り響き神楽の開幕だ。
 夜神楽33番から代表的な4つの舞を披露してもらい、その迫力やリアル感に感動した。また最後の御神体の舞は人間の男女の営みを少しユーモラスにまたエロティックに表現し、クライマックスは舞台から客席に向かってやってきたそれぞれの演者が客席の男性や女性を選んで思い切りハグするしぐさが面白くて笑いを誘い、観客を喜ばせるサービス精神には恐れ入った。
          P1100281 (280x169)
   P1100325 (280x185)
 約1時間の演目が終わって、またバスで旅館に戻り、宴会の続きをする人は一つの部屋に集まって酒を酌みつつ語らう場面となった。結局女性群はお風呂に入って、すっぴんになるとまた集まるのは面倒と思ったのか集まらず、お風呂をあとにした私だけが男性群と共に観光の話やお神楽の感想など、あ~だこ~だと語らううちに時間も過ぎ、お風呂の最終時間もあるので1時間ぐらいで失礼した。
 さすがに11時過ぎに大浴場に行ったら人がいなくて私だけだったので、なんだか不気味だったけど、さ~と入って出た。部屋に戻って同室の皆さんもお疲れ模様だったので、私も12過ぎには床に就いた。
 特に横で休まれる方には、いびきが煩くて寝れなかったらごめんなさいと断っておいてから寝た。さあ明日は高千穂峡巡りだが、今日のようにいいお天気が続いてくれるといいのだが・・

作業部会

 「今日は曇りだけど雨は上がった。9時半より作業部会だった。基本条例が3月議会で承認され4月施行より初めての作業部会だった。いよいよこれから実施要項というか、条例によっては具体的な実施規則が無いと実践できないものもあるので、具体的にそれらについてピックアップして10の項目を挙げて優先順位を決めて実際に作業を進めて行こうとレジュメを作ってはいたのだが、それらの説明が終わるとメンバーの一人がそれ以外の1条から7条までのほぼコンセプト条項についても一つ一つ見て行き議論が必要ではと指摘があった。これらについては細目や規則を作っていく性質の条項ではないので、条例の運用場面での視点などを勉強していき議論していくということは今後も必要だが、それらをしてから各実施要項に入るというのでは時間ばかりかかって前に進めないし実績が示せないので、同時並行にしていこうということに落ち着いた。次回は19日で決まりだったが、それまでにスケジュール表は作ることを約束したので頑張ろう。」

 2時間ほどの会議だったが、やはり作業部会のすべき方向性についても3月までの約7か月間またその前の議論も入れたら本当にこの条例の文言作りに時間は掛けたけど、もう逆戻りはできないので前進的な議論で行きたいものだ。疲れますね!!!

 昼食後事務所に戻り、
スケジュール表の原案を作ってスタッフに仕上げてもらうように渡した。
 明日からいよいよ史談会の研修のため13日の夕方まで帰って来ないので、15日には確認できるだろう。

 明日は5時半起きの超早い出発だから、
早く休まないと睡眠時間が短くなる。

久々のフラレッスンでした

 「今日は少し雨模様。朝は少し肌寒い感じだった。午前中は事務所にてデスクワーク、打ち合わせなど。午後には、5週間ぶりにフラダンスのレッスンも。やはりかなり忘れているけど、脳トレにもなるしすごくいい気分転換になる時間帯だ。その後息子の年金の件で役場で書類関係の処理をして、議会事務局へ。明日の作業部会についてや常任委員会の研修についてなど主にスケジュール関係を話し合って、歯医者の予約をきれいに忘れて帰ってしまった。帰宅後夕食中に思い出したが、あとのまつり・・・」

 それにしても行っておきたかった歯医者だったのに、また予約を取るに一苦労だ。奥歯の被せ物が取れているため、本当は絶対行きたかったのに・・・
 11日からの研修旅行の準備だけはしておかないと。 鞄を出して少し用意をして、明日の負担を軽減した。

 今日は韓国の大統領が決まり、北朝鮮と親和的な政権で慰安婦問題など日韓合意の見直しを考えているなど反日的なところもあるため、かなり日韓米との連携にも微妙なひずみが出るのではという懸念も。
 一昨日決まったフランスの大統領は39歳の最年少就任のイケメン。しかも奥様は25歳年上の、高校の時の教師だった方らしい。素晴らしいわね。トランプが23歳年下の妻というよりずっと素敵な感じでおしゃれな感じだ。

 今日も夜更かしだね。

ネットワーク松前総会

 「ゴールデンウイークは終わり、いよいよ今日から本格的にまたスタートだ。午前10時よりネットワーク松前の総会があった。10分ぐらいまでほとんどの人が来てないのにはちょっとびっくりだが、それは慣れたもので何とか5分前ぐらいまでには形になるので驚きだ。ただ議長さんの到着までには、ゲストさんへの自己紹介や資料説明などで何とか時間稼ぎをしてちょっとハラハラしたけど、15分遅れで始まった。28年度活動報告、会計報告、監査報告、質疑応答、さらに29年度計画そこで具体的に何をするかの意見交換もありで予算も発表され、全体的には11時30分ごろには役員改選まで終わり、最後にワイワイ座談会のテーマについて議論。今回ゲストさんとしてお招きしていた花サロンの代表の方のお話しから、素晴らしいヒントを戴き、中身が決定した。」
              P1100252 (280x210)
 地域で活躍するサロン活動家たちの実践例の発表会の場とする座談会にする方向で決まった。このためこれからそういう先進事例的な活動の場を捜し、それらを支援したり実際のお世話役や代表の方々にお話を聞いたり出演交渉もしていかなければならないだろう。
 またほかのいろいろな行事についても担当者も決まり、今後はそれぞれのところで予定された日時までに形にしていかなければならないだろう。
 早速今年は蛍鑑賞に行こうという行事が決まった。6月3日に決行できたらということで、その食事の時にでも今後についての打ち合わせをする予定らしい。

 12時には部屋を片付け、そこから昼食会場に。10人ほどがそちらに行って、さらにゲストさんとも交流を深め、色々薀蓄のあるお話を聞かせてもらった。1時半には解散して私は議会事務局へ。
 作業部会の集合日時の確認や連絡。その後事務所に戻り、デスクワーク。専門書を読んだり、今後についてスタッフと打ち合わせをして4時半には終了。

 帰りに買い物、帰宅すると早や夫が帰っていて、しかもピアノの前にすわって、この前習ってきたカンツオーネを一生懸命歌っている・・・発声力を高めるために?
 夕食後はまたいつものように私たち夫婦とラブちゃんだけの生活に戻っている。残っていた二男も昼には東京に戻って、なんだかちょっとさびしくなった感じがするけど、ほっとしたような気分にもなっていた。
 いつもの空間といつもの時間が流れている。ただ今月末にはまた長男とその友人たちやファミリーが来日して、また賑やかになるけど~~

GW最終日

 「今日も気持ちよく晴れた。弟の家族4人が朝食後、いよいよ関西に向かって帰っていく。帰る前に母のいるグループホームによって、みんなで写真を撮った。母はなんだかうれしそうに孫の顔を見ていたような感じがしたし、時々こちらからの問いかけにハイと言って返事をしてくれた。それからインター入口まで誘導してそこで彼らとは別れ、私たちも伊予インターまで高速を走り、そこから降りて途中ダイキによって必要な物を買い、私は少し夏の花も何株価購入し、帰宅後早速庭の空いた鉢に入れてガーデニングを終えた。」
  P1100245 (250x188) (自宅前にて)
      (グループホームにて)P1100246 (250x188)
 帰宅後、息子たちにはテラスの天井にクリーニングしたカーテンを付ける作業を任せ、夫は畑にキュウリを植える作業をして、そのあと弟たちが使っていた寝具を庭の洗濯干しにかけて天日干しにした。
 
長男はそれからフィッタに出かけ、ジムでトレーニングもしてきた。
 
今夜7時のフライトで帰るとのことで、少し早目の夕飯をしてゴールデンウイークの最終日となった今日、帰った。本当に昨日来て今日にはもう帰るのだから慌ただしいことだが、仕事の関係でそうせざるを得なかったようだ。
 二男は明日の昼の便で帰るのだが、
もう明日は私も夫も仕事があるので見送ってやることはできないのだが適当にタクシーで帰るとのこと。まあこの後はしっかり就活して早く仕事が見つかることを祈るばかりだ。
 
そういえば昼食には家族4人でウナギを食べに行こうと夫の提案で出かけ、なんだか楽しい時間はあっという間に終わってしまう感じがしたのだが、いい思い出はできたようだ。

 明日の朝には、新しいフランス大統領が決まる。
39歳の若い中道の革新大統領か、65歳の極右政党の女性大統領の誕生か、判明する。

父の法要

 「今日は朝から長男を迎えに夫と二男が空港に、私はみんなの朝食の準備で大わらわ。いよいよ8人家族となって朝食時には順番で座ってもらった。テーブルには6人までしか座れないので。それでも何とかスムースに協力してもらって、後片付けまで終わって9時過ぎ。10時前にはお寺の方に行かなきゃならないので、お返しの品など、忘れ物が無いようにチェック。みんなそれぞれ喪服に着替えて2台の車に便乗して、10時15分には到着。そして全員そろった10時25分より法事の開始となった。」
                     DSC_0679 (200x112)
 従来の住職石黒氏の体調があまり良くないとのことで代わりに跡継ぎのお坊さんに進行をしてもらった。無事11時には法事も終わり、来る3回忌のこともしっかりやるようにとクギを刺されたような感じだったが、もちろん来年またここでさせてもらう予定だ。
 
住職が早く元気になってまた住職の手による法事をお願いしたいものだ。
 終わってから、せっかくなのでまた雨も上がっていたので
お寺の前で集合者真を撮って、会食の場である北斗に向った。
    DSC_0681 (300x169)
 北斗では、
私の手違いで14人のつもりが13人になっていたが、適当に補充して何とか済ました。久しぶりにみんなが揃うと、やっぱり楽しくワイワイと時間の経つのも忘れるほど弾んだ。
 お開きの頃には次の約束ができていた子どもたちは、
松山城近辺や道後温泉あたりの見学に行くとのことで、いったん帰宅し2時ごろから松山市内に出た。
 
私はさすがに家事で疲れて夜の食事会にだけその時間に市内に行って合流した。
 楽しい思い出づくりができたよ、パパさんありがとう・・・

大家族に!

 「今日は子どもの日。とってもいいお天気で、まさに立夏。本当に汗ばむ陽気になってきた。もう成人して社会人になったわが息子たちには、子どもの日というイメージはないがむしろその次の母の日に私に向けて何かメッセージはないのか期待するところだ。12時40分に二男を迎えに松山空港に行ったところ、第1も第2のパーキングも満車状態で仕方なく遠いけど第2の方に少し並んで待ちながらラインで状況を伝えながら何とか入れて、急いで空港ロビーへと向かった。ちょうど到着が遅れていたので、時間的には向こうを待たすこともなく会えたのだが、やはりGWは人が多い。」

 お互い昼食がまだだったので途中のファミレスで食事をして、さらにエミフルでスマホの機種変更をしたいというのでさらに足を延ばして、たぶんここも混んでいると思いながらなかなか離れたところしか空いていない駐車スペースに何とか止めることができた。
 ソフトバンクのショップの方は、
お客がちょうどとぎれたところだったのでスムースに購入できて後の手続きも早くできた。
 
帰宅後、今度は弟家族がもう石鎚インターまで来てるというので待機していたら、5時過ぎには4人でレンタカーに乗って大阪から遠路はるばるやってきた。甥っ子たちも年々大人びてきて頼もしい。
 6時過ぎには夫も帰ってきて、
一挙に7人家族の賑やかな晩さん会だ。明日は父の1回忌の法事で教深寺に他の親戚たちも集まることに。
 
とにかく大家族になると食事の準備と配膳そして片づけ洗い桶が大変。うちの息子たちは、よく手伝ってくれるので結構助かるのだが・・・
 何とか片づけ終わったのが10時前。
お風呂も順に入ってもらいながら、それでも私が入ったのは11時半過ぎ。まあ大家族は大変だわ~~

片付けに・・

 「今日もいいお天気だが時々曇り空にはなるけど崩れることもなく、昨日ガーデニングで植えた新しい花の苗に雨が降ってくれたらなんて期待もしたのだが・・そのため夕方には水やりを。朝からずっと掃除機をかけたり茶の間のカーッペットやダイニングの椅子を家具屋に見に行き、カーペットだけは車に乗せて持って帰った。椅子は18日ごろになりそうだ。また明日からの来客のため、夫と二人で1日中片づけ物をしていた感じだ。」

 今日はみどりの日。わたしの日?
 本当に新緑の綺麗な時期になったので本当は行楽にでも出かけたいところだが、人も車も多くて身動きできなくて疲れるよりは、まだ来てもらう方がいいのかな。
 今回は法事ということで父の1回忌。
まさに1年前の5月末に父は急に入院して4日ほどで亡くなってしまった。今考えるとあっけなかったけど、ぎりぎりまで旅行をしたりおいしいものを食べたりできたのだから、そして長い闘病生活や入院を繰り返すこともなく逝けたのだから大往生だったと思う。
 そんな父を偲んでみんなが集まるわけだから、父の話題も出て、
天国の父も目を細めているのではないかしら。さあ明日から7日にかけて8人家族になって大変だ~~

憲法記念日

 「今日は憲法記念日だが、いつもながら地域では子供相撲大会が開催され愛護班に所属する子どもたちが集まって、中学生が中心になって会の進行をしていく。なんだか今年は子どもたちの集まりがとても少ないように感じられた。好天に恵まれたゴールデンウイークは、どこか遠方に家族と一緒に出掛けるパターンが増えているのか、やはり盛り上がりに欠けてしまうのか。でも参加した子どもたちは力いっぱい土俵の上で相撲をしてくれて、地域のおじさん、おばさんは元気が出たよ。ありがとう・・・相撲が終わると祭り会の面々がお餅を値て餡餅や黄な粉餅にして子どもたちにふるまっていた。」  
P1100219 (250x188)

             P1100235 (300x225)
 午前中は相撲大会で終わったが、午後からは昼食や夕食の食材を買いに行き遅めのランチを2時過ぎに食べて、その時購入した花の苗を使って夏花の入れ替えなどガーデニング作業を頑張った。
 夫は憲法集会に出かけて、そのあと夕方には犬の散歩、
近くの畑に素人農家さんになって今年も何か野菜を植えるとかで張り切ってラブを連れていった。
 
私はこの間もずっと買ってきた花の苗を春の花が終わっているところに入れ替え作業を行っていった。肥料や土が重いし、この作業がずっと屈んだ状態で行うものだから今もかなり腰が痛い。
 やっと5時半ごろ終了。この作業も年々きつくなる感じだ。
いつまで続けることができるのかしら・・

 
さすがにテレビをつけると憲法集会や安部総理の2020年新憲法施行の呼びかけビデオなんかが流れていて、だんだん改正憲法の機運が上がってきている感じで、拙速な感じがしてあまりいい感じがしない。
 9条を変えたいためにくっつけてきた高校までの授業料無償など、
なんだかネコだましのようで変な感じ。それこそ憲法改正しなくてもできる内容じゃないのって感じだ。
 環境基準や考え方などの改正を盛り込むことなどは賛成だが、
これも原発には触れないだろうし、21条の言論の自由についてはなんだか世界情勢一つで戦争もある意味認めるような機運を感じて、これこそ嫌な機運を感じる。
 5月3日は、やはリ原点となる人権、平等、思想の自由、
主権在民、平和主義、立憲主義これらの憲法草案のできた時のことをしっかり考える日とすることは大事な事だろう。

連休中だけど・・

 「今日もまさに五月晴れで気持ちいい。カレンダー的には八十八夜の新茶の収穫時となるようで、本当に気持ちがよくなる感じだ。午前中はデスクワークで時間が過ぎ、朝食が少し遅かったせいもあって昼食は何となく抜いてしまって庁舎に行き、帰りに郵便局や銀行での用事も済ませ最後にエミフルによって、今度の夏の仙台から東北復興事例の視察研修旅行のプランの相談をフジトラベルのカウンターにて調べてもらい、飛行機のチケット発行まではしてもらいホテルも予約ができて一段落した。向こうでの案内を菊池氏に頼んで、了解してもらった。」

 午後にはいつものようにフラダンスのレッスンがあると思っていたが、連休の中に入るということでお休みということらしい。せっかく久しぶりにみなさんに会えると楽しみにしていたのに残念。その分ゆっくり事務所で仕事ができた。

 母の介護保険の還付金について保険課の窓口に銀行引き落とし手続きに行ったり、何かと忙しい1日だった。
 いよいよ明日から大型連協の後半の時期に入る。日本全
国無事で平和な毎日でありますように・・・

新緑の季節、私も活発に!

 「いよいよ新緑の季節がやってきた。今日から5月。まさに澄み切った青空にこいのぼりが勢いよく泳いでいる風景があちこちで見られる1年中で一番いい時候になってきた。今日は午後から作業部会の第二弾、これから実践活用するための規則等々を作っていく最初の会合だったのだが、結局6人中3人しか集まれず、とっても残念だったけど、もう一度仕切り直しで日程調整してスタートさせたいと思っている。どちらにしても連休明けということになるが、一つ一つ議論を重ね積み上げていく手法には変わりなくやっていくつもりだ。みんな忙しい中の時間を合わせてする会だから、大切な時間と思って臨んでいただきたい。」

 さてこれから季節も良くなると同時並行に私自身も活発に動く半年になりそうだ。特に5月は11~12日には史談会の県外研修、さらには下旬には海外(マレーシア)に。また月末には息子の留学時代の友人家族やイタリアの友人などがホームステイに。そのためお風呂の入れ替え工事で13~20日まで自宅のお風呂が使えないという大変ハードな毎日になりそうな・・・
 
 7月には仙台から陸前高田、気仙沼と東北大震災後6年目の復興状況の視察を兼ねて女性の防災グループで菊池氏の指導の下、色々学んでくる予定だ。グループには女性建築家もいて全員防災士でもあるし、いろいろ学習できることも多いのではと今から期待が膨らむ。もちろん、それ以外にも広報編集委員会の研修が6日前後に、18~19日の総務産建の佐倉、武蔵野市のファシリテイトマネジメントについての視察研修も予定されている。
 そのためにもしっかり体も健康でなくてはならないし、合間を縫って総合健診も申し込んでおこう。

 8月には議員防災士協議会主催の勉強会も東京であるし、そこにも参加する予定だ。一番暑い時期だけに、去年の熊本視察同様、体調管理はしっかりしないと大変だ。
               頑張らなくっちゃ!