FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

長かった全員協議会

 「朝から庁舎6階にて3月定例議会前の全員協議会に入る。当初予算と3月補正だけでなく、他の課題も多く見られ、それらにつき行政側の説明を受けその質疑応答、意見交換などで3時過ぎまでかかった。」


 本日の協議会では当初予算と3月補正だけでなく、地域主権拡大のための法律改正による条例改正や防災プロジェクトチームによるこれまでまとめた防災計画の大まかな説明、愛媛国体に向けてのホッケー場とその周辺の設置計画、また西古泉筒井線の道路計画の変更と、色々な課題につき質疑応答された。
 
それぞれの案件について本会議場で簡単に説明されて、即採決とはいかない者も多く、そのあたりのこともあって行政側からの説明が各担当課からあった。
 どの内容に対しても多くの議員がわかりにくい部分を聞いたり、自分の考えを述べたりかなりそのやり取りの中でエキサイトする部分もあったりして、度々暫時休憩となり本当に長丁場となった。

 特にその中の2項目については議員の多くが首を縦に振りにくいものもあり、予算審議の辛味もあった今後、本会議並びに付託された各常任委員会でも議論されることだろう。
 できれば、深まりのある議論となることを望むところだ。
 個人的には、今回の私の一般質問とも絡んでくるような案件が結構あるので、そこでもしっかり議論していきたいと考えている。

 会議後、3月初旬に我が家に来られる外国のお客様に買っておきたいものもあってエミフルに行った。ついでに夕食用の食材も買って帰る。
 帰宅し夕食準備に掛かろうとすると夫から行きつけの店で美味しいものを食べようと誘いがあって、結局町へ出向いた。まあ今日はほとんど1日がかりの会議だったので、正直疲れていたのでちょうど良かったかもしれない。
 おかげでビールやお酒もよく効いて帰宅後は、心地良い睡魔に襲われた。

 明日は京都行の準備もあるし、忙しくなりそうだ。

目に来た!

 「いよいよ2月も余すところ1日となった。新年明けてもう2か月が経とうとしている。本当に月日の経つのが早い。3月議会もいよいよ始まる。忙しい毎日が始まるぞ・・」

 今日も朝から昨日の続きで、一般質問の当日原稿の作成作業で費やした。午後からも資料を基に書きつづけ、夕方6時ごろにほぼ書き上がった。
 途中の来客応対で中断したり、目がかすんだり軽い頭痛がしたりで、書き上がった時は正直「ほっ」とした。

 明日は全員協議会がある。
 3月議会は補正と当初予算があるし、今回は介護関係の法律が地域主権拡大の余波を受けて改正点が多くなっている。個々の自治体にあった条例への書き換えが可能になったため、その分の改正条例がなんと200ページに及ぶ資料となって議案書と一緒に事前に渡された。
 読むだけでも大変な資料だが大事な改正点もあるから、しっかり行政側の説明を聞いておこう。

 4月からの電気・ガスなど公共料金の業者の値上げ申請を国が承認したら、7月あたりから本格的に1割ぐらいは上がることになる。エアコンがフル回転するする時期だから、今から対策を考えねば・・・。

 さすがに目の疲れと睡魔に負けそうなので、おやすみなさい zzz・・

またまた邦人が犠牲に・・

 「少し暖かくなってきたみたい。今日は事務所にこもり一般質問原稿の肉付けと資料確認を進めた。体罰については県内でも小・中学校の現場に対してアンケートが行われ、集計報告が新聞にも掲載されていた。また安倍内閣がいじめ防止の方策を諮問機関にまとめさせ、以前検討されていた教育再生会議の内容に近い道徳の強化やいじめ防止基本法の制定などが盛り込まれていたが、これで本当にいじめは減少するのか・・難しさを感じる。勿論手をこまねいていても問題が深刻になるばかりなので、しっかりと対策を打ち出して行かなければならないのだが。」

 お隣の韓国に初めての女性大統領朴氏の政権が誕生した。支持率43%と決して熱い支持とは言えないが、この儒教思想の強い国で二世政治家とは言え女性で大統領に選ばれたことはスゴイことだ。
 日本では女性首相はまだない。組閣もなかなか進まず、国内事情は少子高齢化、格差拡大社会、高い失業率など社会不安となる素地は多く船出は大変だが、ここで上手くかじ取りをして日本や北朝鮮に対する外交面で、女性ならではのしなやかな手腕を発揮して頂けるものと期待したい。
              朴氏 就任式
 夕方エジプトのルクソールで観光中の気球が地上300メートルで爆発して、日本人観光客男女2組の4人が死亡したというニュースが飛び込んできた。
 ついこの前、グアムで無差別殺人事件に巻き込まれて多くの犠牲者が出たり、アルジェリアの現地法人で働く日本人が人質事件で犠牲になったり、世界中で邦人の血が流れていることに何だか複雑な気持ちになる。
 グローバル化して世界が狭くなった分、多くの人が動き国際化しているだけ個人の危機管理意識をもう少しあげて行かなければならないのかもしれない。残念なことだが、それがスタンダードラインなら。

 明日も午前中まで雨が続きそう・・・春が一雨ごとに近づいてきているのかな。
                      春の予感

会議三昧?

 「東北地方の積雪量が観測史上初めての5メートル越えと更新し続けているようで、暖かい四国にいると実感も沸かないところで、改めて日本の広さを感じたりする。昨日の日曜は比較的のんびりと家の片づけ掃除などと、3月から迎えるお客様のためボチボチ準備モードに入った。今日は朝から庁舎にて会議で午前中いっぱいかかった。」

 午前9時半ぎりぎり滑り込みセーフで、一般質問通告書のチェックを議運のメンバーと共に約30分行なった。
 その後の勉強会では約1時間、いろんなことを議論した。特に定例議会前の議案書を中心にした色々な疑問点や確認したいことなど、今度の全協や本会議審議などで質してみたい項目も結構あった。
 また議会報告会の研究も今後とも続け、資料の説明をしてから次回この会でその位置づけや意義について検討しようということになった。
 
 午後からは事務所にて書記担当が書いてくれた勉強会記録をパソコンで清書した。後日メンバーに配布する予定。
 スタッフと共に3月議会やこれから忙しくなる自身の活動について改めてスケジュールチェックしながら、原稿書きなど時間のかかるものの調整をした。

 夜は集会所に防災士が集まって、防災教育講座でのパワーポイントの説明とプレゼン方法などを作成したコンテを元にシュミレーションを行なった。
 パソコン操作とナレーションのタイミングなどを確認しながら、慣れるまで何回か練習を試みた。これまでの2回の講座は私がプレゼンしていたのだが、今回は私は用事のため来れないため他の防災士さんたちでやってもらうことになっている。今後のことを考えれば、誰でもできるようにしておく方がいいと思うし・・・いい機会でしょう。

地域づくりフォーラム

 「今日は地域づくりフォーラムinえひめという会合に出席。地域とコミュニティーを維持するための交流・連携をテーマに、伊予市のウエルピア伊予に100人近くの人が県内・外から集まり、まちづくりの活動家たちの熱い話し合いの場となった。」

 最初に明治大学農学部教授の小田切 徳美氏の、農山村再生・復興・復活のために何をどう考え進めていくべきなのかを色々な実例を上げながら、失敗パターンと成功例などを交えながら分かりやすく話して頂いた。
 農山村再生のフレームワークとして、コミュニティと暮らしの仕組みづくりで場を作る → 暮らしの物差しで誇りの空洞化を止める。
 具体例としては、農家民泊、農家レストランなどで都市に無いもののアピール、そこに交流ができると鏡効果を生み出す → お金の循環 → 経済効果
 この経済効果も年間36~60万レベルからでいい → 月にして3万から5万で積み上げ効果が大切
 コンサルタント会社などが入って大きな事業化を最初から狙うと、行き詰ったり失敗に繋がり、地元の人々が自信を失って本当に限界集落となってしまう。  
             小田切氏

 先生の1時間の話は、現代の農山村の実態をよく調べられての持論であるからとっても説得力があり、本当に会場の皆さんに大きなエネルギーを与えたのではないだろうか。

 その後休憩をはさんで3人のパネリストを迎えて、先生がコーディネイターとなりそれぞれの取組紹介をして頂いた。
 ①渡部氏 (福島と愛媛をつなぐ) 
 福島の南相馬市で被災され3・11以後自宅を失くされ、放射能汚染からの回避のため家族と共に大学時代愛媛におられたことがきっかけで伊予市双海町に居を構え、家族と共にそこで農業をしながら福島に戻れるまで頑張って行こうとしている。
 仲間の復興支援を含めてNPO法人を 立ち上げ、福島と愛媛の架け橋のように活動されてるその取り組みの様子を発表。

 ②西森氏 (仁淀川流域を支える)
 高知県で地域支援企画員として働いていた時の活動紹介だったが、受け身にならず地域に溶け込み地域の人たちが当たり前と思っていることでも何かそれを世に出す方法を考え出し、3つの方策を企画して成功した例だった。 
 一つ目は、武田勝頼落人伝説を新観光の目玉に。
 二つ目は、仁淀川手踊りサミット。
 三つ目は、仁淀川ふるさとインターシップ活動。伊予鉄バスさんにも協力してもらい地元ガイドさんも発掘などなど・・。

 ③鷲野氏 (興す思い,久万再興)
 彼女は看護師で元々関西出身。縁あってこの久万高原町の山間部に住むようになって、由良野の森という里山づくりの取り組みを紹介。
 自然と人との総合依存共生関係の本来の姿を求めて、ヤギ11匹・羊2頭・ニワトリ何十羽、そして3人の子どもさんがおり、本当に忙しい毎日の中でこの地域にしか見れない素晴らしいものを堀出し、気づいてもらい、自分だけでなく多くの人にその良さを見てもらい広め、いつの間にか素晴らしいコミュニティーを作って元気いっぱい暮らしながら見事に地域の活性化に貢献している活動・・・本当に感動した。

 最後にグループワークをして、この会は終わった。
 その後の懇親会でまたこの素晴らしい活動の発表者たちと交流出来て、今日1日の充実感が最高に湧いてきた。ありがとう・・
                       懇親会

今日も多忙でした・・

 「ものすごい寒波が居座って、またまた冬に逆戻り。でもこの辺りは雪すら降らず、昼にはポカポカして来る。北海道や東北北陸地方などは大雪で大変なことになっているのに。四国の温暖な気候に感謝です。」

 午前中は愛大病院に母の薬をもらいに行き、次の予約も取った。帰りにグループホームに寄り薬を届け、インフルエンザの容体を聞いた。快方に向かっているとの報告にほっとした。

 午後からは事務所でデスクワーク。
 月曜日に行なう勉強会のレジュメ作り、議会報告会の実践報告の資料を揃えたり、結構煩雑な仕事があって忙しい時を過ごした。
 またスタッフと一緒に作成している防災パワーポイントのナレーションコンテを仕上げるのに、何回もチェックしたりで夕方5時半ぐらいまでかかった。

 明日は伊予市での地域づくりフォーラムINえひめに参加する予定。
 懐かしい顔に会えそうで、今から楽しみだ。そして松前町のちょっと弱い観光部門とまちづくりにヒントになるようなネタも拾って来れそうで・・・。

仕事は予定通り、母は・・・

 「今朝も寒い1日の始まりだった。予定していた仕事は午前中に終え、昼から福祉センターに行って打ち合わせをしたり、エミフルで少しばかりの買い物や用事を済ませる。」

 午前中は昨日の続きでパワーポイントのコンテ作りに集中した。何とか最終まで作り終えて、一安心だ。
 
 夕方前に父を訪ね、母がインフルエンザに罹ったので明日の愛大病院へは行けなくなったことを伝えた。
  だが薬が切れるので、私が愛大病院に行き処方箋を書いてもらい薬を貰いに行くことになった。薬だけに出向くのはちょっとネ・・・、出来るものならファックスかなんかで直接処方箋を送っていただければイイのだが・・。

 夕方、東京行き長距離バスの乗り場まで息子を見送りに行った。少し早目に自宅を出て、3人で食事をしてから見送ることになって、市駅近くの居酒屋でご飯を食べた。
 午後7時半、息子は東京へ向かった。いってらっしゃ~い。

仕事は早めで!

 「今朝はこれまた寒くて布団から出るのがツラかった。昼ごろから漸く暖かくなり、庭のプランターを覗くとチューリップや水仙の新芽が土の中から顔を出している。忙しい1日だったけど、着実に仕事をこなした日は気持ちがいいものだ。」

 午前中は事務所にて、一般質問の通告書を仕上げた。
 午後1時半、和楽園養護老人ホームの組合議会に出席。年度末補正と来年度一般会計予算の審議をして、全会一致で全件承認。
 高齢化の進む園では、ターミナルケアの問題も検討事項として今後の方向性を模索しているようだ。終末介護は避けて通れない問題だからだ。自分の両親にとっても近い将来必ず来ることなので、なるべく自然に本人の意思に沿うような形で看取りができればと望んでいる。

 2時半ごろ庁舎に戻り、議会事務局に通告書の提出を。まだ二人目らしいが、今回は何人の質問者が出るのだろう・・・人数によって議会だよりのページも決まるので気になるところだ。
 また3月議会の議案書並びに付属書類を受け取る。例年のことだが3月補正と当初予算で36もの案件があり、3月4日、5日と2日間にわたり説明と審議の日程が組まれている。
 事前に目を通すだけでもかなり時間がかかりそうだが、25日の勉強会までにはしっかりと読み込みわかりにくい点は事前チェックも必要だろう。

 3時半には事務所に戻り、3月10日の3・11復興フェスタの準備会に出席してくれた仲間の報告を受け、段取りと全体の流れの確認をした。それまでに準備できるものは用意しておかなければならない。
 
 更に25日の夜に防災講座のパワーポイント説明のリハーサルがあるので、詳細コンテの作成作業にかかった。全行程の半分が済んだので、明日には仕上げてしまうつもりだ。
 早目早目に予定の仕事が済むと本当に気持ちがよくて、色々なプラスアルファのアイデアも出てくるものだ。

 明日は息子が東京に出て本格的に仕事をする準備にかかる門出の日だ。ロンドンで培った多くの友人や仲間の人脈で仕事に繋げていく第1歩として、24日にはイスラエル人のキュレーターを迎え通訳兼日英の共同美術展のプロジェクト成功のために活動して来るとのこと。ガンバレ~

原稿書き、ガンバル

 「雨が止むとまた冬の寒さが舞い戻ってきた。東日本では大雪が降っている。椿さんが終わっても、なかなか本格的な春は来ないのかな。まだまだインフルエンザも流行っているようだし、あともう少しの冬を楽しみながら来る春を待つことにしよう。」
 
 午前中は、デスクワーク。
 来客ありで何かと忙しかったけど、原稿依頼の文章は書けてメールで送ることもできた。一つ一つ用事を片付け、明日は一般質問の3つ目の質問も仕上げて、なんとか提出できるように頑張りたい。

 午後からのフラの練習では1時間しっかり脳トレのつもりで振付を覚え、いい汗を流せた。
 
 午後3時には帰宅して、新聞を読みながらいろんなニュースや記事に目を配った。毎日本当にいろんな記事が出ていて考えさせられる事象も多い。
 
 以前亀岡で起こった無免許運転の末に歩道を整然と歩く登校中の児童や保護者の列に突っ込み、多くの犠牲者をだした事故で、その刑事訴訟で出された刑が危険運転過失ではなく過失致死罪となっているため刑期がどんなに長くても10年までで、遺族たちの気持ちは当然納得のいくものではなかった。
 署名活動や呼びかけで今その刑について審議されているようだが、確かに何回も無免許運転を繰り返している悪質さを考えれば刑罰は軽すぎるでしょう。今後の検討に委ねられることだろう。

 夜は息子が書いた文章の添削を行なう。その後、メールチェックをすると友人から地域ミニコミ新聞の原稿依頼が来ていて、「これから議会も近づき忙しくなるのにどうしよう・・」と思いつつ締切に緩みをもらって引き受けた。

署名&募金活動

 「昨日までのいいお天気が打って変わって、朝からずっと雨。午後から椿さんに行くつもりだったので出鼻をくじかれたようだが、気温的にはさほど寒くなかったので助かった・・。それに思いのほか参拝客も多くて、署名やカンパ活動にも関わって下さる人も多く北朝鮮による拉致問題の解決に向けての活動に大きな力を頂いたような感じがした。」

 午前中は父を連れて銀行に行き納税の手続きをサポートした。また母のグループホームに父を連れて行き、母の健康手帳の更新を済ませ住所変更したものを持って行く。
 母は父が来ると、やはり嬉しそうだ。ただ歩くスピードがずいぶん落ちて、年を取ったなぁとこの頃つくづく感じる。

 午後から椿さんに行き、拉致問題解決のため活動している会の支援活動として私も参加させてもらった。
 マイク片手に参拝者に向かい、この活動への理解と協力を呼びかけた。
 雨の降る中、心ある方々から多くの署名やカンパ金を頂いた。本当にありがたいことです。皆さんの暖かいお気持ちを無駄にすることなく、政府に訴えかけをして1日も早い解決に繋げて
行かなければならないでしょう。
       署名活動の様子

志高塾勉強会

 「今日の志高塾勉強会は、日本でのスペシャルオリンピックスの生みの親でもある細川佳代子さんによる講演。ボランティア活動の素晴らしさや苦労を聞かせて頂いた。」

 今朝もゆっくり起床。午前中の時間の短いこと。
 午後1時半には、会場の国際ホテル南館に到着。
 
 今日の講師は細川佳代子さん。中村代表とはずいぶん前からお知り合いだとか・・・
 細川氏は、一時期細川首相の奥さまとしてファーストレディの経験もされた方だけに、とても品格のある雰囲気と細身の体に似合わない強い志を感じる話ぶりだった。
 ボランティア活動の素晴らしさや苦労、そこで学んだ知的障がい者の自立支援。心に迫るお話で感動した。障がいも一つの個性と解し、ただ可哀そうとか上から目線で見る自分への反省から献身的なボランティア活動に打ち込まれたエネルギーと心の強さに私自身も大いに感じるところがあった。

 帰りには、サイン入りの著書を販売されていたので購入した。ゆっくりまた読んでみたいと思う。
                  細川さん著書

関西大学同窓会

 「朝はゆっくり起きて、午前中は家事、午後からはパソコン前で過ごした。今夜は関西大学愛媛支部大会に出席。年代を超えた校友たちと語り、また今に繋がっている躍進に後輩たちの努力に感謝した。熱い語らいの場は9時のお開きの時間まで続いた。」
                   

  午前中は掃除洗濯などの家事を済ませ、午後は椿さんに行くつもりが気づけばパソコン前でメール返信やフェイスブックで夕方を迎えてしまった。
 今日は6時から関西大学愛媛支部大会があるので、息子に市駅まで送ってもらう。大街道まで市電に乗り、伊予鉄会館に向かった。集合時間まで約1時間あったので、三越あたりでウィンドウショッピングを。
 
 同窓会には約50人の校友が集まり、母校の今を知りまた年代を超えて古き良き時代を懐かしく語り合った。
 毎回お楽しみビンゴゲームでは、いつも当たりが悪くて本当に最後の方に参加賞的なものがあたる程度だったのに、今
回は結構早目にビンゴになって実用的なものが当たった。やっぱり年女の運かな。           
    同窓会

                        記念に

明日は志高塾の勉強会があるので、椿さんには月曜日に行こう。例年通り、境内で北朝鮮による拉致被害者を救う会の活動として、早期解決のための署名とカンパをお願いしている。
 
できればいいお天気であることを願う。

隕石落下・・・何かの警告を感じる

 「ロシアに大隕石が落下して、千人からの負傷者が出たとか・・・アルマゲドンの世界が現実に? 地球に住む人間世界への警告の様な感じがしないでもない。自国の利益のみを優先するがあまり、環境破壊と平和維持の難しさが露呈してきた最近の地球人に対する何かメッセージ的なものを感じる。多くの人は気づいているのだけど、国のトップやリーダーたちが分かっていながらもプライドと権力維持のためのチキンレースになって、止められないのかも・・・止める勇気を持つジーザスは現れないのか >-<」

 ほとんど1日中、一般質問原稿書きでデスクワークに集中。
 とりあえず来週早目に提出できるように、仕上げていきたい。3月議会は補正はもとより25年の当初予算の審議が中心。私たちが今まで提案や質問してきたことがどのくらい形になり予算付けされているか、注目していかなければならない。
 また国・県の施策に従って予算化されたものも多いが、その方向性や趣旨が住民の生活にとってどうなのかという点も含めてチェックして行かなければならない。

 夕方に父の所に行って確定申告の書類を届け、手続きをしてもらい帰宅。
 夜は夫と息子3人で居酒屋に行き、息子の仕事についていろいろ議論した。夫の酔いが大分回ってきたのか、話はだんだん堂々巡りになり真剣にディベートしても意味がないので、話題は骨董品の収拾についてとなっていった。 
 夫は終始ご機嫌で帰宅後もなんやかんやとしゃべりながら、とうとう炬燵で眠りこけてしまい、ラブちゃんがじっと横で見つめていたのが可愛かった。

チョコあげた?

 「今日はバレンタインデー。我が家には夫と息子の2人の男子がいるので、昨晩からテーブルの上にそれとなくチョコレートを並べておいた。たとえ義理チョコでも喜んで受け取りその場で食べる息子と、無言で部屋に持って行く糖尿病が気になる夫の反応の違いを楽しむ私が居た。ふふふ・・・」
                         バレンタイン  
 
午前中は、デスクワークに集中。3月議会に向けて一般質問原稿を書き上げる作業に入る。
 すでに決めている2つの課題については内容的にもだいぶ固まっているのだが、あと一つ何か大事なものが抜けているような・・・それを払拭させるようなものを見つけるために、資料選択や関連作業に追われた。

 また1月末に行なった活動の原稿依頼も来ているし、2月下旬の勉強会の内容の煮詰め、3月初めの地域防災教育講座のパワーポイントの更新及び発表コンテの作成など・・忙しさがヒタヒタと忍び寄ってきているのを感じる。まだパワー7部目というところなので、シフトアップして行こう。

 午後からは久しぶりに友人と市駅近くで、ランチおよびショッピング&情報交換も。充電タイムを過ごして、すっかりリフレッシュして帰宅した。

 そんなリフレッシュした私とは逆に、ここの処テレビニュースで流れてくる事件や事故は凄惨で理不尽なものが多く、涙やこみあげてくる怒りにどうしようもない虚しさを感じてしまう。
 中でもタモン地区で起こった無差別殺傷事件は、あの南国のリゾート地が一瞬にして地獄絵のようにしてしまったようで、こんなに簡単に家族の幸福がめちゃめちゃに壊されてしまうものなのか・・・と、犯人の動機は背景は?。
 でもどんな理由があってもこんな犯罪は許されるものではない。亡くなった方や残された遺族の無念を思うと、想像を絶するものがあるだろう。

 私も子供連れで家族グループ旅行で訪ねた場所なので、余計その光景がリアルに浮かんでくる。謹んでご冥福とお見舞いを申し上げたい。

松前太陽光発電所見学

 「朝からいいお天気だが、今日は1日中忙しい。午前中は病院にて心臓エコーと心電図検査の予定日。昼からはメガソーラー松前発電所の見学。」

 午前中の病院内はさすがに混んでいたが、予約どおりの時間でスムーズに検査ができた。
 主治医の結果説明も予定通りに終わり、しかも深刻なものは何もでなかったので、ほっとした。とはいえ肥大気味の心臓はいろんな危険因子もあるので引き続きダイエットに心掛け健康的生活改善が必要となってくる。

 午後からは、四国ガス産業の松前太陽光発電所に向かう。ゆとりの時間で行ったつもりが、簡単な地図だったので曲がる道を間違えて、5分遅れで到着。
 メガソーラーの仕組みや全体の構図、太陽電池の原理や特徴・・・まるで理科や物理のお勉強?
 とにかく4768枚のパネルで太陽光エネルギーを集め、直流電気エネルギーに変換し、集合盤に集め、パワーコンディショナーへ送る。そこで交流電力に変換して昇圧トランスで電圧を上げて、売電用電力量を確保し電力会社に売却するしくみのようだ。
            研修中
 説明はパワーポイントにて聞き、実際の設備は階下の現場で話を聞くことに。目の前のパネルは傾斜10度に設定され、なるべく影を作らなくて効率よい配置にズラリと並んでいた。天気も良かったので、順調に電気量の数字をたたき出していた。今は1kwh42円の買い取り価格だが、この価格も技術革新と共に安くなっていくらしい。
    システム
                  メガソーラー
 最後にまた学習室に戻って、実際のデータを開示しながら電気主任技術者から説明を聞いた。パワコン室に設定されている機器よりデータが逐次社内のパソコンに記録され、ほとんどの管理も機械が通常的に行っているらしい。
 その後、全体質問の時間となった。海に近いこの立地リスクは地震や津波の影響を想像してしまうのだが、想定5メートルと言われる津波でもここが海抜4メートルあるのでそう影響はないとの説明があった。本当に大丈夫・・・?
      松前太陽光発電所
 3時過ぎに終わって、事務所に戻る前に父から頼まれた用事を済ませ、4時ごろからデスクワーク。
 今日も「あっ」という間に1日が終わっちゃった。

迷惑な隣国・・

 「朝はいい天気だったのに、昼から小雨が・・・天気予報通りだった。予報というか予想通りに北朝鮮も核実験を強行した。 国際非難を浴びながら瀬戸際外交を続ける迷惑な隣国に手を焼く日本。またまた拉致問題の解決の糸口すら遠退く。被害者家族の気持ちを考えると、本当に居たたまれないでしょう。」

 今朝は来客もあったし、連休明けの仕事などであちこちへの連絡や雑事に追われる。
 午後からはフラの練習。今日も振付の難しさに手と足ばらばら状態。まさに脳のトレーニングやってるみたい。
 帰りに庁舎で用事を済ませ、買い物をして夕方帰宅。ヨシケイセットで手早く夕食作り。

  ニュースを見ていると、山陽電車の踏切事故のすさまじい映像が飛び込んできた。あの阪急電車の尼崎の事故を思い出したが、想像するほど大きな人身事故にはなっていなくて「ほっ」とした。
 渋滞で遮断機に挟まれた大型トレーラーの後部と列車の接触事故で、その反動で脱線車両が横たわっていたようだ。ドライバーの過失が大きい事故だ。

 息子はいよいよ花粉症が本格的に来たみたいで、朝からものすごい迫力でくしゃみを連発させていた。いや~本当にすごい大きな音で、その度に首がすくむほどのものすごい迫力。
 本人は鼻のムズムズに堪りかねてやってるんでしょうけど、赤ちゃんでもいたらひきつけ起こしそうなくしゃみですから・・・
 さすがに夕方には耳鼻咽喉科に行って薬をもらってきたみたいけど、プールに運動不足だと言って泳ぎに行くのだから・・・。それって、どうよ~・・

充電の2日間

 「この連休は、しっかり充電。睡眠時間もたっぷり取って、朝もマイペースで家事をこなし、午後はパソコン相手にゲームや調べものメールなど。夜はスポーツ観戦。明日からの忙しい日々のためにしっかりエネルギーを蓄えて、3月議会に向けての準備に突入する。」

  この2日間は比較的穏やかな天候で戸外に出て早春を愉しめば良かったのかもしれないが、庭の花の水やりやラブとのボール遊びだったり、洗濯物を干したりする程度の外気浴びで終わった。
 
 戸外に出たくない一つには、中国の大気汚染で問題になっている有害粒子PM2.5の存在。すでに日本の西日本各地に大陸の風と共に飛来してきているようで・・・たちまちには人体への影響はないと言われているが、もうすぐ黄砂もやって来るのになんとかしてほしい。
 政府は中国に対してこの状況に対して環境基準の違いはあるかもしれないが、かつては公害大国だった日本としてそこから脱却して今日の環境立国になった経験を踏まえて、その技術提供などアドバイスできないのかしら・・・
 今は尖閣の事などで関係が冷え込んでいるから言いにくいのかしら、それとも大きなお世話と一蹴されるのが嫌なのかしら?

 夫は長浜まで草引きに行った。空き地の所有者としての義務として・・・。息子は友人と川釣りに。私はのんびり休日だった。

 夜は女子フィギュアスケートにうっとり。日本人選手たちに感動をもらって、目に熱いものも~ この頃、涙もろくなっていけませんね。齢のせいかしら?
 10年ぶりの日本人選手の表彰台独占はすごい! 彼女たちの笑顔の裏には私たちには想像もできない苦労と重圧があったのだろうが、そこから抜け出してくるのも自分との闘いに勝ってのことだから余計に心からの拍手を送りたい。
 また次の大会、そしてオリンピックと繋げていってほしい。
              独占表彰台 

コムズリーダー会へ

 「久しぶりにのんびり土曜日。いつも何か行事があってバタバタしてるんだけど、今日は午後2時からコムズリーダー会があるだけなので、マイペースで行けた。ただ愛媛マラソンの前日であることを忘れていた。」

 午後1時半過ぎに家を出て、ゆっくりコムズに向かう。たいていこの時間帯なら駐車場も空いているハズが、なんと何処もいっぱい! かなり離れた高島屋の近くまで行って、やっと空きを見つけた。
 なんでこんなに混んでいるのか・・・と後で聞くと、今日は愛媛マラソン出場者のエントリー前日手続きを行なっていて、夕方には参加者の500人ぐらいが集まって開会式があるらしくて堀之内界隈はいっぱいだったようだ。

 予定の時刻を10分ぐらい過ぎて、コムズの情報コーナーに入った。私が進行役を仰せつかって、1月20日の「コムズで遊ぼ」、26・27日の「コムズフェスティバル」の報告と反省、課題について意見を出し合った。
 おおむね成功裏に終わったが、事後アンケートを参考にしながら気づいた点を元に改善点が見つかった。
 「コムズで遊ぼ」は、会場内バザー即売会と意見や踊りパフォーマンスの発表の場となっているので、ガヤガヤの喧騒の中でやってることについて集中できないのが残念。主催者側の工夫が必要では。
 「コムズフェスティバル」では、分科会の会場機器について2年連続で持ち込みPCとプロジェクターとの不具合が起き、別の古い機器を使ったために動画を再生することができず、とても残念だった。 機器が10年前の物を使っているがゆえに、最新の機器とマッチしないのが原因のようで買い替え要望も検討してもらいたい。

 さんかく通信の発行については、原稿依頼や写真については後日ということになった。
 その他にも色々な議題があったが4時過ぎには終わり、しばらくテーブルの上の持ち寄りお土産チョコなどをつまみながら雑談にふけった。男性の新メンバーが加わって断然雰囲気が変わって、会話の幅も広がりいろんな立場での話も聞けて良かった。
 (本来、男女共同参画社会を目指して活動している会に男性が一人もいないこと自体、ちょっと不自然だったのだけどネ・・)

 夕方5時過ぎに帰宅。息子が6時にはバイトに出るというので、大慌てで夕食作り。勿論彼も自分で何かを作って行くつもりだったようだが、私の中で献立ができていたので、スピード調理で準備した。
 おかげで私たちの分も早目に出来上がって、6時半には食事も終わり片づけも早く終わって、久々に8時前に入浴できた。

 その後は、楽しみにしていたフィギアスケート4大陸大会の男子フリーと女子ショート!
 ただ高橋の不調と、カナダ選手の4回転を3回も決める演技には脅威と不安を感じた。
 女子は真央ちゃんのトリプルアクセル2年ぶりの成功には感動。明日のフリーが楽しみだ。
            真央ちゃん、ショート

寒さ、厳しい~

 「昨日よりさらに寒くなった今朝、ついに雪も降りだした。2月だから当たり前の風景なのかもしれないが、ここ松山界隈では横殴りの雪は珍しく、少し積雪もあった。体がしばれる感じで、外の空気が冷たく風が痛い感じがする。午後からも陽がさしたり曇ったりで乾燥して、喉や鼻にも影響が出そう・・」
                              寒い・・
 午前中は事務所近くの喫茶店に地域の防災士が集まり、来年度に向けての活動予定の確認とそれぞれの準備体制について話し合いを深めた。
 2月後半から5月に向けて、結構忙しいスケジュールが予想される。予定をしっかり把握して行動しないとバタバタと落ち着かない要領の悪い動きとなってしまうので、せっかくの計画が中途半端な形になってしまう。心して今年も、頑張って行こう <^0^>

 午後からは国会中継を見ながらのランチタイム、事務所でのデスクワーク。
 母の件で書類作成と連絡事項で郵便局や庁舎へも走る。ようやく戻った家には夫も息子も帰宅しており、最近できた知り合いの店に食事に行こうということになり、友人も誘って二番町のオープンしたてのおしゃれな焼き鳥家に向かった。
 吹きガラスの口触りのいいグラスや、こだわりの器に乗った食材は食欲をかき立てる。カロリーを気にしながらの食事制限を心がけようとしている私には、本能との葛藤だった。
 え~い、明日の食事で調節しよう!・・・と、ワインも息子と1本空けちゃった。反省~~~

何事も活性化しないとね・・

 「久しぶりに冬に逆戻りの寒さ。朝がまた辛くなっちゃいますね。ラブちゃんをシャンプー・カットに預けた後、事務所にてデスクワーク。昼からは議会活性勉強会に向けての打ち合わせに出向く。約1時間少々、今後の会の持ち方、進め方について話し合う。」

 午後からの打ち合わせ準備で、急ぎレジュメを作成。
 開かれたかれた議会とは、またその運営は?… これまでもいろんな形で勉強してきたが、大本となる基本条例の作成も大事だが、その前に今の議会の見直しも進んでやっていかなければならない。
 基本条例作成の過程にはみんなのコンセンサスがある程度必要だが、まだ条例そのものの理解が不十分なので、それについては外部の専門的な講師も時期が来れば要請する必要があるだろう。 もう少し時間もかかるし、勉強会もこの6月に1年を迎えるのでそれまでには具体的な進展がほしいところだ。

 打ち合わせ後、文化センターのふるさと学習室で文化協会30周年記念展示会の作品群も見せて頂き、みなさんの力作に感心。

 さらに庁舎ロビーにて、フレッシュ・リブまさきの男女共同参画学習会のワークショップシートや関連標語の展示を見せてもらった。家事や育児での夫婦の協力体制はだいぶ出来つつあるのは夫婦共働き家庭も増えた中で当然の流れでしょうが、ワークライフバランスの考えや政策決定への女性の参画がまだまだ不十分で、その気づきの部分でも学習する機会を増やし推進できる社会づくりに努力していかなければならないなと展示物を見ながら感じた。
  標語作品
               ワークショップ
 夕方5時ころ、ラブのお迎えに行った。「まあ、どこの美人犬でしょう!」と思うぐらい、きれいにカットされてぐっと細くなったように見えるのがすごいね。毛が伸びてムク犬みたいになっていたラブちゃんが、トイプードルにもどった瞬間だった。
                               美犬でしょ!

カロリー制限、ツライ・・?

 「雨が続いて、一雨ごとに暖かくなるような感じではあるが、東日本ではまた雪が・・・。なかなか春が来ない、まるで復興が遠い東北地方を象徴しているようだ。その上ここの所、夜遅くに地震が起こる。今日はソロモン海で大きな地震があって津波警報がずっと出ていた。不気味な感じがする。」

 朝はゆっくり目の目覚めで、夫はさっさと仕事に出て行った。
 8時半の朝食に、家事を済ませて事務所に入ったのは10時半近くになっていた。

 午後からバドミントンで思い切り体を動かした。食事もカロリーをかなり気にしながら食べて腹8分目ぐらいで我慢してる分、お腹もすく。
 しっかり汗を掻いて気持ち良くなったところで、中川原のグループホームで母との時間を楽しんだ父を迎えに行く。
 そのまま父の施設に送り届けるつもりが、父からのリクエストでエミフルに買い物に。長年使っていた電気カミソリが壊れたので買い替えたいとのこと。デオデオで気に入ったものを見つけた父は、上機嫌でお茶も飲みたいと誘う。親孝行と思って付き合ったのだが、おかげで事務所に戻る時間は無くなった。

 夕食を作りながら、レシピの横に書いてあるカロリーを気にしてしまう。今日はトータルどれほどだったんだろうとか・・・聞くところによると、そういう計算をしてくれるアプリがあるとか。ちょっと興味がある。近いうちに調べてみよう。あ~お腹が空いた。水でも飲んでおこう。
                           我慢、がまん・・

食習慣を見直そう!

 「昨日に比べて少し冬に逆戻りか。午前中は保健センターにて栄養指導を受けた。年齢が年齢だけに、いろいろと気をつけなければネ・・」

 約1時間の栄養指導を受けて、やはり健康のためには食事の見直しなどしっかり見つめていかなければと強く感じた。自分の健康はもちろん、家族にとっても重篤な病気や命に関わってくるのだと。特に年齢がいけばいくほどね・・。
 11時半までに史談会に校正した原稿を持って行かなきゃならないので、かなり焦りながらの健康相談だった。思っていたより、お話が長かったので。
 
 史談会にはギリギリまで待ってもらい、何とか間に合って最後の校正で最終的に印刷に入ることに。
 また4月の県外研修の説明なども受け、参加のお誘いを受けた。

 昼からはフラダンスの練習。今日は私たちのサークルに新しい仲間が増えた。フラ経験のある方が入られ、みんな張り切って練習。仲間が増えるのはいいことですね。
                        フラ練習
 そのあと3時ごろから夫の従姉と、叔父の様子や私の父の米寿の祝いのコラボの打診もしてみたが、やはり昨年脳梗塞で倒れた叔父にはその後の症状も芳しくなくて、自宅療養も厳しく施設療養は避けられないとのことだったので、父と一緒には難しそうだった。

 帰りに買い物を済ませ夕食を作り、7時前には地域の補導委員さんの集まりに参加。
 この前の交通安全上に危険スポットの確認をした場所で、対策を講じることのできた地点について確認や顛末について説明させてもらった。また更に気付きのあった問題点などを発表してもらって、今後の参考にさせてもらった。

 学校の近くまで行くのに降り出した雨がやむ気配もなく、行きも帰りも歩きとなった。 明日は止むかしら?

素晴らしい座談会でした!

 「今日は立春だ、いよいよ春到来。でも昨夜からの雨模様で、昨日から干しているバスタオルがすっかり濡れていた。取り込みを忘れて、結局乾燥機に懸けることになって無駄をしてしまった。今日は10時から活き活き座談会があるので、福祉センターの会場に向かった。」

 午前中はネットワーク松前主催の座談会「シニア世代を生き生きと」に参加。
 朝から天気も悪いので、どれほどお客さんが来てくれるかとても不安だったけど予想よりはるかに大勢の方が来て下さって良かった。

 10時から2時間、25名ほどの皆さんに「今をどう生き生きと暮らしているか」高齢の方から順に話してもらった。
 ・金婚式以降深まった夫婦の絆
 ・みそ汁作りを初めてトライしてからの妻への感謝
 ・スキンシップで夫婦円満
 ・相方を亡くして今の独身としての生き方やその悲しみを乗り越えて今に至った道のり
 ・年金生活から自分の人生の見直し
 ・できた自由の時間の使い方
など・・、楽しいまたある時は耳の痛くなるような人生の先輩からの人生訓があったり、素晴らしい座談会となった。
       座談会
 お昼は来れる方でランチを。みんなで隣のエミフル、「ジャンジャカ」へ。
 そこでもワイワイ11人で、まさに熟女の女子会第2弾。これもまた楽しいひと時を過ごした。

 2時前に庁舎に戻り、地域のことでまちづくり課へ相談に。
 そのあと3時前には事務所に戻り、史談会原稿2次校正の物を読み返しチェック。写真や地図に若干の不足があるのに気づき、明日の会合でお渡しできると思うが・・・校了までに間に合うかな?

 明日午前中は、昨年受けた総合健診の結果を踏まえて栄養指導を受けることになっている。今日食べた朝・昼・晩の食事内容を書いた書面を持参することに。
 昼は焼き肉セットなんか食べてるし、なんか言われそう・・・??

公民館活動研究大会

 「今日は節分で、明日は立春。いや~朝から暖かく、こんなに暖かいと梅もすぐに開花するのでは。今日の予定は、公民館研究大会と州外学習推進大会で文化センターに向かった。」

 ★少し春が近づいてきたような気分になる、そんな暖かい一日だった。洗濯物も良く乾き、嬉しいなぁ~。
 朝は息子がラブちゃんのお供で散歩へ。でも帰ってきたラブの足は泥だらけ・・。どうも川岸近くを歩いたようだ。このままでは部屋には上げれないので、風呂場へ直行! 洗ってキレイになったし、気持ち良かった?

 ★午後から、公民館研究大会に参加。
           公民館研究大会
 公民館の活動発表会に西高柳もシンポジストとして入っていたので、余計興味もあって参加した。
 東・西・北の公民館のそれぞれの地域から、神崎・本村・西高柳の主事さんたちが24年度の活動内容を紹介し、今後の課題についても発表があった。
            
 パワーポイントでのプレゼンだが、最初の時点でプロジェクタ―との不具合で少し時間がかかった。コーディネイターの田中氏の機転で上手に時間を使って、事なきを得ずにスムーズにシンポジウムを進行させていかれた。
  これからの公民館活動には何が必要か、最後のまとめに3つの視点を上げられた。
 ・活性化する地域の条件
 ①新たな目標
 ②活動しようとする人がその思いをみんなで共有する
 ③実際に活動する。実践する
 ・地域コミュニティを大切に
 ・伝統文化の承継、誰にも大切な故郷の文化を伝承していくこと

 シンポジューム後にTBSテレビ解説委員の杉尾秀哉氏の講演があった。
 演題は『報道の現場からこれからの日本を考える』
 みのもんたさんの朝ズバにもコメンテーターとして出演されている杉尾氏は、話すことのプロだけあって聞き取りやすい語り口でわかりやすく、最初は番組の裏話から初めて、政治、経済そして最後に地域再生の鍵は・・・というふうにまとめ、あっという間の1時間15分のお話でした。
             杉尾秀哉氏
 特に安倍政権の行方と政局に関しては、今年7月21日ぐらいにある参議院選挙がカギとなると言い切り、アベノミクスという経済政策の長所・短所を明確に分析。
 でもいかに日本経済が厳しい状況に置かれているかは、私たちにもよく分かった。そして、簡単に好転しない背景に日本の超高齢・少子化時代があり、国際競争力が以前よりずいぶん弱くなっていることなどを挙げていた。
 ただこれに関してTPPについて触れなかったのは彼の何か意図があったのか、ここはちょっと疑問だった。
 最後の地域活性化の例を出しながらの話は、少々ネタ切れというかさほど新鮮味を感じない先進事例だった。

 テレビで見る時は座っている姿が多いので立って動きながら話される姿を見ると、意外と小柄な方のように思えた。

 1時から始まった大会も4時半には終わり、帰りに夕食の買い物もしたのだけど、結局近くの中華店で夫と二人で済ませた。
 ただ初めて行ったその店はから揚げの美味しい店なのだが、野菜炒めや中華焼きそばなどを単品で注文したら一皿それぞれがすごい量で、思わずそれを見ただけでお腹がいっぱいになりそうな盛り付けだった。

 若い学生さんかスポーツ選手なら完食できるだろうけど、とてもじゃないが食べれそうなものでないので、もったいないが半分以上残してしまった。食べ物の神様に叱られそうだが・・・

陽気の中、家事をガンバル

 「今日はまるで4月のように暖かく室温も16度になっていた。私は自宅で、洗濯・掃除の普段できていない家事を行なう。」

 少しゆっくりめの朝を迎え、息子と3人でモーニングに出掛けた。その後はそれぞれ仕事に移り、私は家事を。部屋の掃除や洗濯、普段あまり出来ていない家事をボチボチ・・と行なった。

 4月の様な陽気の中、2時ごろラブを連れてお散歩。肌にあたるそよ風が心地よく、春の予感そのものだった。
 買い物にも行き、夕方からの地域の会合に間に合わせて
食事の準備などで結構忙しかった。

 夜は今年初めての地域役員会に出席。
 今年もなるべく地域の会合には参加しようと思っている。話し合いの内容によっては行政へと繋ないでいくものもあるだろうし、みなさんがスムーズな地域活動ができるようにお
手伝いできればと考えている。

  帰宅後は、めずらしくNHKの社会派ドラマを視た。大手国内家電メーカーが中国の中堅家電メーカーに技術を盗まれ、倒産寸前の状態に。企業の生き残りをかけたすさまじい企業間戦争、その中にリアルな人間模様が絡まってなかなか重い内容のドラマだった。

 3回物で今日はその2回目、次回の放送が楽しみだ。
 ある意味、現実に円高不況で老舗と言われた家電メーカーがアジアの国々にそのシェアを取られ、危機的状況になっている例が
実際にあるので、長引くデフレからの脱却はまさに急務の課題だったのだと改めて感じさせられるものだった。

 午後11時過ぎに、地震の緊急速報が入った。北海道帯広や釧路あたりがきつかったようで、震度5強もあったようだ。なんだかこのところよく地震の速報が入るのが不気味に感じる。

2月です。早~い

「いよいよ2月。今日はNHKのテレビ放送が始まって60年の記念の日らしい。まさに私が生まれた時とほぼ同時に始まって、私はテレビの歴史と完全に被るわけだ。今は一家に複数台はあるテレビだが、若者を中心にテレビを観ない世代も増えてきているみたいで、番組作りや魅力ある放送や画像でないと視てくれない時代となってきた。」

 朝から事務所にてデスクワーク。来客もあったが、11時ごろから福祉センターへ向かう。
 書類を取りに行って、帰りに地域の方々とお茶をする。
 その後、広報の裏表紙に掲載させてもらったので体育館に行き、出来た記事を見てもらった。

 帰りにエミフルにで母の誕生日プレゼントを買って、父と共にグループホームの母を訪ねた。1日早い83歳のお誕生日祝いとして、プレゼントを渡した。
 母はお昼寝から覚めたばかりだったのか、ちょっと不機嫌そうな顔をしていたが、私たちの帰り際には少し笑顔になってくれた。

 夕方からはスタッフと共に夫の知り合いや友人たちと食事会をして、楽しいひと時を過ごした。帰りは大雨になっていたのでビックリだった。