FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

今後の向けて

 「とうとう8月も終わった。前半の8月は猛暑続きでしかも選挙準備期間中で本当にしんどかったし、よく焼けました。しかし後半特に盆明けごろから雨が多く気温も低くなり、ずいぶんしのぎやすくはなったのだが選挙は結果的には無投票という形になり、なんとなく不完全燃焼で終わってしまった。さあこれから9月議会に向けて人事を含めいろいろな思惑が飛び交う時期だが、まさに町議会が注目(いい意味、悪いイメージ含め)されている中で、どんな展開・サプライズがあるのか・・・しっかり見られていると考える。」

 午前中は、支援者・関係者による今回の選挙についての総括会議でいろいろな反省部分も出され、今後の参考にしたいところだ。会の終了後、推薦する会の皆さんには少し残ってもらって、私の今後の取り組みについてお話しするとみんな応援してくれる意思表示をしてくれたのでしっかりとやっていきたいと思った。

 午後からは父の所に行ったり銀行に行ったり、いろんな用事を済ませる時間帯となった。
 夕方には会議の欠席者にお知らせ事項の手紙を渡すのに小雨の中、自転車で走った。

 夜は早めの食事をしてちょっと会議に出て、結構話し込んで遅くなってしまったが、夜中は錦織の全米オープンの初戦を見て応援。相手選手に翻弄される錦織を見てハラハラさせらえてるけど、絶対勝ってくれると信じています。

久々の家族集合

 「事務所内のいろいろな片づけなど、この降って沸いた時間的空間を最大限に生かし、次へのステップに向けていろいろな準備をする。午後は庁舎にも行き、雑談しながらこの次への構想を練った。夕方、地域支援者の方々との今回の選挙についての反省と総括の会のお知らせ要旨を自転車で配り、夜は父を含め東京から駆けつけてくれた子供たちとの家族食事会に行った。」

 久しぶりの二男との再会で、今の就活の様子など話してもらい今後に期待するしかないなと感じ、自分の好きなことができる仕事に着ければなと思った。
 長男は本当に仕事も詰まって忙しい中をぬって帰ってきてくれて嬉しかった。お盆の時にはゆっくりできたのだが、その時は私が忙しくてあまりゆっくりできなかっただろうに、優しい気持ちに感謝。
 夫は二人の子どもたちと共においしそうにお酒を飲んで、私が父と一緒に1次会で帰ったのだが二人を連れてそのまま行きつけの店に行って夜遅く帰ってきた。

残務整理に

 「今朝は昨日までの喧騒の日々から一転、静かな幕開けでやっとしっかり眠れたような落ち着いた日々の始まりを感じた。とはいえ午前中は昨日までの残務整理やお祝いの挨拶に来られるお客様の対応や、関係業者さんたちが片づけに来たり、事務手続きやら,後援会の会長や事務局などと今回の選挙準備活動についての反省と総括など話合いをして残務整理に追われる1日だった。考えれば30日以後の仕事が前倒しになったわけだから、できるときに片づけておこう。」

 関係者への結果報告など電話対応なども煩雑で、あっという間に時間が経ってこれらの事務手続きも時間が経つと忘れてしまうのでスタッフに4年後を見据えてしっかり記録してもらうように示唆。
 また今回は異例中の異例、60年なかった無投票という出来事に、これもしっかり記憶しておくためにも備忘録に書き留めておこう。

 また花束も届けられ、こんな形での当選だっただけに気恥ずかしかったけど、せっかくの気持ちに応えてしっかり頂いて玄関に飾らしてもらった。
 その花を見ていると当選したという実感が湧いてきた。

 夕方父の所に行き報告して、父も安どした様子だった。
 今週はこんな感じで進んでいくでしょう。息子たちも明日頃からちょっと帰ってくので賑やかになりそうだ。

無投票当選

 「朝から台風の影響で大雨となり今日の出陣式が外で出来るのかとても心配だったが、10時の開始時間には雨も上がり外で予定通り行うことができた。朝早くから関係者の皆さんや支援者の方々がみな集まってきてくださって、私も気持ちよく街宣車に乗って出発することができた。」
出陣式 
            いざ出陣
 今回の初日のドライバーさんはタクシー運転歴の長いベテランさんで、しかも松前の道を熟知されている方だったので本当にくまなくじっくりと回ることができた。
 ウグイスさんたちも精力的に、ほとんど休まず語り続けてもらって嬉しかった。

 お昼の休憩時に車に荷物を運び込んだ際、勝手にドアロックが掛かってしまい、しかもキーが中に入ったまま・・・これでは車を動かすことができない。困った・・。スペアキーもなくてJAFに頼んで何とか開けることができて事なきを得たが、ほんとにハプニングの多い選挙だった。

 夕方になり街宣中に事務所から連絡が入り、今回は無投票、全員当選という形になったようだ。5時過ぎには事務所に戻り、正式の選管の報告を受け,祝勝報告会の場となった。
 当選は嬉しいのだが、なんだか選挙なしの当選なんてちょっと気持ち的には微妙だ。
 でも議員としてスタートする限りは、3期目をしっかりと仕事させて頂くように頑張っていくつもりだ。
            選挙活動を終えて
 これまでの準備やここまでに来る間のいろいろな事象を振り返って、今どっと疲労感が出てきた。しっかり休んで、またお世話になった方々への感謝と今後につながるようにしっかりと反省と総括をして残務整理をしていこう。

最終準備へ

 「今日はいよいよ選挙戦前日となり、準備の日としては最後となり紹介カードも締め切り最終的には4年前と同じくらいの数字は上げれた。これがどのくらい票に繋がるのか、これも明日からの外線活動や電話作戦に書かてくるのだろう。ただ無投票となる確率も高く、夕方午後5時の段階で今の陣営以外から手が上がれば、即無投票という線はなくなる。そのため出陣式も予定通り行い、夕方までしっかり街宣に出る予定だ。」

 午前10時には伊予警察署に街宣車の許可を取る前に検査を受けに行ってもらったら、看板の幅が6センチ大きいと許可が下りず、書類の不備もあって戻ってきた。
  5時までにそれらを直して再度検査を受けなければならない。すぐに業者に電話をして何とか解決し無事3時には看板の高さの補正を済ませ、持っていく事ができて書類の不備も是正され3時半には完全に準備完了だが、一時はどうなるかとかなりヒヤリとさせられた。

 また天気予報によると大型の台風が近づいてきており、明日の出陣式の時間帯ごろに接近するようで雨風が心配だ。
 その時のことを考え、部屋の中ででも行えるように会議室の部分を開放して、机・いすの移動など皆で片づけ掃除機をかけて準備した。
 また駐車場への地図を作ったり、明日に向けてのいろんな雑務的な準備がいっぱいあった。

 最終スタッフと共に6時半迄事務所で用事を片付けていた。夜は夫がステーキハウスに連れて行ってくれて、元気に乗り切れるようにとご馳走してくれた。優しいとこあるじゃないの・・

 さて明日から選挙期間中になりますが、3期目議員としてスタートできることを祈って頑張ります。               

御祈祷&決起集会

 「午前8時から近くの稲荷神社で期間中の無事と選挙必勝祈願の神事を滞りなく行い、そこから集会所の方に移動。10時からの決起集会に備える。9時半には関係者への簡単な打ち合わせ、その後続々と支持者の方々が来られたので私は玄関にてお出迎え。会では多くの方々の激励のスピーチに感動。この感動をこれから1週間の最後の戦いのためにエネルギーとして蓄え、爆発させていきたいと思った。今回は地区の推薦を頂いての戦いであるだけにその責任やプレッシャーも大きいが、みなさんの期待を裏切らない活動も大事で、ますます地域の議員として重責を担うことになるだろう。」
          ご祈祷
 しっかり記録しておこうと写真を撮る予定にしていたのに、自身のことで頭がいっぱいで結局決起集会では写真を撮ることができなくて残念だった。
 集会所の中の用意した40席は一杯に、準備した50本のお茶もあとわずかになっていたので会の主催者的にはほっとした感あり。

 私としては応援・激励の挨拶やスピーチ後にお礼や決意表明をするのだが、みなさんの真剣な眼差しに圧倒されるぐらいだった。それが私の中のモチベーションをさらに上げて、自分でも予想以上に言葉がほとばしって、そのあとの皆さんの必勝コールは声高らかに結んで気持ちよく会を終えることができた。
 (本当にありがとうございました。やっとここまで来ました。)
 そのあと関係者で最終の出陣式に向けての打ち合わせをして、お昼前には解散。

 午後からは街宣車の設定のため業者さんたちが来るので、事務所にて待機。納車のあと駐車場にて暑い中、上部看板の設置をしてもらい白い幕を張っていよいよ最終の準備態勢に入った。

 夜は、打って変わって地域の防災会議に出席。
 私は自主防災会の副会長で防災士という立場でもあるので会出席は当然すべきこと。(昼間の疲労なんか言ってられないところだ)
 9月6日の町全体の防災訓練に地区として避難所運営のシュミレーションが役割分担になっているのでその打ち合わせ、さらに9月27日の地区全体の防災訓練の詳細説明と段取りについて話し合う。さすがに睡魔が・・・。
 9時ごろ帰宅。夫はもう就寝。明日が詩吟の大会だからなんだろうが、お気楽?

段取りも着々と・・・

 「今朝も雨が続き、昨夜からの雨模様をそのままひきづって、なんだかとっても蒸し暑い。事務所にて決起集会や出陣式の段取りなど地区の世話係をして頂いている皆様へのお手紙など書き上げ、推薦する会の皆さんにもメールを送り応援体制の充実を図った。スタッフとも会長とも何度も打ち合わせをして、抜けがないかチェックしていった。午後からは私の車で残っている地区の挨拶回りに行って、より多くの方々と話をする機会を得た。この頃には午前中とは打って変わってギラギラ照りつける太陽に閉口しながら、汗だくだくで何とか予定のところは回り終えた。帰りに食べた宇治金時の氷がおいしかった。」
             宇治金時 
 事務所に戻ると仲間が地図チェックのボランティア活動をしてくれていた。会長とスタッフを残し、私はいつもの定期検診の病院に行ってチェックを受けると若干体重は減っていたものの、思ったほどは減っておらずちょっと残念。でも少し血圧が上がり気味だった。気を付けよう。
 口の中には疲れからか、口内炎ができているし濃い味のものなどは沁みる。
 多分この時期が過ぎれば治るんだろうが・・
 
 さあもうあとわずかの日程となってきた。ガンバロー

戦没者合同慰霊祭

 「今朝は久しぶりに前の暑さが帰ってきた感じだったので、洗濯をしてバタバタと忙しくしてたらもう汗が噴き出した。午前9時半から戦没者合同慰霊祭があったので庁舎に行き、恒久の平和と不戦の誓いを立て、亡くなった多くの戦争犠牲者の御霊に向けて哀悼の意を表した。年々遺族の方々の出席が少なくなり、出席される方々も高齢化が進み、戦後70年という月日の重みも感じた。この尊い命の犠牲と遺族の皆さんのお苦しみの上に成り立つ今の平和と繁栄を維持し守っていくには、この過ちを二度と繰り返さないこと、その歴史を語り繋いでいく事が大切だと思った。」
          戦没者慰霊祭
 献花をした後に深々と慰霊碑に向けて頭を下げつつ、国際関係の難しさの中でお隣の中国や韓国、そして北朝鮮などの国々とどう向き合い、仲良く平和的な外交姿勢を保っていくのか、大変難しい問題をはらんでいると憂慮する。日本の過去の近隣諸国へ対し行ってきた侵略戦争というものへの反省をどこまで真摯に示していけるのか、ここは時の政権の考え方でずいぶんと印象が違ってくるように見える。

 今の新安保法案の行方がとても気になるところだ。多くの憲法学者が違憲だと言い、多くの国民が法案の審議は慎重にすべき、反対の意見が多い中で、政府は今年度中の成立を急いでいる。
 日米安全保障の同盟国としてアメリカに対してかなりの気遣い?なのか。沖縄の普天間基地移転問題、辺野古移設など全く住民と国が真っ向対立の平行線だ。
 世界で唯一、二度の原子爆弾を受けた国として世界に向けてもっと強く核の脅威と核兵器の排除について躊躇することができるはずなのに、ちょっと腰が引けてるように感じる。

 今日も支援者と共に挨拶回り。午後4時過ぎごろにスタートしたのだが、そのころには雨がぽつぽつ、ほぼ予定の3分の1行った頃に本格的に降ってきて今日はここまでに。
 通り雨なら涼しくなってよかった反面、そこまで降ると回ることすらできないので、困ったものだ。あまり時間がないというのに・・・

引き締めて行こう

 「盆明けの今日から気分を引き締めて、最後の戦いに挑む覚悟。この1週間が実質動ける最終週となる。地区の挨拶回りは今日が最後。5時ごろから回ったのだが少し早かったのかお留守のところが多かったので、メッセージカードと名刺をポスティングすることで最終のご挨拶とさせてもらった。午前中は会長と後援会名簿を確認しながら短い時間でいかに効率よく挨拶回りができるのか対策を立てながら、来客対応など忙しい1日だった。午後3時からは雨も上がったので会長と共に自転車で回った。午後5時からは地区挨拶回り、マンションの支援者のみへの挨拶や特に事務所の入ってるマンションでは出陣式以降、たぶんに人の出入りも多いので住民の皆さんにはこの期間中のご不便についてお断りをしておかなければならないのでそれらの準備もしたりで忙しい1日だった。」

 挨拶回りの折には、私が年2回配信している活動レポートのことなどが結構話題にしやすく、これまで続けてきたことが功を奏してきた感じだ。
 皆さん結構読んでくださっていて、そのことが私にはとても嬉しく励みになる言葉だった。これからも地道に続けていきたいと思った。

 さあ明日からも弛みなく頑張って、みなさんとの交流を続けていきたいと考えている。
            頑張らなくっちゃ!

終戦の日に思う

 「今日は終戦記念日。戦後70年の節目を迎える今年いろんな意味で戦争というものを振り返る今日この頃、残暑厳しき中私も残りわずかな期間となった今回の町議選、今陣営にもしばし盆休みでいったん休憩に入ってもらって、明後日からまたエンジンをかけなおして頑張ってもらうつもりだ。朝早くお坊さんがお経をあげにやってきて、昨日の墓参りと共にご先祖供養をして無事一連の行事が終了することをお願いした。」

 今日の夕方には息子もいったん東京に帰るのだが、また月末近くに帰って来る予定になっている。私もしっかり体力を温存して来週1週間に備えたい。

 終戦の日に思う。
 なぜ人は戦争をするのだろう。国と国との利害のぶつかり合い、宗教、民族間の考え方の違い、飢饉や自然災害などで貧富の差、経済格差が拡大し住民の不満が発火点に・・・などなどその原因は様々だが、人と人が傷つけ殺し合い、深い憎しみと悲しみが身も心も破壊し、その残虐性にも鈍感になり、あとで考えればなぜあのようなことまでしてしまったのかなと大きな後悔と深い懺悔の思いに苦しむ。
 戦争体験者の方々の重い口から吐き出される言葉にはみなその思いが、重くのしかかるように含まれていた。
 おそらく戦争するときは皆戦争を望んではいないはず。やむを得ずそういう手段をとってしまったのか、そうせざるを得ない状況に、国や権力者が私たち一般民衆を追い込んでいく流れができてしまうのだろう。
 だからこそ情報操作に惑わされず、言論の自由が奪われない社会の構築にいつも敏感でいなければならない。特に情報展開の速いネット社会においては。そのためには自分自身の情報入手ツールをいくつも持っていて、一部の情報だけに頼ることなく冷静に議論のできる体制を自分自身の中にも確立して、持論をしっかりと持っておくことが大切だろう。
 長崎で被爆した母は、もう85歳で10年前から認知症を患い、もうその貴重な体験について語ることはできないのだがそれ以前に聞いていたその苦しい体験を風化させることなく文章にして、今は長崎の原爆記念館に保管されているので、さらに私たちが語り繋いでいかなければならないだろう。
 結論としていえることは戦争は決してやってはいけないこと。いくら国際環境が変わっても戦争という解決策はあり得ない。不戦の誓いを改めて認識したい。
        平和記念像

現実逃避しないで頑張ろう

 「今日も本当に暑い朝の幕開けから始まる。毎日の猛暑にこちらの体も悲鳴をあげつつ何とか耐えている毎日ですが、おかげで周りのスタッフ並びに支援者の皆さんからいろんな形でサポートして頂くので、弱音も吐かずここまで頑張ってこれのかもしれない。息子の友人も明日には岡山から三重県にと移動していく。愛媛の滞在中は私が忙しすぎてまともな対応ができず本当に申し訳なかった。また遊びに来られた時にはゆっくりとおもてなしができたのでは・・と思いつつ明日にはお別れとなった。」

 もうだんだんと選挙の日が近づいてくるので、気持ちの上では正直焦りもあるけど今更じたばたしてもと思いつつ、居直っている自分に笑ってしまうけど。
 今日も目標数値の紹介カードとはなかなかかけ離れた数字だけど、現実的にしっかりと了解のあるカードでなければ投票行動へと続くかは甚だ疑問だから地道な回収活動に走っている。
 息子たちは四万十近辺を優雅に回っているころだと思うとつい現実逃避を計画してしまうが、現実的には自分自身のために皆さんボランティアさんが汗水流して頑張っているので、もうあと3週間しっかり性根を入れ替えて頑張ろう・・。
 だんだん疲労の溜まる体に頑張れと言いつつ実際一番逃げ出したいのは自分であることは、よく解ってはいるが・・

 2個の原爆投下の後日本国民は終戦を感じつつ疲弊しきていたのでは。それを考えると今の自分なんて比較にならないほどの甘ちゃんでは~~~

  明日は盆休み前の集中の日だ。ドライバーさんや鶯嬢の打ち合わせの日でもあり、事務所はまた忙しい1日となりそうだ。

挨拶廻りの日曜日

 「今日も朝から相当の暑さを感じる1日だった。朝9時に集会所に集まって後援会長の代わりに区長自らが同じ組内ということで先導して挨拶回りに加わって、強烈な暑さの中回ってもらった。まだ少し紹介カードを頂けてなかったリ会えなかった方がたもさすがに日曜日の朝なので、家におられて会うこともできた。その場で書いていただいたり挨拶もできて本当によかった。さすが区長パワーなのかな? ただ昨日の残った部分も一緒に回った分、件数も多く2時間たっぷりかかった。さすがに終わった時にはふらふらしてきた。持って歩いた冷たいお茶もお湯のようになっていたし、自転車のサドルも触れないくらい暑くなっていた。」

 本当に皆さんとの挨拶の中でお互いの信頼関係がさらに強くなったような気持ちがして、本当に暑くてつらくても良かったなと感じた。それにしても一緒に同行してくださる皆さんに、感謝感謝です。

 帰宅後はかなり体力奪われた分、アイスコーヒーや桃がおいしかった。息子たち家族は海のレジャーに行ったようで、私は自宅で少しのんびりとさせてもらった。また遅い昼食を摂って夕方事務所に行って、また明日からのスケジュールに間に合うように準備をする。

今日も淡々と

 「今日も朝から強烈な暑さで、ちょっと動くだけでも汗が噴き出てくるのだがもうエアコンも使ってなるべく室内にいるときは体力を温存して体調管理に気を使う毎日です。10時過ぎから事務所にて電話で連絡をしながら地図の確認、支援者宅への電話で情勢報告等々チェックしながらこれからの1週間づつの予定につき準備をする。また提出書類の不備がないかなどチェック、街宣車の業者さん関係との打ち合わせなどあっという間に3時過ぎまでかかり遅い昼食を摂って、帰りに買い物も済ませ5時には地域周りで支援者と後援会会長と共に回った。なんだか雲行きが怪しくなって、ついにぽつぽつと。本格的に降ってくる前に終了したかったのだが、ついにザーッとシャワーのように降ってきたので少しだけ残して今日は終了。明日朝に回る時に一緒に回ることにした。」

 暑さよりは少し涼しくなったので、気持ちはよかったのだが書類等が濡れるし、訪問先にも出てきてもらうのが大変なので残り少しだったので6時半には帰宅。
 夜は息子たちと共に松山の桑原の方にある知人の食事処に行き、従弟たちと冷たいビールで乾杯し今日1日の疲れを癒してもらった。
 さあ明日は日曜日なので午前中周りを予定しているのできついかも・・・・

長男が帰って来た

 「今日もかなりの暑さが予測され、多少台風13号の影響もあって湿度も高く本当に体力を奪う猛暑を実感する日だった。日中はなるべく体力を温存しながらできることを淡々とこなし、お約束していた体操教室の皆さんのところに出かけて行ってお話しをさせてもらって、介護予防や人生の終活など私の今後の仕事にも大きなヒントになるような内容の濃い時間を共有できた。さらに個人的なお話なども聞かせていただき、本当に私自身のこれからの生き方にもお手本になるような内容だったので気が付けば1時間半にも及ぶ時間を過ごしていた。」

 この肉体的にも精神的にもきつい時期にとても元気になる時間を過ごさせてもらって、遅い昼食を事務所に帰ってから食べていると支援者の方が来られ活動についてまだまだで甘いと苦言を頂き、いろいろ1日のうちでも心がアップしたりダウンしたりでこれからもさらに道険しの毎日が続くことを実感した。

 予定通り夕方5時から地区の皆さんへの組別訪問も後援会長や担当者と共に行い、そのころにはようやく少し涼しい風も吹いてきたのだが今度は蚊の攻撃にも合い、虫よけスプレーも必要なのかなとも思った。

 午後8時には息子が友人を連れて東京から帰ってきて、しばらく滞在のよう。久しぶりに長浜の活きのいい魚が食卓に並び、4人でわいわいと楽しいひと時を過ごした。
 また明日からも頑張ろう・・・。

平和について考える会

 「今朝は4時半起床というめったにないことから始まった。1年に1回のことではあるのだが近くの集会所で平和について考える会として、私も招かれて参加させてもらった。ちょうど今日は広島に原爆が投下され多くの犠牲者を出した日で、毎年慰霊の行事が全国で行われる日でもある。昨年は母の長崎での被爆体験のお話を通して、決して戦争をしない不戦の誓いをして平和について再度考える機会を得た。今回はすでに終戦の1年前にサイパンなど多くの南方諸島で米軍など連合軍との激しい戦争で多くの民間人を含む日本人が犠牲になり、行き場を失った人々が最北端の崖の上から海に向かって自らの命を絶ったいわゆる「万歳クリフ」のおはなしをさせてもらい、みなさんに戦争の悲惨さとその情報を知らずにさらに1年以上本土では戦争が続き、さらに国民の多くの犠牲が余儀なくされたことを改めて知らないことの怖さを考えてもらった。」

 日中はずっと自分自身の選挙のための準備活動、書類作成、さらに電話、来客応対など事務所での仕事に追われ、あっという間に1日が過ぎた。

 夜は愛媛県の倫理法人会の拡大、拡張成果発表会に参加させてもらい、その労をねぎらった。    
          倫理法人会

選対会議

 「今日も暑い1日の始まり。また第5回の選挙対策会議を事務所にて開き、3日の打ち合わせ通り提案してみたが事前にある程度の予測はしていたように地区別座談会は期間的にも無理ということになった。それよりも自分から近づき意見を聞く体制づくりが必要だと言われ、再度の挨拶回りとその時に聞ける意見を大事にしようということに結論づいた。そのための協力はしようということになったので、私も非常に納得して次の行動の準備に入った。」

 会は約2時間前向きな議論で進み、その後も事務所内は大勢の人の出入りでバタバタしていたが、今後のスケジュールやおおよその役割分担も決まり色々選管や関係部門に提出しないといけない書類が結構あるので、それを片付けていかないといけなくて不備が無いように神経を使うところだ。

 午後3時過ぎごろから国会議員の秘書さんたちが来て、為書きを置いて行かれた。いよいよ選挙に向けての緊張感が出てくるところだが、実際には14名の定員に14の陣営しか説明会に来ていないという事態に新聞報道も淡々と小さく出て、住民の中にも本当に選挙になるのかなという不安と沈滞ムードがあるのも事実・・。でも25日の告示の午後5時までは何とも言えないので、私たちはあるものとしてしっかりと準備は怠ってはいけないだろう。

 明日は早朝から集会所にて、早起き会の平和の集いに呼ばれているので15分ほどの平和についての考え、戦後70年に向けての話を頼まれていたのでお話しさせてもらうことにしている。

伊予消防等事務組合の定例議会

 「今日も記録的な猛暑日が5日も続く東京の話題が出ていたくらい本当に厳しい暑さに悩まされているが、私自身もさすがに食欲減退で水分に頼りがちになっていることがわかる。事務所にていろんな雑務に追われ、夕方の行動を決める地図の確認など、来客もあってやはり8月に入っていよいよだなという感じになってきた。しかも今日は選管の説明会があって、私の事務所からは推薦する会と地域後援会の会長二人に行ってもらって話を聞いてきてもらい、ちょうどお昼ごろに帰ってきて状況を聞いた。来ていたのは定数14に対して同数の陣営関係者が来ていたのでこのままいくと選挙にはならないが、たぶん25日の告示日の夕方までに申し出が1人でもあれば選挙になるわけだから準備はしっかりしておかなければならないでしょうが・・・」

 午後からは伊予消防等事務組合の定例議会があって、私も委員なので1時半ぎりぎりに到着。
 決算認定や決算報告書の歳入・歳出の中身について詳しい報告を受けた。
 また1市2町のそれぞれの消防関係、運営の手法や規模の違いなどでなかなか1本化できなかった事務や法令なども特別委員会でも何回か話し合って、理事者側の意見調整で1本かされた提出案に対し全会一致で承認可決した。施行については28年度からにはなるが、それまでに細かい調整が各支所などで行われ、さらに効率化されたスムーズな事務運営のできる消防体制が確立していくだろう。
 最後に新しく整備された「はしご車」の試乗・お披露目が会の後、庁内のロータリースペースで行われ、私も初めての経験で地上15階の高さのはしご車の先端のゴンドラのようなものに乗せてもらった。少し怖かったけど伊予市全景を見渡せる高さの体験をさせてもらった。
  はしご車1  はしご車2
 夕方4時から会長と共にまた地域への挨拶回りを予定していたのだが、ちょっと都合で急きょ行けなくなったので私は自転車でお願いしていたところの紹介カードの回収に行った。

 夜は久しぶりに従弟と夫と3人で食事に出て、向こうで松山の市議さんや県議さんなどに偶然出会ってねぎらいの言葉を受け、また頑張ろうと自分に言い聞かせた。

打ち合わせ会議

 「今日も猛烈な暑さを記録したようで県内では大洲市が36.6度と体温以上の数値を示し、日中の作業は長くすると危険な状態となる。今日も何人か熱中症の犠牲者が出ていた。朝から5日の対策会議の内容について打ち合わせ会をする。途中で何人かの来客もあったが、結果的には午後1時過ぎまでかかり食事も事務所で行うようなことになった。」

 地区別座談会は時間的に十分通知できない中で細かく分けても人が集まらない可能性があるとの懸念から、別案も考えたほうがいいのではという意見もあって、そのやり方について議論が高まった。
 また決起集会や出陣式の要綱についてもいろいろ議論になり、これについてはもう少し日程も含めて意見醸成が必要だ。
 また私の言動で誤解を生じるようなことがあってお叱りを受けて、まだまだ修行の足らない自分に情けなくなるようなこともあって、本当に自分の立場を考えながらもう少し慎重にしなくては・・と猛反省。
 信頼回復のためにも地道に頑張るだけです。

 今日も会長と共に午後4時過ぎから挨拶回りに。
 まだまだ暑い西日を受けながら住宅を回ると、年2回郵送している活動レポートを見ていてくださってるようで、それが今とても役に立ってきていることは続けてきて良かったなとつくづく感じた。絶対にこれからも続けて行こうと心に誓った。

 夕飯がまた遅くなって、夫が横で缶詰のサバフレークを開けて食べてるのを見て申し訳ないと思いつつ、時間いっぱい頑張っていることを理解しているのか意外と機嫌は悪くないので助かっている。
 明日の選管の説明会には後援会の両会長が行ってくれるのでお任せした。

まずは休息を!

 「いよいよ8月に入り今日、完全休日として体を休め1日のんびりさせてもらった。リフレッシュのための1日だったが、やはり日中をエアコンの効いた部屋でのんびり過ごすと体は楽だが、これを続けると体が鈍ってしまいそう・・さあ明日からしっかり仕事しよう。」

 夫は朝から詩吟の大会で夜10時過ぎまで帰って来なかったので、昼も夜も自分ひとりのんびりと食事もできたし、その分余計リラックスできたみたい。
 やはり睡眠不足が一番こたえるようなので、これからは特に気を付けて規則正しいタイムスケジュールで動いて行かないといけないと感じた。

 でも週末には久しぶりに長男が友人を連れて帰って来るらしいので、これまた忙しくなるのでは・・・と言ってもほとんどほったらかしになるかもしれないが、彼もそれは納得済みで帰ってくるようだし、私もこの時期家族には堪えてもらわざるを得ないでしょう。

まさき夏祭り

 「今日も朝から蝉の声に起こされ、暑い1日のオープニングセレモニーという感じだった。やはり全国的に猛暑日になった地点がこの夏1番の多さだったとか。その暑い日に午前10時から15時近くまで昼休憩ははさんだものの挨拶回りに行って、皆様とのふれあい時間を少しずつではあったのだがお話しすることもでき、汗を掻いただけのことはあるなと感じた。みな口々に暑さ対策や健康の話がよく出るのは今だからこそだけど、日本の暑さはここ何年間かでものすごく気温が上がっているしゲリラ豪雨や台風が頻繁にやってくるためにみなさんの関心が大きいなと思った。これは防災にも安心安全な生活の確保という面にも関係することだから、これも行政に関係してくることだと感じた。」

 この暑い(熱い)活動で、しっかり体力を失った私たち、さすがに明日は完全オフにしようと二人で決めた。その代り今晩の夏祭りにはしっかり参加して、今日の締めくくりにしようと思った。
 夕方に行われる松前音頭の踊りの連にも参加。黄色の法被に赤の菅笠、結構目立つ連だったようだがちょっと顔が見えないのとやっぱり暑かった。
         まさき音頭
 今年は25の連がエントリーして、色とりどりの浴衣や衣装、さらには仮装パレードもあって年々派手な振付にも楽しませてくれるなと感じた。
 踊るのに待っている間も汗がすごくて、踊り終わった後にはもう衣装を脱ぎたくてたまらなくて総踊りまでは待てなかった。

 最後の踊りには参加しなかったけど、今回初めてのレーザー光線と仕掛け花火の競演を見せてもらって、まさに夏祭りのフィナーレにふさわしい演出だった。
  花火2 花火1 花火3
 今日1日の疲れを癒してくれる素晴らしい真夏の夢ファンタジーだった。