FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

コムズフェスティバル

 「今日は本当に忙しい1日だった。11時にはコムズフェスティバルでの「トイレは命をつなぐもの」の分科会の準備。思いのほか参加者が多くなりそうで私たちのレジュメや準備書類もみな提出しないといけないくらい。受付も大変忙しく会場は満席、さらに予備の椅子まで出さないといけないくらいで私たちも嬉しい誤算だった。大きな災害では自宅や避難所のトイレが壊れ使えなく、とんでもないことになってしまう。せっかく助かった命を感染症や重篤な病気によって失くすような事例が神戸の震災経験者の方や東北大震災後に被災地で経験した元市職員の方の話などを基に普段聞けないような実態についてリアルに説明を受けた。1時から3時半までの2時間半、みなさんしっかり聞いていただき白熱した会は終了した。4時ごろまで片づけをして、そのあとは4時半に始まる会合のために移動した。」

 コムズでの分科会には、私が事前にお誘いしていた町の関係部署の職員の方々も来てくださったし、地域の防災士の方もしっかり聞いてくださったので本当に嬉しかった。
 災害時のトイレ問題は、やはり大事なことだと明確な意識を持っておられたのだなと思い、今後のいろいろな防災計画にもぜひ生かしていただけたらなあと感じた。
 
        トイレ対策分科会
また途中で水分を吸収する素材について6種類のもので実験をして、大人一人が1日排出する尿を1200CCとして色づけした水を新聞紙や猫砂、犬のおしっこシート、活性炭顆粒、高吸収ポリマーなどにかけて時間をおいて様子を見た。
       実験
 そのことから食料品や水と同じようにトイレ対策となるこのようなビニール袋や吸収剤も備蓄しておくことが大事だということが分かった。
 実際の簡易トイレや備蓄できるトイレのサンプルなども展示し、参加者の方に手で触れてもらったり座り心地なども試してもらった。
 
         トイレサンプル
 最後に質問や感想なども述べてもらい、私たち主催者側もいろいろな気づきをもらう時間でもあった。帰り際にはアンケートも提出してもらったので今後の参考にさせてもらう予定だ。
 

 その後、国際ホテルに場所を変えて別の会議に出席させてもらった。
 北朝鮮による拉致問題を解決するべく地元国会議員との意見交換会に出て、なかなか明確な解決の糸口の見えない今の政府の動きや今後について報告を聞いた。また特定失踪者の認定を受けている大政由美さんの母親の悦子さんが家族として本当にこの何十年苦しい思いをして帰りを待ち望んでいることや政府の北朝鮮への働きかけをもっと強く情報を引出し、開放してもらえるように頑張ってほしいと訴えた。
          拉致問題意見交換会 
 そのあとの懇親会でも、議員や関係者間で情報交換をしながら早期解決に向けて決意を新たにした。

               拉致問題意見交換会2

My Birithday

 「今日は私の誕生日。何歳になったでしょうか? それはご想像に任せます・・とにかく今日は無事今まで生きてこれたことに感謝することにしよう。長男からはおめでとうのメールが入ったが、相変わらず二男は何の反応もなし。これもそれぞれの個性かも・・夜は父を誘って夫と3人で行きつけの寿司屋に。」

 午前中はワクワクレポートの原稿書きに追われる。さらに史談会の原稿も最終チェックをして2月の印刷には間に合いそうだ。
 来客もあったりで午前中はすぐ過ぎてしまい、いったん帰宅後2時からはヘヤーサロンでカラーダイングしてもらい、また4時前に事務所に戻る。

 パソコンに向かって原稿書きをしながらレイアウト指示もしてスタッフと作業をしていると、いつもよく来る地域の方が・・・かなり長い間ひとしきり話をして行かれた。時間のことを気にしながら耳はその方の話を聞きながら指はパソコンのキーに。5時過ぎに終えて帰宅。

 父と共に6時過ぎにすし屋に向かった。
 父も本当に嬉しそうにお寿司を頬張って、とても幸せそうに見えた。「これで10年は行けるな…」え~100歳まで生きるつもり? こっちが溜まらんよ、元気でいられるかしら?!
 すし屋のママと私の共通点の一つは、テニス談義で盛り上がること。この日は準決勝のジョコビッチとバブリンカの試合で私たちはバブリンカに勝ってもらいたかったが、結局ファイナルセットまで戦ってジョコビッチが勝ってしまったのでちょっと残念だった。
            決勝進出ジョコビッチ

 あっという間に誕生日は終わってしまった。

議会広報、完成しました

 「朝からなんだか寒くて曇り。少し寝坊したのもあって、今日は散歩省略。ごめんねラブちゃん。事務所に行くのは少し遅くなったが、スタッフに頼んでおいたコムズフェスティバルでのレジュメ印刷が出来上がっており確認しているとラ来客が。史談会会報の校了前のチェックに来られ、原稿を頂き若干の校正をした。その前に話好きの会長さんとしゃべっているとなんと12時が近づいていた。午後からは銀行に行ったり支払いの振り込みやいろいろな用事を済ませ帰
宅。」

 遅い昼食後、3時過ぎに庁舎に向かい、できたてほやほやの議会だより9・12月合
併号をやっと手にすることができた。本当に迂往曲折があっただけに何だかこの広報誌の一ページごとにいろんな思いが交錯する。それだけ今回は時間をかけ、汗をかいたものだった。それだけに住民の方々にはしっかり読んでもらいたいと思う。

 明日は私の誕生日だ。何歳かは知る人ぞ知るという感じだ。ただ夜には父を連れて3人で食事をすることにしているが、なんせ月末で忙しい時期に入ってきたものだから夫の機嫌の悪いこと。
 夕方の行き方について確認しただけなのに、「そんなこと自分で考えてお前ら二人で時間はわかっているんだから、そっちはそっちで動けや」と邪魔くさそうに言う。
「忙しい時期に無理して時間をやりくりして行くんやから」と投げ捨てるように言う。よっぽどそこまで言うなら「もうやめにしていいよ」と言いたくなるが、父が楽しみにしてるだけに堪えたけど・・・もともと自分が提案したくせに何でそういう言い方しかできないのか、本当にむかつく。

 イライラすると言えば、後藤さん救出についても時間が経つにつれいろいろな要求が出てきて、それも理不尽な内容でいつも命が危険にさらされているような本当にヨルダン国の人も巻き込んだ辛い空気が流れている感じがする。早く無事に後藤さんもヨルダンのパイロットも解放してほしいものだ。多くの善良なイスラム教徒の人々も無事解決することを祈って
くれているようで、わたしたち多くの日本人も平和的解決を望んでいる。

ワクワクレポート頑張ってマス

 「今朝は昨日までの暖かさから一転、とても冬らしい気温で始まった。事務所にてワクワクレポートの原稿書きをスタッフの協力を得ながら作り上げていく。またその時々の写真を選び、レイアウトしていく。何回も生地の組み合わせを考えながら少しでも読みやすいものに仕上げていく作業だ。今日は本来なら午後からバドミントンだったが人数の都合がつかず、お休みとなった。ちょうど錦織とバブリンカとのベスト4をかけての戦いがあったのだが、結局、圭の素晴らしいストロークやナイスリターンが十分に出ないままの不消化テニスで勝機を見いだせず負けてしまった。期待が大きかっただけにとても残念だった。もちろん彼自身が一番悔しい思いをしてるだろうから、これをバネにもっと強くなってグランドスラムでの優勝を目指してほしい。」

 夕方父の所に寄ってみると、ケアハウスの寮母さんからいろいろ心配な事や注意しても聞いてくれないことなど、ちょっと私から言ってほしいとのことだった。
 もう10年もこのケアハウスにいるとだんだん歳も行くし、わがままも出るのだろうけど、なんだか好きにさせてやりたいような難しいところだ。寮母さんたちにとっては管理上の問題や、父のように高血圧で心臓にも持病があって透析まで受けてるわけだから、もしものことがあると困るので、色々守ってもらいたいことがあるようだ。

 私が時々ガス抜きのために食事につきあったりお茶に誘ったりしてるが、なかなか友達もできないみたいだし、90歳にもなると自分から合せて友達探しをする気はないようだし、困ったものだ。

ワクワクレポート原稿に着手

 「今朝も雨模様で、午前7時半でもなんだか生温かくて薄暗い感じ。8時過ぎになって雨が上がったようだ。まるで春雨のように暖かさを呼び込むような雨だった。ニューヨークは寒波で大雪らしいが、日本全国は春真っ盛りのような暖かさで包まれていた。午前中はしっかりデスクワーク。ワクワクレポート発行のため原稿書きに力を注いだ。」

 昼からはフラダンスのレッスンがあると思って昼食を急いで食べて北公民館に飛び込んだ。ところが入口のホワイトボードにはフラの名前が入っていない。あ、よく考えたら、今日は第4週目の火曜日だった。
 フラのレッスンは、月3回で1月は先週で終わっていたのだ。本当にあわてんぼうの私、恥ずかしくて誰もいてないことをよいことに何事もなかったようにさっと駐車場に戻り、庁舎に行き住民の方からの相談事もあったので、担当課まで言って回答を頂いた。(いずれにしろフラダンスは2月にならないとレッスンにはならないのだ。)

 そのあと久しぶりにエミフルに行って買い物して、夕方4時過ぎに帰宅。今日は夫は南予のほうで仕事上の会議があり、夜は懇親会もあるとのことで宿泊するので、私は一人のんびりと夕食を。録画している2時間ドラマをみたり、全豪の試合を観戦したりして・・・

 寝る前にまた例の人質事件に関連して、後藤さん本人と名乗る声で24時間以内に自分とヨルダン人のイスラム国に捕らわれているパイロットを女死刑囚の引き渡しを施よとの英語のメッセージを送ってきた。
 ますます卑劣な要求だが、ヨルダン国が判断することになるわけだが尊い人命がかかっているだけに本当に慎重に判断し何らかのアクションが必要になってきた。

 錦織はフェレールをストレートで破り、明日ワウリンカ(昨年の全豪の覇者)とベスト4をかけて戦うわけだ。ぜひ勝ってほしいが、この戦いはなかなかの死闘になるだろう・・
       フェレールに勝った錦織

迫りくるインフルエンザ?

 「今日は朝から雨。さすがにラブちゃんもお散歩は無理ってわかっていたみたいで、私が動いてもついて回らなかったね。昨日父からくら寿司へのお誘いがあったけど用事があって行けなかったので、お昼にはこちらから誘って月曜日の割には結構混んでいる回転ずしやさんに行った。今回は蓋付きのお皿の取り出し方の動画説明を見て、父もようやくすんなり回転台から取れるようになった。確かに安いけど、やっぱりネタはもう一つって感じに思えた。父は満足げだったようだが・・・」

 夫にくら寿司の話をしたら、ちょうど30日が私の誕生日なのでその時父も誘って私たちがよく行くすし屋さんに行くよう予約してくれた。そこは値段も結構いいけど、本当においしいとこなのでたぶん満足してくれるだろうけど、もう回転寿司はいいわとは言わないだろうね。

 午後3時ごろから錦織とフェレールの試合が気になってなかなか集中できなかったので事務所を出た。ただもう一つの理由としてスタッフの家族がインフルエンザに罹ったとのことだったので、もしかして感染してたらいけないのでお互い発症しないためにも気を使って同一空気の中にいないようにしてもらった感もあった。
 それにしてもインフルエンザの猛威は母のいるグループホームにも来ているようで、しばらく近づけないようだ。私は予防注射もここ何年と打っていないが、とりあえずインフルにはかからずに来ているので今年もその線で頑張りたいし、31日は大事な分科会や行事が夜まで続くので何とか元気でいないと大変だ。

 イスラム国の日本人人質事件も、あれからもう一つ残酷な展開を見て湯川さんはどうもテロリスト達に殺されたようで、残った後藤さんを使って今度はヨルダンで大きな自爆テロを起こして60人もの子供や女性の命を奪った凶悪犯の死刑囚の女が取引のカードに使われ釈放と引き渡しを要求してきた。なんと卑劣なやり方か・・・ヨルダン人のパイロットもイスラム国の人質として捕えられているらしいので、当然ヨルダン人はその同胞の解放が先だと思うし、日本人の解放はそのあとだと思うのは当然だ。またそんな死刑囚を解放するということはテロに屈したことになるのでそれも許せないことと考えれば、大変難しい選択を迫られている形になったわけだ。日本政府としてはヨルダンとの関係も悪くするわけにはいかないし、国王にそのことを強く頼むことはできないから、もうその判断はヨルダン側に任せないといけないだろう。

地域の総会へ

 「今日は少し寒さはあるものも穏やかな天気に恵まれ、気持ちのいい日曜日となった。朝はゆっくりお目覚め?10時過ぎに寝ている夫を起こしたが、まだ起きないようで先に朝食を済ませ、軽く家事をし散歩に行ったりして過ごしたころ夫が起きてきた。そのまま12時からの詩吟の会合に出て行って、私も1時半には地域の総会に出席。」

 26年度の決算、事業報告と監査結果報告をしてもらい、27年度に向けての予算と事業計画も発表され、特に異論なく承認された。
 更に4年間務めた宇野区長が退任され、坂本副区長が新区長として承認された。
 私も今年の活動や地域の皆さんとこれからやっていきたい気持など発表する時間を頂き、みなさんへのアピールができてよかった。

 さあいよいよ錦織がフェレールとベスト8をかけて戦うことが決まった。来週もまた楽しみで寝不足になりそうな日が続きそうだ。

関大校友会 新年会

 「今日は朝からとてもいいお天気。ラブちゃんとお散歩もとても気持ちがいい。朝食を作り夫と共に食べて、10時半にはヘアーサロンで洗髪とセットを。軽めの昼食を摂り、3時前に家を出て気持ちのいい天候の中、岡田駅までウオーキングして電車で乗り継ぎ全日空ホテルに。村上誠一郎代議士の国政報告会、賀詞交歓会に出席。4時から5時15分まで来賓あいさつ並びに村上先生の政治家としてまさにぶれない政策通ならではのお話に聞き入った。そのあと6時前には伊予鉄会館クリスタルホールで行われる関大校友会松山支部の新年会に出席。今年の会もさほど多くの出席者はいなくて53人と少し淋しい。ただ去年は女性が私一人だったのだけど今回は若い30代の後輩女性たち二人が来てくれてうれしかった。何時もの顔ぶれの先輩たちも健在で、なんだかほっとして嬉しい。9時過ぎに記念写真を撮ってそのあとはお決まりの逍遥歌の口上を任され、パフォーマンスをやって皆さんに盛り上がって頂いた。」
         関大校友会
 夫も同じ校友だが関大の新年会には参加せず、ほかの会合に顔を出していた。
 
 私は10時過ぎには帰ってきたが、彼はまだ帰って来ない。
 何処に行ってるんでしょうね???

 明日午後からこの地域の総会があるし、もう休もうかな・・・

 錦織の第3回戦はアメリカのジョンソン選手に6-7,6-1,6-2,6-3で勝ちベスト16に残った。次の相手はいよいよトップ選手たちとの対戦となる厳しい1週間となりそうだ。 ぜひ頑張ってほしい。

日本人、人質事件

 「今朝はどんよりした天候で、なんとなく寝坊してラブちゃんとの散歩も行けず、10時前には事務所へ。午前中はデスクワークでパソコンとにらめっこ。途中来客があったりで、のんびりとした時間が流れる。午後からは父と共に母の誕生日プレゼントを買いにエミフルへ行った。普段用のズボン2本と外出用のうす手のセーターを購入し箱に詰め、後日母の施設に持っていく予定だ。なぜなら今母の施設にインフルエンザの疑いのある者が出たので、外部との接触をかなり制限してるとのことで私たちは遠慮した。」

 今日は1日中、日本人の人質事件が報道されていた。イスラム国にとらわれた、後藤氏と湯川氏は本日午後2時50分をもって身代金要求の時間切れとなるからだ。もちろん政府も関係機関を通じてあらゆる手立てを考え水面下で動いているようだが向こう側の人間とどのように接触できるのか、その方法も手段もよく解らないまま時間だけが過ぎていくような嫌な感じがずっと漂う事件だ。
 ただ巷にはまた自己責任論的な話が出てきて、人命救助や平和的解決に奔走する関係者に対して水を差すような議論が起きているのも事実だ。一方で多くのイスラム教徒の人々が、このイスラム国のテロリスト集団の行っている非人道的な暴挙に対して非難の声を上げて、一刻も早い日本人の解放を願い祈っていることに対して本来のモスリムの人たちの心の広さに感動する。
 イスラム国を名乗り、国として世界に認めてもらおうとしている集団なら身代金要求と命を引換などという野蛮な行為に走るのではなく自分たちの主張の正当性を示す次元の高い交渉のできる集団となるべきだろう。
 そうでなければますます孤立化し単なるヒステリックな暴力集団としか言えないし、そこには宗教性のかけらもない。そして世界中のイスラムの人々をも敵に回してしまうことになるだろう。

防災教育

 「今日は朝から雨模様で気温は少し高め。9時にはエンゼル幼稚園でリオンの絵本を使っての防災教育実践を。年長さんの3クラスにそれぞれ私たち女性と防災のグループのメンバーが入って約45分ほどの読み聞かせパフォーマンスを行った。幼稚園スタッフの方に動画で記録を撮ってもらい、これを来たる3月の仙台で行われる国連世界防災会議の分科会で取り上げて頂く予定になっている。そのため少し緊張していたのかもしれないが、みなそれぞれ頑張った。」

 年長さんクラスそれぞれが雰囲気も違っていたようで、私ともう一人のクラスは割と積極的な子どもたちが多かったが、小国さんが担当したクラスは少しおとなしい感じだったようで読み聞かせの後の感想がちょっと違っていたみたい。
 でもこの私たちの取り組みに幼稚園側もよく協力してもらって、本当に素晴らしい活動ができたように思え、今後もさらに活動の幅を広げていきたいなと思った。最初と最後はみんなに集まってもらってセレモニーもできたし、リオンの本も贈呈できて子どもさんたちの心の成長に災害から自分を守ることや自然の大切さをしっかりと入ってくれてらなと感じた。
 読み聞かせ1 読み聞かせ2
              読み聞かせ3
      全体で
 終わってから少し理事長ともお話しする時間も取ってもらい、11時半ごろ幼稚園を出た。そしてすぐ近くの喫茶店でお昼の軽食を摂りながら、今後の活動などの打ち合わせをして別れた。
 31日にはコムズフェスティバルで、防災グループは災害時のトイレ問題に真っ向から考える分科会を計画している。これも日が近づいてきているので、しっかり準備が必要だ。

 午後から時間も少しあるので高島屋のうまいもの市に行った。この前テレビで宣伝していたおいしそうなものにいろいろ目移りしたが、北海道展で買えそうなものは買わずに、はも寿司と福岡の一口餃子を購入し、スイーツは熊の形をしたベアークッキーとハワイのドーナツとコーヒーもゲットした。
 
 今晩は夫が大阪に出張で私一人なので、ゆっくり自分の好きなものを堪能できる。
 そして夜は全豪オープンを観戦して・・・ワクワク
 それに朝一番の錦織の試合はライブでは見れなかったのだが、勝って3回戦にコマを進めているのがわかっているので再放送では安心してみることができるし・・・
      2回戦突破の錦織

結構ハードでした

 「朝から何かと忙しい。朝一に事務所で用事を済ませ庁舎に行き、さらに10時には告別式に出て亡き人を偲び、午後からは北公民館で2月末にあるイベントの打ち合わせ会に出席して3時ごろ事務所に戻る。」

 庁舎では、今月末にあるコムズフェスティバルの私たちが行う防災に関する分科会へのお誘いをした。
 その後の告別式では、社協関係・町職員など、本田さんの社会貢献のため人生の後半を費やされた功績や人柄に多くの人々が集っていた。またいいおじいちゃんだったのでしょう、お孫さんたちの泣きじゃくる顔を見ているとそれがよくわかります。

 午後からは寿大学卒業式の式典に、公民館でレッスンを受けている4グループが音楽や踊りを披露することに。私たちロケ・ナニフラダンス教室も20分の時間をもらって日頃の練習の成果をお見せすることになるのだが、さてさて皆さんに満足していただける踊りができるか、しっかり練習しておかないと・・・

 事務所に戻ってきたのは3時前、それからスタッフとワクワクレポート発行について内容の確認をしながら月末までにはある程度の煮ツメをする予定で進めていくことで一致した。
 また22日の校了に向けて議会だよりの最後残っていた部分についてメールを送り、ようやく発行までこぎつけることができた。

 夕食後はいつものように全豪オープンの試合をライブで楽しんだ。今日はナダルの長時間の5ゲームを途中から見たが、本当に苦しそうなナダルだったが根性で相手選手に競り勝って第3戦に進んだ。本当に激闘の素晴らしい試合を見せてもらった。明日はまた錦織の試合もあるし、楽しみだ。
 

 ニュースを見れば、今はあのイスラム国に捕まって、オレンジの囚人服を着せられた二人の日本人と真ん中に立つ目以外は全身黒ずくめのイスラムテロ戦士が身代金要求と72時間という時間制限までつけて日本国民に脅しをかけているシーンが映し出されている。もちろん人命重視の観点から1日も早い解放が望まれるが、テロ集団の言われるがままに金銭要求に応じたらこれがまた次のテロの資金になるのはわかっているだけに、言いなりにはなりたくないし、またこの金額が桁外れの235億もの要求額となっている。中東情勢の緊迫した状況はとうとうこの日本においても他人事ではない、まさに欧米諸国と足並みをそろえて人道援助をするというだけで、これだけの挑戦的な標的にされるなんて全く信じられない集団だ。
 イスラム教の預言者も元々の考え方もこのように過激で排他的なものではないはずだ。おそらく多くのイスラム教徒の人々自身がこのような行為のため迷惑を受け、ますます追い込まれていっているような気がする。平和と共存を望む全人類が一緒に手を組んでこのような過激なテロ集団に対してノーを突きつけないといけないだろう。

広報誌も出来上がり間近

 「今日は大寒と言われるだけあって本当に寒い朝だった。ラブとの散歩も吐く息が白くて澄み切った空気を割くように流れる。でも午前中にどんどん気温が上がって午後からは日差しが温かく感じられた。10時前には副委員長と共に最終校正上がりの議会だよりを一字一句チェックしていき、事務局とも確認し合って問題になりそうな項目を再度確認してもらうため午後からも関係の委員さんに出てきてもらい、さらに確認した。私は赤ちゃん関係の写真を撮るためにカメラをもって福祉センターに行き、可愛い赤ちゃんの様子をママさんたちや保健師さんたちと共にカメラターゲットにさせてもらった。」

 今日の午後からのフラダンスのレッスンには参加できず、22日の校了に向けてすべての準備とチェックが終わってほっとした。明日もう一度事務局に対して写真のキャプションや修正した文章の最終メールを送ったりという仕事が残っているが、大きなヤマは超えたので少し肩の荷は下りた。

 そのあと北公民館によって明日の寿大学のアトラクションの打ち合わせ会について確認に行ったら、常連さんたちが集まって雑談にふけっておられてので私もしばらくそこでコーヒーブレイクさせてもらった。
 ただ残念なこととして社会福祉協議会の前会長が病気のため亡くなられたと聞いた。明日の告別式には参列させていただこうと思う。
 なんだかここの所いろんな方面のまたお世話になった方々が、あちらの国に行かれ寂しく思います。私たちもいつかは行くのですが、まだやり残したことがいっぱいあるので頑張っていきたいと思うところです。少なくとも両親より早くは行けないので・・・

 今日は私の楽しみにしていた2つのスポーツ結果が期待通りだったので、なんだかとっても嬉しい。朝に行われた全豪オープンの錦織選手のストレート勝ち、夜にあったアジアカップ日本対ヨルダン戦が2-0で日本は予選リーグ1位通過できたこと。
  ストレート勝ちの錦織  グループ首位通過を決める

原稿、最終チェックに!

 「今日も寒い朝で、ちょっと気を抜くと風邪をひきそう。今日は事務所にて史談会の校正上がりの仕上げをし、印刷会社に送った。またほかの必要書類の仕上げや資料チェックなどデスクワーク。調子の悪かったコピー機とパソコンの連動も、メーカーの人が来て原因がわかり、すぐに完治。」

 午後からは議会だよりの2回目の校正仕上がりが印刷会社から上がってくる予定だったが、かなり夕方遅くなるとは聞いていたが5時前まで連絡がなかったので予定通り明日の朝から副委員長と二人で最終チェックに入らなければならないだろう。また投稿してもらっていた原稿の本人さんへの確認連絡がずっとつかずに気になっていたのだが、ようやく連絡がついて事務局まで直接来られたのでそれもできたので一安心。

 私が自宅に戻ろうとした時、来客があったり事務所は今日も人の出入りの多い1日だった。そろそろワクワクレポートの編集にもかからないといけない。これからますます忙しくなりそうだ。要領よく時間配分していかないと、またおしりに火が付きそうになるだろう・・・
 今日から全豪オープンが始まった。錦織は明日から1回戦を戦う。もう毎日がワクワクだが、時差も少ないし結構、昼夜とも見れる時間帯にテレビ放映があるので楽しみだ。

男女共同参画学習会

 「朝がとっても寒くて布団から出たくなかったが、今日はフレッシュリブ主催の『男女共同参画学習会』があって、ネットワーク松前から動員要請もあり9時には文化センター2階へ。前半はワーク・ライフ・バランスについての講和、そのあと分科会があり私は地域活動についての会場にて話し合いに参加した。」

 前半の講師は、株式会社タイワのワーク・ライフ・バランス推進室長の近藤智佳氏。
 彼女の気さくな柔らかい話しぶりにすっかり引き込まれ、ご自分の実生活の中から身の丈に合う話をしてくださってとても良かった。新居浜市から来られ、そこの女性たちの活動ぶりにも触れてまた今の問題点などわかりやすく提案され、それらに向けてどう解決策を取っていくべきかについてなどを話された。私たちの今抱えている問題点などとも共通する点も多く、とてもヒントになる指摘だとも思った。
       講演 
 そのあとの分科会については、論点が漠然としていて男女共同参画の視点やワークライフ・バランスとの関連がよく解らないままに話をしていこうとする進め方にやや無理を感じたが、これは事前の取り組みに若干の緩さがあったのかなと思った。
 まあ参加の皆さんの意識の違いや温度差が明確になったことから、その言葉の意味合いや実践例とのつながりにかなりの無理があったなと痛感し、ちょっと消化不良のままの分科会となったような気がした。
       会場風景
 会の後、講師の方とコンタクトが取れたので今後また情報交換していきたいなと思っている。
 また友人とランチをして、久々の話題交換ができてよかったなと思った。昨日のさんかくの会リーダー会の話し合いについて内容を聞くこともできた。

 帰りに父のところに寄ると退屈そうにしていたので、父を連れ出し喫茶店でガス抜きをしてあげて帰ってきた。帰宅後夫から夕食リクエストがあり、私がすでに用意しているもの
と全く違うものを言うからまた買い物に行かなきゃならないので、こっちのほうで私にガスが溜まりそう・・・

地域の御祈祷会

 「今日は少し朝ゆっくり目に起きて、気になっているところの掃除・片付けを。後からはご祈祷会に出席。」

 
26年度の組内の会計報告、次の新役員さんの紹介、また今年から新区長となり(すぐご近所の同じ組内の方)ご挨拶が。
 そして私も今年にかける所信表明をさせて頂き、
懇親会では楽しくお酒を酌み合いおしゃべりしながらこれからのことなど話し合った。
 いつものことだが、
本当にアットホームで和やかな会なので私もとっても心地よく過ごせることができた。

思い通りには・・・

 「朝の寒さは相変わらずだけど、一時の厳しいものからは解放された感がある。午前中はデスクワークに専念しようとしていたところ結構来客があったり、電話の対応などで時間を取られあっという間に昼が来た。午後からは史談会会報原稿の1回目の推敲が上がってきた分の書き直しの作業を始めた。午前中に印刷会社からメールで送っては来ていたのだがPDFで送ってきていたので、結局自分のデータを基に校正を続けた。途中から文字羅列や写真が動くのを修正していると煩雑で、結局スタッフに任せることに。だがスタッフのほうもパソコンとコピー機の連動性に問題が・・・。いろんなことが起こる日だった。」

 これについては月曜日に業者に診てもらうことに。また私のホームページもずいぶん更新せずにいたので、この辺りでHPソフトもPCバージョンにあったものにしていこうということに。そのため専門家に相談。月末までには見積もりも出そうだ。思いついたら早め早めにやっていこう。先手必勝だ。そう今日の日本対イラク戦のように早めの得点で勝利・・
         本田のPKで先制
 夜になったら大雨が降ってきた。明日はお天気になってほしいのだが・・・

もっと努力しないとネ・・

 「今日は、朝から大雨。雪にはならない雨だったが、日が射さない分雨が止んでも少し寒い。午前中は事務所での仕事、11時からは庁舎にて昨日のチェックがあった広報原稿に副委員長と目を通し、議論のあった原稿にはメールを通してその案と修正案を原稿提出者に確認を取った。一つの事象に対してこうまで考え方、視点が違うのかと感じる発言に、何かしら議論しても仕方ないのかなという空しさを感じる一幕もあった。午後4時には私の支援する会の代表と打ち合わせ、今後の活動について動き出した。」

 地域の人たちとの支援を得るにはもっと汗を流す努力が必要なのかもしれないが、空回りにならないように着実に浸透させていかなけばならないのかもしれない。推薦する会の代表のO氏と共に地域の重鎮、世話役さんたちに挨拶回りを始めていくことを相談し、また少しづつ実行していく予定だ。今年は忙しい年になりそうだ。

 いろいろストレスがかかるとすぐお腹に来る私だが、気合を入れてはねのけて行こう。とりあえず今日はもう休もう。夫は香川に出張して日帰りすると言ってたのに帰って来ないぞ・・・
 もう先に寝てしまおう…待ってられないわ。おやすみ!

なかなかスムーズには・・・

 「朝一番に議会事務局に校正上がりの2回目の原稿を取りに行って、部分的にまだまだ直したいところがあるとの声も聞く。とりあえず持ち帰り、昨日の新成人に聞くの記事を昼までに書き上げて写真も入れてメールで送る。1時半には広報会議開始。今回の合併号はページ数も28ページと普段より多く、全体をチェックするのに結果5時過ぎまでかかった。本当に疲れたが、いろんなハードルを乗り越えても最終この号を発行する事は曲げれない。委員長の責任としてこれだけは・・・」

 午前中は原稿を取りに行き、事務所に戻って原稿を書き上げたり写真のチェック、さらに校正にも時間を割き、12時半までデスクワーク。その後庁舎にて広報会議。
 ある記事について意見が分かれ、このことで一番時間を割いて議論したが発行するためにはある意味苦渋の決断も辞さずということになりそうだ。

 帰宅後夕食を作って、食事後もなんだかこのだるくて重い感覚はなんなんだろう・・と思いつつ、明日へ向けて切り替えようと自分に言い聞かせた。

マズイ! 原稿チェックが・・

 「今朝は寒さは厳しかったがいいお天気で、洗濯物がしっかり乾きそうだったので思い切り干しました。夕方には綺麗によく乾いていましたね。遅めの朝食の頃、道路のことでお願いしてた件について電話があり私も現場に行くことに。先日の補導委員さんたちの話し合いの中に出てきた懸念事項として、今工事中で閉鎖された道路の迂回路からの車で、通学時には非常に危険な状態になっている箇所について、ミラー設置など対策が必要だと分かり今後行政とも調整することに。」

 午後からはフラダンスのレッスンに。またもや若い方が入会されるようで、一挙に5人増えて2月からは13人になる。みんなが楽しく長く学べるように工夫が必要になってくるのではないかな。
 2月の終わりには寿大学の慰問の出し物としてフラを披露することになっているが、できる演目とできないものとそれぞれあるので、しっかり来月には組立しないといけないと思う。

 3時前には父の施設に行く。寮母さんから昨夜相談を受けていたことがあったために行った。無呼吸症候群のためのシーパップをちゃんと着用してなくて、そのチェックが父には鬱陶しいようで私としては、父にその使用について説得して定期的に使用してもらうように納得してもらうように話してきた。明日は業者にも来てもらって、少し音が出たりする不具合も修正してもらうように頼んだ。
 とりあえず寮母さんたちともギクシャクしないように、調整役を私が引き受けざるを得ないわけだ。

 久しぶりに二人そろって夕食を。そのあと夫は詩吟教室に行き、9時過ぎに帰宅。
 明日は午後から広報編集会議。なのに今日、事務局に校正上がりの原稿を取りに行くのを忘れていた。まずい。明日はすぐに行かねばチェックそのものができない。裏表紙の新成人に聞くの部分の原稿も仕上げなきゃならないのに・・・
        ヒェー目まいが・・

さんかくの会

 「今日は本来の成人の日なんだが、このところ1日前の日曜にセレモニーは終えるという形をとっている。これも保護者や子供たちの要望が強ったので。そのため出初式を午前中に午後からは成人式というダブルヘッダーで行っているわけで、この日が私たちにとっても休日となるわけだ。」

 午前10時にはさんかくの会のメンバー(特に女性と防災のグループ)で、近くの喫茶店に集まった。
 
 1月末に行われるコムズフェスティバルの分科会の詳しいコンテや役割分担の確認、またアンケート用紙の中身のについての議論など12時過ぎまでしっかり時間をかけた。またぎりぎりまで集客に努めることを確認した。

 午後からは自宅にてデスクワークなどで外出せず、
サッカーの試合(アジアカップ予選など)を楽しんだ。今日はパレスチナ戦なので格下相手に無様な試合はできないだろう。

消防出初式&成人式

 「今日は朝からとても寒いが、二つの行事を熟さないといけない忙しい1日だった。午前中は消防の出初式、午後からは町主催の成人式。出初式の会場はグランドで行われ、観客席もテントなしの吹きっさらしなので非常に寒い。もちろんパレードや行進に出ている消防団の人たちはもっと寒いでしょうから、ぜいたくは言えないのだが・・・。私たちの町を火災や自然災害から守ってくれるため日夜訓練や活動をしている皆さんに改めて敬礼だ。成人式では実行委員会のメンバーに先に写真を撮らせてもらう約束ができていたので、11時半にはリハーサル室に。」

 寒風にも負けずオープニングは湧水太鼓、そして凛々しくパレードが。そして日頃の活動に対する感謝状授与、来賓あいさつ。子どもたちも防災活動に寄与して、日ごろから頑張っている。
      出初式 
    行進1 行進2
    行進3  表彰式
 11時半にはリハーサル室にて写真どり。これは今度発行する9・12月号の合併号の裏表紙に使うものだが、事前の「新成人に聞く」のアンケートも協力してもらっていたので、副委員長と一緒に皆さんにお礼を言って、今度は会場内ロビーで当日のアンケートを採れるだけ取らしてもらって、集計結果を記事にして完成させるつもりだ。
 
        実行委員の皆さん
 いつものことだが新成人の集まりは、本当に若い英気をもらってとても気持ちがいい。男子のリクルートスーツ姿が初々しい。そして女子のきらびやかな晴れ着姿は眩しいくらい美しい。まるでお花畑に一斉に開花したいろんな花たちが希望に満ちた色や香りを放っている
ようで、無限の可能性のエネルギーを感じる。
             町長あいさつ
   集合写真  
             会場風景 
 願わくば、彼らの中からこの街をもっと活性化させるアイデアの提言や汗をかいてくれる人たちがより多く出てくれるといいのにな・・・と思ってしまう。
(とかく優秀な人材は中央に吸収されてしまうので。)

のんびり休日

 「朝からとっても寒い。ラブちゃんとの散歩は震え上がったけど、10時ごろからは日が射してきてちょっと温度が上がったかな。昨日、母の薬を保険薬局で受け取ってから持っていく時間がなかったので、モーニングで朝食を済ませた後、母のグループホームに届けた。母は食事を終えて満足そうな穏やかな顔でみんなと一緒にリビングの椅子に座っていた。」

  帰宅後必要な書類を書いたり、年賀状のチェックと整理をして来年のための資料として準備した。
  久しぶりののんびりした休日だった。
気が付けば2015年もすでに10日経っているのだが・・・

母の健診

 「今日は2か月ぶりの母の愛大病院定期検診日で、父を迎えに行き10時前には母のいるグループホーム中川原へ。機嫌はいいのだが、車椅子から私の車に乗せるのに一苦労。なんせ体全体がこわばった感じで、動かす時にとても緊張して重くて私も腰がどうにかなりそうなくらい全身の力を振り絞って動かすのだ。特に冬は外気が寒いので、余計こわばった感じがするのかもしれない。病院についてからもまた車椅子に乗り換えさせて、父に運んでもらう間に私は車を駐車場に移動させるのだが、今日はいつもの場所が満車で一番遠い南駐車場まで探し回ってやっと置くことができた。」

  いつもよりかなり時間がかかったが病院内では両親の姿が見当たらないのでとても心配したが、受付で親切に対応してもらって、血液検査も済ませすでに内科のほうに降りてきていたのでほっとした。
 院内の案内専門のスタッフがいて、高齢者や障害のある方やなかなか一人で十分に対応できない人に対して柔軟に支援の手を差し伸べてくれるそういう環境づくりを目指している愛大の体制には本当に感心させられる。無事に検診も終えることができほっとしたが、料金計算のところでまた待たされるし、母も退屈しだして足をバタつかせて車椅子から降りようとするので、院内を散歩してちょっと気分転換させたり本当に大変。
 何とか無事に連れて帰って、事務所に戻ったのは2時近くになっていた。それからコンビニ弁当でランチを済ませ、そのあと広報原稿の一部修正に着手して11日の成人式でのアンケートの準備もして4時半ごろ帰宅。

 夕方6時より商工会の新年祝賀会に出席して、お琴と尺八の音色でオープニング。町内の主だった商工関係の経営者や代表者などが一堂に会し、町長をはじめ職員幹部、また議員なども一緒になって、これからの町内の産業が活発化する1年になるよう暑く語らいながら2時間ほどの会がお開きとなった。
 
 新年会 オープニング
 その後、お茶を飲んで帰ったが、いろんな方々とお話しさせてもらっていたのでほとんど食べていなかった。さすがに帰宅後はお腹が空いてちょっと残りご飯を食べて休んだ。
  

フランスでテロ事件が・・

 「昨日よりは寒さを感じる朝だった。夫は朝から詩吟の大会のために黒スーツに白ネクタイの正装で年賀の会にも出る予定だ。私は子どもたちへの減災絵本の読み聞かせ活動をエンゼルさんにお願いに行って、今度の仙台で予定されてる国連世界防災会議での動画発表に使わせていただく了承を得ることができた。今後は日程調整や段取りについて打ち合わせが必要になってくるだろう。2月に向けて結構忙しくなりそうだ。」

 昼前に従弟から連絡が入って私の車が修理が終わり納車できる状態だということで、昼食後に自宅まで持ってきてくれた。明日は母を連れての愛大病院への定期検診に行かなきゃならないので、それに間に合わせてもらって本当に助かった。

 午後からは庁舎に行って、広報関係でメールの確認や写真について打ち合わせ。
 また成人式のアンケート用紙の準備・段取りの確認など用事を済ませ、エミフルに夫の誕生プレゼントを買いに行った。
 2階に上がって友人に出会ってお茶したり、話が弾んで気が付けば外は真っ暗、すっかり夜になっていた。帰宅後ラブとのんびり夕食を。

 また嫌なニュースが飛び込んできた。フランスのパリで大きなテロ事件が起こった。風刺漫画や体制批判で有名な新聞社で、武装した2人組のテロリストが12人の編集関係者を次々と殺傷し今も逃走中だという。最近特にイスラム教やその慣習に対する批判や風刺漫画が多く掲載されていることで脅迫事件も起きていたらしいが、こんな残忍な言論封殺に動くとはどこまでいくのか暴力の応酬が本当に悲しい気持ちになる。言論の自由と行き過ぎた宗教批判表現がそれらを崇拝している一部の過激派には耐えられない屈辱を感じるのか、それをペンで押収するのでなく銃で押さえつけようとすることが、また負の連鎖へとつながっていく。きっとフランスやその周辺国のイスラム系の移民やその二世、三世が反逆の対象となってしまうことが予想される。冷静な対応をお願いしたい。多くのイスラム教徒はこのような事を望まないし、一部のテロリストによってもっとも迷惑するのも彼らなのだから。

広報編集会議

 「暖かい朝を迎えた。天気もいいし、ラブとも久しぶりのお散歩だ。息子たちが帰省していた年末年始は、彼らがもっぱらお散歩当番のようによく連れて行ってくれたので。午前9時半から議会だより作成のための広報編集会議で、今回は合冊部分の12月分の原稿チェックが主な内容だ。紙面上のいろいろな文章表現などにそれぞれの意見をぶつけ合い、時には声も大きく興奮してくる言い合いになることも・・・でもそれはお互い議員としてどう住民に伝えていくかということに真剣に取り組んでいることの裏返しなのだから、ある程度は仕方ないことだろう。12時過ぎまでかかってとりあえず大方のところはチェックしていったが、それを印刷業者に夕方5時までに渡すということだからデータの修正を急がねばならない。」

 昼食をエミフルで済ませ、2時半ごろまで事務局と一緒に修正できるところは分担してやっていった。
 事務所に戻り、スタッフと共に私の担当ページについて他の委員の指摘や意見のあったところの修正を急いだ。当然字数がふえれば画面上のレイアウトは崩れ、なんだかどれが正しい部分なのかが分からなくなるほど崩れてしまう。
 スタッフと共に2人3脚でパソコンの画面を覗きこみながら、何とか5時過ぎにメールで事務局に送ったが、今日の分としては時間切れとのこと、残念!

 夕方やっと運転に慣れてきた代車に乗って買い物を済ませ帰宅。
 春の七草粥を食べて無病息災を願った。
        七草粥
 明日は夫の誕生日なんだけど、夜は詩吟の新年会で夕食にはいないので何かプレゼントでも買って渡すかな。今月の30日には私の誕生日も来るので、ここでしておかないと自分の時のアピールができないもんね(ちゃっかりさん?)

代車に四苦八苦してます

 「今日は朝から暖かいと思ったら何と雨がしとしと降っていてラブちゃんとのお散歩はできず、届いた代車の運転に四苦八苦。自分の車と全然違うアクセルの利きやブレーキ加減。いつもはキーなしでの始動で静かな発進のため、エンジンがかかってるかどうかタイミングが合わず本当に大変だったけど夕方ごろやっと感覚がわかるようになって明日には大丈夫だろうと思うが、慣れたころに自分の車が戻ってくるのだろうね。昨日は広報議会だよりの校正が十分にできていなかったので、今日は何とか時間のかかりそうなところだけ別案を作って準備することに。」

 午後からは今年初めてのフラダンスのレッスンがあって、またまた新人さんの入会が。若い幼児ずれのママさんが二人。とりあえず3月までの体験だそうですが・・
 賑やかになった教室はぐっと人口密度が増えたみたい。でも大勢でダンスをするほうがやっぱり楽しいし、若い仲間が増えると活気があってこちらまで元気になってくる。
 しっかり続けて行ってほしいものだ。
        フラ
 さて今日は二男も東京に帰ってしまい、また二人と一匹の生活に戻るのかと思うとちょっとさびしい感じ。4日の朝に長男は帰ったし、夕方には夫が空港まで送っていった。
 とはいえ今日から仕事も本格軌道に。

 夕食後、パソコンに向かって原稿データを基に修正しながらページレイアウトを進めて行き、結構時間をかけてページ内に収めこんだ。
 少しでも読みやすい記事にするために何度も何度も修正しながら作り上げていく作業は、根気のいる仕事だが出来上がった時にはそれなりの達成感があるものだ。

仕事始め

 「今日から仕事はじめ。新春の集いに参加するため10時過ぎにはタクシーで文化センターへ。なじみの顔がそろって皆さんと交わす『明けましておめでと
うございます』の挨拶。町長の話の中で渡辺先生の「おかれたところで咲きなさい」の本
については私も読んで感動した言葉の一つだったし、サザンオールスターズの新しいアルバムにある「平和の鐘」の歌詞に触れて、戦争を憎み平和を愛する気持ちに共感すると言われ、私も本当にそのリベラルな姿勢に改めてリスペクトしたい。」
   町長あいさつ 新春の集い
 午後からは事務所にてデスクワーク。途中で保険会社からの電話もあったりで、なかなか落ち着いて集中できなかったが思いのほか車の修理は早く上がりそうだ。車両保険をしっかりかけておいたのでゴールドはなくなるけど、今までお守りのようにかけてきたのだが役目を果たす時が来たのかな。

  事務局から広報の原稿を持ち帰り7日に向けてチェックするのだが
、これについては明日を中心に行う予定。年賀状の返送チェックをして気が付けば5時に。

 帰宅後夕食を済ませ、7時には補導員さんたちの新年初めの打ち合わ
せ会に同席させてもらった。そこで情報交換と地域の問題点などの意見交換を行った。

 本格的な仕事の指導は明日からかもしれないが、
年の初めのいろいろなつまづきをしっかり克服して、慎重にかつ大胆に自分を信じて頑張っていくしかないと考えている。

ついてない・・

 「今日は何ともついていない日だった。午前中に父から切り餅がほしいと言われ、美容院に行った帰りに買い物に行き父の施設に餅を届け夫に頼まれた冷凍鍋焼きうどんを買うためコンビニに行く途中で、あろうことか車と接触事故を起こしてしまった。見通しの悪い脇道から本道への移動でカーブミラーを見て、左右確認しながら静止状態から鼻先を少し出しかけた時、直進車がスーときて後輪に当ってしまった。当然私のほうが過失比は高いのだが、それにしてもこの道はかなり危ないと自覚してこの10年通ってきて無事故だったのに何ともショック。双方とも怪我はなかったのだが、やはり気分的にはかなり落ち込む1日だった。夜は呼ばれている新年会に出席して何とか気分転換しようとしたのだが、何で新年早々こうなのって思ってしまう。」

 『お酒と笑いで新年をたのしむ会』が今回はその主催者である五島一明氏の急逝(昨年11月末)のため偲ぶ会と名前を変えて、いつものメンバーが集まった。私はその娘さんと親交があって、もう17回ともなる。会の初めの頃から参加させてもらっているので、今回を最後にするとの話にとっても惜しまれる声が多かった。
 そのため存続させるかどうかを今後再考するとのことで即答はなかった。
 
 会場では古株さんから新顔さんまでいろいろな方にお会いできるのだが、常連さんとはこの回で1年に1回は会える楽しみがあるのだ。

 恒例の桂小春団二さんの新作落語で初笑いを楽しみ、二部の宴会でのじゃんけんゲームで今年も最初から負けて賞品は当たらず。やはりついてないんですね・・・

長浜へ

 「今日は朝から曇り空。11時の告別式に向けて家族みんな結構早くの起床。11時の式に9時過ぎにはスタート。その読みは正しかった。まず雪模様の天候に高速と山周りのコースを避けての海岸沿いコースで大洲に向かった。長浜から大洲に向かう道路ではかなりの降雪。道路も白く凍っていて、これ以上降ればチェーン規制にかかりそうな雰囲気。何とかセレモニー会館に到着。神道形式の葬浄式で1時間ほどで終わったのだが、亡くなった親戚のおばさんは当時の女性としてはかなりの高学歴の方で広島の師範学校を出て小学校の教員をして、結婚後も洋裁・和裁・編み物など仕立て屋さんの注文を受けるなど才女ぶりを発揮されていたようだ。98歳の大往生だったが人生の荒海をしっかり乗り越えて、遺影の顔はにっこりと笑みを浮かべ、まるで私たち後輩に対して頑張っていきなさいとエールを送っておられるような雰囲気を醸し出していた。」

 帰りの道すがらようやく日が射してきて溶けだした雪を踏みしめ、長浜のお墓にも初参り。
 昼食には松前の北斗によって、2時ごろ帰宅。その後ゆっくりとお風呂に入りたいという息子たちのリクエストに応えて「そらともり」へ行き、ゆっくりと露天ぶろやジェット風呂やサウナなどを楽しんだ。そこから近くの行きつけの焼き鳥の店(川串)に7時ごろ到着、家族4人カウンターに並んで、ビール、日本酒、焼酎、ワイン白2本、赤1本、呑兵衛ファミリーはよく飲みますね…でもこんなにのんびりとリラックスして飲むことは、1年ぶりかも。
 二男は10時ごろ友人たちからの誘いを受けて別会場へ、私と夫は10時半には長男はそのまま残って1時過ぎに帰ってきた。まあそれぞれのお正月も明日までかと思うと、なんだか時間の経つのが今年も早そうな予感。

あけましておめでとうございます

 「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げま~す。2015年が始まります。今年は私もいよいよ町議3期目の選挙を迎えますし、心引き締めて一歩一歩進んで行かなければなりません。2期目の締めくくりと自分には何ができるか、しっかりと見つめたいと考えます。」

 寝るのがが遅かったせいもあって、家族みんな遅めのお目覚め。何時ものように年賀状のチェック、そしてオセチヤお神酒の用意をしてお正月の挨拶をみんなでして、いろいろ食べて占めはお雑煮だ。
      おせち
 あ~また太りそう、気を付けよう。父も上機嫌でお神酒が進んでちょっと酔ってたかな?

 11時には母のいるグループホームに新年の挨拶に行き、彼女の嬉しそうな顔を見て父は更に嬉しそう。
        母を囲んで
 午後から4人でエミフルに。思った以上に混んでいたが少し時間のずれもあって、昼食はそう並ばずに席に着けた。セルフの串やさんは、なかなか面白かった。
 帰宅後それぞれが好きなことをして、のんびり正月。椿さんに初もうでに行ったのだが、おみくじが末吉だったので自省してしっかり今後を見つめたい。
            初詣で