FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

消防事務組合研修

 「今日から1泊2日の予定で、伊予消防事務組合の研修に参加。研修先は京都最南端の相楽中部消防組合消防本部。木津川市、笠置町、和束町、南山城村の1市2町・1村の広域事務組合の運営・活動について研修させてもらった。14名の各自治体からの議員が議決機関として、執行機関としては各首長が担当し監査委員2名、事務局は消防職員が兼務という形だった。」

 午前の早い便で大阪入りし、そこから貸し切りバスで奈良へ入った。興福寺奈良公園散策を終え、昼食後13時より木津川市の消防本部を訪問。
 約2時間の研修とはしご車の試乗などをして、奈良へと戻った。
 高額な消防用・救急用の特殊車両の維持管理、またオーバーホール後の管理、更新後の古くなった車両の予備車としての利用のことなどや人事や消防団との関連など・・・色々な質問が出て、それらに対し親切に細かく答えて頂いた。
         消防研修
 宿泊場所のワシントンホテルはJR奈良駅の近くにあったが、あの観光地の喧騒に比べて割とひっそりとしていた。エアコンが季節的に全館オフになっていたので、部屋は結構暑くて窓を開けずには寝れないくらいだった。
 でも6時からのホテル内食事処で、伊予市・砥部町と松前町の組合議員や議長、また市長・町長・副町長や消防署長および添乗員など含めて20名近くで懇親会として情報交換を行なったので、お酒も程よく入って就寝時にはすっかり暑さも忘れて眠りについた。

父、誕生日

 「今日は父の誕生日で満87才となる。おめでとうございます。ハロウインの10月もあと残すところ1日。そして年末まで2か月を残すだけとなった。本当に月日の経つのが速いこと。いろんなことがありすぎると月日の過ぎるのが早く感じるものだ。2013年も早かった。」

 朝から事務所でデスクワークし、午前中に用事を済また。
 お昼前に庁舎に行き、文化センターやアリーナなど民間委託してる施設の住民サービス低下につながっていないかどうか、その問題点について担当部署と話し合う。
 
 

 その後エミフルに寄り、母の様子が気になりグループホームに行く。
 母は昨日の熱が嘘のようにひいて食欲も出て完食したらしく、私もほっとした。明日から安心して研修に行けるので・・・

 夜は父の誕生日を祝って、松山市内の行きつけの店にて父の好物を中心としたメニューでお祝いしたのでご満悦のようだった。
 明日は朝が早いので9時前には帰宅し、日本シリーズを見ながら早目の就寝とした。おやすみなさい・・

人騒がせな次男・・・

 「秋らしい快晴が続いています。ラブとの散歩も心地よい。でも昨晩、次男のバイト先から電話があって居場所がわからずとっても心配したが、今朝9時過ぎに呑気に電話してきた息子に、きちっと約束事はこなして周りの人に心配をかけないように苦言を。何でも簡単にメールで終わらそうとするその態度も、年配の方には失礼になることもある。その辺りが解ってないのが、若者とのギャップに繋がるのかもしれない・・」

 午後からフラダンスのレッスン。
 今日はいつもの潤子先生が来れずに助っ人の先生が来て、発表会で披露する演目を何回か練習した。とにかくまだ十分に覚えていない振付を、メモしているものを借りてこれから本番まで時間を見つけては覚えて行かないと大変だ。1年に1回のこの発表会でみんなに迷惑をかけないフラにしないといけないでしょう。ガンバロー

 レッスン後、買い物に行って父の所にも寄って、帰宅後早目の夕飯づくりに取り掛かった。その後、5時に予約の歯医者に向かう。
 
 久し振りに歯石取りをしてもらい、結構チクチク痛かった。更にブラッシングトレーニングをして磨きのポイントを指摘され、今晩からもっと丁寧に歯磨きしようと思った。

 夜は日本シリーズを観戦しながらデスクワークして、少し冷える夜になってきた今日この頃、体調管理に気を付けよう。
 
 グループホームから母が少し熱を出しているので病院で検査を受けたと聞き少し心配だ。明日、連絡して様子を聞いてみよう。
 しかも明日は父の誕生日。好きなマツタケ土瓶蒸しを食べてもらおうと計画してるだけに、母の心配材料は払しょくしたいものだ・・・

予算決算常任委員会スタート

 「朝は本当に寒くなってきた。昼間は相変わらずブレザーを着てるとちょっと暑いくらいだ。庭の金木犀が満開でオレンジの小花が溢れんばかりに葉っぱの中で押しくらまんじゅうしてるみたい。そろそろ夏花の枯れたみすぼらしいプランターや花壇を掘り返して秋から冬にかけての球根やパンジーなどの植え込みを始める時期が近付いている。」
                             秋の草花
 午前9時半から初めての予算決算常任委員会が開催された。委員長も委員も初め
てのことに手探りの出発だが、事務局リードで船出するしかないだろう。
 
 初めてのことにそれぞれが自分なりの理解度でとらえている分、議論もあっち行ったりこっち行ったりと軌道修正が大変だが、とりあえず今年の決算認定に向けて変則の形で分科会始まりという形式で行うことに。
 11月中旬の始まりまでに分厚い膨大な資料を読み込み、理事者への質問の絞り込みを各自で行っておかなければならない。

 そのあと引き続き議会運営委員会。
 一般質問の二度チェックシステムは去年やってみてあまり機能しなかったので、これはやめることに。更に日程の確認で終わるところだったが、委員の中から一般質問の中身についてもっと勉強すべきとの声があって予算決算と合わせて勉強会をしたらとの提案が出され、近いうちに事務局から提示があるかもしれない。

  昼前に事務所に戻り、デスクワーク。
 午後からは息子に頼まれた書類作成&郵送し帰宅。さらに出来立てのお祭りDVDを届けに近所に自転車ででかける。
 夕食後なんだかおなかの調子が悪くて、何回もトイレに。何か悪いものでも食べたかな?
 
 今週は忙しい週だから、早く治しておきたいものだ。

まさき文化祭②

  
 「昨日に引き続き、今日もとってもいい天気。暑いくらい日が差してフリマ会場は日焼け対策が必要なくらいだった。秋の絶好の行楽日和となり多くの人がそっち向いて行っちゃったのか・・もっと多くの人出を期待していただけにちょっと売り上げは例年並みだった。欲張り言ってもいけないかもね・・・」

 朝晩の冷え込みは秋らしい気候となってきたが、日中はまだまだ汗ばむほどの暑さだった。
 
 午前中のフリマ会場の応援では、
すでに多くの人が品定めに余念がないという感じだった。来られるお客さんにいろいろアプローチして買っていただこうと試みるがなかなか財布のひもが固く、みなさんフリマの買い方に熟知されてるみたいで上手く寄りやすく買って行かれる。
 
 でも昼前には例年並みの売り上げがあったし、
去年のように雨が降ってきて途中でやめなきゃならないこともなく良かったとしなくちゃね。
 
     フリマの様子 

 せっかくなのでフリマのお手伝いの途中で、
すぐ横のアリーナで開催中の町内の子どもたちの絵画や工作などの作品展を観に行った。
 幼稚園・保育所の園児たち、小・中学生の児童・
生徒の作品がずらりと並び、児童館の子どもたちの作品や町が募集した選挙や環境、納税推進のポスターなども出展されていた。
 
 どの作品も子どもたちの感性溢れる楽しい力作で、
見ていてとっても頼もしいなあと感じた。色使いもとっても綺麗で明るく、素直さやピュアな感覚を感じた。また工作には独創性や発想力にびっくりさせられる作品もあった。
 
   作品1

        作品2

      作品3

 午後からは、
昨日と同じでミーファの手伝いでコーヒー売りを続けた。こちらも何とか例年どおりの売り上げはキープできたので良かった。
 
 皆さんお疲れ様でした。明日からまた忙しい日常が始まります・・

まさき文化祭①

 「昨日までの雨が嘘のように、気持ちの良い秋晴れの朝を迎えた。のろのろ台風がやっと東に抜けて絶好の文化祭日和となった。私も捻挫?のように痛かった足もずいぶん楽になり、10時過ぎにはミーファのコーヒー売り場に駆け付けた。」

 今回はクッキー作りのお手伝いはできなかったので、少しでも販売にお役に立てたらと思い自転車で庁舎に。(文化祭で駐車場はいっぱい)
 既にオープニング後で会場は人でごった返していた。
お天気で結構出足もいいようで、庁舎前の出店には多くの人がお目当ての店の前にずらっと並んでいた。

  顔見知りの人が通ると、こちらから「コーヒーはいかがですか~」
と声掛けし、なるべく店の前には絶えず人が立ってるようにしていく。
          コーヒー販売
    
 今回は、中国・エジプト・ベトナム・インドなどいろんな国の装飾品や雑貨も並べて、皆さんの目を引くように展示していた。勿論文化センター内の展示品や大ホールで行われている舞踊やコーラス、楽器演奏などの発表会をご覧になるお客さんたちの通る道筋に私たちの店はあるので、なるべく声掛けをして呼び込んだ。一杯200円のクッキー付コーヒーは、人気の商品だ。

 販売の合間をぬって展示作品を鑑賞したり、
フラダンスなど興味のあるステージ発表を見に行った。以下写真でその一部を紹介します。

  史談会展示(史談会展示物)
   作品展示1
   多くの作品が展示されています。 
            
作品
    ステージ発表
     ステージ発表

雨降りのイベントはきつい・・

 「朝から強い雨が断続的に降ってイベントには最悪の天候の中、大街道商店街で高齢者まつりを行なったがやはり来客数はぐっと少なくスタッフが目立つばかりで残念だった。
        
          高齢者まつり
  催しの様子1 
          催しの様子2 
 【高齢者まつり】のイベントで、私たちグループは幼い子ども3~4歳を対象にした読み聞かせを計画していた。スタンバイしていたが・・まず子供連れがほとんどいない。
 赤ちゃんレベルの1歳前後の子どもさん連れの家族が立ち寄ってくれたのでお手玉ゲーム等はしてもらったが、さすがに読み聞かせには無理があった。特に防災についての絵本を用意していただけに、又次の機会を窺うにとに・・・。
 
 おまけに午前中の準備時に写真撮りを考えながら歩いていて段差に気づかず、思い切りこけてしまった。カメラも落としたのでヒヤッとしたのだがそちらは何と
か大丈夫だったのだけど、足首のひねりが後でずんずん痛みとなって歩くときや特に階段の上り下りなどがつらい。帰宅後湿布を貼っているのだが、どうも軽いねんざの様な感じがする。
 明日は【ミーファ】のコーヒー&クッキー販売のお手伝いで立ちっぱなしの仕事になるのに、どうしよう・・・・

 夜は夫の都合で会議が7時半ぐらいまでかかるらしいので松山市内で待ち合わせて食事に行くことに。あまり歩きたくないのでタクシー使うしかないな・・・
 明日には痛みが消えてくれることを望むだけだ。本当にそそっかしいのだから、自分ながら情けない。

雑務で終わったかな?

 「朝から雨が続いている。台風の影響が本格化していくのか・・・午後になると雨は更に強い降りとなった。明日も大雨が続くと予報されているので、水路の水位など心配される。明後日の松前文化祭の頃には天気の回復が見込まれるので、日曜日のフリマは大丈夫のようだ。」

 午前中は電話連絡や雑用で事務所に入るのが10時過ぎとなった。
 もう年賀状の予約取りやお中元の勧誘まで、来客対応も大変。

 昼には松山の友人と久しぶりにランチを。
 
 彼女は一昨日、ニューヨークから戻ってきたらしく、まだ時差ボケしてる感じと言っていた。最近のニューヨーク事情やミュージカルの感想、ワシントンやボストンまで足を延ばして結構強行軍の旅だったようだ。
 帰り際にチョコレートのお土産を頂き、楽しいひと時を過ごして帰ってきた。

 その後、銀行や父の所に行ったり、夕方雨足が強くなる前に買い物に行ったりして、あっという間に1日が過ぎたような感じだった。

 明日は高齢者祭りのお手伝いのため大街道に出向くが、どうも大雨のようで少し気が進まないが約束してるし頑張って行こう。
 その前にフリマに出す余剰品も事務所に届けることも忘れずにしておこう。

広報も無事終了

 「朝から雨模様。昨日に運動会をやって大正解。台風が次々とやって来るので、秋のいろんなイベントに支障が・・・。たちまち26、27日の松前文化祭に影響があるのでは。とにかく台風のコースが日本から離れることを望む。」

 昨日の原稿修正の件で、臨時に広報委員の皆さんに集まってもらった。
 ここに至った経緯と修正内容の確認について事務局から説明を受け、議事録コピーなど資料を見ながら皆さんに考えを問う。
 
 議論の結果、基の原稿と議事録との突合せでどうしても修正すべき箇所があるなら、皆さんの意見を元にその部分のみ修正するという方向に決まった。
 
 それぞれの考えはあるでしょうが、議会に起こったことや決まったことなどを忠実に隠さず表示していくのが基本であるべきで、今回も皆で議論し決めるというプロセスを通したことはよかったと思う。
  これですべての構成が終わり、印刷上がりは30日頃と決まった。
 
 いつもながら定例議会後の長い一連の作業が無事終わり、正直ほっとして肩の荷が下りた。

 私の留守中に地域の役員さんが、西高柳の文化祭役割分担や来賓接待の件で来られたり、ネットワーク松前の会員さんがフリマの商品を持って来られたりでスタッフも忙しかったようだ。
 そのフリマも台風で雨天となると中止になるので、ちょっと心配。晴れ女の威力発揮でがんばろう~~~

 今夜はさすがに昨日の寝不足の分、やはり早目の睡魔が襲ってきた。

目まぐるしく・・

 「今日は大変忙しい1日だった。午前中は事務所にてデスクワークを済ませ、雨天順延になっていた岡田小学校運動会に出向いた。気候も程よくまさに運動会にぴったりの1日となった。11時半にお昼休憩になったので再度事務所に戻り、デスクワークや来客対応を済ませ帰宅。午後からも色々な用事や思いもしないハプニングで、その対応とかで目まぐるしい1日だった。」

 順延となっていた運動会。平日ということで観客が少ないのではと心配していたが、子どもたちの雄姿や頑張る姿を見るべく大勢の人が駆け付けていて盛況に行われていた。
  少し写真で紹介します・・・

 運動会

 ★
午後のフラダンスは、11月の大会を控えて衣装を着ての本番さながらの練習を行なった。今回は前列のセンター近くになるので、すべての振り付けを覚えておかないといけないので結構プレッシャー。 特訓を自分なりにやって、何とか皆さんに迷惑かけないように頑張るつもり。

 3時前には終わって、議会だよりの校了最終日の明日を控え確認のため庁舎に向かう。
 修正点があったのでその部分の確認をすると、文章の大幅な修正が事務局サイドで行われていた! ・・これはこのまま承認するのは難しいので、明日会を開きもう一度皆さんとの合意形成を持って決定するつもりだ。
 夕方、その連絡等で忙しくしてると夫と従弟が焼き鳥屋にという声が掛かり、つき合わせてもらった。本当にバタバタの1日だった。

推薦する会

 「朝から気持ちいいほど晴れている。明日は小学校運動会の振替日となっているが、このぶんなら最高のコンディションでいけるだろう。ただ残念なのは普通の日だから仕事などで観客は少ないのでは・・・。私もあまり見る時間は無いけれど、少しは覗いてみたいと思っている。」

 今日は久しぶりの「推薦する会」の開催で、私を含め8人が出席した。
 4月からの議員活動報告やこれからの予定など、いろんな話を和気あいあいの中で話し合えた。
 
 また今の少子高齢化時代の若者の有職率の問題や非婚率の高さ、景気動向から女性の管理職登用やその背景やこれから考えて行くべき問題など、他分野にわたって12時過ぎまで話は続いた。
 みんな問題意識目線を持った女性たちなので、本当にいつも話が盛り上がる。またワクワクレポート作成やその配布についても話し合った。

 遅い昼食後、また事務所でデスクワーク。
 この前行った瀬戸内美術博で撮った集合写真をプリントアウトし、個別に分けて今度バザー時にでも渡す予定。
 日本女性会議の通信用の写真もデータ拾いがあるし、明日も結構仕事があるね。

 早目の夕食を取り、夜はフュギュア女子フリーの華麗な演技を堪能した。真央ちゃんの見事な成長ぶりと優勝に、ソチへの期待がまた膨らんだ。
           GP.jpg

マイペースな一日

 「朝から雨模様で、せっかくの岡田小学校の運動会が順延とったため私の計画も大幅に変更となった。洋服の夏・秋冬物の入れ替えやクローゼット内の配置変えやらで、じっくり時間のある時にしたい用事を片付けた。」

 それにしてもよく降る雨でシトシトという小雨模様だが、止むことがないのでラブとの散歩も行けず彼女のストレスもだいぶたまっているようで、庭に猫の気配を感じるとすごく興奮して追っかけまわしてましたね。
 午後からもニュースで台風の接近や進路について報道されていて、26号と同じ進路で来ると伊豆大島の被害が更に大きくならないかとても心配になる。かなり雨量が増しているようなので・・・・

 夫は今日1日、高知での吟剣詩舞大会の応援に行ったので、私はゆっくりと夕食もお一人様で楽しんだ。
 7時ごろからはフィギュアスケートのグランプリシリーズも始まり、テレビ観戦で男子フリーの戦い、女子のショートも真央ちゃんが出るので目が離せない。

 明日はかなり久しぶりの推薦する会の開催だ。

文化祭出展作品制作

 「朝から雨模様。これも近づいてくる台風のせいか? 気温も少し高めでジメジメしてる感じだ。今日は朝10時ごろより事務所にて、11月の地域文化祭に出展する作品作りを行なった。9時半より作業台の準備をして待つこと30分。友人たちが時間差でやって来て、早速作業に入った。」

 事前に購入していた造花や装飾品のパーツなどを前に、どんなものにするのかイメージしつつ去年作ったリボン飾りをリースのように丸めて、クリスマスやお正月にも使えるような壁掛け用の装飾リースを作ることにした。
 おしゃべりしながら、ああでもないこうでもないと楽しい作品作りが続いた。お昼のおにぎりもコンビニで買ってきてさらに2時間頑張って何とか仕上げた。

 それぞれ個性あふれる作品に仕上がって、お互いの作品を褒め合ってかなりの満足度を持って、家に持ち帰った。完成品を見るのも嬉しいけど、その作業の途中の時間がおしゃべりたっぷりで本当に楽しい。こんな時間が女性のストレス解消になったりするのでは・・・
 できた作品は11月4日の文化祭で披露するので、あえてここでは紹介せずに後日写真にて、お楽しみに。

 帰宅後は先日の日本女性会議の担当原稿を書き上げて、さんかくの会事務局に送りちょっと肩の荷が下りた。忙しくならないうちに、忘れないうちに原稿は書いておくのが一番・・・これが私のモットーだから。

気忙しい一日

 「今日は秋らしい少し肌寒いくらいの気候だった。午前中は事務所でのデスクワーク、スタッフとの打ち合わせ、さらにお祭りで撮った写真を大きく引き伸ばし関係先に持って行ったり、何かと忙しく動いた。お昼からは広報副委員長と共に二回目のプリントアウトされたものを更に校正部分を中心にチェックして行った。2時半からは事務局にも関わってもらいながら、さらに細かく見ていった。」

 今回はかなり早めにきっちりと出来上がっていたので、校正事務も順調に行えた。23日が校了だが、その間にも更に詰めることが出来るので完成度の高いものが早い時間で作れる。これは、研修の成果でもあると思える。

 3時過ぎに作業を終え、そのあと健康センターに行って特定健診の申し込みをしてきた。11月下旬には受けることが出来るのでよかった。ここの所60代の結構若い友人たちが癌などで相次いで亡くなっているので、年に一度の健診は受けておきたいと思っていたので・・・

 その後、児童館のスタッフに防災減災の勧めとして子どもたちへの読み聞かせの本を進呈して、その普及の協力を要請した。中身について私から説明をさせてもらったところ共感を頂き、早速試してみたいとの返事を頂き嬉しかった。少しでも幼い子どもたちに自然災害から自分を守るためにどんなことが必要なのか、また自分にとって身近で色々な恵みをもたらしてくれる自然がいざ牙を剝いた時どんなことになるのか、しっかりと心に刻んでほしいと願っている。

 午後5時には歯医者に行って、夕方久しぶりに近所の焼鳥屋さんで夫と乾杯。お祭りご苦労さんでしたのような感じで~
             焼き鳥

台風被害、深刻に・・

 「今朝はこれぞ秋というような20℃を割った気温で、少し厚めの布団が恋しい季節となりました。夫は朝からバタバタと香川への日帰り出張に出かけた。私は近所の友人たちと文化祭出品の材料購入に手芸店へ。あまりに種類が多いのでかなり迷いながら購入し、そのままランチに突入。話に興じて気が付くと2時間位のランチとなった。」

 自宅に戻ってから休憩したのち、定期健診に行き夕方帰宅。
 帰ってニュースを聞いていると、伊豆大島の台風被害がとても深刻で死者行方不明合わせて50人近くになっていることが分かった。土砂災害の恐ろしさを見せつけられた。
 火山灰が多くの雨の水分を含み一気に土石流となって山の傾斜にある家々を飲みこみ、その間の樹木も巻き込んで海岸べりの集落まで流れ落ちたようだ。
         土砂災害
 避難勧告を出すタイミングを逸して、夜中に一番雨風邪が強くなりその段階で避難は不可能に近かったのかもしれないが、台風の勢いとその進路を考えると結果論ではあるかもしれないが、なぜもっと早いうちに避難勧告が出せなかったのか・・・。ちょうど役場では町長も副町長も出張中だったようで、防災体制も十分ではなかったのかもしれない。本当にここまで被害者を出す必要はなかったのではないか、残念です。

 そしてまた大きな台風が日本に向かってきている。更なる被害拡大を避けるべく準備態勢を整えたい。

広報紙、順調に!

 「朝から曇り空で雨もパラつくいやな1日の始まり・・でも午後からはしっかり晴れて暑いくらいだった。朝9時半より広報委員会だったが、少し遅れて始まった。委員みんなでしっかり内容精査しフォーマットに沿って入稿しチェックができているので、大きな差し替えややり直しもなく1回目の印刷上がりの内容チェックをすることが出来た。写真や一部文章修正もかなり早いペースで2回目に出せるので、スピード感ある編集ができそうだ。」

 全18ページの内容を広報委員全員で午前中の2時間で何とかやりこなし、再度チェックを事務局と副委員長とで1時間かけて終えて、遅めの昼食を自宅にて食べる。

 事務所にて来客対応他用事を済ませ、4時過ぎに事務所を出て不満の溜まっているラブちゃんとお散歩に。(ここ2日間忙しかったのと雨でお散歩抜きだったので・・)

 今晩は久し振りに大学時代の部活の先輩と夫の同級生のお二人が岡山から来られるので、街に出て接待を。学生時代からよく知っている先輩たちなので、しっかり盛り上がりそうで楽しみだ・・・
 今から出かけます。それでは・・・・

祭り

 「今日は地方祭。地域の皆さんと祭りを盛り上げ、私自身も楽しませてもらった。ただ台風の影響で朝は激しい雨足で、早朝の宮出しではビショ濡れに。朝食休憩時にすべて着替えて神輿巡行に間に合わせた。大人神輿、子供神輿、獅子舞と三つの物が地域を練り歩くので、
祭り気分は最高潮に。雨が行く手を阻むという1日だった。」

 
                                    祭り

 朝5時45分起き。私はそれぞれの巡行に時間差で追いかけながら写真とビデオを撮って行く。獅子舞には結構時間がかかるので先に自転車で先回りし、スタンバイ。
 
 
  大人神輿ー宮だし 子ども神輿ー宮だし
 
            神事
 
      獅子舞
 ビデオも撮るのはいいが後で編集するのが大変だが、
うちのスタッフがかなり上手いので安心している。このビデオ撮影の獅子舞の踊りや神輿を置いたところで行う神主さんの神事など色々な材料があるが、だいたい1時間物のDVDにまとめ地域文化祭の折に作品展示室でテレビモニターを通して皆さんに公開できるようにする予定。

  雨は宮出し時以外はほとんど降らなかったのが救いだった。
午後3時過ぎにパラパラ降り始め、あと残り数軒回るという4時過ぎごろまた本降りとなりかなり濡れたけど、私は自分自身よりもカメラなどの機器の方が心配だった。
 
 とりあえず無事宮入りして、神木を抜いて旧集会所にしまう。
幟は雨風が強いので断念して、明日以降となった。

 7時には反省会でもある懇親会に参加して、
今日の祭りの良かった点・改善点などの意見交換をして8時半にはお開きとなった。本当にお疲れ様でした。

フリーな一日

 「今日は体育の日。気持ちの良い秋晴れで、各地でいろんなイベント、特にスポーツ関係の物が多かったようだが、さすがに参加するよりは見る方が・・・と思いつつも、息子に頼まれたものを送るためにエミフルへ。予想してたよりは混んでなかったので、スムーズに買い物もできて用事も済ませて良かった。」

 今、東京と富士山麓の河口湖近辺にあるロッジのようなところで版画家の人たちの活動のお世話をしながら往復しているようで、「寒いから冬物衣料を、写真撮るのに三脚が必要、部屋に置いてるハンディビデオを・・・」と次から次へと注文が多い息子のため半日使った。

 16日の広報会議のために二次校正のチェックも済ませ、夕方には子どもたちの巡行準備の写真撮りを。
                高張り準備
 また明日の神輿巡行のサポート(主に写真、ビデオ記録係)の段取りについて、地域の方と少し話をしておいた。
  明日は朝が早いので今晩は早目に休もう。

祭りの前夜祭

 「朝からすっかり疲れが取れた感じで気持ち良かった。今日から松前の地方祭が始まる。子どもたちによる提灯を持って各戸を廻る夜の巡行が午後5時半から始まった。午後3時からの中学生たちの御神鐙点火で、いよいよという感じ。明日の巡行、あさっての神輿巡行とクライマックスになってくる。」

 昼間はほとんどパソコンの前で、昨日までの日本女性会議のブログまとめにかなりの時間がかかった。また、さんかくの会の報告レポート原稿もあるので忘れないうちに書き留めておくと、いざ原稿にまとめる時には大変助かる。写真も挿入しながら、復習するように。

 夜は少し涼しくなった気候を楽しむように、
テレビやパソコンゲームに興じたりで大変リラックスできた。

日本女性会議Ⅱ

 「今日もかなり暑くなるらしい。本格的な秋はいつ来るの? 本当は、今でしょ!でも今日も半袖でよかったみたい。ホテルで朝食を7時には終えて、チェックアウト。7時半、徳島駅発のシャトルバスに乗って、阿南市スポーツ総合センターへ。9時半オープニング開会式、基調報告、記念講演、午後から記念シンポジウム、閉会式と午後4時まで続く1日がかりのスケジュールだ。」

 今回の日本女性会議はちょうど30回目で節目の会となるが、これまでは昨年の仙台市、一昨年の松江、その前が広島・・・2004年には我が松山で開催したわけで(その時実行委員をした仲間が今も小規模ながらグループを作り活動してる)、だいたい政令都市とか人口の多い地方都市で行ってきた。
 
 
ところが今回の開催都市阿南は人口7万7千の小さなところで、このような大規模な会を開催するということは大変勇気のいることで並大抵の努力ではできなかっただろうと推察できる。予算規模でもかなり行政の支援が無いと難しい所、商工会や色んな業界の協力を得て開催にこぎつけたのだろう。プログラムの半分が広告掲載であるところから見ても想像はできる。どちらにしても、この再興は今後小さな市でもなんとか名乗りを上げれるという先例を作ったことになるだろう。

 9時前には会場入りして、
会場でオープンしている土産物売り場や特産品コーナーにもすでに多くの人が群がっていた。女性が圧倒的に多いこの会では、このコーナーは絶対にはずせないブースなのだ。

 オープニングは地元の児童劇団によるミュージックパフォーマン
スで盛り上げたくれた。
         オープニング 
  開会式セレモニーの後、
内閣府男女共同参画局長の佐村知子氏による基調報告。
 今、
安倍内閣が推進しているアベノミクスの重要な指針である女性政策について、経済界の特に上場企業トップとの懇談で女性管理職の登用の勧めを具体的な起源と数字を持って示したところ、かなりの効果が出始めている現状の報告や今後の推進上の問題点やM字カーブの解消に向けた施策や環境整備についてなど、非常に貴重でリアルタイムなお話を聞かせてもらった。

 その後の料理研究家の浜内千波さんのお話は、タイトル「
男女が織りなす食育」と少しズレがあるような特に料理や献立、栄養バランス、健康な食生活あたりが中心となっていた。そういう話として聞くなら満足なのかもしれないが、男女共同参画の視点からは少しズレていたのでちょっと人選に難ありか? それともこの食育との関連性に無理があったのか、私には肩すかしの様な感覚を覚えた。90分の講義の半分以上は料理教室になっていたので視点とのズレをかなり感じてきつかった

 お昼休憩では注文していたお弁当を食べた後、
アトラクションに出演された二つの徳島県阿波踊り協会所属の①達粋連と②うずき連の素晴らしい阿波踊りを見せて頂いた。
 ①優雅で気品のあるひまわりのような女踊り、豪快で勇壮な(
さんかくうちわ踊り)男踊り、独創的な黒はっぴ踊りも珍しかった。
 
 ②
ややゆったりとしたテンポ粋調のお囃子と、それに合わせた優雅でしなやかな差し足の女踊りと時に優しく、時にキレよく団扇をさばく力強い男踊り。
本当に楽しませたもらいました。
写真もいっぱい撮らせてもらった。
 
     達粋連
          うずき連
 
      
 アトラクションの後、13時30分から15時にかけて日本女性会議30周年記念シンポジウムが行われた。
 
 予定では阿南市長がコメンテーターとして登壇されることになっていたが体調不良で出席できず、大会長不在のまま閉会してしまったのでご本人が一番悔しかったんじゃないかと思うが、開催にこぎ着けるまでが過酷だったのかもしれない。
 
 更にコーディネーターも市場恵子さんに変更になっていたが、パネリスト4人を迎えて素晴らしいシンポジウムに
なった。
 〇ワークライフバランスのスペシャリストとして、東レ経営研究所の美由喜氏よりライフリスクマネジメントの問題や介護離職者急増中の現場のお話など非常にストイックでしかも早口な横文字連発の口調にいささか付いて行くのに疲れたが大変興味深い話題でもあった。
 〇スリール株式会社の代表取締役として発言された堀江敦子氏は、一番若い28歳の起業家だった。学生時代からのベビーシッター経験からロールモデル(母親、父親)の自宅に大学生が子育てインターンとして入り保育をサポートする「ワーク&ライフ・インターン事業」を展開。子育てを続けながら仕事を続ける若いカップルに時間という余裕を与え、入るシッターも子育てのしんどさと楽しみを疑似体験する、この隙間を事業として起業させる彼女の発想と能力に感心するとともに、彼女の今後に期待したい。
 〇四国学院大学社会福祉学部の教授でメンズセンター運営委員長の山晴彦氏は、男性未婚率が非常に高くなってきた現代の男性自身の問題についてジェンダーの視点でとらえ、「男らしく生きることへの生きづらさ」を明快に解き明かし、なるほどとうならせるほどのわかりやすい話だった。
 男らしく生きることで男性高齢者の孤立死が増えていることなど、「いかに残りの人生をリラックスして自分の事は自分でできる生活力を付けることが大事」と、男性にそしてそんな男性予備軍を育てようとしている母親たちへの鋭い警鐘のようにも感じた。
 
 〇徳島大学病院泌尿器科の先生でAWAサポートセンターWLB支援部門委員をされている山本恭代氏からは、女性独特の泌尿器系の疾患で悩む人たちの相談から医療従事者の職場環境や子育て、家事との両立などまさにワークライフバランスの観点から興味深い話を聞いた。
 

 すべての行事を終え15時半まで閉会式を行い、阿南からのメッセージ「いきいきわくわく小さなまちから新たなるステージ」を受け、次回開催地札幌市の挨拶と訪問よびかけで別れを惜しみつつ2日間の大会は幕を閉じた。
                閉会式

 徳島行きのバスに乗り、4時半には徳島駅に到着。 
 
 松山行きの高速バスが5時出発と思っていたので急いでお弁当を買ってバス停まで行くと、5時半発と判明。中途半端な時間のため、美味しいラーメン屋があるとは聞いたものの寄ることもできずバス内弁当で我慢した。3時間半かかってもう真っ暗になっていたが、少し涼しくなった松山駅到着は9時10分。
 そこから同じ方向の友人と二人でタクシーに乗り帰宅。さすがに荷物の整理後は、どっと疲れが出てベッドに入った。
 

日本女性会議2013

 「今日から2日間、徳島県阿南市で開催される日本女性会議(男女共同参画)2013あなんに出席。市駅前8時発の高速バスに乗車するため6時55分に自宅を出た。駅にはかなり早めの到着だったが、一緒に目的地に向かう多くの仲間と出会いバスの中は身内旅行の様になった。3時間半かかってJR徳島駅に。それからシャトルバスに乗り換えて阿南駅近くの各分科会会場に向かった。途中で昼食を摂る時間が無かったので、会場周辺でお弁当を買って食べた。」

 私たち「さんかくの会」のグループは4人で行ったが、他の女性団体や行政からも多くの参加者が来ていた。
 事前の希望で分科会も決まっていたのでそれぞれ分かれて、私と本ちゃんは第2分科会(防災)に参加。他は第5のセカンドライフ(高齢者)、第7のワーク・ライフ・バランスにと分かれた。これについては、夜ホテルに帰ってからお互いの分科会の感想や耳寄り話などを交換した。

 私が参加した防災分科会は、サブタイトルが「女性防災リーダーの育成のために‾災害前後に女性の視点を~」というもので、最初の30分が話題提供や問題定義、その後の1時間は更に7つの約20人ぐらいのグループに別れ女性防災リーダーの育成についてワークショップ形式で意見交換や議論をした。その後30分でグループの討議報告、最後に助言者によるまとめということになっていた。

 ただ防災についてかなり深く問題意識を持っている方と防災士になって実践活動している方など、防災に対する考え方の温度差のある人たちで討議するものだから司会者もまとめにくいし、私たちも消化不良の様なぬるい議論となったような感じは否めなかった。
 地域の自主防災会など組織における女性の参画がまだまだ少ない実情や、災害が起きたときの避難所生活の長期化などが起こった場合、女性の視点の無い運営は多くの災害弱者を含め精神的に追い込んでしまい辛い生活になりやすいことなど、共通認識を持てたことは成果であったろう。
           分科会の様子

 分科会終了後、バスで移動して交流会会場へと移った。
 ただ4時半ごろから1時間以上、会場の外で待たされたので皆さん結構ブーイングだった。お天気も良く爽やかな秋風が吹いていたので写真撮影やおしゃべりなどで時間潰しをしたが、雨でも降っていたら大変だったろうに・・・とふと思った。
                時間潰し 

 午後6時前に開場となり中に入れてもらったが、またそこでもちょっとしたトラブルが・・・
 
 すべての席が立食形式だったもので、足の不自由な方や80才以上の高齢の方々にとっては椅子が無いとかなりきつい状態だった。大体10~15人丸テーブルに一人か二人椅子の必要な方がいて、椅子を持ってきて座っていると係の人が来て「椅子はやめて下さい、周りの方がテーブルの料理を取るのに邪魔になるので椅子は困ります。どうしても座るなら奥の壁ぎわの別テーブルに行って下さい。料理はもっていきますから・・・」と冷たく椅子を取って行く・・。やはりこういう時は交流が目的なので椅子は認めてあげたらいいのになと思いつつ、ほとんどの人はそれに従っていた。何か配慮の無さを感じてしまった。

 それでも約2時間、全国から集まってきた女性のいろんな分野の活動家たちと語り交流できたことはとても意義深いことだったと思う。会社役員や行政関係者、学校関係、ボランティアやNPO法人のリーダー、もちろん議員も結構来ていた。それぞれの立場で日々、男女共同参画を推進していく活動を行っている男女が短い時間ではあったが情報交換できたこと、収穫だったように思う。
 アトラクションでは軽快なリズムに合わせて阿波踊りを披露してくれて、会場の雰囲気はぐっと盛り上がった。
             阿波踊り 

 8時にはお開きとなり、バスに揺られること40分、徳島駅に到着。今日のお宿、東急インに入った。
 ビールを買って、シャワー後に仲間の部屋に集まり4人でミーティング(約1時間)を行なった。11時過ぎには部屋に戻り、明日が早いので久しぶりに12時前に就寝した。

残暑? 厳しすぎです・・

 「今日は夏が完全に戻ってきたような、とっても蒸し暑い1日だった。全国で真夏日を記録した場所が165か所もあり、桜の狂い咲や衣類が完全に夏物になったりで大変な日だった。また今日は日付の語呂合わせで銭湯の日とか決められていて、あちこちの銭湯や健康ランドのお風呂も安くて入れるらしい。温泉組合が商売繁盛を願って作った日だろうが、少し前までは体育の日という祭日だったのだが・・・」

 昨日の香川遠出の疲れが残っていたが、広報で残っている写真撮りや電話・メールでの打ち合わせ、そして実際に動いてほぼ抜けていた部分もだいぶ詰まってきた。
 
 明日には岡田印刷から1回目の印刷上がり(網羅された20頁物)ができてくる。私は明日・明後日は留守なので13日ぐらいに取りに行くつもりだ。16日にはそれを元に2回目の校正に係る広報委員会が予定されているので、お祭り後に大急ぎでチェックしていかなければならない。かなり忙しそう・・・・

 買物も済ませ、父の施設に立ち寄り明日から2日間の不在を伝えた。昼の時間帯に父からの呼び出し電話がよくあるので、事前に知らせておくのだ。
 
 帰宅後、夕飯の支度と明日から1泊2日の阿南市で行われる日本女性会議参加の荷物準備などを終えた。すべて終わったのがなんと11時半。  
 それからパソコンの前に座り、いろんな作業をしてなるべく早く寝ようと思ったがまた2時近くになってしまった。朝早く起きないといけないのに・・・・・  
 ブログは12日から復活しますのでしばし休憩。
              よろしくお願いします

瀬戸内国際芸術祭

 「台風が日本海を東進する中、瀬戸内国際芸術祭の直島見学ツアーが決行できるか心配していたが、とてもいいお天気になり海も穏やかで予定どおりの研修旅行ができた。もちろんこの台風騒ぎでお客さんが少なく、各観光スポットでもゆっくりと見学することができた。」

 朝7時半、岡田駅横の旧農協前ロータリーでチャーターした小型バスに乗り、一路高松港に向かった。港には9時45分に到着。そこからフェリーに乗って直島の宮浦港11時10分に到着。

 港には有名な赤いテントウムシの様なかぼちゃのオブジェが展示されていた。その前で記念写真をパチリ
      宮浦港
 そこから町営バスに乗って、ネットワーク松前のメンバー12人は2人と10人のグループに別れ、途中下車した2人は家プロジェクトを見学。残りの10人はつつじ荘の終点まで行って、そこから無料シャトルバスに乗ってベネッセミュージアムに。
 現代アートの世界の作品が展示されていて、タイトルを見てもよくわからない作品も多かったが中は広くて光をふんだんに取り入れて、コンクリートの打ちっぱなしの様な建物に暖かさを演出していた。館内はもちろん撮影禁止だった。

 そのあと地中美術館へ行く。ベネッセから更にシャトルバスで5分ほどで到着。近いのだが歩いては・・・若い人たちのようにはできなくてとりあえずバスで。
                  美術館入口
 
 
 地上が1番上で地下2階まであって、そこには安藤忠雄のコンクリートと鉄、ガラス、木を中心とした素材の建築物で構成され、地上から差し込む太陽光が中の作品に色んな動きや命を引き込む仕掛けがなされ、とても不思議な神秘的な感覚を覚える。
 またウオルター・デ・マリアの大きな黒の球体と壁際の27体の金箔を施した木製の彫刻の何とも不思議な空間を
体験でき、クロード・モネの睡蓮の大作が5点展示されている部屋を靴を脱いで入るという誘導を受け、これもまた独特の世界に引き込まれるような感じだった。
 最後にカフェに入り、目の前にひろがる瀬戸内海のロケーションを楽しみ、海を背景にまた記念写真をパチリ
        記念に
 地中美術館の入り口から本館入口へのアプローチはモネの睡蓮のイメージをしたガーデニングが施されていて、今は秋の草花が咲き乱れていた。その前でも集合写真を。
        記念に
 
 3時前までゆっくり散策してバス停まで戻り、途中のショップでお土産なども購入して帰りは高速フェリーに乗って高松港に戻った。チャーターバスもすぐに来てくれて16時過ぎには出発できた。
 一路松前町まで戻るのだが途中豊浜サービスエリアで讃岐うどんを食べて夕食変わりとした。ほぼ予定通り19時前に最終地点に戻りついた。無事に研修旅行も終わり、幹事さんや運転手さんに改めて感謝!!
 もう外は真っ暗で、帰宅した家も真っ暗でラブちゃんごめんね。夫もしばらくして帰ってきたが、結局私も少しご飯を食べちゃった。夕食はもう終わっていたはずなのに・・・

10月には無い、ムシ暑さ

 「台風の影響か、とても蒸し暑くて仕事能率の上がらない1日だった。午後からのフラダンスレッスンもエアコンなしではできないくらいムンムン。10月に入ってもいつまでも暑い。お祭りの頃にはぐっと秋らしくなるのかな? あの朝方のきりっとする冷たさが目を覚ます原動力になるのだが・・・」

 朝からスタッフと共に広報原稿の訂正や付加するページ内容などの仕上げを行なう。今日中に出来ることは今日中にやってしまおう。
 明日は、所属しているグループのレクレーションで「瀬戸内国際美術博」を観に行く予定なので、残り作業はスタッフに依頼しておかなければならない。
 午前中は来客もあったし、本当に忙しかった。

 午後1時過ぎからフラのレッスンのため北公民館へ。
 レッスン後、仲間の一人から一晩焼酎に漬けた美味しい種無し柿を頂いた。剝いてカットして、すぐ食べれるようにしてくれていた。一口食べたら、お菓子のように甘かった。糖分たっぷりの柿だった。でもたくさん食べるとカロリーオーバーかな?

 その後、高島屋に行き、9月のバーゲンで買ったすそ上げ直しのズボンをやっと取りに行った。
 明日は台風も近づいている何とも言えないタイミングでのバスの日帰りツアーだが、一体どうなるのかしら・・・。あ~した天気にな~れ
           てるてる坊主

新しい取組で・・

 「今日は朝から広報常任委員会。初稿の持ち寄りから9月号についての第1回目の委員会。新しいフォーマットになり、かなり字数も減って皆さん苦労されながらもしっかり作って来てもらっていたので作業的にはスムーズに行った。まだ不十分なところはあるが、リード部分や言葉の使い方などで皆さんの考えを出してもらいつつ会としてはかなりのボリュームを午前中いっぱいで何とかやり終えることが出来、みなさんのスムーズな会合の進行に協力があって本当に助かりました。」

 今回の新しい試みや記事内容、レイアウトにいろいろ議論はあるかもしれないが、一つ一つそれこそやりながら調整していくという考えで柔軟に対応していく・・・手法で行くことした。
 新しい取り組みは、従来方式の踏襲でやって行くときの3倍ぐらいはエネルギーと時間もかかるが、やり終えたときの充実感も大きいだろうし、その上評価が良ければなお達成感が生まれるだろう。
 また批判や叱責の声があればそれらを十分に分析し、理解を得れるような形にしていけばいいと考える。それもわたしたちの力量アップにつながるだろう。

 今週は写真や抜けている原稿の入稿や入れ替えなど忙しさは続くだろう。1回目の印刷が上がって来るのは今週金曜日、地方祭や連休もはさむので16日に2回目の会合を持つことに。

 昨日、横浜の踏切内で倒れている老人を救助中に命を落とした村田奈津恵さんのお通夜式があり、大勢の弔問客が訪れた。また今日の告別式にも村田さんの勇気の行動と結果が自らの命を落とすという悲しい出来事に涙する人々が最期のお別れに訪れた。総理大臣の感謝状もご両親にとっては命の代償にはあまりにも虚しいものだろう。救助された人の命は助かったことがせめてもの救いだろうか。
 踏切内の異常事態を知らせる方法がまた見直されるきっかけにはなるだろうが、何とも残念で奈津恵さん自身もやはり助かってほしかった。改めてご冥福を祈ります。合掌

のんびり休日

 「昨日の雨はすっかり上がり、また暑い日差しが戻ってきた。朝8時より井出掃除だ。今回は水路の中の藻はほとんど生えていなくて、水量も多くなかったのでとても清掃しやすかった。そのためいつもより早く作業が終わり、地方祭の準備について組長の方からお知らせがあった。例年ならこの作業後に幟も上げるのだが、台風が接近中なので11日に延期された。私は11日は阿南市の日本女性会議に出席するためお手伝いは出来ないが、13日からの提灯の点灯式からは関わることが出来そうだ。」

 今年の地方祭は、13、14日は日曜と体育の日で連休になっているが15日の本番は普通の日なので大人神輿の担ぎ手の人数が集まるのかが少し心配だ。
 うちの息子たちもさすがに祭りのためだけに東京から帰ってくるこ
とはできないみたいだ。私としては、又記録用にビデオとカメラを持って、1日中追っかけをすることに・・・

 今朝の水路清掃のあと家事を少し。
掃除機をかけてちょっとザラザラしていた床が気持ち良くなった。その後ラブと散歩したり結構のんびりと時間を過ごし、昼から明日の広報会議のために持ち帰った原稿を見てチェックし、スムーズな展開になるように準備した。
 サイドでテレビをつけて作業をすることが多い私は、
結構スポーツ番組などを聴いていることが多い。体操の世界選手権で日本男子がすごい技を披露して、しかも技に名前が着くなんて・・・かっこいいじゃないですか。それにしても17歳の白井君のF難度の「シライ」はその速さに、人間ドリルのような巧みな技を感じる。まさに今から東京オリンピックが楽しみだ。
           シライ
 
 そういえば明日からノーベル賞受賞者の名前が話題となる週となる
だ。もう山中伸弥教授の受賞に沸いたときから1年経つんだ。本当に1年が早く感じられる。

よく降りました・・

 「朝から久しぶりの雨模様。午前中は息子の用事で振り回された。電話をかけてきた息子は、部屋に置いてるビデオカメラとアダプターや部品関係、それに冬服のコートやニットの上着なども急いで送ってほしいというから、荷造りに。昼からは来年のコムズフェスティバルで企画している防災グループの打ち合わせで喫茶店に集まる。」

 約束の時刻2時に行ったのだが、誰も来ていない。その上禁煙ルームの方は高齢者施設から多くのデイの皆さんが来ていて満室で、喫煙ルームの方で待つこと10分、やっと1人来てその後仲間に電話すると、やっと仕事が終わって今こちらに向かっているというし、もう一人は早くから違う場所で待っていたみたいで私が☎すると、やっと場所が違っていることに気づいてあわててこちらに向かうという、なんともコミカルな集まりだった。

 その間30分位のロスタイムとなったが、
4人そろってからは何とか話も色々曲折しながらもある程度の事は決めることが出来た。
 今後更にそれらを煮詰めつつ、
本番に向けて着々と仕上げて行くことをみんなで確認した。

 5時ころ自宅に戻り、
今度は夫の大阪行きのためアッシー君を務めた。今日から7日まで私とラブちゃんとのライフです。
 明日は8時から井出掃除の予定。お天気が回復すればの話だが・
・・本当によく降りました。
         よく降ります・・  台風の影響があるのかな~

気分転換は美食で!

 「今日は広報初稿の持ち帰り日なので、昨日の修正分を午前中早目に入れ込むためにスタッフと共に大汗搔いて何とか間に合わせた。11時には父を迎えに行き、母の施設に向かう。愛大病院に母を定期健診に連れて行きます。いいお天気で、父と母のほほえみデートの道行き案内人だ。12時半の診察に間に合うように少し早目に病院に着いたが、案外混んでなくてちょっと肩すかし。でも早く事務所に戻れたのは助かった。」

 事務所にて7日の会合に間に合わせるための書類作成や何かと週末は忙しい。
 帰宅後、夫と久し振りに市内に出て食事をすることに。・・が、行く道中タクシー内で私が乗るまでに時間がかかったことで迷惑をかけたとぐちゃぐちゃ説教がましくしつこく言われ、よっぽど車を降りて帰ってしまおうかと思う位しだった。でも美味しい料理とお酒を目の前にすると、さっきまでの下がったテンションは一気に元へ戻った。
 
 夫婦も30年以上やってると、喧嘩の解消法が食べることや飲んだりみたいな単純なことだったりする。

 今日は、朝から忙しくておまけに母の介助でなんだかとっても疲れていたみたいで、少しのお酒でもすごい睡魔でテレビをつけてたのにも何にも覚えていなかった。

原稿チェック

 「今日も昼間の暑さは30度近くまで上がり、秋と感じる時間帯は早朝か夕方陽が落ちてからという感じだ。10時過ぎから庁舎にて議会広報の原稿チェックと入稿作業に専念。ページ割り付けや記事調整などでかなり時間がかかったが、何とか18ページ立てでまとめることが出来た。明日の各委員の持ち帰りの時間までに残っている部分の仕上げをしていかねばならないが、母の通院日となっているので・・・とにかくやれることは片づけていこう。」

 お昼もはさんで副委員長と一緒に作業を続けていった。長い原稿を制限字数に縮めて行ったり、写真選びやレイアウトなどで2時過ぎまでかかった。
 そのあと必要な写真撮影に出かけ、そのデータを渡しに庁舎に立ち寄り、父の所にも行って母の病院行きの同行をお願いした。

 買物も済ませ、夕方少し早目の食事を済ませ、集会所で行っているお祭りで披露する獅子舞の練習を見学させてもらった。
       祭り練習1
                祭り練習2
 
 次男の同級生も参加していて、すっかり大人びている姿にびっくり。地域の伝統芸能を地域の子どもたちが引き継いでいく、この流れはとても大切なこと。 まさに3世代、4世代交流にもなっている。
 少子高齢化が進んでいる今、地域のいろんな文化的遺産を受け継ぐ者がいないためにどんどんすたれて行く中で、子どもたちが真剣に地域の埋もれそうになった伝統文化を学ぼうとしてまた楽しそうに体で覚えて行く姿を見てると、なんだかとっても嬉しくなる。私たち周りの大人もそういう活動を支援していくべきだろう。

原稿作成に奮闘!

 「今日は1回目の原稿締切日。自分に課せられている原稿作成に、朝から事務所で缶詰状態。スタッフの協力で、ようやく5時前に終わった。もちろん仕上がったものからメールで事務局に流し関係する原稿入れ作業にかかってもらっているので、かなりの部分フォローができていると期待するが・・・。 とにかく初稿完成にまず一安心。これから自分以外の人の進捗状況に合わせてフォローが必要だろうが、明日その全容がわかるだろう。」

 今日も事務所にはいろんな人が出入りして、スタッフもその対応に追われることも頻繁で忙しい1日だった。
 
 そのため予定していた写真撮りやバドミントンにも行けなかった。とにかくこの入稿が済むまでは、何もできないくらい時間に追われる作業なのだ。
 7日の1回目の打ち合わせまでに、ほとんど仕上げておきたいので今週はとにかく集中しよう。

 山崎豊子さんが亡くなったという訃報は、とても残念に感じた。父と同じ88才という年齢にも驚いたが、その旺盛な執筆活動に驚くばかりだ。彼女の作品は社会派の大作が多く、絶大な権力に立ち向かう主人公に自分を重ねるようなすごい迫力に、人間のスケールの大きさに感動と尊敬を覚える。
 「白い巨塔」「沈まぬ太陽」「大地の子」「華麗なる一族」どれをとっても、映画化されすごい作品だ。本当にこの才能を失ってしまうことは、社会の大きな損失の様な気がする。多分、原発汚染などを題材に執筆なさったら、これもまたすごい反響を呼ぶ作品になっていただろうに・・・
 心よりご冥福を祈ります。
  次のページ>>