FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

長崎へ

 「朝まだ暗いうちから自宅を出発。八幡浜まで1時間ほど、別府には9時過ぎに着き、ひたすら長崎に向かって走りました。渋滞もなくスムーズに1日目のホテル【ニュー長崎】に到着しました。」

 昼食はホテルで簡単に済ませ、親戚のおば様とロビーで待ち合わせ。
 長崎での第一目的のお墓参りに向かった。
 少し泣き出しそうな空を見上げながら、タクシーを待たせての墓参りでちょっと焦りましたが、漸く来れて「ほっ」としたような気分になった。

 そのあと川平に足を伸ばし、父が大家になっているグリーンハイツにも立ち寄り外から写真を撮った。近くの親戚の家にも寄り、昨年亡くなったおばあさんにお供えをさせてもらい、少しばかり嫁さんと談笑してバスで市内に戻った。
    P1050335.jpg P1050339.jpg   
 
 そのあと出島やその周りの商店街などを観て回って、予約していた卓袱料理の店に行き、おば様と昔話をしながら出てくる料理を楽しんで長崎の夜を満喫した。

  P1050340.jpg P1050342.jpg P1050345.jpg    

世紀のウェディング

 「今日は昭和の日で祝日。そして東北大震災の日から50日目となります。国会は休み返上で震災対策や復興支援のための大規模な補正予算のために集中審議。早く決めて支援のスピード化を願います。」

 朝からとても良いお天気なので、気持ちの良い庭で雑草引きを。
 長く座って作業してると膝が痛くなるので、立ったり座ったりしながら行なった。

 また午前中にラブちゃんを預けに、動物病院に。
 明日の早朝から九州へ2泊3日の旅に出るので、お願いしてきた。

 昼からは、明日の準備や溜まっている家事の一部をパパッと片付けて、夜は観たいテレビに専念できるように、夕食も早めに済ませた。

 そうです。今日はウイリアム王子とケイト嬢のロイヤルウェディングの中継、さらには女子のフィギアスケートショートプログラムなどなど・・・。
 article-1381944-0BD4297200000578-164_634x465[1] 20110429-00000006-maiall-000-8-thumb[1]

 明日の出発が午前4時半という事を考えると早く寝ないといけないが、明日の運転は全部夫なので 「ま、いいか~」
 だから、彼はもうとっくに高いびきで寝ている・・。
   

気温の変化に大変です

 「昨日の暑さからまた一転、風が強く寒く感じた。」
 
 午前中は更生婦人会松前支部総会に出席。
 長年会長を務められた永見氏の引退表明があり、本当にご苦労さまでした。

 そのあと福祉センターにある社会福祉協議会へ。
 今回の東北大震災の被災地に対して、直接的に関われるボランティアの事やマッチングしたニーズ情報の入手についてなど聞きに行った。
 まだ充分に掌握しきれていないのが現状のようだが、今後整理されてきたら是非連絡を・・ということでお願いしてきた。

 庁舎議会事務局へ行くと、デスクの上に3月定例議会だよりが配られていた。不安と期待を持ってページをめくると・・・やはりまだまだ改善点もあるが、以前に比べてオールカラーになって随分見やすくなったような気がする。これからもより良い議会だよりが提供できるように頑張らねば・・・と自分に誓った。

 午後3時過ぎに父の呼び出しでエンゼルに行き、父を連れてエミフルへ。
 用事を済ませ、久々にスターバックスでコーヒーブレイク。
 自転車という機動力を心臓へのリスクという事で取り上げちゃった為、溜まったストレス解消になったかな・・・。 やはり時々ガス抜きしないと、このイライラが返ってリスクになったりしそうだ。

悪天候にビックリ

 「今日の天候は晴れのち大雨と雷、まさに急展開・・。渇水気味だったんで少し潤ったかな?」

 事務所でデスクワークをしてると来客あり、お話しているとすぐ昼が来た。
 
 午前中は雨が降る様子がなかったのに、午後は急に周りが暗くなり雨足もきつく雷も轟音をたて風も強く嵐のような天候となった。

 今日はバドミントンの日なので、ついでに父を迎えに行き母のいるグループホームに降ろした。
 私は近くの増進センターの町営体育館で2時間程バドを楽しんで、帰りに父を迎えに行きエンゼルまで連れて帰った。
 
 その時間が父にとっては至福の時なんだろう、とっても満足気な顔をしていた。
 これも親孝行の一端だと思い、行けるときはこういう形でアッシー君をやるしかないなと思った。

 ただこの悪天候の中、2階の窓を開けっぱなしにして来たような・・、また一匹で留守番しているラブのことも気になって仕方なかったが、帰るまではどうしようもない・・・。
 
 帰るなり確認すると、窓はおかげさまで閉まっており雨の吹き込みはなく無事だった
 ラブちゃんは・・というと、これまた意外とケロッとしていたので 「ほっ」 とした。案外雷の音には、強いみたい。 (取り越し苦労?)

今日は夏日! 私も沸騰?

 「昨日と比較しさらに暖かくなり、西日本中心に夏日を記録した。松山市はまたまた渇水の危機が取りざたされている。」

 朝から気温がどんどん上がり、半袖でもOKみたいな暑さを感じるものだった。
 この調子でいくと、ゴールデンウイークの天候はかなり暑く良いお天気になりそう。

 10時に来客あり。話題はやっぱり東北大震災や原発についてである。

 ★午後からは自宅で久しぶりに家事を?
 少し陽がやさしくなった所で、庭の花の一部入れ替えをするなどのガーデニングを。
   P1050330.jpg P1050331.jpg
 夕方、国会(第1次補正予算委員会)中継で、今回の東北大震災関連の集中審議をしていた。
 被災地出身の議員さんたちから様々な要求や確認の質問が出ていた。
 まさに戦後最大の国難とも言える被害を被った被災地の復興や、避難生活を送っている被災者の生活再建、原発被害の補償問題など・・・早急な対応が必要なものばかりだ。

 質問の後半には、菅総理の初期段階の対応のまずさなどを追及しながら退任を迫るものが多かった。
 また夜のニュースで、同じ民主党内で菅後の旗揚げを小沢さんを担ぎ出そうとしているグループあたりから出ていると聞いて、とっても残念な気がしてまた情けない思いがした。
 別に菅首相を養護するわけではないが、今政治に停滞する時間や勢力争いをしている時間は全くないわけで、被災者のために与野党一致団結してことに当たっていくべき時に、何をかいわんかである。

 火事現場で、中にまだ救助を求めている人がいる時に誰が助けに行くかを側で揉めているような、そんなおろかな光景をみているようだ。
 ここは冷静に、ある程度の道筋ができるまでは被災者生活再建・復興に全力傾注して、政局政争はその後だろう・・・
            怒り

頑張れ福島!

 「届きました! 福島から【ガンバレパック】の品々。2キロの米、イチゴ2パック、桃ジュース2本、きゅうり10本のセット。32個入りのトマトケースは土曜日に既に届いていた。」

 あらかじめいつもの仲間にメールでお知らせはしていたが皆さん忙しかったのか集まりが良くなかったが、こちらで適当に分けさせてもらい届けたりもした。
 一部は庁舎の方でも分け合い皆さんにお試しで食べてもらって、良ければ今度は注文という形にさせてもらった。
           P1050327.jpg  

 早速トマトは姉にも贈り、桃ジュースが喉越しが良いのでリピート注文した。また多くの人に試飲してもらおうと考えている。今の季節なら冷やさずに飲めるようなスッキリ感がいいねえ。

 夕飯には福島のコシヒカリを炊いて、新鮮なトマトときゅうりも食べた。美味しかった。
 風評被害にさらされている作物たちが可哀想。みんなが正しい知識を持って、これまでどおり利用してあげれば被害を受けた部分だけの復興に専念できて、被害を受けてない部分についてはその間頑張ってもらい、全体として元気になる起動力となるところでしょう。

 ネット販売で全国に発信しているJA新ふくしまさんの野菜や果物及びジュースなどの加工品・お米(こしひかり)など、私は今回購入・試食してみて良かったので皆さんにお勧めしたいです。是非アクセスしてみて・・。

 助川農園の親ばかトマトも甘くてジューシー。中玉5.5センチ直径がおすすめ、有機栽培でエコな食品です。

 できることから応援していきまっしょい・・・
              ガッツ

西高柳運動会

 「西高柳運動会。地域の大勢の人々が近くの小学校体育館に集合して、午前中いっぱい12の種目と防災訓練に汗を流しました。」
 
  ★地域のお年寄りから子どもさんたちまでまさに三世代交流の場として、今年で34回を数える西高柳の運動会に参加して楽しいひと時を過ごした。
 以下写真で紹介します。

  プログラム1~3
    プログラム4~ 
  11、12
  
   防災訓練
  ☆みなさん、真剣に取り込みました☆

 昼過ぎには、父の相談を受けエンゼルへ。
 自転車に乗れない不便さについていろいろ文句を言いつつ、自分の体のこともあって、ただのボヤキのような話ではあったが当面半年は我慢我慢。
 そして秋の検査でドクターからOKがでれば、電動自転車でも購入したらという話で落ち着いた。

 夕方、MIFAの集まりがあり、そこで今年度の決算・事業報告・来年度予算事業計画の発表の場でもある総会についての話し合いを行う。
 開催日時や内容等を検討し、5月末までに素案をまとめ、6月末から7月初めの日程で開催する方針に決まった。

 そのあと会員で元ジャイカのメンバーであるH氏の送別会を、三津の料理屋さんで行なった。
 いや~次から次へと出るお魚料理にお腹一杯に。またまたカロリーオーバーか?
 明日から当分、粗食で過ごそう・・・と決心した。(本当??)

会食で充実のひと時を・・

 「久しぶりに友人夫妻と共に夕食会をした。話はもっぱら東日本大震災に関するもので、今後の復興や私たちができる支援とは・・・など、ヒートアップした話となった。」
 
 朝から事務所にて、デスクワーク。
 また広報紙編集委員としての心得や出版についてのエッセンス的な本をじっくり読んでみた。自分たちのしてる事の評価につながる部分など反省する所も多いことに気が付き、これらを在る程度ポイントを絞り込んで、近いうちに広報委員会で話題にしたいと思った。

 夕方7時に市内で友人夫妻と会うことになっており車を走らすのに、中心部に行くにつれかなりの渋滞に巻き込まれ少々遅れてしまった。
 昨年の忘年会以来の食事会だ。
 私と友人とは20数年来の仲で、子どものこと家庭内のことなどお互いよく相談し合いながら親しくお付き合いさせてもらっている。夫同士はそれよりは10年後ぐらいから一緒に会うようになった。そう、子どもたち抜きでお付き合いできるようになってからだ。

 利害関係なしで中高年夫婦同志だから、お話も本当に楽しいし充実した時間が過ごせるところがいいね。
 これからはお互い、親の介護の件や自分自身の健康についても話の中身としてウエイトを占めるようになってくるだろう。いつまでも元気でいたいものだが・・。

不安定な天候

 「また春らしいポカポカ陽気が戻ってきた。2~3日朝晩が特に寒くて、衣類の選択に困った。薄着すると風邪を引きそうだし、体調管理も難しい季節だ。」
 
 ここ2、3日の寒さは被災者の方々にはキツイものだったでしょうに、今日は更に原発避難命令の出たところに立ち入り禁止命令が出て、着の身着のままで避難してきた人々には過酷な結果を招いている。
 国や東電のやり方に何かしら納得いかない対応を感じる。

  受け入れ側の近隣の市町村も放射線に敏感になりすぎて、つくば市などでは避難してきた人たちの放射能チェックなどを行なって、さらに心を痛める結果になった。

 今後の復興までの長い時間の中で、私たちの出来ることを、被災者の方々にとって一緒に元気になってもらえることを、真剣に考えていかなければならないだろう。

  午後から議会事務局で、委員長と今度訪問する研修先の日置市について事前打合せをした。
 また総務課から、松前町の地域防災計画書(枕になるぐらいの分厚い本)を頂いて帰る。事前予習もしなければ~

一足ちがい?

 「バドミントンするつもりで行ったが、ちょっと遅かったかな・・・3人集まっていたらしいが、4人揃わないのでと帰っちゃったみたい。残念10分違いだった?」

  朝から事務所にてデスクワークやパソコン検索。
 ゴールデンウィーク前半で、長らくご無沙汰していた長崎にある私の祖父母やご先祖様のお墓参りを兼ねて小旅行をすることになり、宿泊先確保にトライ。

 震災より自粛気味の旅行業界と聞いていたので、今頃から検索しても充分空いていると思っていたが・・・やはりゴールデンウィーク。 しかも九州となると結構満室だ・・・取りあえず何とかゲットできたので ホッ。

 11時半に、10時から母のグループホームに行ってた父から電話が入り迎えに行くことに。
 行くと二人仲良く並んでソファに座り、大きな52型のテレビを見ていた。微笑ましい光景だ。   
                  仲良く 

 午後から庁舎に、まつかぜの最終印刷仕上がり確認に行った。
 そこで談笑後バドミントンに向かったが、2時半近くになっていたものだからメンバー不揃いで解散した後だった・・・残念。

 4時過ぎ、いつもの定期健診の病院に。
 4月から新しい先生に代わったけど、今度の先生も真面目そうで適切なアドバイスしてくれそうな先生だったから安心した。
 ここのところ右足のだるさが気になっていたのだが・・。

冬に逆戻り?・・

 「ご無沙汰していた友人とエミフルで昼食を共にし、人生模様について語り合った。」

 午前中は、昨日に引き続いて福島県の農産物の試験的取り寄せのため、色々なサイトにアクセスしてみた。
 とりあえずJAふくしまのセット野菜を3セットと別のところからトマトの箱物を購入してみた。届く日が楽しみだ。

 11時半ごろ、昨年末からピタッと来てなかった友人が尋ねてきた。
 彼女は仕事の事やいろんなことで大変だった時期をとりあえず乗り越えて、私とも話が出来るほどの状態になって尋ねてきてくれたみたい。

 せっかくだからランチとコーヒーを共にしながら、事の顛末について話てくれた。
 時間的にフラの練習に行く時間が無くなったが、彼女との時間を優先した。

 その後彼女と別れて庁舎に行き、コミュニティバスの巡回道路の確認を行なう。父が利用できる方法について考えてみようと思った。

 今日は1日中、冬に戻ったような寒さと風に悩まされる日だった。
 東北の被災地では霙交じりの雪まで降って、まだ試練を与えるのか・・・と思うほどだった。
 早く暖かくなって欲しいよね。
                       kagayaku_e[1]

もっと建設的に

 「東日本大震災で被害のあった被災地の農・水産業に少しでも元気になってもらえるように、風評被害に悩む福島県の生産品をネット購入しようとアクセスすると、これが案外在庫切れになっているのにビックリ!」

 今日は朝からまつかぜの最終チェック、議会事務局で作業。
 そこでも議員仲間で、被災者への支援についてや原発の事が話題に。

 私は試験的に福島の野菜やフルーツなどをネット購入してみるつもりだ。良ければいろんな有志に声がけして、共同購入しても良いかなとも考えている。まずは、トライアルだ。

 それにしても国会中継を見ていて、なんとも情けない感じがした。
 今被災地の人たちがどんな思いで毎日を過ごし、明日に希望を繋いで頑張ろうと上昇思考で進んでいるのに、国会議員の皆さんは政府批判や閣僚批判にばかり突出し、今そしてこれからをどうして行くべきかの話が全く見えない。
 過去や今までの行動言動の批判や退陣請求に終始しているが、建設的な意見や大胆なアイデアで被災者が安心できる、また希望がもてる話ができないのか・・・

 今、権力争いしてる場合ではないでしょう・・・と言いたい。

 そして一刻も早く一時金として義援金の分配をしてあげてほしい。そのためには市町村の機能が不可欠だ。
 多分、多くの行政職員が被災者でもあり、人数も減った中でその作業をしなければならないわけだから大変だ。住民の把握もかなり難しい中で、双方情報が少しでもスムーズにできることを祈る。

 その掌握のために情報収集とデータ化して一覧できるHPを作成したNPOもあるとか・・・民間と公的機関も協力して、よりスピード化した作業が望まれる。
 
頑張ろう! みんなで。

今日はゆっくりしたい・・

 「朝から帰る準備。7時に起きて朝食を摂り、8時半にはチェックアウト。10時50分のフライとで12時前には松山到着。まさに24時間で大阪1泊2日の旅をこなした。」

 空港からの帰り道に預けてたラブを迎えに行き、1時前には帰宅。
 夫は急ぎ詩吟の会に出掛け、私は荷物の片付けなどして買い物に出る。
 戻ってから遅い昼食を摂り、夕方までゆっくりさせてもらった。

 家に戻ったラブは嬉しくてたまらないのか、庭で走り回ったりボール遊びをしてくれとしきりに催促してくるのだが、こっちがあまり乗らないと諦めていつの間にかふて寝してた・・・かわいいものです。

 また明日から仕事が始まる。キリッとモードを入れ替えガンバロー。
        

吟詩部OB会

 「午後の便で夫と共に大阪へ。大学時代に所属していた部のOB会に出席。」

 朝9時、来る24日の地域運動会のプログラム演目「防災訓練」について、防災士会議を集会所にて行う。
 内容についての実施要領や共通認識の確認などを行なった。今回の訓練は以下のとおり。

 ・心肺蘇生法とAEDの使用手順
 24日の私の役割分担も決まり、会は10時終了。

 11時30分、夫の車で空港へ。
 早めの昼食を済ませ、13時5分のフライとで大阪(伊丹)へ。
 3時過ぎに予約していた淀屋橋の三井ガーデンホテルへ到着。

 今日は関西大学吟詩部OB会総会だ。夫たち(19代)が60歳の還暦を迎えるので赤いちゃんちゃんこの代わりにベストを進呈されお祝いされた。
                  P1050217.jpg
 他のOB・OGたち総勢70名が集い午後5時から始まった総会は1時間45分かかり、やっと懇親会に入った。
 
 現在、現役生6名(全員女性で58代主将も女性)、ここの所ずっと1ケタの現役生でしかも女性がほとんどらしい・・。
 私たちの頃は全体で50名くらいはおり、各代2ケタを保持していた。ピーク時には部員が100名近くいた頃もあったようで・・。しかも、ほとんどが男性で学ラン姿の【バンカラクラブ】だったのに、時代が変わればやはり変わるものですね・・。

 今は部員も少なく、実際のところOB会が現役を支えて何とか存続している感が強いですね。廃部になったりしたら、拠りどころがなくなって淋しいですから頑張らないとネ。
         P1050213.jpg
 
 私はその後の会(21代の集まり)に参加するため中座したが、夫は最後(9時半過ぎ)の散会までいて、11時過ぎにホテルに戻ったらしい。

 私はというと・・久し振り(そう3年振り?)に顔を合わせたこともあって積もる話でいっぱいで、食事後にカラオケ・ショットバー・・と心ゆくまで楽しんだ。やっぱり学生時代の仲間って年をとっても何か通じ合うものがあって楽しいものだ。
 
 午前2時過ぎにホテルに戻ると夫は既に爆睡しており(当たり前だ・・)、鍵がかかって部屋に入れない ・・困ったもんだ。(キーが1つしかないのは不便ですね。)フロントに行って、何とか開けてもらえましたが・・・

お花見

 「ヤッパリ私は晴れ女だ。予報では午前が50%、午後から70%の降水確率となっていたが、お昼前にパラパラとはきただけでほとんど降らず、昼2時過ぎには日が差してきてその後は晴れ模様で雨の降る気配はいっさいなくなり、私たちの半日旅行は充分楽しめた。」
 
 朝の散歩の時はちょっと怪しい雲行きだったが、なんとかもって10時のエミフル集合時には全く降っていなかった。
 今日はバドミントン仲間6人で中山方面に桜(お花見を兼ねて)や花の森ホテルでのランチを楽しむ半日旅行を予定していたので何としてもお天気の機嫌を損ねたくなかった。

 仲間の一人が、いつもはしない早起きをしたので、雨が振るのでは・・・と思われていたようだが、私の晴れ女パワーの方が強さで勝っていたようだ。

 エミフルでワゴンタイプの車に乗り換えて、みんなでワイワイおしゃべりしながら【中山フラワーセンター】に到着。
 そこで早速花の苗やガーデングッズなどの買い物を楽しみ、中の見学もした。
            P1050207.jpg

 花の森ホテルのランチは12時に予約してあるので、まだ時間の余裕があり近くの【遊栗館】へ移動。
 途中ブランコや長い滑り台などのある公園を通り抜けて、そこではヘルシーバイキングなどもやっており結構お客さんも入っていた。
 また小さなアートギャラリーなどがあって、押し花展をやっていた。

 栗羊羹、栗まんじゅう、栗パンケーキなども販売しており、もちろん甘いものに弱い女性群にはたまらない誘惑の品々でした。

 そろそろ12時近くになったのでホテルに戻り始めたが、上り坂はキツかった。行きは下りでラクした分、ホテルに着いた時にはみんな息も上がっていて、その分お腹も空いた。
 予め注文していたコースものだったので、いったん料理が出始めたらスムーズに次々と料理が出て、結構お腹いっぱい。美味しかった♪。

 帰りには【クラフトの里】により買い物をして、【パン工房】で焼きたてパンなど購入した。無料コーヒーが飲めたので横のベランダで一息ついて、今買ったパンをつまんで食べた。これって別腹?

 桜を愛でるよりは、お買いものにおしゃべりとグルメ旅・・・中年オバサンの定番だけど、気の合う仲間との旅でリラックスできて楽しい。

 帰りの車中では、もう次の旅の計画が始まった。「今度は是非1泊しての格安ツアー参加をしたいね!」という話になって、言いだしっぺの私に世話役が廻ってきたみたい。検討してみましょう。

 2時半には戻ってきて、解散。
 私はその足で庁舎事務局に行き、まつかぜの印刷上がりの色具合の確認を行なう。
 また総務の研修についても、相手先の承諾を得て日程の細かい調整を行なう。これで5月18~20日で決定だ。

 4時過ぎに事務所に寄り、事務連絡をして自宅には5時前に。
 そして6時には近所の方のお通夜に参列。
 
 帰宅後(7時半ごろ)今度新しくできた韓国料理の店に行った。う~ん、本場ソウルで食べてる韓国料理とはだいぶ味が違う。残念だけど・・、どれも・・特にキムチの味に深みがなくて、私たちはちょっとリピーターにはなれないな・・。

リラックスタイム

 「1日中よく晴れて暖かい日でした。桜の季節もあと僅かになってきたようだ。午前中で仕事も終わり、久しぶりに庭で新しい花の苗などを植えてミニガーデニング。」 
  P1050193.jpg P1050194.jpg P1050195.jpg            
 庭に出て水遣りや花の植え替えなどやっていると、ミニバラの新芽にたくさんのアブラムシがくっついていたのを見つけので早速殺虫剤を吹きつけた。
 5月には多くの花をつけるので、害虫には要注意だ。

 花の世話をしたあと、ラブちゃんとボール遊びをしたり追っかけこをしたりしてやると、とっても嬉しそうに走りまわっていましたが、パパが帰ってくると今度は彼の足の周りでクンクン言って甘えて、散歩の催促。
 もちろん1時間ほど海岸べりまで歩いていくのにお供して、さすがに帰ってきたときはお疲れモードだったみたい。
   P1050201.jpg P1050196.jpg
 たまにはこんなのんびりした日があっても良いのかなと思った。明日からの力を蓄えることができたみたい。

 明日は天気が下り坂と予報では言っていたが、私は晴れ女だし大丈夫だと思う。せっかくの花見の予定が入ってるんだから・・・

老人会総会

 「地域の老人会総会にお招きを受ける。近くの集会所に大勢の元気な高齢者が集まり大広間は賑やかな雰囲気に包まれていた。」

 朝から事務所にて、広報作成工程表や常任委員会研修先への研修内容・質問事項などの作成を行なう。途中、来客もあったりでバタバタと時間が過ぎていった。

 11時、地域の老人会総会にお招きを頂いていたので、集会所のほうへ移動。
 祝辞を述べさせてもらい、その中で東北大震災の被災地救援・復興の支援として、向こうの農・水産物の購入や消費が経済活性の一助となるのだと話した。すると是非協力したいという反応があり、3時過ぎに庁舎に立ち寄り産業課に繋いだ。
 松前の商工会が受け皿になってもらって支援が出来たらとも思う。

 総会後の食事会の折には、皆さんから町への色々な要望や質問を聞かせてもらった。即答出来ない件についてはその後関連する各課に行き、なるべく対応できるようにした。

 地域の皆さんと話していると仕事のヒントを頂いたり、また日頃の活動に対して暖かい励ましの言葉をもらったり、夏の決戦に向かって勇気を頂いた感があった。
 会長さんのお心使いに感謝、感謝です。
         感謝します 

 ★午後1時半には事務所に戻り、事務局に持っていく書類の作成をして3時過ぎに庁舎へ。
 1時間ほど事務局で打ち合わせを行ない、その後関連の課でそれなりの回答を貰い、近いうちに質問者に返答するつもりだ。

震災から1ケ月・・

 「昨日で東北大震災が起こってちょうど1ヶ月。なかなか復興の目途が立たない被災地の様子が報道されるが、原因の一つにあまりにも被災区域が広くて地震・津波・原発のトリプルパンチでその規模も甚大で、まさに想定外の災害だったということだろう。その上余震が頻繁に起こり、二次災害も出ている。」

 今日も朝から事務所でデスクワーク。
 来月予定している総務常任委員会の研修先の絞込みをする。
 スタッフと一緒に研修目的に合う自治体を色々調べるが、なかなかこちらの思うような事柄にヒットしないので時間がかかった。やっとのこと3箇所条件をクリアする自治体が見つかる。

 5月の中旬でこちらの指定日が取れたらいいのだが・・
 3時ごろ議会事務局で委員長と二人で内容と日程について打ち合わせ。
 他の委員会の日程も入っておりなかなか調整が難しいが、やれるだけやってみましょう。

 合間で久しぶりのフラダンスのレッスンに。
 気分転換にちょうど良いし、振り付け覚えるのも頭の体操になります。
                      フラレッスン

 夫が仕事帰りにメバルを4尾と鯛の刺身などを買ってきたので、夕食は豪華煮付けでまた鯛の新鮮お刺身で楽しむ事ができた。
 今日は何かの記念日だったのかしら? 単に彼が食べたかっただけなのかな?

 原発事故のレベルをチェルノブイリ並みの最高レベル7に引き上げると政府の発表。
 どうもよくわからない・・。なかなか終息しないこの事故について、情報が交錯して1本化してないところに余計不安と困惑をもたらす。福島の人たち特に周辺住民の不安と今後の生活設計の立たない苛立ちと絶望感は大きくなるばかりだろう。

入学式

 「今日は、入学式のダブルヘッダー。午前中は小学校、午後から中学校の入学式に参列。可愛い小学1年生とこれから思春期を迎えるフレッシュな中学1年生。どちらもこれからの松前の期待の星たちだ。」
 
 午前10時に開始の岡田小学校の入学式。
 ちょっとブカブカ気味の標準服に身を包み、それぞれの担任の先生に引率されてやや緊張した面持ちで入場してきた74名の新1年生。とっても可愛らしくて、すぐ後ろ側に並んでいる6年生と比べると本当にこれからの成長振りが楽しみだ。
              P1050186.jpg
 教育長の来賓祝辞があった。

 午後1時半より、今度は岡田中の入学式。
 キリッと引き締まった顔で入場してくる新1年生は、これから始まる中学校生活に期待と不安を感じながら夢に向かってスタートを切ったという清清しさが感じ取れた。ガンバレ青春!!

 先の東北大震災では82人の震災孤児がいると聞く。彼らのことを考えると、恵まれた環境の中で新生活をスタートできることは当たり前のことなんだが幸せな事で、「一緒に頑張っていこう、何か手助けできることはないか」、常にそういうことを頭に置きながら行動してもらいたいし、この環境を大切に思ってほしい。 
         P1050190.jpg
 4時ごろ父に依頼を受けてた銀行や郵便局への送金手続きの報告に行くと、施設長とドライブ中だということで明日また出直すことに・・。

 エンゼルの庭やアプローチの道沿いにある桜の木々もまさに見ごろを迎え、風が吹くと花ふぶきとなり風情がありますね・・・
                   303[1]

低い投票率・・(悲)

 「素晴らしい好天に恵まれ、桜は満開。まさにお花見日和となりました。その分投票する人が減ったのか、県議選初めて投票率が50%を割りました」

 朝から父を連れて、新しいグループホームに移動した母を訪問。
 父は入院中、母が自分に会えなくて淋しがっているのでは・・・とかなり心配していたが、予想に反して割とケロッとしてる母にちょっとビックリし、ある意味取り越し苦労だった事を確認したようだ。

 リビングで一緒に寛いだり、また母の部屋で二人仲良くソファに座ったり、写真を撮ったりと・・とても嬉しそうだった。特に父が!!・・  
             P1050171.jpg
 昼過ぎに自宅に戻り、簡単に昼食を済ませる。
 広報の写真用に、別当大橋と新しくできた町道の交差点付近を何カットか撮りに行く。

 夕食後は、県議の祝勝会の会場に。
 9時過ぎには体制が判明して、圧勝の1万票突破で本当におめでとうございます。
 今後は県と町とのパイプ役として、しっかり繋いでいただきたい。

 ただ全体的に投票率が5割を割っており、特に若い世代が全然事務所にも会場にも姿を見ないのが残念に感じた。

よく稼働しました

 「退院したばかりの父は、一晩我が家で過ごしとても気持ちよい目覚めをしたみたいです。」

 朝は軽くトーストを食べて、7時30分には透析のためいつもの武智病院に連れて行く。 
 日赤の主治医からの申し伝えを武智院長へ渡し、父を置いて自宅に戻る。

 11時に友人とランチの約束があり、高島屋正面玄関で待ち合わせ。
 ついでに父から頼まれてた快気祝いの品も買い揃えた。
 少し移動して、東京第一の地下にある和風料理の店でランチ。積もる話に花が咲き「あっ」という間に1時半となり、2時からのコムズでの会に間に合わせる。

 さんかくの会では次の内容で話し合いが行われた。
 ・5月7日の総会に向けての具体的な準備や今後の事業計画
 ・東日本大震災の被災者にむけてどんな支援ができるか、今後のボランティア活動、被災地の正確な情報を共有できる組織との連携で的確にそのニーズに応えていく息の長い支援を模索していく方策
 ・・・などなどの話し合いで、5時ごろ散会。
 
 帰りにエンゼルに父の快気祝いの品を届け、自宅に戻ったのは6時前。さすがに1日フルに動いてすぐの夕食作りはしんどかったな・・・

 明日は母のグループホームに父を退院後初めて連れて行く予定。離れ離れの両親の架け橋を娘の私がこれからはしていかないといけないわけだから・・

 明日は県議会選挙。夜には結果が出るわけだが、激戦地は・・、投票率は・・、その行方が気になるところだ。

父、退院する

 「やっと父が退院することになり、午後から雨の中迎えにいきました。少しづつ元の生活に戻して生きましょう。ぼちぼちね・・・」

 朝9時半、広報委員会。
 初めてのオールカラー試し刷り原稿を見て、今までの2色刷りのものと比べずいぶん感じが変わってちょっと戸惑うぐらい衝撃的だった。
 色々な表現やデザインが構成できる分、センスを問われる部分もある。写真もカラーにすると、ピンボケやにじみがはっきりわかるので技量も今後の課題だ。

 色々な修正や付加する部分も多く、全頁チェックするのに結構時間がかかった。

 ★軽い昼食を1時半ごろ食べて、退院の準備をして父を迎えに2時半ごろ日赤へ向かう。
 部屋に入ると、最後の検査に行っているようで居ない・・。しばらくすると戻ってきて、入院費の精算や片付けなどしていると主治医がやって来た。
 退院後の生活の注意点や薬の説明などのレクチャーを受け、ようやく4時ごろ退出した。

 今夜は我が家に泊まる予定だが、とりあえずケアハウスに戻って必要なものだけ持ち、寮母さんやスタッフさんに今後の生活注意事項集をお渡しして自宅に戻る。
 夕方になっていたが、我が家で寛ぐ父は退院できた喜びを噛み締めているようだった。10日ぶりのお風呂は気持ちいいって~

 夫は友人と岡山に行って明日まで帰ってこないので、久しぶりに親子二人っきりで、ラブと一緒に静かな夜を過ごした。

かわいい新入園児

 「今日は生暖かい風を感じて、少し汗ばむくらいの陽気になった。若葉保育所の入園式に招かれ、かわいいお友達を前にお祝いの言葉を・・・」

 朝から夫の親戚のお嬢さんが結婚の報告挨拶にカップルで来られ、お茶を飲みながら少しお話をしたのだけれど、あまりゆっくりしてもらえなかった。
 私も夫も朝から仕事が入っていたため、申し訳なかったね。

 9時過ぎには、若葉保育所に。
 入園式では、新入園者8名と他の進級園児30名ほどで、本当にアットホーム的な感じが伝わってきた。
   P1050165.jpg
 私の祝辞の後に行なわれた保育士さんたちによるアンパンマンの寸劇が子どもたちに大変受けていて、日頃の繋がりがよくわかる微笑ましいシーンだった。
                   P1050168.jpg 
 そのあと今後の子ども園との関わりについてなど、保護者向けの簡単な説明会が町のほうから行なわれたようだ。

 式典後、事務所にてデスクワーク。
 午後から(3時過ぎ)、印刷会社から上がってきている校正原稿を取りに庁舎に寄り、そのあと4時ごろ父の入院先へ。

 ちょうど主治医と話をすることができた。
 明日の最終検査をクリアしたら午後2時過ぎには退院手続きに入れるとのことで、父も凄く嬉しそうだった。よかったね。私もちょっと「ほっ」とした・・。
 
 明日は2時半ごろ迎えに行って、そのあとケアハウスに。夜はうちで泊まってもらい、土曜日の透析からいつもの武智先生の所でお願いする事になるだろう。

春めいて・・

 「道後の桜も明日には満開らしい。小・中学校や幼稚園、保育所などの入学式シーズン到来だ。」
 
 ★午前中は事務所にて来客対応。また総務研修先の検索などのデスクワーク。

 午後から鶴吉の町民グランド体育館にて、久しぶりのバドミントンへ。
 だいぶ暖かくなってきたので、半袖でプレーしても寒くない。
 やっぱり長くしていないと、思うように足が動かないものだ。でも終わった後が爽やかで気持ち良い。
        バドミントン 

 帰りにユニクロに立ち寄り、インナーを何枚か購入。
 買い物を済ませエンゼルに行き、退院後の父の生活についてケアハウスのスタッフと打ち合わせをする。

 明日早朝に親戚の娘が結婚報告に来るというので、お通しする部屋ぐらいは片付けないと申し訳ない・・・・溜まった書類や本を整理してスッキリした。
 たまにはお客が来ないと、家事が捗らないという事か・・・

 夕食後バタバタしたものだから、なんだか疲れちゃった。
 明日は9時半より若葉保育園の入園式もあるので、あまり疲れた顔で行くわけにはいかないから、この辺で就寝しよう・・・

老人クラブ総会

 「まだ朝方は寒いが、日中は随分春らしくなってきた。いよいよ桜も満開になっていくのかな・・・

 午前中は、事務所にてデスクワーク。
 
 昼1時より「岡田校区老人クラブ総会」に松前町議会議長の代理として祝辞を披露。
 会の前に行なわれる金婚表彰には17組のカップルが、そして組織功労者12名に感謝状が贈られ皆さんの益々のご健勝ぶりに圧倒される感じでした。
      P1050160.jpg
 2時過ぎに記念撮影を終えて、来賓関係者は退場。

 その後、伊予農業高校に出来上がったばかりの「さんかく通信」を持って行く。
 1月に行なわれた『コムズで遊ぼ』のイベントに参加してくれた伊予農の学生さんたち6人と引率の先生の感想原稿も掲載された広報紙で、直接お渡ししてお礼が言いたかったが、お会いできず受付にお願いして帰ってきた。

 帰りに庁舎に立ち寄り期日前投票も済ませ、その後父の見舞いに行った。
 機嫌よくテレビを観ている父は、かなりリラックスしているようだった。
 行き帰りに石手川沿いの道を走っていたので、車窓から桜の見所を何ヶ所も見ることができた。 私も花見で楽しみたいナ・・。
              P1050162.jpg

 
桜に見られるように季節はもう春爛漫に変わりつつあるのに、東北の被災地ではまだ雪も降り災害の爪痕がまざまざと残っていて春まだ遠しという感じだ。
 被災者の生活再建に向けて、もっとスピーディな政府の対応ができないのか焦燥感が募る。
 
 さらに原発に関しては、これは完全に人災の域に達しているように思える。放射能汚染の広がりは人体はもちろん生態系にも影響するような環境破壊に繋がりかねない事態に至っている。
 その不安が加熱して、地域の農水産業や関連産業に大打撃を与えるような風評被害も拡大しているようだ。

 生活再建に繋がる補償、一時金だけでも早期に分配できないのか・・・。
 「ガンバレ、ガンバレ!」だけでは酷な気がする。集まった義援金も順次被災者の元に公平性を確保しつつ速やかに渡っていく事を望む。

日ごと回復の兆し

 「昼頃より暖かさが戻り、石手川沿いの桜が見ごろになってきて桜の木の下には大勢の花見客が集まり楽しい午後のひと時を過ごしているようだった。」

 今日は父が個室から4人部屋に移動と聞いていたので、早めに(11時過ぎ)日赤へと向かう。
 途中、車窓から見える桜に思わずパチリ・・・

 私が病院に着いた時には部屋の引越しは既に済んでおり、窓側の日当たりの良い場所に移り気持ちよさそうでご機嫌で迎えてくれた。

 お花もさすがに3つは置けないので1番最初に貰った分をナースステイションに飾らしてもらい、残り2つを横にご機嫌爺ちゃん。
 今週のリハビリと検査を通過したら、金曜日ぐらいには退院できそうだとか~よかったね!
少しづつ元気になっていくじいちゃん、ピースポーズでお花の横でうれしそう。
     P1050154.jpg P1050155.jpg
 今日は500メートル歩いて心拍数の変化や心臓への影響などをチェックされたらしい。今週はそういう日常生活移行のための心臓リハビリを行なっていくようだ。

 付き添いさんとも今日でお別れ。よくしていただき本当に助かりました。
 午後からは、何でも一人でやってくださいよ。できない時はナースコールでね!

 病院を後にして、午後2時過ぎに庁舎に。
 議会事務局に広報写真の一部を届けて、他色々用事を済ませて事務所に戻り、来客対応。
 
 その後、母のいるグループホームに家具の搬入を確認しに行く。
 家具は既に搬入されていたが置き場所が違ってたので、スタッフに頼んで考えていた場所に移動させてもらった。スッキリ納まりだいぶ片付いて部屋らしくなった。

  元気になったお爺ちゃんとひと時を過ごす空間が着々とできつつありますね。ラブラブ   

春は??

 「今日は、冬に逆戻り?と思えるぐらい寒い風が吹き、思わずコートを引っ張り出したくなるような気候だった。」

 昨日は「春到来!」と喜ばせるほどの暖かさだっただけに、よけい寒く感じた朝。
 ラブとのお散歩も、ジャンパーに手袋無しでは行けないくらい冷たい風だった。
 
 午前中は地元県議出馬で支援部隊として地区を廻り、行く先々の支援者の皆さんも震えながら候補者の訴えを聞くという形となった。
 本当にご苦労さまでした。

 午後から父の入院先へ。
 高校野球の決勝戦を観ながらご機嫌よく迎えてくれた部屋には、弟家族からのお見舞いのお花が届いており、前の分も合わせて3つも花アレンジメントがあり大変賑やかに春めいたようになっていた。
             入院中
 明日には個室から相部屋に移る様になるけど、置く場所あるのかしら・・。
 でも元気になるのが一番だから、付き添いさん無しでも自分で生活出来るように慣らしていきましょうネ。

 帰りに夕食の買い物をして帰宅。
 また明日から忙しい日々が待っている。今週中には期日前投票もしておこう。

春到来

 「本当に暖かくなってきた。石手川沿いの桜もかなり見頃になって、近くを通ると多くの花見客を見かけた。のどかな風景だけど、東北大震災の被災地はまさに春は遠きものなのか。」
                 E88AB1E8A68B[1]

 朝から溜まっていた家事に精を出す。掃除・洗濯・庭木の手入れ等・・。
 本当にこの2週間忙しくて、とっても早く過ぎた感じ。
 父の入院騒ぎまであって、かなり心配した。おかげで退院も視野に入ってきて、来週からは日常生活に戻る為の心臓リハビリに入るらしく、夕方4時ごろ訪ねた時には書類にも目を通して話もしっかりでき、「鉄板に出てくるようなお好み焼が食べたい。」なんて脳天気なことを言っていた。

 午後は新しく出来たグループホームの母の部屋に置く家具を探しに、家具屋を廻って早く搬入できる商品を見つけ決めてきた。
 4日には搬入できるそうなので、そちらも月曜日には目途が付きそう。

 父も月曜には個室から4人部屋に移動みたいで、付き添いも要らなくなるらしい。つまりそれだけ重篤な時期を脱し、元気になってきた証拠だ。

 今の季節のように父にも健康な春が戻ってきてほしい。そして1日も早く、淋しがってる母のところに顔を出せるようにしてあげたい・・・そんな思いでいっぱいだ。

次男を訪ねる

 「昨晩から首都東京は新宿近辺に滞在。人・車・ビルまさに賑やかな街です。でもよく見ると昼間の電車内は無燈火で暗いし、自販機内部は暗くあちこち節電してる部分が見受けられた。」

 昨夜、宿泊先のホテルで息子と夕食を摂り、彼は寮に帰り私も部屋に入るとドッと疲れが出て早めに就寝した。
 そのせいかもっとゆっくり寝ていたかったのだが、早く目が覚めてしまった。
 それでもゆっくり朝食を済ませホテルを出たのが10時前。
 それから息子の下宿先(寮)に向かう。
           P1050149.jpg
 西武線と地下鉄東西線とを乗り継いで、落合駅で待ち合わせ。予定より早かったので電話したら慌てて迎えに来てくれた。
 駅からは思いのほか近くて、かなり便利な所にある寮に引っ越したなと思った。
 すぐにオーナーさんに会って話をしてると管理人さんも合流して、息子を交えて4人でお話することもできた。
 とても感じの良いおばあさまオーナーで、後で来られた管理人さんと上手に連携して受験生たちの面倒をみてくれるんだなとわかった。
 私もお会いできたことで、安心してお任せできると感じた。

 13時に予備校の先生とアポを取っていたので、その前においしいラーメン屋さんに案内してもらい昼食を摂り、時間ぎりぎりに目的地に滑り込んだ。

 これから1年間の学習計画と来年の入試必勝の対策について、進路指導の先生とじっくり話しをし1年間のお願いをしてきた。
 息子は、「春の新規授業が始まるまでにこの問題集をやりなさい」と手渡された英文法の本を見た瞬間、勉強モードのスイッチが入ったのか・・・
 「俺はここで自習して帰るから、一人でここから空港まで行けるよね」だって・・。

 夕方の便まで時間があるので、ちょっとあちこち案内しようか・・・などと言ってた彼が急に予定変更でそう言い切った時には、逆にうれしかったね。
 もう始まってるんだ、戦いは! と感じたのならいいことだ、がんばれ。

 3時過ぎに空港に着き、羽田空港ビル内でショッピングしたり軽食をとったりして予定の5時15分発のフライトに乗り、無事松山に到着。
 帰宅後夕食を作って遅めの食事をして、また夫婦2人生活のスタートです。
 
 9時過ぎに入院中の父の付き添いさんから電話が入り、明日来る時に持ってきて欲しいものと父の様子も話してくれた。
 父は日に日に元気に回復してきて今日は洗髪もしスッキリした様子で、主治医によると来週にも退院できる見込みのようだ。
 まあ、明日見てからのお楽しみという事にしましょう・・