FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

暑くなりました

 「今日で5月も終わってしまう。いよいよ明日から6月。とはいえ暑さだけは半端じゃない。もう既に今日、熱中症で亡くなった人が2人,救急搬送された人が300人を超えたとのニュースが。全国的に30度を超える市や町が増えて、愛媛でも大洲や内子など南予のほうで高い温度を出している。午前中から洗濯物がすぐに乾きそうな日差しになっていたので、急いで家事を済ませ集会所で販売してる野菜や花の苗などを購入して、早速明日には玄関前の花壇の植え替えをするつもりだ。それにしても日中の作業は気を付けないと、熱中症になりそうだ。」

 午後から夫の詩吟の師範の奥様の書道展が、県美術館で行われていたので見に行った。
 書道家として長く実績のある方らしく、実に堂々とした字配りと元気な字に感動を覚えた。
      書道展
 帰りに蕎麦屋によってお昼を食べて、帰宅後にまた買い物に出て、そのあとは自宅で暑さから逃れて読書などをしていた。暑い日中は省エネで体力は温存しておきたいもの。
 夕方は、さすがに庭の水やりなどをすると気化熱で涼しく感じられた。

 夜はお楽しみ全仏の5連覇を狙うクレーコートのキング、ナダルの試合をライブで楽しめた。やはり強い!
続きを読む

防災士会議

 「今日も真夏日を思わすような暑い1日だった。そろそろ事務所もエアコンのいる季節になってきた。午前中は集会所にて地域の防災士の集まりの会で、これから予定している地域巡回や総合防災訓練の段取りや準備など日程と絡めて決定しながら、いろいろな議論も行った。とくに個人情報の収集については、町の考え方やガイドラインがほしいところで、今議会の一般質問でそれに関する内容で町の考えを質すところがあるので、それ以降に収集をかけようかということになった。」

 6月8日に予定していた地域巡回だが、資源ごみ回収とバッティングしたので7月6日に延期となった。今回は小学生たちとの合同巡回も考えていたが見送って、先にできた防災マップに小学生たちの視点で書きこんでもらうという形をとることにした。そのことでより充実したマップを作ろうという計画だ。
 また災害時の要支援者の救助に際し、事前にそれぞれの地域情報を入手しておくと減災につながるということから、その名簿をどのような形で収集するかに議論がおよんだ。結局町の見解で積極的なガイドラインがあると地域としても動きやすいという意見でまとまった。

 昼前には会議も終わり、事務所に戻ってしばらくデスクワークを。
 午後からは住民相談もあって、4時ごろまで通告書関連の原稿書きなどをして事務所を出た。
 夜は夫は外食で、私はのんびり一人食。全仏オープンもゆっくり楽しめた。

通告書OK

 「今日も朝から暑い一日の始まりだった。午前中は通告書を仕上げて何度も修正して、午後から事務局に提出。私で二人目だったので、これから締め切りの9日までいろんな人が参加してくる予定。とりあえず早めに仕事は片づけ、少しでも自分に余裕を持たせるようにしていきたい。午後からもずっと原稿書きに集中して、2時過ぎには庁舎に行き原稿提出。」

 ★ 庁舎内の用事を済ませた後、エミフルに行き銀行に寄ったり買い物などを済ませた。
 今日は伊予市、松前町、砥部町の1市2町の消防局による家屋用の火災報知器設置キャンペーンをやっていて、これらの自治体のゆるきゃらたちが出動して買い物客に呼びかけていた。
      ゆるきゃら 
 そのあと小学校に行き、地域巡回の協力要請とひまわり集会における打ち合わせをした。
 5時過ぎには定期検診のため行きつけの病院に行き、帰りにおいしい塩パンの店に寄ってお目当てのパンを買って帰宅。
 夕食の準備にかかろうとしたとき夫から電話が。友人との食事のお誘いだったので、7時半には3番町界隈でお食事を。なかなか面白い方で、楽しい時間を過ごすことができた。 
 11時前に帰宅でさすがに疲れがどっと出て、半分目がふさがりながらPCの前に。

 明日は朝から地域の防災士の会合が予定されているので、もう休もう・・・おやすみなさい。

いつまでも健康で居たいね

 「朝からとってもいい天気で気温はぐんぐん上昇。青空駐車の車はとても熱く、車中は大変な温度になっていた。午前中は事務所にて通告書の原稿書きに専念。今日中に大方の内容を固めていきたいと考えているので、午後からのバドミントンも休んで集中した。夕方にはほぼ出来上がったが、あと一つ書き足そうという気持ちもあって明日中には完成させるつもりだ。」

 夕方父の所に顔を出したが、帰宅後また電話がかかってきて買い物を頼まれ再度また施設に出向いた。 そのため夕食を作り出す時間がずれこんで7時半から8時にかけて料理、食べ終わったのは8時半、遅い夕食となった。
 

 それにしても父は最近よく下痢っぽくなるらしく、いろんなところが弱ってきてるのかな。まあ90が近くなってきた父には健康で長生きしてもらいたいところだが、どうしても寄る年波には適わなくなってきたのかもしれない。  
 私なんか2日間の東京行でずいぶん歩いて、今日は筋肉痛で足がバンバンって感じですからね。情けない話・・・

 夜は全仏オープンテニスの試合を横目にブログを書きつつ、やはり錦織のいないテニスはワクワク感に欠けるよね。ジョコビッチはやっぱり強い。でも女子のセリーナウイリアムズが2回戦敗退には驚きだった。

疲れました・・

 「昨日の雨はやっと上がって曇り空ではあったが、なんとなく蒸し暑い朝を迎えた。よく眠れたけど、起きてみると足や腰が痛かった。こちらに来て、いかに普段歩いていないかを思い知らされたが今日もまた頑張って、ほかのイギリスの友人への贈り物を買うため探してまわるつもりだ。朝食は、長男が冷蔵庫のものやら近くのコンビニでそろえてくれた。夫にご飯・みそ汁・焼き魚を私と自分用にトースト・サラダハムエッグを作ってくれた。古いアパートではあるが結構ダイニングが広くていろんな作業がしやすく便利に暮らしてるのがよくわかった。」

 今日は神保町界隈に行き古本屋さんや古書の並ぶ店に入り、版画家の友人用にと物色してようやくお目当てのものをゲットできたが、私が贈りたいと思うフォットフレームが無くて息子にもう少し探してもらうことで解決。お金を渡してとりあえず今回のミッションは終了。
 昼には銀座三越のすぐ近くの室町というファッションビルで、ベルギー料理の店に。
 平日の昼とあってか中高年の女性で8割を占める店内は、夫や息子は場違いな感じ。そこで約1時間半粘って、3時には成田行きのシャトルバスに乗って成田ターミナル2のジェットスターの乗り場へ。
 この搭乗口が本当にターミナルの端のはしって感じだ。なんだかはずれのような位置にあるため夫は差別だなんて言ってたけど、格安価格なんだから通常の航空会社と同じでは納得できないのが当たり前で、それ相当な合理的区別と思えばさして気にならない。

 7時15分には松山に到着。預けていたラブを迎えに行って、帰宅は午後8時前。
 夕食は近くの居酒屋さんで済ませ、明日からの仕事モードに戻らないといけないので、今日中に疲れは取っておこう。おやすみなさい・・

東京へ

 「朝から曇り空。ジェットスターで成田へ。11時35分予定より10分早く到着し、12時発のシャトルバスにぎりぎり乗り込んだ。東京八重洲口降車場で長男と待ち合わせており連絡を取りあって合流。ケータイは本当に便利グッズだ。さっそくティムさんの結婚祝い品を買いに行くつもりだったが、3時に人に会う約束があるらしく大幅予定変更。いつものことだけど夫の自己中・わがままには慣れてるハズだがホンマにイラッとくる。そこで銀座行が急に秋葉原に変更、遅めの昼食も待合場所のビル内で。」

 1時半に商談とか言って自分だけオフィスに入ってしまい・・・私たちはそんなとこで待ってるわけにもいかず、息子と美味しいものでも食べようとレストランに入り注文した後に息子に夫から電話が・・。社長との名刺交換をするので上の階のオフィスに呼ばれ、私は一人そこで食事。すぐに帰るからと言いながら30分待っても帰ってこない。私もかなり頭に来たので、食後のビールを注文して飲んでいたらやっと二人の男どもが帰ってきた。それから改めて食事を・・・ 

 3時ごろからようやく目的のティムさんのプレゼント探しに。
 まず色紙を入れる額屋さんに行き、そこでお目当ての丸い漆調の額縁を見つた。次にその中に入れるやぶり和紙扇面料紙を買うため、銀座の鳩居堂に行きちょうどいいサイズのものを3点購入した。
 その後また額屋さんに戻り、下地の金紙マットも買付けた。あとはその和紙に筆で和歌を書き込んで、結婚式に長男に持たす予定だ。

 買い物中、行ったり来たり地下鉄の階段の上り下り・・よく歩きました。その後の歩きも含めて1万歩以上歩いて本当に足が疲れたが、お目当てのものが買えて夫も満足げだった。
 夜は渋谷で二男の仕事も終わる頃(7時半)に落ち合うようにしていたが、まだ2時間近くあるのでせっかくだからと長男が新しくなった東京駅を観ながら飲めるところへ案内してくれた。そこで写真を撮ったり、リニューアルした新名所となった東京駅を観ながら楽しく飲んだ。
     東京駅前にて 東京駅 
 7時前にそこを出て、渋谷に。せっかくだからハチ公前で記念の写真を。
 そこは待ち合わせ場所のメッカらしく、若者も多く大勢の人でにぎわっていた。そのあ と予約していた居酒屋に行って、久しぶり4人そろって食事と相成った。
              ハチ公前にて
 9時半ごろまで飲んで食べて、夫はかなりフラフラしてたけど私と息子二人はまだ元気だったので、雨も降っていたけど同じ渋谷のひかりビルに行ってワインバーで飲み直し?
 後で聞いたら、その部分の夫の記憶は無いようで・・かなり眠そうだったからね。
 二男とは11時過ぎに分かれ、渋谷からタクシーで帰り野方の長男のアパートで3人川の字になって眠った。
(さすがに足が痛かったし、夫は家に着くや否や倒れ込むように寝てしまった。)

ウォークラリー

 「今日はウオークラリーには絶好のお天気。8時過ぎには岡田小学校校庭にはリクレーション協会の青いTシャツを着たスタッフが準備のため集まっていた。体育協会や交通安全協会、文化協会、さらには社会教育協議会やその関係者など大勢のスタッフも集まり、もう参加者を待つばかりだった。9時過ぎごろから続々と親子連れや友達仲間など約100人ぐらいの方々が集まってきた。準備体操をしてコース別のグループ分けをして、それぞれゼッケンをつけて3分おきにスタートして約5キロと3キロのコースにトライしてもらった。」
            さあ、出発だぁ
 私はカメラを持って各コースのあちこちのポイントで待ち構え、史談会のメンバーによる使役や神社・お寺の前での説明を聞いている様子などをカメラに収め、みなさんのウオーキングトライの様子を少しでも記録に残せたらと頑張った。
       史談会の人より説明を
    みんな真剣に聞いてます    
  途中の麦畑や自然豊かな松前の町を10人前後のグループで楽しげ
に歩く姿は何とものどかな風景だった。私は自転車に乗ってコースを先回りして、いろんな様子をカメラに収めた。
         (途中休憩?・・葉っぱのハガキ作成中
        何を作ってるのかなぁ
           三津の渡しって知ってる?
   ここ、知ってる?
 12時前にはほぼみんな岡田小学校に戻ってきて、
湧水さんの猫袋のご飯や春風さんたちの作るおにぎりや景品のお茶やタオルなどをもらって、体育館にて消防署の方々が持ってきた津波のビデオを観ながら足や体を休ませて、最後に抽選会などをして解散となった。
 みなさん、ケガ
や事故もなく無事に楽しんで帰ってこられてよかったよかった。
      お疲れ様でした
 私も足がだるくてかなり疲れた感じだったが、心地よい疲労感で、
楽しい半日を過ごさせていただいた。
  帰宅後は
東京行の準備などをして、早めの夕食。そしてまたなでしこジャパンのアジアカップ決勝戦を観るためにスタンバイ・・・
 強豪オーストラリアを相手にどこまで頑張れるか、
大儀見という絶対的FWのいないなでしこの戦いぶりを見てみたい、そんな気持ちでしっかり応援していきたいと思う。

 明日からのブログはお休みです。
1泊2日の予定で28日から通常の仕事に戻ります・・・
 今回ジェットスターを初めて使います。ちょっと話のネタに~
 

のんびり土曜日

 「今日も朝からどんどん気温が上がって、真夏のような暑さを感じる日だった。午前中はガーデニング後の花の様子を観察しながら水やりをしたり、近くのはだか麦の収穫風景をカメラに収めたりして、のんびりした土曜の朝だった。午後からは夫の探している扇面型の和紙を求めて専門店巡り。ようやく花園町でイメージしたものを見つけたが月・火と東京に行くのでそこでも探してみて、なければこの店で購入するというところまでこぎつけた。」
     麦の収穫


  帰宅途中で夫を事務所で降ろし、私は夕食食材の買い物に。
 帰宅後はネットで和紙の専門店(東京の)を検索してみた。リサーチしておいたほうが、向こうに行ってからの効率がいいだろうからね・・

  明日は岡田スポレクも共催のレクレーション協会主催のウオークラリーが予定されていて、私も朝8時にはスタッフとして参加して写真班として走り回らなければならない。あまり暑くならないでほしいところだ。だから今日は早く休んで体力を温存しておきたいものだ。

青少年育成会総会

 「今日もまさに初夏のような暑さだった。午前中は事務所にて通告書の準備で原稿作成に資料集めもぼつぼつと・・・。午後からは松前町の図書館、ふるさとライブラリーに行ってきた。ちょっと調べたいこともあって、実際に雰囲気を感じながら本の検索などもやってみた。その後庁舎によって用事を済ませ、事務所に帰りデスクワークを。」

 夜7時から校区の青少年育成会総会に来賓として招かれた。挨拶もということだったので、今日の講演のテーマでもある「子は宝」として社会全体で育てようという内容に沿って、松前町の少子化現象の紹介を基に地域や家庭での育成の充実をという話を少しさせてもらった。

 講演では、講師の森田氏の話もまさに千葉大学の明石先生の説を中心に自然体験や経験を多く積んだ子供たちがその後の生き方に大きな影響があり高学歴高収入につながっていくという流れを紹介しながら、まさに地域や家庭がその担い手になっているということを最後に力説されていた。
 超少子化時代は避けられない中、少ない若者たちが社会の大事な一員として健全に育ち、また活躍してもらい次世代へつないでいく、この流れを作っていくのも私たち大人の責任でもあるしまだ間に合うと私も思う。
 森田氏の講演 青少年育成会 

 恒例のサラリーマン川柳の十傑が発表された。その中で私もついうんうんとうなづく句は以下のとおり。
 ① うちの嫁 後ろ姿は フナッシー  
(私の場合はフナッシーより、バリィーさんというほうが合ってるかも)
 ② 物忘れ べんりな言葉 「あれ」と「それ」
(ここ最近、人の名前や固有名詞がよく出てこないことが…そんなとき本当に便利な言葉です)
 ⑦やられたら やり返せるのは ドラマだけ
(世の中理不尽なことが多い中、ドラマの中だけでもスカッとしたいものね)

議論紛糾

 「朝からいいお天気で洗濯したはいいが、干す時間が無く9時には議員全員協議会のため家を出た。今日の議題は「町道東176号線自由通路整備事業」について。以前(4月ごろ)議員だけで話し合った経緯はあるが、JRからの工事計画の試算が出ておらず具体的な議論ができずじまいだったので、今日は担当課の説明を聞いて実際の数字についても議論することに。午後から高島屋へ。」

 息子の友人で私たちも家族ぐるみでお付き合いしているロンドン在住のティムさんの結婚祝いの品探しに高島屋に行き、いろいろリサーチしてみた。
 和モダンのバッグとポーチを購入。ただ夫の欲しがっている特殊な色紙はなかった。
 
私のイメージしていたものは完全ではないが一部購入できたので、今度東京に行った時にいいものがあれば購入するとして、夫のものはまだ全然手に入れてない状態だ。

 結婚式は1か月後の今日だ。当初私たちも式に呼ばれていてロンドンの荘厳な英国式ウエディングセレモ二-に参列するつもりだったが、夫も私も仕事の関係で行くことができなくなって、息子に代表してお祝いの品を持って行ってもらうことにした。
 そのため来週早々に息子の案内で東京の専門店をまわって探すつもりだ。
 今週末から来週にかけて6月議会の準備もあるし、かなり忙しくなりそう。
 でも久しぶりに東京にいる息子たちと家族揃って食事をすることができるので、ちょっと楽しみでもある。季節もいいし梅雨に入る前の一番気候的にいいところで動いておくのが賢明だから・・・

 夜は、なでしこジャパンのアジアカップをかけての準決勝戦を観戦。相手の中国もかなりフィジカルも強くなかなか手ごわくて、澤の先制ゴールで一息ついたら相手PKでまた振り出しに。
 
 本当にハラハラさせられたけど延長前後半戦合わせて120分の戦いの最後の最後に宮間のコーナーキックから岩清水のシュートで決勝選への切符をもぎ取った。
 このあと韓国とオーストラリアの勝者と25日の決勝で激突する。今からわくわくする。  
           決勝ゴールのガッツポーズ

バドミントンでリフレシュ

 「昨日の雨が嘘のように、新緑まばゆい五月晴れ。とくに雨上がりの晴れは、空気が澄み渡って湿度が低くて本当に気持ちがよい。午前中は事務所にて通告書の下書きにかかる。午後はバドミントンで気持ちの良い汗をかいた。その後庁舎によって必要な係りのところに行き、用事を済ませた。」

 週の真ん中は何かと疲れがでて来るころ。バドミントンで汗をかいてもとても乾燥してるのでベタつき感がないから、この時期はスポーツにも最適の季節だ。

 事務所に戻っても仕事も捗り、多少の疲れもこの気持ちよさで払しょくされる。
 5時過ぎには事務所を出て、6月2日の蛍観賞会のお誘いチラシを関係者に配って回った。
 帰宅したらすぐに夫から食事に行こうと電話が入り、久しぶりに韓国料理の店に行く。キムチや焼き肉、プルコギなどおいしいんだけど、後で匂ってきそうでちょっと明日の仕事に支障がなければよいのだが。

 明日は議員全員協議会で、北伊予のJR自由通路の実施計画について話し合うことになっている。さあ眠気もピークに、お風呂入ってもう休もう~

おしゃべりサロン?の一日でした

 「今日は朝から雨模様。まさに天気予報通りになった。事務所に入る前にラブをシャンプーカットのため、みつももさんに。9時半ころ事務所に入りデスクに着くや否や来客。スタッフと打ち合わせ中にもまたまた知り合いが・・・その二人が帰ると今度は区長さんが。少しお話して用事が済むと、もう11時過ぎ。」

 11時半には史談会の県外研修に行った写真データCDを持って、西公民館に向かった。そこでパソコンをモニター代わりに見てもらおうと思ったが、O氏の講義中だったので次の機会に回してもらうことにした。

 12時過ぎにはお開きとなり、フラの練習もあるのでいったん自宅に戻り1時過ぎには北公民館へ。
 そこで岡田小学校のひまわり集会の出演依頼の話を聞き、今年も頑張ってみることにした。演目等は簡単なもので「赤いレイ」ということになるだろう。また具体的な打ち合わせは、担当の先生と後日に。
 レッスンが終わった後に、公民館にかかわっているボランティアの顔なじみの皆さんとちょっとしたお話のサロンに。外は雨も本格的になってきて、おしゃべりの後は父のところに書類を持って行った。また固定資産税の支払いを頼まれ、結構仕事と責任を感じるなあ~

 3時過ぎにラブを迎えにみつももさんに行き、可愛くちょっぴり細くなったラブちゃんとご対面。ダイエットフードが効いて着実にスマートになってチャーミングになってきた。
 
        どう? 
  夕方5時過ぎには、さすがに昼食抜きだったのでお腹が空いてカップヌードルを食べてしまった。これをしなきゃ痩せれるかもしれないんだけど、その一口が豚になる・・

6月議会に向けてぼちぼち・・・

 「昨日のガーデニングで重い肥料や土などを運んだり、立ったり座ったりなど腰や足への負担が大きかったのか、朝から腰が痛くて旅の疲れも回復しない上に追い打ちをかけるようにさらに痛みが重なって、本当にしゃがんだりする姿勢が特につらい。情けない限りだ。そうは言っても今週から6月議会に向けてぼちぼち準備もしていかないといけないし、忙しい日常が始まった。」

 午前中は6月2日に企画している会案内作りや、来週の航空便のネット予約などのデスクワークで、あっという間に12時となった。
 1時より同僚議員さんのお母様の葬儀に参列し、自分に置き換えながら年老いた両親を見送る時は自分もそこそこ年を取って、さらにもう十分生きた年齢で別れるとき、やはり覚悟はしていても辛くダメージのあることなんだなと想像が付く感じだった。

 2時過ぎに帰宅し遅い昼食を済ませ、3時には事務所に戻りまたデスクワーク。史談会の旅の記録ブログも写真のチェックをしながらまとめて行った。
 たくさんの写真をまとめてCDに取り込んで、明日の史談会の集まりに届けることができたらなと考えている。

 通告書の用紙も頂いたし、そろそろ内容の絞り込みをして決まり次第提出していくつもりだ。またそれらの項目に関する資料準備やリサーチにかかる時間も必要になってくる。
 議会の始まる前に仕上げておくことは、早め早めにやっていこう。

いざ、ガーデニング

 「昨日の夜は遅くまで旅の記録を仕上げる作業に時間を取られたので、夜は3時近くに床に就いた。そのため朝は8時過ぎとかなりゆっくり目。朝食ものんびり9時半ごろ食べてダラダラと時間が過ぎて、これはいかんとばかりにおしりに火が付き11時ごろから昼も抜いて結局3時過ぎまでガーデニングの作業を行った。」

 土をこねたり肥料を運んだりと腰に来る作業が多くて、足の痛みもあってなんだか油の切れたロボットみたいで本当に情けない状態ではあったが何とか予定の作業を終えることができた。
  花壇や夏花も入って、庭も少し色づき気分も明るくなった。
       
ガーデニング完了

旅の備忘録

 「昨日の疲れが残っている感じの朝の目覚めだった。午前中にエミフル内のホームセンターで夏花の苗や肥料などを購入。さらに郵便局で息子へ書類を送り、食材の買い物も済ませた。午後からは史談会の旅の内容をパンフレットや写真などを参考に書き上げた。史談会会報に県外研修レポートとして原稿書きを頼まれているので、記憶が薄れないうちに備忘録代わりに書き留めておくのだ。」

 かなりあちこち回ったのでパンフレットや写真も多く、これを整理するのも大変な作業となりそうだ。とりあえずダイジェスト版で表記しておくと、実際に原稿を書くときに大変役に立つ。
 まだ疲れは残っているのだが時間があまりたたないうちに、
そうまだ湯気が立っているぐらいの時に書いておくのがベストなのだ。
 15・
16日の二日分を書くのに夕食をはさんでかなりの時間がかかった。でも1日でやりあげたのでちょっと肩の荷が下りた。

  これで明日は買ってきた夏花を植え込み、
やんちゃになった春花を切って整理する作業に専念できそうだ。この土・日を有効に使えることができるので、ほっとする。
 明日の夜は見たいテレビ番組もあるので、
昼の間に作業を終えておこう。


播磨の小京都

 「塩田温泉の朝湯に入るため6時には起床。パノラマ風の展望風呂と露天風呂、まだ朝もやの残る少しひんやりする様な外気に心地よさを感じつつ、多少残る足腰のだるさを振り切るように朝食も済ませ荷物を片付け、いざ出発!今日の目的地、たつの市に向かう。合併後にひらがな名になったそうだが、8万人の城下町は播磨の小京都と呼ばれる、小山が散在する山紫水明の町だった。」

 まずはじめに白鷺公園に降り立ち、そこからもう花は終わっているけど桜並木の道中(かなり毛虫が垂れ下がってきている)、ガイドさんから三木露風立像の前で赤トンボの作詞家として名を遺した彼の生い立ちやその功績を聞き、そのあと生家を訪ねた。
 
 
      三木露風立像前1
            三木露風立像
 
途中で園内の無料動物園や数寄屋造りの市指定文化財となっている茶室などを拝見、秋には紅葉が素晴らしいだろうと思われる今は新緑の楓の森を抜け、旧脇坂屋敷武家屋敷資料館さらにヒガシマルしょうゆの資料館に十円の入場料を払って入り、なぜ10円なのかは入り口の看板を見てなるほどと納得。つまり皆さんの縁が重なって重縁つまり10円となった何とも洒落のきいた入場料だった。
      
歴史資料館
          展示物
 
この辺りまで来ると足もかなり痛くなって、皆さんの疲労の色も濃くなりつつあった。でもここまで来たのだから見れるものは見ておこうという貪欲な探究心が勝って、気力で頑張っておられるのだろうと思われるが、正直私もかなり足が痛かった。
 
 さらに龍野城は平山城の脇坂公が築城されたものを復元したもので、本丸御殿や白壁城壁などを見学した。さらに古い商店街を通り(どこか三津の街並みに似てるような)、やっとバスの待っている場所にたどり着き5キロの行程を歩き終えた。
      龍野城 

 昼食会場である揖保の糸で有名なそうめんの里に行き、
おいしいのど越しのいい冷そうめんに野菜尽くしの昼定食に大満足だった。
 休憩をしっかり取ってお土産も買って、次の赤穂市に向かった。

  揖保川沿いに車は走り、市内に入って下車。
 ガイドさんについて、大石内蔵助と四十七義士にかかわる大石神社や浅野家の菩提寺として建立された岳寺大石邸長屋門(間口28間,奥行45間5尺、畳数308畳の家老屋敷で享保14年の火災のため今は門のみが残っている)を観てまわる。
 
    大石神社
           大石家の門
刃傷松の廊下で有名な浅野匠ノ守が吉良上野介を切り付け刃傷事件を起こし、その凶報を早かごにて知らせに来た
二人の家臣がたたいた門がここだった。途中で息せき切って喉の渇きを止めるため寄った井戸が息継ぎの井戸として残っていたが、ガイドさんによるとどうも後から作られた話のようだということだった。
     息継ぎの井戸 (150x200) 
  最後に赤穂城の現在復元途中の状態にある姿を見て、広い敷地内に石
垣や公園のようになった跡地を散策し足はもうパンパン状態。昨日と変わって暑くて眩しいぐらいの日差しが降り注ぎ、木陰を歩くときは気持ちがよいのだが、日影がないところの散策はとてもきつかった。
        赤穂城跡
 ようやく4時ごろ全課程を終えてバスに戻り、
そこから松前町へと帰路に就いた。途
中トイレ休憩をはさみながら、
だいたい予定時間の19時過ぎには帰り着いた。
 バスの中でも史談会らしく一人一人にマイクを回して、今回の旅の印象に
残ったところや感想を述べさせたり、質問の応酬があったり…本当は疲れて眠っていたいところだが、なかなか眠らしてもらえなかった。
 庁舎前で解散した後、
帰りに父の所によってお土産を渡してやっと8時過ぎに帰り着いた。本当に疲れて、さすがに足も痛くてお風呂に入って即床に就くつもりだったが、またなでしこジャパンのベトナム戦があって最後まで見てしまった。結局12時過ぎになってしまったが、4-0で完勝したので気持ちよく眠れた。

黒田官兵衛ゆかりの地めぐり

 「今日から史談会の旅スタート。朝はいつもながら超早い集合、庁舎前午前6時50分。昨晩のなでしこジャパンの試合観戦を最後まで見てしまい12時過ぎの就寝となったが、2対2のドローで終わって安心して床に就いたので即寝れた。だから目覚まし時計の音に起こされても、結構気持ちよく目覚めることができた。」

 午前7時、予定通りバスは出発。
 今回の旅のエスコート役は奥島観光バスの女性ドライバーさん、フジトラベルの若山添乗員さんそして史談会の会長・副会長の世話役お二人だった。
 そこに私たち11人(うち女性8人)の中、高年メンバーで「黒田官兵衛ゆかりの地めぐり」の1泊2日の結構強行軍。盛りだくさんの観光、散策、研修の旅となっていた。
 残念ながら天候には恵まれず曇りから雨になり、道中車窓からの景色もどんよりした霞の中を走るようで、午後からの天気の回復を祈った。
     
 ルートはひたすら瀬戸大橋から姫路方面に向かうが、途中トイレ休憩をふんだんに取り入れ11時半ごろ姫路市内の灘菊酒造さんで昼食を頂いた。おいしいお酒の造られる工場の横にある昔の酒蔵を改造した独特の雰囲気のある食事処で、お味噌や酒粕などをふんだんに使ったヘルシーなお食事を楽しませてもらった。
       灘菊酒造での昼食 
 食後、そこの銘酒をゆっくり買い物したかったが時間がなくて、ものの5分ほどで夜の宴会用にちょこっと買いものしてバスに乗り込んだ。
 相変わらず天候の回復はなく散策もできない雨模様となり、風もあってむしろレインコートでも羽織っていないと寒いくらいだった。

 姫路城近くの駐車場から地元の専門ガイドさんが二人乗り込んでこられ、バスから姫路市内の道中ガイド、それから広峯神社のある標高300メートルの小高い丘へと登って行った。
  廣峯神社
        廣峯神社 (300x225)
 バスを降りて神社の境内に上がり拝殿後、周りを散策。桜の木に毛虫が湧いていて上からぶら下がってきている虫に注意しながら、ガイドさんの話に集中するようにした。
 ここは官兵衛の祖父、黒田重隆が目薬を作って神社の御師たちに神社のお札とともに販売してもらい大きく財を成したといわれる黒田家の礎を築いた場所だ。

 そのあと黒田家が三大つかえていた主君の城、御着の城跡にいった。官兵衛がその父とともに深く関わり仕えていた御着の小寺政職の裏切りにより有岡城に幽閉されることになり、結果秀吉軍により御着の城も小寺家も滅亡してしまうのだが、その城跡と辺りの公園などを散策し目薬の材料となった葉の茂る木などを観た。  
          御着城址  
 その間はずっと年配の女性のガイドさんの案内で回りそのあとバスで姫路城へと行く予定だったが、その天守を一望できる場所に先に案内された。
 ガラス張りの5階建ての近代的なビルの屋上に上がると、工事中ではあるが大きなクレーン車と鉄骨組みされた天守がよく見えた。雨もようやく上がり、傘を差さずに見学できそうでほっとした。

 そこから男性ガイドの案内で、内堀の桜橋を渡って大手門をくぐり城内へと入って行った。
 以前議員研修の帰りに寄ったときは、城郭の工事のため白のエアが描かれた大きな箱のようなもので全体をすっぽり囲まれていた。今はそれが外され、来年3月の完全完成オープンまで少しずつ外側の足組なども外されていくらしい。
 ガイドさんは入口のところで案内用のユニフォーム(エンジのブレザー)に着替え、水 を得た魚のように元気に流暢に場内ガイドを始めた。
 官兵衛の治めていた姫路の城は御着の出城といわれる簡素なものであったが、のちに秀吉また徳川家康の家来本田忠興などを城主に迎え、このような広大で立派な城になったようだ。一時は西の丸に千姫が暮らしていた頃もあり優美で華麗なこの城は、天守閣と白の一部は国宝にまたほかの部分も重要文化財に指定され世界遺産にも認定されている。
 城壁を眺めながらその広大な敷地内を散策しているときにようやく日が射してきて、集合写真の撮り直しもできた。
       姫路城1  
       姫路城2  
 姫路城の散策を終えて、一路今日のお宿【塩田温泉】に向かう頃やっといいお天気になっ
てきたが既に6時前になっていた。
 階段の上がり降りや散策続きでもう足はキンキン状態。ほかの皆さんもお元気そうだが、ほとんどの方が私よりはかなり高齢だしキツかったのではないかな・・
 今宵は温泉でしっかり旅の疲れを癒し、おいしいものを食べて明日の英気を養わねばね。期待通り食事はご当地の名物尽くしで、特に牛ステーキは柔らかくておいしかった。でも座敷のためやっぱり正座ができず、ふろ上がりの浴衣のせいもあって胡坐をかくわけにもいかず、その分だけ足がつらかった。
 
          明日への英気を
 宴会の後半ではお酒も進み、カラオケや皆さん得意な踊りなど披露して楽しくお開きとなり、お部屋に帰ってからもまた湯を楽しむ人、飲みなおす人それぞれあって夜更けて行った。
 さあ、明日の天気はどうだろう・・・予報に寄れば暑すぎるぐらいの上天気になりそ
うだが、紫外線が気になるところだ。

仕事のヒントを

 「朝はいいお天気。なんだか目がかゆい感じ。なんか黄砂が舞ってるのかな。お昼前から急に曇ってきて、午後からは完全に雨模様。久しぶりにバドミントンで汗をかいて、帰りに庁舎により用事を済ませてから事務所に戻った。明日から2日間県外研修に行くためスタッフに留守中の作業について打ち合わせもしておいた。」

 午前中の作業の一つとして必ず時間のある時は新聞を約1時間ぐらい読破して、必要と思えば切り抜きスクラップしておく。毎日何かかやと自治体に関する事例や活動紹介、またいろんなデータや調査結果が出ているので、自分の仕事にとって大きなヒントとなることが多い。問題点や今後の予測や改良点も見えてくる。それらを踏まえて現場や担当者の意見を聞いたり、実践に生かすにはどんなことに着手していったらいいのか、どのようなものを調べて行ったり情報収集していったらベストなのか常に考え、追及していくことが大事だろう。

 これから6月議会に向けて一般質問の中身をしっかり詰めていく時間帯になるが、この時期はいろんなことを吸収することも大切だ。明日からの研修でも住民の方々ともじっくり話ができるので、これも大きなヒントをもらうチャンスかもしれない。さあ明日の集合時間が早いので、そろそろ休もうか・・・

 ただなでしこジャパンがオーストラリアに負けているじゃないですか・・・・気になるがもう寝よう。
             なでしこジャパン

紫外線にはご用心

 「今日は本当にいいお天気。朝から日差しもまぶしく紫外線対策をきっちりしないと、われわれ中高年の肌にはかなりダメージの強い光線だからお肌のスクリーンは欠かせない。ラブとの散歩では日差しを気にしながら、足元は昨日の雨でかなりびしょびしょ。ラブも家に入れない濡れたのでタオルで拭いてやってやっと家の中に。庭の花のビオラやマーガレットなどが気温の上昇とともに、かなりくたびれてきた。今週末には夏花に植え替えしてくたびれた花は取り除き、もう少し草花の整理をするつもりだ。」

 午前中はスタッフと私の留守中の仕事の内容について打ち合わせをしたり、デスクワークでほぼ時間がつぶれた。午後からは2週間ぶりのフラダンスのレッスン。やはりかなり振付を忘れているものが多かった。でも思い出しだし踊っているとこれはこれで頭の体操となり、ぼけ封じになるとか・・・まあ一度頭に入れたものなので容易に割とすぐ思い出すものだ。
 
 
             フラ 
 レッスン後3時前には、父の施設に立ち寄りこの前の天赦園で撮った写真を持って行った。夕方には急いで夕食を作り食べてから7時前には、5月25日に予定しているウオークラリーのスタッフ会議に出席。私は写真など記録係としてかかわることに。岡田スポレクとして松前スポレクやレクレーション協会を手助けする予定だ。もちろん史談会や体育協会、交通安全協会、文化協会など多くのボランティア団体もかかわって大きなイベントを支える。
 
 午後9時までかかった会議も終わり、しばらく皆さんと談笑して帰った。

ネットワーク松前総会

 「朝から雨模様。ラブちゃんとのお散歩は?何とか曇りの中、まさに今すぐにも泣き出しそうな空模様だった。そのため蒸し暑さは昨日ほどではないが、やや暑い。9時半から福祉センターでネットワーク松前の総会があり出席。昼12時に終わり、残れるものはエミフル内の網元にて食事会を。」

 25年度の事業報告や決算報告、26年度の事業計画と予算についても承認された。活動計画については去年度とほぼ同じようなものだが、内容についてはさらに実行委員会で詳細を決定していくことに。
 ワイワイ座談会の日程も11月に決まったので結構忙しい日程といえる。また今とても深刻な問題になりつつある認知症とその家族の苦悩や、ならないための予防についてなど講師を伊賀瀬先生にも依頼してお話してもらおうかな…などこれからの交渉にかかっているものもある。担当もそれぞれその場で決まっていった。役員は25年度と同じメンバーで再任ということになった。
       ネットワーク松前総会 
 会終了後はネットワーク松前のメンバーで用事のある人以外は残り、近くの網元で食事会をしてさらに交流を深めた。

 帰りに庁舎や銀行などにより一連の用事を済ませ、事務所に入りスタッフとともにデスクワークや6月にかけての活動の打ち合わせをした。

 夜はまた一人で食事をしながらニュースを見ていると、いよいよワールドカップに向けて23人の侍が決まったこと,錦織圭がナダルとの決勝戦で善戦して惜しくもケガによる棄権だったが、これまでの健闘で世界ランク9位になったことなど、うれしい報告を聞いた。   
            マドリード・オープン

疲れました・・

 「今日はとってもいい天気。そして母の日でもある。8時前に目覚めて、父とと逆瀬川駅横にある喫茶でモーニングを。9時ごろには野上の家は、集まる常連のおばあちゃんたち(10人ぐらい)でワイワイガヤガヤ楽しそうなサロンになって、スタッフの人たちといろいろなことをやっておられた。私たちもオーナーとして紹介され、父もとても嬉しそうだった。みんなに有意義に自分の家を使ってもらって喜んでもらえることに、とても満足しているようだ。」
        利用者さんたち
 父と11時ごろまで実家でゆっくりさせてもらい、記念の写真を撮ったりして空港バスの時間に間に合うように宝塚駅まで送ってもらった。そこから30分ほどで空港に到着。
 そこで少し買い物の時間を取りたかったが、
父の空港サービスを受けるための手続き等で時間を取られ昼食もゆっくりとれないような状態となり、すっかり弱った父の足のために振り回された格好になった。これも親孝行と思って、時間のロスは織り込み済みとわかってはいたつもりだったのだが・・・

 松山には2時半ごろ帰ってきた。父を施設に送って行き、
少し買い物をして帰宅。
 なんだか結構疲れました。
でもとりあえず父の希望には添えたし、私も気になっていたことを一つ片づけたような気持ちになった。

 夫は今日は詩吟大会で夕飯も外だし、
私は一人お寿司を買ってきて食べてのんびりとさせてもらった。
 母の日だというのに息子たちからは母の日コールは一切ない。ほんとに薄情な奴ら
                       母の日

宝塚の実家へ

 「今日は午後から父とともに宝塚の実家に。そのため朝のうちに髪のダイングとカットをしてもらい、サッパリ気分で父を迎えに行った。3時35分のフライトで大阪空港には4時半ごろ到着。空港内では車椅子を借りて、足の弱った父を誘導してタクシーに乗り込み実家へ直行。」

 5時過ぎに到着。実家は今、社会福祉協議会が「野上の家」として地域のお年寄りの広場やデイの拠点として運営管理され、地域のコミュニティ広場として活用してもらっている。
 そのためオーナーとして、年に数回協議会の責任者と打ち合わ
せを行ったりする。廊下や家のあちこちの修理・維持管理のことや、使い勝手良くするための相談など直接話し合うことも必要なので。(微細なことはたいてい電話で済ますのだが・・・)
                  実家の前にて
 父は庭の花や木々を見てなんだかとても気持ちが安らぐ
ようで、だんだんきつくなる遠出も率先して行きたがるのだ。今は一人では自信が無いようで、必ず私の付き添いを必要とする。
 今回は管理者がこの4月で人事異動があって、
私たちも初めてお話することになったので十分に時間を取って話し合いができてよかった。

 夕方、高槻ににいる弟に父が来てるので会いに来ないかと誘ったら
7時前に来てくれて、晩御飯を共にすることができた。行きつけの割烹でおいしいお酒を酌み交わしながら、久々の再会に父もかなりお酒が進み、帰り際には足がふらついていた。
 
 いったん実家に戻って父を休ませ、私と弟でまた西宮まで出た。久しぶりの積もる話もあり飲み直して、終電に間に合うように弟と別れ実家に帰った。
 
 帰りの電車の中は、以前よく見た今も変わらぬ風景だった・・。酔っ払った学生やそれを介抱する仲間、酔いどれサラリーマンの愚痴話、聞いていると昨日振られた彼女への恨み節…私はふと思った。そんなんだから振られたのでは・・・と。
 
 
      宝塚100周年記念の電車
 最寄りの駅に着いたのは、12時半。
もう日付も変わって帰り道はほとんど人も通らず、ちょっと不気味だったが街灯があちこちに点いていてかなり明るく安全に配慮された道にほっとしながら帰宅した。

人口減少に拍車が・・

 「今日は、さすがに昨日の寝不足を引きずって自分の行動が鈍いのがよくわかる。明日の宝塚行に向けての準備をしたり何かと雑事に追われ、事務所に入るのが10時半ぐらいになってしまった。午前中はデスクワーク、午後から父とともに母の施設を訪ね母の日のプレゼントを手渡した。」

 10~11日と宝塚に行くので母の日当日はプレゼントを渡せないので、前倒しで渡すことに。
 母は機嫌よさそうで、車椅子に載せて施設の周りをゆっくりと散歩した。
 父も初めは一緒に歩いていたのだがだんだん足がついてこなくなり、しまいには途中で休憩しないと歩けなくって、かなり足の筋肉が減っているのがよくわかる。
 でも母の嬉しそうな様子を見ているとホッとするのか、足の痛みもさておいて一緒に歩こうとする父の優しさにこちらも母への深い愛情のようなものを感じる。

 ところで今朝の新聞記事の1面に、30年後の20~39歳の子どもを出産できる女性の割合が、県下の20市町でどのくらい半減するか表になって予測数値を出していた。
 予想以上の減り方に驚くとともに、このままでは人口減少に拍車がかかり自治体によっては存続そのものが危ぶまれる事態になっていることがわかった。
 松前町はかろうじて41.1%で県下ではその減り方は5番目に遅いほうであるが、それにしても人口全体で約1万人が減っている試算で、すでに平成30年の3万5千人の目標値は到底実現不可能なものとなっている。このため第6次都市計画プランが大幅な修正を余儀なくされそうだ。
 
 ある程度予想はついていたものの、周辺の市町が特に南予のほうは深刻だ。若い女性や子育て世帯むけの施策をもっともっと打ち出していく必要が緊迫した状態だろう。

取材受けちゃったー

 「今日はぐっと気温が上がり、初夏を思わせるような気候だった。特に屋外駐車をしている車内は相当暑くなって、ハンドルもアッチチって感じだ。お昼に友人の勧めで、あるお店でうどんを食べることに。そのうどんはちょっと変わっていて、中にご飯が入っている鍋焼きうどんのような感じで、今日は取材が入るのでコメントも頂きたいと、まるでモニターさんのような役目で出かけて行った。」
                           出合うどん
 なんとなんと! テレビ取材で、しかも7月放送の「ケンミンショー」でそのうどんの紹介があるそうで…カメラのレンズが近づくとかなり緊張しちゃいますね~
 ディレクターさんがいろいろ注文を付けたり面白い質問をするもんだから、それなりに友人も一緒だったこともあって、だんだん慣れてきて結構面白い経験をさせてもらった。
 12時半から2時ぐらいまでかかって食事やお話などして無事終了。お誘いしたお二人の方にもご協力ありがとうございました。

 その後、福祉センターへ車を飛ばし、今日行われる1歳6か月検診の現場で赤ちゃんやお母さんたちの様子などをカメラに収めた。
 予想通りいつもと違う雰囲気に泣き出す赤ちゃんも多く、それをあやしたり困り顔になっているお母さんたちやベテランの保健師さんたちとのやり取りなど、歯科検診の先生の白衣を見ただけで泣き出すかわいい赤ちゃんの泣き顔など、本当にいい被写体でした。
     乳児健診1 乳児健診2 

 3時半ごろには議会事務局へ。ただ広報担当のスタッフが席空けだったので、とりあえず伝言して女性スタッフさんたちと打ち合わせなどした。
 帰りは久しぶりにエミフルに買い物に。
 連休中は混み合うから避けていたので、4月中旬ぐらいから約1か月ほど行ってなかった。久しぶりの館内は、閉店になった店が多いのに驚いた。もちろんリニューアルのため期間限定で閉店してるところもあるが、気に入ってよく使っていた店などが撤退しちゃってるのにはちょっとショックだった。
 なかなかテナント料も高額なのか、売上の上がらない店は淘汰されるのか・・厳しい戦いがあるのだろう~

連休明けは、なかなかです・・

 「今朝は天気はいいが気温は低くてちょっと春に戻った感じ。久しぶりの仕事復帰。連休でのんびりした体をいつものペースに戻すのが大変。時間の経過とともに暑くなってきて、駐車している車の中はとっても暑い。銀行や郵便局など用事もあって午後は何かと忙しい。その後はデスクワーク。」

 午前中は連休中に泊まっていた仕事のことで、主にデスクワーク。すでに事務所では常連さんがスタッフと何やらパソコンで作業をしている。
 また11時には来客もあって、いろいろお話させてもらっている間にお昼になった。

 今日は午後からバドミントンのある日だが、やっておきたいことなどもあってオフにさせてもらった。おまけに眼もらいができて、目の上がむずがゆくて汗などもよくないのではと思いやめた。

 夕方までデスクワークをしながら時々強い睡魔に襲われながら、何とか進めていった。
 明日からは徐々にエンジン全開に持っていけたらと思いつつ、体調管理も必要な季節となったと感じる。

史談会研修下見

 「今日は連休最後の日となったが、朝からとてもいいお天気で愛南町への町外研修下見の1日旅は絶好のドライブ日和となった。スタート時点で2台の車に分乗して前の車を後続の車がついていくという形をとったのだが、前がどんどん進んでいくものだから後続車がついていけず迷う場面も。またリードする車もかなり迷って違う道を行ったりで、昼食の予約に間に合わなかったりロスタイムの珍道中だった。」

 また2台ともETCを付けてなかったので半額にならず、結構高速代がかかってしまった。その上、後続車にはナビがなかったので私がスマフォのナビを使い、何とかついて行ってたが途中でバッテリー切れとなり、結局食事の場所も違うところとなり、帰る時間も違っ
て同時解散とはならなかった。
 本番の時は
しっかり打ち合わせして、コースの確認が必要だろう。

 結局降りて見学したところは、闘牛の牛とゼロ戦の飾ってある
記念館と道の駅を2か所。
 いつもの史談会の行き先としては歴史的な由緒がある神社仏閣等だが、今回はそれが1つも入ったいなかったのは珍しいことだった。これは案内人のO氏の趣味なのだろうか??。
           闘牛
      紫電改と
 帰りは、
途中ちょっと渋滞はあったがおおむねスムーズに走ることができ4時半ころ帰ってきた。

 夜は従弟と夫と私の3人で行きつけの焼き鳥屋さんに行って、今日
の疲れを癒した。

こどもの日

 「今日は子供の日であり、立夏でもある。でも残念ながら朝から雨模様。大型連休も明日1日でとりあえず終わり・・早いものだ。昨日のうちに父を連れて遠出もできたし、お泊りした父はゆっくりとご起床。11時ごろまでいろんな話をして、施設に送り届けた。昼食後は本屋大賞で話題の村上海賊の娘を読むことに専念。とても読みやすいストーリー展開なので一気に読めそうな感じだが、夕方にはほかの用事もあってひとまずストップ。また夜も少しきりのいいところまで読んだ。」
                   子どもの日
 子どもの日というのは昔からあるけど、実際に子どもの数はどんどん減ってついに1633万人、人口比にして12.8%となり33年連続減となっているらしい。愛媛の子どもはついに15年前の28万人に対し10万人減っている。少子化対策はいろいろ講じられているが極端に上昇することはないわけだし、増やすことだけを考えるのではなく適正人口という考えもあるだろう。
 このままでは社会保障的にはかなり厳しい状態になるだろうし、
子供を安心して産める社会がまだまだ構築されてないのかもしれない。みんなで真剣に考えていく当面の大きな課題だろう。
 その数少なく生まれてくる子供たちが、今貧困にあえいだり
虐待にあったりしている社会的な問題にも真正面から向き合っていかないといけないだろう。

 明日は
愛南町に、歴史や郷土史などを学びに行くツアーに参加する。そのため明朝の起床時間は早いのでそろそろ休まないと・・・

行楽日和です

  「今日はみどりの日。え、私の日?新緑まぶしいこの季節、父と夫と3人で宇和島の天赦園に行ってきた。もっと人でいっぱいかなと思いきや割と空いていた。というのも、フジの花は終わっているし菖蒲の花はまだ蕾も付けていない・・花の見どころの時期に外れていた。大きな池を囲んで周りに築山や橋を架けたり茶室があったり、まさに池泉回遊式庭園の典型のような立派なお庭に感動。その池を眺めながらお抹茶を頂いたり、池の鯉のえさをもらおうと寄ってくる口パクパクに圧倒されながらも思わずシャッターを。気持ちの良い散策だった。」
     天赦園にて ちょっと怖い?
 9時ごろ家を出発し、高速に乗って渋滞もなくスムーズに走り10時過ぎには宇和島に。天赦園の中で約1時間ぐらい散策して、いろんな植物や池、竹林や灯篭や置石などを楽しんだ。
 
          天赦園
 父も久しぶりのドライブに、
車窓から見える景色に興奮してとても嬉しそうだった。
 ちょうど12時ごろに大洲に入り、
父の好きなウナギ料理の老舗の店に行き、ゆっくり食事を済ませた。
 帰りは私が運転して、
長浜の魚屋で新鮮な瀬戸内海のおさかなをお刺身用・煮付け用とさばいてもらい、父と夕食を我が家で楽しんだ。
              美味しい!
 明日は私も時間的に余裕があるので、
父には久しぶりにこちらで泊まってもらうことにした。施設に戻り準備をしてから私が4時半過ぎに迎えに行き、7時ごろから私の手料理で夕食を楽しんでもらった。
 
 本当にうれしそうな父を見て、私も夫も普段なかなかゆっくりと孝行できない分、ここでちょっと取り返したかなと思った。
 スマートフォンに興味を持っている父に、
やめておくようにアドバイス。だって今のケータイでも使い方がわからず、何度メールの仕方を教えてても未だに自力でメールを送れない父なので、私的には懲りておりますので・・。 

地域 春祭り

 「今日は憲法記念日。朝からよく晴れた絶好の行楽日。私は朝から地域の子供相撲大会と関連行事のため岡田小学校のグランドに9時前からスタンバイ。首からカメラを二台、ビデオムービーも持って。記録と記念写真を撮るために、昨日から準備はしておいた。午前中から気温がぐんぐん上がって、グランドに立つとまぶしいくらい空が青かった。」

 午前9時から愛護部の皆さんが中心に春の奉納子供相撲大会を行った。
 今年は例年と違って大人相撲を最初に見本として見せて、
それからいつも通りの子供相撲をして最後に餅をついてみんなで餡や黄な粉を付けてつきたてもちを食べるという内容になっていた。
 もちろん例年になく大勢の参加者がいて、このイベントの提案には
祭りでいつも神輿をか
く神輿会の皆さんが大きな力を発揮してくれた。
       子ども相撲  
 
   餅つき    餅作り 
 午後は
庭石の敷き詰め作業の続き。材料の石が手に入ったので、数日前と同じように同じメンバーで仕事についてもらった。おかげさまでほぼきれいに仕上がった。
        庭つくり
 あともう少しバラスが足らなかったので追加する予定だが、
同じように花壇のほうの土入れもしないといけないのだで、今後しばらくはガーデニングにかかりそうだ。
 ちょうど夏に向けてパンジーなど春の花は終わりを迎えているから、
入れ替えをする時期でもあるのでタイミング的にはベストかもしれない。でもあまり先延ばしはできない。暑くなるし、忙しくなる時期にも重ならないうちにしないとね。

 今日は憲法記念日で全国的に、護憲、改憲、
それに知憲というのもあるらしい。
 憲法の解釈で改正する前にいろんなことができてしまうという立憲
主義の考えから相反するようなことが時の政権で行うことができるというようなことが起ころうとしている。それもかなり大きくハンドルを右に切るような、戦争に突き進んでいくようなきな臭さを感じる。
 集団的自衛権は9条の理念からは
到底引き出すことはできないものと思えるが、なぜ個別的自衛権ではいけないのか、中国・韓国など近隣諸国との関係がギクシャクしてるから先取防衛が必然なのか、もっともっと議論が必要で慎重に結論を出すべきだろう。
 そういう意味でも憲法記念日は、みんなでしっかり憲法について考えてみるいい機会とすべきなんだろう。

連休モードに

 「今日も暖かい朝から始まる。1年中で一番過ごしやすい季節だ。庭の花々も木々も新しい命の息吹を感じるような新芽や葉っぱで色づいている。午前中は事務所でデスクワーク。午後は父に頼まれ高島屋へのアッシー君。なにやかやといろんなものの買い物をしたいとか・・・結局銀天街のマツモトキヨシに行ってほとんどのものが揃った。昼食は地下街のカレー専門店に入り、そのあと母の日のプレゼントにとタオルハンカチや靴下などをセットにして購入。」

 母のものを買う時の父は嬉しそう。こんなのはどうだろうとか言っていろいろ選んでくるところなんかは本当に幸せそう。やっぱり母は父にとって生き甲斐の人なんですね。ある意味母は女性として幸せな人なんだよね。
 
 そのあと父の好きなスイーツ店で抹茶クリームに餡蜜かけてのフルーツセットを、私はコーヒーゼリーを注文しておしゃべりをした。また7階のバーゲン会場で、夫のポロシャツを父が買ってくれた。たぶん今日私が付き合ったことへのお礼かしら・・・

 夕方には帰宅し、夫は仕事で外食だったので私一人のんびり夕食を食べた。
 明日からいよいよ4日間の連休となる。今年も連休中はあまり大きく移動や旅はしないの
でのんびり過ごすつもりだ。
  次のページ>>