FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

ひまわり運動に協力ください

 「台風の接近と共に雨も結構降ってきて、天候は荒れ模様。しかも蒸し暑くて過ごしにくいのは変わらず。そして警報の上に特別警報という言葉がお目見え。数十年に一度の大災害が予測される場合に出されるものらしいが、できれば私の生きてる間にはこの警報が発令されなければと思いますが・・」

 午前中に岡田小学校の校長先生とお会いして、仙台の大川小学校の鎮魂のひまわりの種についてお話しさせてもらった。今後その種を植えて、その輪を広げて頂く協力を得ることが出来た。
 
 またひまわりの丘の絵本についても、図書館に置いていただくようにお薦めしてきた。
 
 午後からも北公民館に行き、ひまわり運動の協力を求めた。

 昼に息子を空港まで見送り。食事を済ませ、東京に向かって格安航空のジェットスターで帰って行った。
 都合で秋には神輿担ぎに帰ってくれるかも・・・向こうでのバイトや授業の加減もあるので確約はできないが、多少は期待している。

 その後庁舎にも立ち寄り、広報会議の資料について事務局と打ち合わせし5日の準備も整う。
 帰り際、急に大粒の雨がザーッと降ってきたので大急ぎで事務所に戻り、スタッフと相談して時間少し前に帰宅した。
 帰ってからしばらくすると雨は上がったが、今晩から明日にかけて雨は強く降りそうだ。台風は温帯低気圧になりそうだが、秋雨前線を刺激してかなりの雨量が予想される。
 
 水不足解消にはなるだろうが、降りすぎにも困るので、しっかり見守って行きたい。
                 台風

残暑!?

 「今日は朝から暑くて、どうも残暑厳しき中って感じで、あの雨の貯金の涼しさはどこに行ったのか~ まだ暑さの洗礼は続くのか・・・天気予報によると台風が近づいているようで、明日・明後日には大雨が降りそうな感じなのだが、そうなれば一気に秋の到来か? 期待と不安が入り混じっております。」

 午前中は事務所にて広報会議の資料作りと電話対応で時間を使い、連絡のつかないところには自筆の手紙を書いたり結構忙しかった。
 
 ★ 昼からはかなりの暑さに閉口しながら、自宅にてパソコンと向き合いながら3時過ぎまでデスクワーク。
 3時半から松山市内に出る。
  友人仲間と会合をして、その後は飲み会でおいしいちゃんこ鍋とお酒でワイワイ。仕事の憂さを晴らしながら、楽しい時間を過ごすことが出来た。
 息子と夫も同じ市内で飲んでいたが合流せずにそれぞれの所で時間を過ごし、私は10時過ぎには帰宅した。彼らはまだのようで、一人のんびりお風呂に入りリラックス。

 明日は息子も東京に戻るし、また夫と二人の生活に戻るわけだ。ラブちゃんの癒しに頼るしかないのかな~~~
                           今日のラブちゃん

仕事も気合を入れて

 「いや~ずいぶんと朝晩が過ごしやすくなってきましたね。ほんの少し秋の気配を感じる今日この頃です。しかしこの頃が一番夏の疲れが出て免疫力も弱るので、体調的には充分注意が必要らしい。しかも日中はまだまだ暑くて外駐車の車内はかなりの高温。クーラーのお世話になってます。いよいよ来週から9月。議会の仕事も本格的に。気合を入れて頑張らなくちゃ~」

 今日も、9月からの会議のための準備をする。特に5日の広報会議に向けての資料作りや友人から頼まれてるコンサートのご案内や来客対応など、結構忙しかった。
 午後からも事務所でのデスクワークに追われた。時間のある時に、時間のかかるものは片づけておかないとお尻に火が付く。かちかち山の狸さんみたいになるのは、ごめんだし・・・
                  火が・・・
     
 午後はバドミントンの日だったけど、さすがにそんな優雅に時間は使えなくなってきたので仕事を優先。スタッフとの連携で着々と予定通りに片づけて行けるので、充実感も大きい。 改めてスタッフに感謝!これからもよろしく・・・

 夕方からは、週末に東京に戻る息子のための送別会? 父を誘って、本人希望の寿司屋へ。
 またまた爺さんと孫のよく食べること・・恐るべし後の勘定が・・・! でも、夫の支払いなのでちょっと安心だけどネ (やっぱりたまに行くのがいいので、しょっちゅうではこちらの財布が堪ったものではない~~)

減災絵本「リオン」

 「朝から清々しい風が吹いていてとても気持ちがいい。湿度が低くて過ごしやすい。やはり秋の気配かな・・そういえばツクツクボウシの声も聞こえだしたかな~  午前中に何とか通告書を仕上げメール送信。午後からはフラのレッスン、3時から古城幼稚園に」

 今日の3時にお会いできるようにアポを取っていたのでフラのレッスン後、少しだけ父の所によって用事を済ませ幼稚園に向かった。
 減災活動として宮城防災士会が作った子供向けの絵本の読み聞かせ運動を広めて頂きたくて、お願いと実際の絵本でパフォーマンスもしてこの本の特徴や伝えたい内容についてお話させてもらった。
 
 園長先生始め他の先生たちも、私のつたない読み聞かせのパフォーマンスを熱心に聞いてくださった。
 しかも9月6日には防災訓練もされるとのことで、大変熱心な防災教育を実施されてる幼稚園であることが分かった。(教育長のご推薦があるわけだ・・・)
 是非読み聞かせの方でも手腕を発揮して頂き、仙台からの防災教育のウエーブをしっかり受け止めて広げていけたらなと期待する。勿論第2弾、第3弾のためこの本を送ってもらうつもりだ。 
減災絵本「リオン」 絵本中
 幼稚園を後にし、急ぎデオデオに。今朝、息子が炊飯器の内釜のフィルターを壊してしまったので、その部品の注文に。
 1週間ぐらいかかるらしいので、その間ご飯が炊けないのだ。
 
 本当に帰る寸前まで色んな宿題を残してくれる息子だ・・・・プンプン

涼しくて、good

 「朝から大雨。昨日の夜は久し振りにエアコンつけずに寝ることが出来るほど涼しかった。日中も27.8度で少しムシムシするが、やる気を失わせるような暑さはすっかり影を潜め、本当に過ごしやすい1日だった。」

 午前9時半より松前町の戦没者慰霊祭に出席。
 実際の遺族の方は高齢のためか出席者は少なく、町の理事者や職員、各種団体の長、地域の代表、議会のメンバーなどで会場を埋め、それぞれが祭壇に向かって拝礼し花を手向けた。二度と戦争をしない、させない『不戦の誓い』と恒久の平和を願い、英霊の御霊に哀悼の誠を奉げた。  

 ★11時ころ事務所に戻り、事務局へ研修報告をメールで送り、通告書の原稿を資料を調べながら書き上げていった。まだ完成はしていないが、明日には仕上げるつもりだ。

 5時半には夕食の準備にかかり、早目の食事となった。
 1日涼しく過ごして、仕事の能率は上がったようだ。
 
 でも、明日はまた暑くなりそう・・・天気予報では。

雨だし、のんびりと・・

 「朝から本格的な雨が降り、涼しい。2日続けての雨は本当に久しぶりだ。気温は30度より下回っているようだが、すこぶる湿度が高くて蒸し蒸しする。やはりエアコンのお世話にならないと・・・。散歩にも行けないし、こんな時はじっくりデスクワークしておこう。」

 9月議会での広報委員会研修報告書を書き上げてた。明日には提出予定。
 
 会議用のレジュメは作成済みだが、
この書類については例示物を後少し付加して9月7日の会議までには完成予定。
 
 この間一般質問原稿も仕上げていかないといけないし、
今週は忙しくなりそう。
 そういう意味から言うと、
今日は夏の最後のリラックスの日曜日といえる。 
 夫は趣味の詩吟大会用に資料作りで事務所にこもって帰ってこな
い。息子と私の二人でのんびり過ごす日中。ちょうど雨もひどいし、中島のトライアスロンはこの雨の中決行されたのかな? ・・ 数年前に長男がエントリーした時はものすごい暑さの中、汗だくで応援に駆け付けたことを懐かしく思い出す。おかげでかなり日焼けして後の手入れが大変だったことも今となってはいい思い出だ。

 夜は久しぶりに豚しゃぶ鍋を囲んで、
夏休み最後の日曜日を過ごした。

4首長、熱血トーク

 「久しぶりの雨にちょっと感動。本当に20日ぶりの雨かな。乾ききった庭や道路、畑にもこれぐらいの雨だとすぐに浸み込んでしまう感じだけど、その分涼しくなった感じがした。息子は友達8人ぐらいで五色浜でBBQを予定していたが、この雨で中止かと思いきや、時々止むこの雨に翻弄されて結局やることに。ただ場所を変えて、夫の畑のある所有地にテントを張って物置小屋から椅子やらテーブルを出してみんなで楽しめて良かったね。」

 2時30分よりリジェール松山にて志高塾のオープン講座に参加。
 個性豊かな富山市の森市長、熊本市の48才の幸山市長、総社市の片岡市長、それに中村知事が加わってのパネルディスカッションを見せてもらった。
 「地方の未来を担う4首長の熱血トーク」と名うって、本当に面白くてリアルな現場の声を聞かせてもらった。
          パネルディスカッション 
 森市長のマネジメントする富山市は、人口42万人で4千人の職員を抱え、大胆な手法で高齢者対策を行なっておられる。また生活保護受給者の日本1少ない都市らしい。
 
 職員の給料は下げずに、なるべく残業をさせないで人件費の削減を実現してきたこと。路面電車を高齢者により利用してもらいやすい工夫や特典を付けて普及させたことなど、いずれも最初はいろんな業界の抵抗勢力があって大変なご苦労があったようだが、あっけらかんとお話しされるのでまさに豪快。

 熊本市は周辺の年を巻き込んで合併して政令指定都市になるまでに相当の反対に合い、なかなか上手くいかなかったこと。熊本城の修復事業を市民や多くの人々の寄付によってなしえたこと。1口1万円で城主になれるキャッチフレーズで多くの協力金を得ることが出来たこと、九州の中心都市として福岡に負けじと頑張っている。
 松山のような城下町であり阿蘇山系から美味しい水の供給があり、水の都でもある。また松山市と防災協定を結んでいる。熊本マラソンを始めて2回目になるが、今度は自ら走ってみようと秘かに自己トレーニングをして準備していると恥ずかしそうに笑う幸山市長。

 総社市の片岡市長は、声が大きくてびっくり。森市長のピンクのチェックのブレザーの派手なファッションにちくりとジャブを効かせながら、7万都市のオンデマンタクシー配備で過疎化の進行する地域の高齢者や障がい者への支援を推進して行ったプロセスやその間の路線バス廃止の件では業界から相当の反動があったこと、コンパクトシティとしていろんな施策を考えているが、県などの二重行政のの問題には悉く反対し是正し働きかけることを声を大にして話していた。
 プライベートではかなり奥さんとの離婚の危機をかいくぐってここまで来たようで、その話をユーモアを交えてリアルに話されるので会場の笑いを誘っていた。

 最後に地方分権、基本自治体に権限と財源をしっかりと移譲して地方分権を確立させることの意義を確認しつつ、安易な国の言う道州制には騙されないようにと中村知事が強調していたのが印象的だった。
 
 それは美味しい部分のみはしっかり国が握り、面倒でさほど重要でない部分のみを譲って行くような上から下へのいわゆる委譲とならないようにしていくべきだろうということだ。

 4時半には白熱したトークも終わり質問時間は無かったが、皆さんそれぞれのやり方で素晴らしい熱血行政されてんだなあと感心することや大変勉強にもなった。
続きを読む

睡魔に襲われながら・・

「曇り空で昨日までのギラギラ感のある暑さは無かったが、やはり昼間の暑さはまだ衰えず・・事務所にてデスクワーク。」

 
 朝のほんの少し暑さも和らぐ中、散歩に出掛けたが・・やっぱり暑い!
 昨日の寝不足が祟って、午前中いっぱい眠かった。原稿をかきつつも時々目がふさがってきたり、思わぬ睡魔に襲われたりでちょっと能率が落ちた・・。

 昼前には父の施設に行き、母の介護レンタル品の契約書類を記入。その後、買い物も済ませたりして、ようやく眠気から解放された。

 午後は一般質問内容の資料収集、さらにネットでのリサーチに時間を費やし、来週初めには提出できるめどは立った。
 また広報研修の報告書も、そろそろ仕上げて提出するつもり。

 夜は夫の提案で焼き鳥屋に。ここの焼き鳥はネタは大きくて美味しいのだが、焼くときの煙がすごくて一時目を開けることが出来ないくらい燻ぶった。
                   
焼き鳥
 
 息子はこっちに来て10日ほどで2~3キロは太ったような気がする・・・。まさに、のんびり太りだ。またスマートになるのに、かなり苦労するぞ!! 
  明日は久しぶりの雨予報。・・よりによって息子は同級生たちとBBQパーティーを計画しているらしが・・お気の毒様・・。

容赦ない暑さですね・・

 「昨日よりも更に暑い1日の幕あけだった。とにかく道を歩くとそのまま溶けてしまいそうなそんな日差しだった。ラブとの散歩時に感じる背中から容赦なく照りつけるお日さまパワーにすっかりエネルギーをもぎとられてしまう。この夏一番の暑い日だったよう。大洲の猛暑日連続記録も、とうとう16日を数えたみたい。勿論新記録!」

 午前中は涼しい事務所内で、デスクワークは結構捗る。
 近づく一般質問原稿の締切。通告書の内容を固めていくのに時間はかかるが、より大切な問題を取り上げ行政にせまっていきたい。
 そのベースになる資料集めや検索に時間を要するが、自身の勉強にもなるし知識の幅も広がるのでこれからもやっていきたい。

 午後からは一番暑い時間帯は避けて3時半すぎから出掛け、いつもの定期検診の病院に行きそろそろ夕方の柔らかい日差しを受けて、やっとほっとする時間帯になってくる。
 
 本当にエアコンの稼働時間の長いこと・・・
 多分来月の電気代の請求額はまさに・・・うなぎのぼり?

 今、漫画「はだしのゲン」に過激な表現部分があり、子どもたちにとって刺激が強すぎるので自由閲覧できない制限型公開を取る図書館が出てきているとの報道がされている・・
 
 正直、私はとても残念に感じた。戦争がいかに悲惨で原爆がいかに非常な兵器で絶対使われてはいけないものだということを作者が御自分の体験と資料の分析の下に描かれたものを、その表現方法のごく一部分を持って全部を隠してしまうというこの県の教育委員会の考え方にはなはだ疑問を感じる。
 
 戦争を知らない世代が圧倒的に増えつつある今こそ、その悲惨さや無意味さを明確に訴えることが大事な時に、そういうものに蓋をしてしまおうとする動きには敏感でなければならないと私は思う。
 
        はだしのゲン

広報会議の打ち合わせ

 「今日も蝉の声がけたたましい猛暑の1日だった。事務所や庁舎など屋内にいるときは何とか普通に過ごせるが、いったん外に出ると汗が噴き出る暑さで屋外駐車の車には気合を入れて乗らないといけないくらい熱くなっている。息子がラブとボール遊びを家の中でさせただけでもハアハア言ってしんどそう。雨もも降らない風もない。いつまで続くのこの暑さ~」

 午前中は、広報研修後の総括的な会合をどういう形で開くか、また内容についても事務局や副委員長と共に打ち合わせをした。議会だよりの内容をさらにグレードアップさせるために、この前の研修でクリニックして頂いたことを生かす形で、委員と共に深めていく会合を全協の後にでも開催する予定。そこで皆さんと共通認識をきっちり持って9月以降の編集に活かせたらと考える。 

 午後から、この暑い中久しぶりにバドミントンをする。当然ながらものすごい汗を搔くし、熱中症にならないように水分補給を十分して3時半まで頑張る。汗は搔くけど体を動かしてのエネルギー発散は気持ちがいいものだ。
 でも汗でベトベトの服をさっと脱げないところが気持ち悪いけど・・・この増進センターの施設にはシャワーはないので・・・国体に向けて設置してほしい所だが。
                     バドミントン
 4時には事務所に戻り、デスクワークを1時間。
 5時過ぎの帰宅時には、夫は大阪出張で空港に。金曜日に帰宅予定とか・・・それまでは息子とのんびり二人生活。
 
 今夜は久しぶりに銀の皿のお寿司を出前してもらって、ビールで乾杯。
       出前寿司
 息子は、明朝早く起きてスペインリーグのサッカーの試合を見るらしく、さっさと二階の自室に入って10時前から就寝予定。私も今日は久しぶりに日付の変わる前に寝ようかな。

雨が欲しい・・・

 「朝から強い日差しが照りつける・・・息子がラブを散歩に連れて行ってくれるので助かりますが、なぜか盆が過ぎてもツクツクボウシの声を聴かない。午後からは久しぶりにフラダンスのレッスンもあった。ほとんど振付を忘れていたが、踊っているだけで楽しいのがフラダンス。部屋にクーラーが入っていても、体を動かすと汗も出る。明日はもっと汗の出るバドミントンへ、行くつもり。」

 午前中は新聞の切抜きやネット検索などで集めた資料で、原稿のポイントを絞り込み週末にかけて仕上げていくつもりだ。
 
  土地の利用について、調整区域線引きの規制緩和に対しいろんな考えがあるのだが、町に対してもっと緩和できないかという意見をお持ちの方からお話があり、今後の市街化区域に広がる可能性についての問い合わせなどがあったが、町の権限外のことなので要望への対応は今の所難しい。

 フラダンスの後、母の事で父に相談に。母のベッドにエアマットを置いた方が床ずれができにくいのでその斡旋を。高齢化が進むと色々なところに気を使って行かないと、思わぬところに病気の原因となるようなことが起こってくるので神経を使うところだ。

 今週末には少し雨が降りそうだというのだが、本当に雨量が少なくて庭の木々が可哀そう。勿論毎日水やりをしても、日差しの強さが勝っているのかガビガビになって来てるみたいだ。
 
 本当にまとまった雨が全然ふらない。もう何日雨を見てないのだろう。ダムの水も貯水率が減って、松山の方では止水制限も時間の問題では・・・
 
 雨乞いのフラダンスでもしようかな‾‾
                    雨乞い

通常業務に戻る

 「今日から通常通りの仕事に戻り、9月議会に向けて一般質問の資料確保や絞り込みなどの準備をぼちぼち始める。午後からは銀行に行き振り込みや母の保険料の支払いなど用事を済ませて、役場にも立ち寄り、事務所に戻り夕方までデスクワークに集中。」

 今日も35度を超える猛暑日で、外を歩くのもつらい1日だった。勿論車も駐車のたびに熱くなり、外に置いておくのも嫌になるような暑さだった。いつまで続くのかしらこの暑さ。

 でもこの暑さの中もっともっと熱い試合をしている甲子園球児たち。今日の準々決勝の4試合、どのカードも素晴らしい手に汗握る1点を巡る攻防で観る者すべてに感動をもたらすものだった。
 ただ四国勢はみな東北勢にやられてしまって、ベスト4には残れなかったのが残念だった。
     日大山形ー明徳義塾  日大山形ー明徳義塾

 明日もこの暑さは続くらしいが、高校生に負けずに私も仕事に頑張ろう・・・・

お盆モード終了

 「昨日の肩の痛みがまだ治らず、大きなサロンパスを貼って様子を看ることに。そのためなるべく肩に負担のかからない作業に終始して、ほとんど家から出ずに過ごす。夕方には買い物のため少し車で動いたが・・・」

 今日も朝から高校野球。さすがに昨日のようにはかぶり付では見ることもできず、パソコンの前に座ることが多かった。
 
 久しぶりに息子とゆっくり話をしたり、普段なかなか取れない時間を大切にした。話の中に彼なりの成長を観たりで、私も対大人として話ができるようになったのだなあと少し嬉しさも感じた。
 
 次男とはあまり話す時間を取ることもなかったし、彼もあまり本音トークをしたがらない少しシャイなところが多かったような気がしていたのだが、自分の方から割と話すようになっていたのですこし驚きも感じた。
 それでも相変わらずのサッカー好きなので、今晩夜中にあるスペインリーグ開幕試合を観るために早く寝だめをすると言って、夕飯食べるとすぐに自分の部屋に入るところは変わってないな~とホッとしたような変な感じだった。

 さあ明日からお盆休みも終わり、9月議会に向けてしっかり準備など仕事で忙しくなりそうだ。体調もはやく直しておきたいところだ。

甲子園に釘付け

 「今日の甲子園は四国勢づくし。朝一番の済美高校。ベスト8をかけての安楽投手の投球を息子とテレビ観戦。初回から打たれて2点取られ厳しい攻撃をしてくる花巻東にマズイと感じながら一人で投げ抜く安楽にエールを送る。4人の投手リレーに左打者を揃えてくる向こうの佐々木監督の采配にも感心しつつ、最後まで楽しませてもらって満足だった。明徳義塾、鳴門高校もしっかり観戦し、高校野球三昧の1日だった。高校球児の一生懸命の清々しいプレーには、こちらも勇気をもらう。ありがとう」
                                安楽投手
朝起きたとき左肩から首にかけて非常に痛くて、肩こりのひどいのになったような感覚だった。頭をまともに左側に向けることができず、なんでそんな風になったのか原因も思いつかず、寝違えたのか・・・。とりあえず最低限の家事をこなして野球観戦で紛らしていた感もあった。

 夜は父も誘って行きつけの松山の店に食事をしに行ったが、やはり首から肩の痛みのため食欲もなく、息子と88歳近い父の食べっぷり、飲みっぷりに唖然とするばかり・・・
 
 やはり元気が一番。早くこの痛み治ってほしいとつくづく思った。

 午後9時にはNHKスペシャルで緒方貞子氏の国連で難民救済の高等弁務官として尽くして来られた10年間とその半世紀についてのドキュメントを見て、自分の甘い人生にまたまた衝撃。
 
 世界の紛争や悲劇、平和を求め頑張る人々を横目に自分は安全なところで批判したり、見てみぬふりをする多くの人々の一人でいることをわかってはいても、ほんの小さな善意行為で満足している。
 
 いや逃げているのかも・・・なんか本当に重くのしかかる思いを感じた。85歳になっても精力的に活動する緒方さんの姿は、今も眩しい存在だ。
                緒方貞子さん
 
 
           

Uターンラッシュもピークかな

 「藪入り。午前中には大洲の姉夫婦が両親の仏壇にお参りに来てくれて、お線香をあげてくれた。姉は私が紹介したこちらの皮膚科に受診しての帰りで、また2週間後に再受診するらしいが、なかなか治らない爪や皮膚の炎症に悩んでいたので早く良くなってほしいものだが。」

 午後から特に予定の無い私は、父と息子を連れて買い物に。
 
 暑い日は屋内の涼しい所が一番。家でじっとしているのもなんだかつまらないし、この前父の誘いを仕事の忙しさから断った経緯もあるので、声を懸けたら二つ返事で承知。
 
 車でいつもの駐車場に行こうとしたら、ずいぶん手前からずらっと並んで待っている車、車、車。何でこんなに混んでいるのかと思ったら、今日は中元庫出しセールで大勢の人が来ていたのだ。

 待っている時間ももったいないので、すぐ近くの有料駐車場に入れて、デパート入り口まで歩いた。
 
 父はすでに足が痛そうなので、甘党の店であんみつセットを食べてちょっと元気になってからショッピングに。
 
 息子はTシャツを買いたくて来ていたこともあって、館内のプロパーバーゲンコーナーで父は2点、息子はお目当てのブランドの店で何回も試着して4点購入。楽しい3世代交流のお買いものタイムだった。私は夫に、秋物のベストを1点。自身の物は今回は買わずに・・・

 父をエンゼルに送って、帰りに食材の買い物を済ませ夕方5時前に帰宅。
 
 この時間帯になっても暑くて庭の草木もかなり弱っている感じ。水をかけてようやく息を吹き返す感じだ。
 
 ただこの2~3日前から朝方の涼しさが気持ち良くなってきた。ほんの少し秋の兆しだろうか・・。今週が終わればいよいよ仕事も再開。Uターンラッシュもピークに。
 息子は30日までいるらしいので、かなりのんびりした夏休みを過ごす予定らしい。 気楽なもんだわ・・・

お盆ですね

 「今日はお盆。帰省ラッシュを乗り越えて大勢の人がこちらにも来ているようで、県外ナンバーの車がやたら目につく。幹線道路も少し渋滞気味だが思ったほどは無い。やはり日中はこの暑さだから、動くにも勇気がいるのかな。本当に毎日暑い。熱中症で亡くなる人も過去に例を見ないほど多くなっているとのこと。やはり尋常ではない暑さなのだろう・・・」

 午前中は、仙台旅の仲間と写真やお土産などの別便の精算などをするために高島屋に行き、ランチを一緒に。
 また仙台旅の珍道中を思い出し、お互い吹き出しながらまた次回もこんな旅したいねと話したものだった。

 午後1時にはお互いの用事のため別れ、私は友人のお見舞いのためマスカットを買ってがんセンターに。もう明日には退院できるほど術後も順調に回復しているみたいで、ほっとした。
 
 「また元気になったら飲みに行こうね」と約束し、あとから来た子供さんたちとも少し会話してそこを出て、夕食の食材を買って帰路に着いた。

 夜は夫のリクエストに応えて豆腐上げをしたのだが、この時期クーラーかけても熱くて汗ダラダラで食べた。後片付けの頃は、さっさと隣の涼しい部屋でごうごう高いびき・・。
 
 油でギトギトの鍋や食器も洗うのは私。もう当分このメニューはしないから。ぷんぷん

 9時ごろから久しぶりに喜劇『ビーン』の映画を観て、お腹の底から笑わせてもらった。先ほどのプンプンはいつの間にか消えていた。単純?

ゆっくり一日

 「昨日から大洲の姉の家に泊まって、ぐっすり休ませてもらって気持ちのいい朝を迎えた。朝は比較的風もあって涼しく感じた。兄さんの挽いたコーヒー豆の香りが食欲をそそって団欒の中での朝食、会話も弾んだ。午前中に姪の運転免許証の更新手続きをするため勝岡にいくという予定を聞き、一緒に出発。」

 途中でエミフルに寄って、昼食を食べてそこで別れた。
 
 私は松山から来てた従姉の和さんに自宅まで送ってもらい、ちょっと寄って頂きラブちゃんと遊んでもらったりして少し談笑してから別れた。
 
 さすがに暑い昼間はあまり動けず、もっぱら高校野球のテレビ観戦。もう終わりかけの済美の試合を見たり、パソコンでメール返信などデスクワーク作業をして、4時ごろまで暑さをしのぐ。

 父から買い物依頼があって、施設用の室内履きを新しくしたいというので一緒にシューズ屋に行く。すごく気に入ったものはなかったようだが、安くて妥協できそうなものがあったのでこれを購入。

 明日は朝から坊さんが来てお盆のお経上げに来られる。それまでに御料豊膳を作っておかないといけないので早起きしなくちゃいけない。
 
 夜はキリンチャレンジカップ、ウルグアイ戦を観戦。日本代表選手も必死で戦っているんだろうが、やはり南米チャンピオンだけあって非常に強い。カウンターでも攻めの集中力はものすごい。 ゴールの正確さ、最後の詰めもやっぱりすごい。
 
 ワールドカップまで10か月となった今、更にもう一皮むけた強い日本になれるのか。正念場だ。

お盆モードへ

 「相変わらずの暑さに閉口しつつも事務所ではクーラーも効いてるし作業が捗る。明日からお盆休みとするため、事務所の掃除を特にカーペットのシミ取りや床の汚れを中心に業務用の洗剤を使ってブラシでゴシゴシ・・・見違えるほどキレイになって気持ち良くなった。これで盆の休み明けから仕事に集中できそう。」

 昼からは自宅にて暑さをしのぎ、夕方は長浜のお墓参り。
 
 その後、姉の自宅内敷地でのバーベキュー。すでに親戚や友人仲間など10数人が集まって、ワイワイガヤガヤやっていた。
           バーベキュー2    美味しそう! 
 
 
 
私の家族は長男不在の3人、姉の家族が5人、それに従弟家族が4人、共通の友人夫妻2組など、みんなが食材や飲み物など持ち寄った。兄さんは6キロもの肉の塊を串に刺して炭火の炉でグルグル回転させて焦げ目がつくまで焼きながら表面を削って行く、それを切ってみんなに分ける。大勢で夕方の少し風を感じながら、おしゃべりしながら食べたり飲んだり。
        バーベキュー
 
 持ってきたスイカを池で冷やし、夜も更けてきたころスイカ割をして食べた。また花火を楽しんだりして、9時ごろ代行運転のお迎えが来て夫と息子は自宅に帰った。
               花火も♪
 私は、仲良しの姉の従姉が後から来たので今夜はみんなでおしゃべり飲み会をしようと、姉の所でお泊り。勿論泊まる準備を何も持ってきていない私は下着からパジャマまで何もかもお借りして、久しぶりに姉の家で飲み直し。本当に楽しい時間を過ごさせてもらった。暑い大洲の夜もあっという間に更けていった。

高知で41℃を記録!

 「ついに隣の県の四万十市では全国1の41度を記録した。いかに暑いか・・・これからお盆にかけて海山色んな行楽地も大勢の人が集まり、更に暑くなりそう。熱中症で病院に担ぎ込まれる人が記録的に伸びている。ビールの売れ行きも前年比の倍に。昼間はみんなじっとして、夜に動きたい感じ。夜行動物みたいに。」

 朝6時に起きて息子を空港まで送り、帰宅した頃にはもはや暑くなり出し30度になっていた。
 午前中は事務所にてデスクワーク。ポロシャツの申し込み品番と個数などを書きこみ、午後から事務局に行き申し込んだ。
 その後今回の大川小学校のひまわりの種の事や幼い子どもたちへの減災絵本の読み聞かせをどう展開して行ったらよいのかなどを担当部署に相談。
 
 色々なヒントを頂いたので今後それらを踏まえて投げかけて行こうと思った。

 午後4時ごろ事務所に戻り、デスクワークの続きをして少し涼しくなってから買い物に行き帰宅。
 もう夕食作るのでさえ汗が吹き出す。

 明日もこの暑さが続くんだろう。体力の温存が夏バテしない秘訣だろう。

今日も暑いです・・・

 「今日も朝から暑さの洗礼を受ける。特に午前中から午後にかけての風の無い日中がたまらない。朝食後、長男も来るというので夕食の食材を買いに出かけ、帰宅後はパソコンの前で仕事をして、何とか暑さをしのぐ。」

 夕方の食事には久しぶりに4人家族全員そろうので、父も呼んで「すき焼きパーティ」とした。
 父はとても嬉しそうでおいしそうに食べていたので、
たとえ短い時間でもこういう時間が持ててとても良かったなと感じた。やはり孫や子どもたち家族とのひと時は楽しいようだ。ラブちゃんもとっても人が集まってきて興奮状態で、とっても嬉しそうに駆け回っていた。
        ラブちゃん
 夜は世界陸上を見ながら、パソコンでメール確認など。
ボルトの事も気になるが、明日は息子を空港まで送って行ってほしいと頼まれてるので、午前6時には起床しなくちゃならないし・・・余り寝不足はできないな。

さんかくの会

 「今日は全国特に西日本中心に40度を超えるかつて経験したことの無いような猛暑地点があちこちに。この近辺でも37度前後と信じられぬ暑さに、本当に熱が出そう・・・。さすがに帰ってきた息子も、暑い暑いの連発。エアコンなしには生きていけない感じ。熱中症警報やら危険指数も上がりっ放し。午前中に洗濯も終え、昼からはコムズへ」

 午後2時から久しぶりに「さんかくの会」のリーダー会。
 
 
其の30分前に先日一緒に仙台に行った仲間と会い、写真やお世話になった方々への手紙やお礼の品の事について相談した。内容を決め近日中には向こうへ送ってもらうことにした。そこでもヒマワリの種を分けた。

 2時過ぎ、リーダー会が始まる。
 
 
来年のコムズフェスティバルに参加する文化会の企画書について報告し合い、それぞれのグループで行う内容の情報交換、更に女性会議後10年に当たる来年にむけてや今後の準備や内容についても話し合った。

 最後に
仙台3人旅の特に被災地めぐりについての総括と実際の写真を見てもらいながらの説明。特に石巻市の大川小学校訪問の経緯や、もらってきたひまわりの種。特に74人の子どもたちの命が奪われた場所で咲くひまわりには鎮魂の意味も込められ、私たちにはここで起きた悲劇の教訓、決して風化させない減災の意識を持ってこ
の秘話まりを咲かせ、次世代へと繋ぐ仕事が残されていると感じた。
 
 仲間の一人が作ってくれたひまわりの種を5粒入れた小袋を分けながら、これらをどう広めていくかなども話し合った。
 
            ひまわりの種
 またこれに関連して子どもを亡くしたお母さんたちが制作した「
ひまわりのおか」という絵本についても広めていきたい思いや、そのことが未だ行方不明の子どもたちの捜索費用になっていることなども伝えた。
      ひまわりのおか1
 夕方5時には会も終わり、帰宅。夫の提案で、
夜は焼き鳥屋にでも行こうと街に出た。今日はちょうど松山祭りの中日で、野球拳踊りのためあちこち道路規制があって渋滞していた。
 
 3年前までは私も仲間と連を作って
汗びっしょりで思い切り松山踊りを楽しんだものだけど、さすがにもうそのエネルギーは無いのかな・・・また機会があれば、踊ってみたい気はあるのだが。
 
 でも店を出るころには踊りは終わっていたみたいで、
道路規制は無くなっていた。

次男、帰省。

 「何とか仙台旅行の後片付けも終わり、写真整理や忘れないうちにやっておくこともとりあえず終わったのでちょっと気分的に落ち着いたかな。朝には次男もしばらくぶりの里帰り。空港に迎えに行って、さすがにこちらも暑いと確認、自宅でしばらく休むことに。衣類などは別便で送ってくることに。なのにまだ着かない。夕方には全部着いたのだが、結構遅れていたみたい。」

 今日も非常に暑い朝から始まった。事務所で作業してる時はいいのだが、いざ外に出ると本当にヤル気を損ねる暑さに見舞われる。
 11時過ぎには母の保険の事で役場に。
 ついでに今回みんなで購入するポロシャツの申し込みの件もあったので、実際の大きさも知りたくて試着もしてから注文しようと事務局へ。正式の申し込みは月曜日に他の用事もあるので、その時に。

 昼前には息子の要求もあって携帯の機種変更のためソフトバンク代理店のあるエミフルに。手続き申込みをし、その間の時間に昼食も済ませ、帰りには買い物もして2時過ぎに自宅に戻り、私は事務所にて仕事の続きを。

 夕方、夫も三重の旅行から帰宅。お土産の鯖寿司を頂き、久々の親子3人そろって会話も弾んだ。
 ただ私は夕方、母のグループホームを覗いた時、母が熱を出して寝込んでいる状態だったのでちょっと気がかりだった。
  勿論、医者にも見せて投薬もしてもらい、今のところは落ち着いているようだったが。高齢なので心配と言えば心配。

あづい、暑すぎる!

 「今日はまたこの猛暑の洗礼を受けながらの目覚め・・う‾暑い。仙台は涼しかったのに・・」

 朝から荷物の片付けや家事をこなし、汗を掻きながら事務所に入った。久しぶりのスタッフと写真整理やいろんな作業に係る。
 
 10日の会議に間に合わせたいものを優先して、作業に取り組む。

 今日は事務所も午前中だけなので、昼からは自宅にてパソコンとにら
めっこのデスクワーク。
 
 勿論仕事の能率を上げるためにも、エアコンも全開で頑張る。
 
 フェイスブックのアップもすると色んな反応もあって、
今回の絵本の事などみんなに発信して行こうと思った。

 しかしながらまだ疲れが若干残っている・・・。明朝は次男が、
夕方には夫が帰って来るので、今日が一人のんびりの最後かな。
 
 夏の全国高校野球も始まった。この猛暑の中、ご苦労様です。
立秋なんてどこ吹く風?
 
 明日も体温以上の猛暑日になりそうですって、
本当にやる気を奪う暑さですね。
                         暑い!      

ただいま!帰りました

 「今日はいよいよ松山に帰ります。いろんな思い出や土産話を持っ て・・・・」

 朝食チェックアウトを済ませ、10時前には荷物の一部宅配やらパッケージも済ませ、時間通りのお迎えにホテルを後にした。(同じホテルで連泊したので、とても楽な旅でした。)

 空港までの道すがら、「
古い商店街にも七夕飾りや短冊がありますよ」とわざわざ車中から見えるようなところを通って空港まで送ってくださった
 
       商店街の七夕飾り
 本当に有難いことだ。
奥様からも素敵なプレゼントを頂き、皆さんの温かい心に触れて東北の人々の心遣いと心の強さのような物を感じる旅でもあった。

 大阪伊丹経由で午後4時半には松山に。
ほんの3時間ほどの飛行時間で行き来できる仙台は、私にとってだんだん身近な街となってきた。
 
 

 夜は息子も夫も入れ替わりに旅に出ていて
一人夕飯が確定してたので、土産話を盛り上げてとばかりに一緒に旅した宇高ちゃんのお誘いを受けて7時ごろからまた市内に出ることに。
 
  いったん空港から帰ってラブちゃんに餌をやったり洗濯物をマシン
にかけて干して、庭の水やりもして、荷物の仕分けもし終えてから出かけたものだから、さすがにお酒の周りも早くて帰宅後はバタンキュー。

  明日には疲れを残さず、まずはおやすみなさい~~~

仙台を満喫

 「今日は仙台も少し暑くなってきたのか、梅雨が明けたのかな? 午前中は黒田防災士と再会し、彼女たちが進めている減災取り組みについての話を伺った。午後からは仙台七夕まつりを満喫。夜はディナーショーへ。」

 午前10時、黒田防災士に会う約束をしていた私たちはホテルのロビーで再会した。その後、彼女の案内で駅前のおしゃれな喫茶ラウンジへと向かった。
 
そこで彼女たちのグループが進めている「手作り絵本で減災」を広報して行こうという取り組みについての話を伺った。主に幼稚園や保育園の幼児対象だが、この東日本大震災の教訓を幼い子どもたちの感性に響かせてしっかりした減災意識を持ってもらおうという活動だ。
 わかりやすくてキレイな色遣いで
子どもたちには馴染みやすい本になっているが、国からの支援金で作られた本なので非売品で数も限られている。
  そのため貴重な本だし、
それを無駄にならないように活かす方法も考えなければならない。責任もある活動を是非四国愛媛でも発信してくれないかということだった。
  私たちのグループでもしっかりと議論して、
いいものにしていきたいと感じた。
          黒田さんを囲んで
 彼女とは昼前に別れ
いったんホテルに戻って、再度午後からの七夕散策のため出かけた。
 
 メイン通りのアーケードのある商店街を2キロほど、見事な七夕飾り
を見上げながら歩いてみた。この吹流しや飾り物を作るのに相当前から尽力もお金も掛けておられるのがよくわかった。 
 観光客でこの3日間は200万人の人が集まってくると言われる仙
台。やはり東北第1の都市と言われるだけの事はあるなとその活気に驚いた。震災からの立ち直りも早い町だなとも思った。
 七夕飾り
   七夕まつりイベント
 
 
 4時前にホテルに戻り、
今晩のディナーショーのため部屋でゆっくりと過ごさせてもらう。 
 6時にはホテル地下のイベントホールにて、『
成瀬みのりのディナーショー』の受付が始まり、私たちも少しおシャレして会場に。
 
菊池氏がプロモートしたこのイベントは、これからメジャーを目指してただ今売出し中の演歌歌手みのりさんのためのショー。私たちもほんの少し応援させて頂くために参加させてもらうことに。ただ一番メインの真ん前の席を取って下さっていたのでとても恐縮した。

 3回のお色直しで20曲披露してくれたが、
来ている客層の平均年齢がかなり高齢ということもあってか、歌う曲の大半が昭和の初期から戦後間もない曲などナツメロオンパレードでちょっと違和感ありかな・・。 
 横浜出身の彼女なんだが、田舎っぽいのが不思議な魅力? 
専門メイクとスタイリストさんが必要なのでは? でも彼女の誠実さや一生懸命な姿、歌唱力には大いに期待ができるのでは・・・頑張ってね!
     成瀬みのりショー
  
 途中ゲストで助っ人応援出演した沢田研二
にすっかり騙された私。元々ジュリーファンだった私だが、数年前に見たジュリーは中年太り?で少々減滅・・。だったが、すっかり痩せて元のジュリーになって私の前に現れた! とても喜び、写真も撮りまくる私。  ・・・えっ??・・何か変!・・・喜んだのも束の間、仙台のジュリー(そっくりさん)だった・・・。私がジュリーファンだと知っての菊池氏のイタズラか?・・・ まんまと乗せられたが、一瞬でもあの中学生の頃のときめきを思い出させてくれてありがとう。偽ジュリーもそっくりで良かったです
          ジュリー?? 
 ショーが終わったのは10時過ぎ。
最後に私たち3人スペシャルキャンディーズとみのりさんの4人でパチリ。
     みのり&スペシャルキャンディーズ
 そのあと口直し? にホテルの近くのアイリッシュバーで飲み直し。
飲みながら仙台旅行最後の夜を惜しんだ。あっという間の3日間。本当に珍道中でした。
 
 明日は10時にホテルに堀江会長が車でお迎えに。
至れり尽くせりで恐縮です。

被災地めぐり2日目

 「今日は朝から被災地めぐり。やはり仙台は気温が26度から28度で松山近辺からすると涼しい。そのうえ風も吹いて、ちょっと上着が必要なぐらい。午前中は南三陸町へ。午後からは大川小学校や石巻周辺を廻った。夕方からは仙台七夕の前夜祭を彩る花火大会が・・・しかし・・。」

 9時に菊地氏のお迎えでホテルを出て、一路南三陸に向かう。途中道の駅などで休憩を取りながら、約2時間かけて南三陸町へ。
  
道中の車窓から見える風景には、やはりあちこちにまだ震災の爪痕の残る場所が目につく。しかも土盛りのしてあるところがたくさんあり、除塩の跡らしかった。海水をかぶった田畑を作付ができるように表面の土を削って、その塩の濃い部分を集積してあるのだが、あまり長く放置してるとまた雨などで土壌に溶け込んでしまうのではと懸念される。
    除塩跡
 またレールや橋が寸断されて今復旧工事の真っ最中というところも何か所もあった。まだまだ完全復旧までの道のりは長そうだ。
  また仮設店舗の固まった場所もあって、商工会が中心となり生活必需品の供給に頑張っているようだ。
         仮設店舗
 さらに車を走らせると、テレビによく出てくる南三陸町の悲劇のシンボルのような【防災センター】の鉄骨むき出しの枠組みだけがぽつんと立っていた。そこにはいろんな人が手を合わせ、犠牲になった方々への鎮魂の祈りをささげていた。
          防災センターにて
 
 昼ごろその近くにあるホテル海洋に立ち寄り、昼食の時間を取った。
  このホテルの女将さんは震災直後からホテルを地域住民に開放して避難場所として提供し、被災者の支援に奔走された。そのニュースは結構全国にも流され私たちも良く知っているのだが実物を見て、入り江に発つこのホテルがあの大きな津波から、奇跡的にそんなに大きなダメージを受けることなく皆さんのために役立ったということは不思議な感じがする。海に突き出るようなこの建物のロビーからの眺望はすばらしい。更に此処の名物の【うに丼】
の味も絶品でした。
                うに丼、最高 
 午後からは多くの犠牲者を出した大川小学校や石巻周辺を廻った。 
 事前に大川小学校のヒマワリの種を分けたもらおうとアポを取っていたのだが、現在の大川小学校は別の小学校の一部を間借りしての運営で遺族や先生たちにも大きな傷跡を残す複雑な事情を抱えておられ、私たちが行った時には何の目的かとかなり警戒されているような感じがした。
  それも無理のない話で私たちも少し情報不足で、ヒマワリの種が遺族の方々と関係するNPO法人によって管理されているとも知らず学校に直接行き、鎮魂の種という意味で分けてもらおうとしていたことが少しちぐはぐな感じに受け取られたようだった。私たちも自分たちの思いを一生懸命説明して何とか分かって頂き、ヒマワリの種も分けてもらい「ほっ」とした。 
 また子供を失くされた保護者の方々が出版された絵本の事も聞き、それを広く購入してもらって未だに見つから
ない子どもたちの捜索費用にも充ているということも知った。その啓蒙にも協力させてもらうことも約束して、最後にはイイ感じでお別れすることができた。

 そのあと実際に被災した大川小学校の現場に向かう。すぐ側に流れている一級河川の北上川が遠く離れた海からの津波の遡上を受けて川の水が増水し、一挙にこの学校に襲いかかったのだろう。
         大川小学校 
 でもすぐ横に小高い丘の壁があり、そこを駆け上れば何とか助かった命も多かったのではと今さらながら残念な想いが込み上げた。ましてや保護者にしてみれば107人中、74人もの犠牲は想像もつかない数字だろう。残された校舎の跡を見ると、津波の威力を改めて痛感させられるものだった。その横にずらっとヒマワリが何事もなかったように咲いていた。
         復興ひまわり
 3時過ぎには石巻をずっと抜けて、ひたすら仙台に向けて帰った。途中道の駅で休憩したり、写真撮りをしたりしてホテルには5時ごろ戻ってきた。
  今夜は【仙台七夕】の前夜祭を彩る花火大会が催される。ただ残念なことに、徐々に雲行きが悪くなって雨が降りだし花火が中止になる可能性も出てきた。
       七夕祭り 
  実際には7時ごろから1万5千発もの花火が予定されていると聞いて、とにかく6時過ぎにはそちらに向けて歩き出した。・・・が音も聞こえないのでとりあえず街中までタクシーに乗って行き、そこから歩こうかと移動し始めたが、なんだかお腹もすいたし・・・「先に食事をしよう!」とイタリア料理のおしゃれな店に入り、すっかり根が生えて8時過ぎまで食べたり飲んだりしてしまった。花火は・・というと、「音しないしもう中止になったのじゃない?」なぁんて暢気に構えていたら、既に後の祭りになっており、向こうから人の波がどっと押し寄せてきた・・・。あ~あ、やっちまったね。結局花火より団子?だったわけ(笑) 幻の花火大会となりにけり・・・

仙台被災地めぐり

 「朝7時30分、松山空港に3人スペシャルキャンディーズ(50,60,70代)3人娘?が集合。仙台に向けて出発。今回の旅は被災地めぐりと仙台七夕祭り鑑賞他盛りだくさんの3泊4日のプランとなっている。」

 私にとって10年来と20数年来の友人たちで本当に気を使わない何回もお互い旅慣れた仲間であったゆえに今からかなり期待大。ハプニングや予定外の事態も起こりそうな予感。

 予感的中! 仙台空港に着いてすぐに早めの昼食を済ませ、約束の国内線出口で荷物を持って待っているとなんと足元からグラグラ・・・。それもだんだん酷くなって、見上げた屋根まで揺れているかなり大きな地震に見舞われた。
   地震が・・・ ここで地震が・・
 仙台に着くなり震度5強の洗礼を受けた。迎えに来てくれた菊池氏はさすが元自衛官、「ここは海が近いので津波の心配もあるのですぐに高速道路のある高台に移動しよう、早く荷物載せて車に乗って。」と誘導されて、急いでそこから移動した。
 途中の車のラジオから[津波の心配はない]という放送を聞いて、またすぐに進路を変えて、まずは閖上地区に入り慰霊碑の前で手を合わす。
                     礼拝
 車中から見える景色も以前と比べかなり復興してきている感じではあったが、まだ草むらの中にポツンと経った廃墟のような家を見ることもあり、そこの住人は家族全員犠牲になったため私有財産の処分もできず放置された状態になっているんだよと聞くと、また胸が重くなったような気がした。

 その後もまた、荒浜海岸沿いの被災地跡で慰霊碑にお線香をあげ、しばらくその辺りを散策。ここにも多くの県外ナンバーの車が来ていて、防災関係者や小中学校の生徒さんの研修先にもなっていた。
                     慰霊碑

 ホテルには4時過ぎにチェックイン。
 夜は菊池氏の紹介の居酒屋で、以前訪問した仮設住宅の町内会長さんや民生委員さんも呼んで来られてて、今の復興状態や現時点での問題点など話しながら、お酒や山海の珍味を楽しみ、旅の最初の晩は更けていった。

 明日は早朝より遠出して南三陸、石巻など震災の爪痕がきつい地域を廻っていく予定だ。
       記念に

夏祭り

 「今日は松前の夏祭り。海岸でははんぎり競争、体育館ではお化け屋敷などイベントや出店も多く楽しそうなのだが、何せ暑いし体力的にも自信がないので、夕方の涼しい時間帯からの参加となった。恒例の松前音頭の連にスタンバイする人たちを横目に、友人と麦酒に焼きそばでのんびり楽しませてもらった。」

   朝、仙台行きの荷物の準備をして、洗濯や掃除など片づけれる家事を済ませた。
 
午後からは少しゆっくりとさせてもらい、
6時に友人と待ち合わせて夏祭り会場へ。
               まさき音頭会場
 
   以前、PTAの役員時代には汗びっしょりになって踊ったものだが、今はすっかり見る側として祭りを楽しんでいる。
 
今日は特に歳の離れた妹の様な存在の友人の人生相談というか、ストレス解消に聞き役に徹していろいろアドバイスや励ましで、話をしながら夜の9時から花火を楽しんだ。
 
 
                                                   花火
 夏の夜空に輝く花火はまさに、定番の風物詩。
昼間の喧騒を忘れさせてくれるオアシスのようだ。色とりどりの花が真っ暗な夜空に一瞬大輪を咲かせる。本当にいいものだ。ただ二人とも明朝早くに予定があるもので、花火の途中で後ろ髪惹かれるような気分で一足先に帰った。

   明日はいよいよ仙台行だ。
 
朝の7時半に
松山空港に。

                行ってきます
 
 しばらく7日までブログはお休みです・・・

頑張れ! 若者

 「朝から雨が降っていて少し涼しく感じた。午前中は広報研修のまとめとマニュアル集を作る作業にかかった。午後からも資料をつないで、できるだけ分かりやすいものにしていった。盆明けぐらいには、事務局とも話し合って完成させたいと考えている。」

 雨が上がるとまたあの暑さが戻ってきた。デスクワークの合間にデオデオで写真用のSDカードやプリント用の写真用紙などを購入。カラーインクもセットで安くなっていたので買っておいた。

 昼食後は事務所で缶詰になってデスクワークに集中。外がこれほど暑いと冷房の効いた事務所内の仕事は能率が上がる。

 ★ お中元で頂いた桃を父の所にもおすそ分け。好物なので嬉しそうだったけど、保険と年金について今国民会議の方で大急ぎで中間報告が出そうだ。
 
 それによると要支援1や2の高齢者に対する介護サービスを一律から市町村別に行うようにと計画中のようだし、また国民健康保険は市町村から都道府県扱いにしていこうとしているようだ。
 
 医療費も高所得の高齢者には個人負担を増やし、年金は逆に減額して行こうという流れだ。

 
 
 超高齢化少子社会においてはある意味仕方がないのだろうが、私たちもいずれはその域に入って行くわけだ。せめて払ったお金の分ぐらいはサービスも受けたいし年金も期待したいが、この逆三角形状態の中ではそれも難しいのか・・・ましてや今の若者は払う力も弱いが、払ってもその分の保障のない分、積極的に払っていくだろうか・・・。
 国が説得力ある仕組みを示さない限り、消費税アップ頼みの財源補てんでは納得がいかないと思う。

 政治の世界は問題山積みで大変だけど、スポーツの世界は結構若者が頑張っている。
 世界水泳の萩原、寺川のメダル獲得、野球ではマー君の開幕15連勝、ダルビッシュも14奪三振ショーで早くも10勝。
 
 今晩も世界水泳のバルセロナの地で熱い戦いが期待される。

 荻野 寺川
 
 

体調不良・・

 「今日からいよいよ8月。暑さもピークって感じ。本当に暑かった。昼から自宅で冷房入れてじっとしていた。昨晩から体調壊して特に胃の調子があんまりよくないので食事を控え、体力の温存を図った。とはいえ人の体調だけでなく、日本列島事態が変調をきたしているようだ。西日本は猛暑、山陰から日本海側にかけてものすごい雨で道路の冠水・土砂崩れ、東北の太平洋側では低温注意報が出て21‾25度で梅雨も明けないし農作物にも影響が出てきている。狭い国土でもこれだけ異なる気候を持つことに日本の季節感に狂いが出ているような気がする。」

 午前中は昨晩からの体調の悪さをまだ引きずっていたので、なるべく体力を使わないように用心。
 朝食は抜いて昼食も量を減らし、暑さに対処できる体力回復を目指して午後からはあえて自宅でおとなしくしていた。

 その功あってか夕方ころには徐々に体調も戻ってきたので、夕食はふつう通りに食べれた。多分80%は回復した感じだ。
 
 明日からは通常通り仕事に打ち込めるのでは・・・と考えている。

 議会だよりも印刷があがって配布されてきて、ほっと一安心。これからもっと読まれる優れた広報に更に脱皮できるように、頑張って行きたいと強く感じた。
  次のページ>>