FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

広報委員会はヒートアップ !!

 「いよいよ3月も終わり、明日から新年度の始まりです。気候もだんだん暖かくなってきて、桜の季節到来という感が大いに膨らんできました。」
 
 午前中は広報委員会。
 みんなのレベルが上がってきたこともあり思いも強くこだわりもあって、しかも今月号からオールカラーになることで更に白熱議論となった。
 これも皆、より良いものを作ろうという気持ちからのものと理解し、事務局にも頑張ってもらって結果を残していきましょう。

  夕方には息子に同行して、東京に飛びます。
 彼の二浪生活スタートに際し今度こそは思う所に入って貰いたいし本人も強くそう願っているので、この2日間で新しい寮長さんへの挨拶や予備校の先生とじっくりお話をしに行きます。
 まだ余震もあるし計画停電の影響でいろんな事に不安もあるのですが、そんなことは言っておれません・・・
               行ってきます
 入院中の父のことも気になるが、付き添いさんに任せてこちらのことに専念してきます。
 明日の夕方には戻ってきます~。まさに強行軍・・・

 今回は、夫とラブちゃんはお留守番です。

仕事も父の回復も急ピッチ !?

 「父が少しづつ元気になってきた。個室に入ってもう座ってテレビを観ていた。もともと体力のある人だから回復は早いのかも。」

 午前中は事務所にてデスクワークを2時間ほど。明日の広報委員会の準備はほぼOKだ。スタッフもフル稼働で頑張ってくれた。おかげでプリンターのカラーインクが切れて、大急ぎで発注しなくちゃならないくらいだった。

 昼には、父の様子を伺いに日赤へ。
 花もない殺風景の部屋に春の花を中心の淡いピンク系の花でまとめた花籠を持っていった。息子の激励のメッセージもつけて。
              6aada163ca5d788aa45cbb7c35264ee0[1]
 もう高校野球観戦をしている父を見て、ちょっとほっとするような感じ。冗談を言ったら笑って応えるその表情は、かなり元気の時に近づきつつあるようだ。
 また出された食事は完食しているらしい。付き添いさんもうれしそうにその様子を話してくれた。

 その後事務所に戻り、依頼のあったレイアウトの完成を待ち、4時過ぎに議会事務局へと足を伸ばす。仕上げたものを提出した。
 途中からインクが切れてカラーコピーができなくなったのも含まれていた。
 5時過ぎまで最後の調整を済ませて、明日の準備はできた。

 自宅に戻って父に頼まれたブラシや髭剃り用の剃刀などを紙袋につめて、今度は夫や息子を連れて再び病院にお見舞いに。
 ベッドに腰掛けている格好で夕食が終わったばかりのようだった。もう早退屈そうな顔をしているのには、びっくり。
 しっかり良くなってから帰りましょうね。再発防止のために・・。

 夜は次男もこれから二浪生活が始まるので、前途に向かって前進あるのみの彼にスタミナをつけようと焼肉店に。
 よく食べましたね~ 暫くは食べれないと思うし、やる気の源はおいしい物を食べることからみたい。

 東北の被災者の皆さんには充分な食料が行きわたっているかといえばまだまだで、インフラ整備仮設住宅の建設だ。がんばろ~日本だ。

岡田小・中合同送別会

 「今日は各校区の小・中学校の先生がたの離任式が行なわれ、 転・退任する先生方とのお別れの会が開催された。」

 朝9時からまつかぜの各ページのレイアウト見直しで、31日までに出来ることを片付けていった。
 
 また日赤から電話があり、父の容態が落ち着き個室に入れたとのこと。
 ここ1週間でしっかり心臓を安定させ、次の1週間で通常生活に戻るためのリハビリをするとのこと。

 2時前に帰宅して遅い昼食を摂り、予約してた近所の美容院に行き6時前の電車で今日の送別会の会場である東京第1ホテルに向かう。

 今年は、小中学校で3名の退職者と11名の転任者が出た。偶然にも岡小、岡中ともに校長先生が退職されることになっている。
 地域とともに活動されてきた先生方とお別れするのは忍びないのだが、次のステージで立派に活躍される事だろうから心から拍手を持ってお送りしよう。
 「本当にご苦労さまでした、どうかまたおついでの時には学校や地域を覗いて見てください。岡田っ子たちの勇姿を!」

 9時ごろお開きになった会をあとにして、じいちゃんのいる日赤に。もう既に付き添いさんもスタンバイしてくれていて安心した。また会いに行くからね・・・

慌ただしく過ぎた一日

  「父のことを気にしながら取り急ぎの仕事を仕上げ、昼頃父の入院先へ。胸の痛みは治まってすっかり落ち着いた父だったが、安静にしていなきゃならないんでちょっと不満顔。」
 
 ★さすがに昨日の今日で睡眠不足で眠かったが、8時半には起きて行動。
 やる事も多くて、ゆっくりしてはいられない。
 病院での父はやっと落ち着いた感じになっていたが、主治医に今後の容態について説明を受けた。

 その話しに寄ると・・まだ心筋梗塞による心臓へのダメージを示す数値が下がってこないので予断を許さない状況で、この1週間が山らしい。
 強運な父のことだから、なんとか乗り切ってくれるだろうと祈るばかりだ。

 明日から広報まつかぜのデータ原稿をなるべくわかりやすく配置して、レイアウト完成をして30日には終えたい。

 病院から戻って庁舎により、31日までに校正する原稿を預かる。

 帰宅後、ふと思い出した。今日は6時に歯医者の予約を入れてたことを・・。
 慌てて5分過ぎてたけど、すべりこんだ。今日も1日あっという間に終わっちゃった さすがに眠い・・

町道筒井徳丸線開通式典

 「町道筒井徳丸線開通式。町長はじめ県の建設課関係、県議、町議、工事関係者、教育関係者等々およそ百名近くで晴天の中厳かにテープカット」
  P1050133.jpg P1050137.jpg
 マスコミも含め大勢の関係者が集まり、開通を祝った。着手から10年の月日をかけて、総工費51億の大プロジェクトの完了を喜んだ。
 
 式典後、何台かの車に分かれて乗車し通り初めを行なった。本当に橋梁部分の一番高い所からの見晴らしは格別だ。
 4車線の両脇には歩道と自転車道もあり、車だけでなく歩く人、自転車利用の人にも充分楽しんでもらえる景色だろう。
 事故のない住民に愛される道路になって欲しいとさらに強く感じた。

 午後から友人のコーラスグループのコンサートに近所の女友達と連れ立って出掛ける。 
 素晴らしい趣向をこらしたプログラム構成で、開場前から多くの観客が並んでいたがその人たちを充分満足させてくれたのではないかしら・・。
 また来年も行きたいなと思わせるぐらい楽しませてもらった。ありがとう
 P1050141.jpg  P1050144.jpg
  P1050147.jpg  P1050148.jpg
 帰りに喫茶店でスイーツとコーヒーで思い切りおしゃべりしてストレス解消もした。

 夕食後、さぁこれからメール確認やブログなどを書こうかなと思った10時ごろ、エンゼルより電話があり、イヤな予感的中!   父に異変が・・。
 1週間ぐらい前から胸の痛みを訴えかかりつけ医にも診てもらっていたが、すぐ治まるのでスルーしてたのが今日は違ったみたい。

 夕飯も食べずに自分の部屋で横になっていたが痛みが治まらず、ナースコールして私にも連絡が来た。
 駆けつけたところ本人の意識はしっかりしてたが、痛みでかなりしんどそうなので救急搬送したほうが~ということになり、日赤へ。

 すぐに精密検査。ドクターより心筋梗塞になりかかってるとのことで、緊急手術となった。
 2時間半待ってドクターから説明を受け、カテーテル血管造影、拡張手術の成功を告げられ、ひとまず山は越えた。
 だが予断は許さない事もあり、高齢であるリスクも考えれば当然で2週間の入院が必要とのこと。

 でもこれで元気になってくれるんであれば、頑張ろう・・・じいちゃん!

 夜中の3時前に帰宅。私が倒れそうだ~疲れた・・・
          倒れそう・・

町道開通イベント

 「町道筒井徳丸線開通を明日に控えて、住民と共に祝うイベントに参加。天気はよく晴れて気持ちよかったが少々風が強くて冷たかったので、薄着の人は震え上がっていた。」
                P1050124.jpg
 午前9時30分、イベント開始。
 本来なら湧水太鼓に鼓笛隊行進など鳴り物入りで盛り上げる予定だったが、先日の東北関東大地震の被災者のことを考え自粛し、子供たちのマラソンと一般の車道ウオーキングに止めたものとなった。それでも多くの参加者が集まり、道路開通を祝った。
 P3261549.jpg  P3261564.jpg
           P3261584.jpg 
 信号問題や何でこんな大きな道路が町道として必要なのかと長い議論の末の開通であっただけに行政や推進派の人たちにとっては感無量だっただろう。
 
 私はこの道路がみんなに愛される町民の道路になるように全面開通4車線になるまでに呼称を募集して、愛称で親しみを込めて呼ばれる道路になることを期待している。そして事故や事件の起こらない細心の注意が必要かとも考える。

 希望の信号設置までは交通誘導員の配置でカバーすることになっているが、住民も子どもたちの通学路であるこの環境でどう安心・安全を担保するかをしっかり考察していく必要があると思う。みんなの知恵に期待したい。

 午後から事務所にて依頼のあった書類作成で夕方まで掛かる。
 その後、父と次男を誘い一緒に食事に出かけた。父のリクエストで「うなぎのおいしい店」に行き、ご満悦でした。

              うなぎ大好き! 

母を検診に

 「2ヶ月ぶりに両親を連れて愛大病院に。母も多少は車イスなしで動けるようになったので、車の乗り降りなどが楽になった。」

 朝、事務所に立ち寄り打ち合わせを済ませて、エンゼルに行く。
 両親を車に乗せ一路愛大病院に。

 いつものことだが、待たされること1時間半。本当に退屈な時間だが、父と母にとってはぴったり寄り添っていられる充実した時間なのかもしれない。母もなにげに機嫌が良いし、父はもちろん嬉しそう。

 午後1時過ぎに二人をエンゼルに連れて帰り、私は遅い昼食を事務所にて。(近くのコンビニで弁当を買って)
 昼食後はデスクワーク。3時には来客あり。

 明日はいよいよ町道筒井徳丸線開通前イベントで渡り初め、路上マラソンや各種販売催しなどが準備されている。お天気がよくて寒くないことを祈る。

小学校卒業式

 「またもや寒い卒業式。今日は小学校の卒業式だった。既に終わった中学校の卒業式の日も朝から雪が降るほど寒かったが、今日も風が冷たく体育館はよく冷えた。」

 卒業証書授与前に、恒例となっている壇上から大声での将来展望宣言。109人の卒業生それぞれの思いや願いが発表された。
 野球選手やお笑い芸人、警察官、パティシエ、アナウンサー、教師、美容師、保育士などなど・・。
 また直接お父さん・お母さんや家族の人たちへの感謝の気持ちや中学校での生活目標など、直近の身近な思いを述べるパターンもあった。
 いずれも皆、希望に満ちた夢を聞かせてもらったような感じだった。町長の祝辞の中にもあったように、是非その夢に向かって頑張り目標達成ができるようにそれぞれ努力してください。
                    P1050113.jpg
 最後に「在校生と卒業生の贈る言葉」のやりとり・・・これが感動の涙を誘う。
 卒業生の最後の合唱も素晴らしかった。皆さんの前途に幸あれと祈る。
      P1050116.jpg
 と同時に、東北関東大震災で被災された子どもたちのこれからの道を重ねて考えると本当につらいが、彼らの夢や希望を経つような事のないように国は対策を講じなければならないだろう。

 式後、毎月の検診に行った。
 今日が最後になる主治医と会って、次の先生に繋げてもらえるように相談させてもらった。今の先生には10年以上お世話になっていたのでとっても淋しい気分になったが、これも仕方ないだろう・・・。

 帰宅後、スカイメイトのカードを作りに息子と空港に行く。
 帰りに靴屋でスニーカーなどを買った。(東京ではよく歩くのですぐ磨耗するらしい)

 ここのところ毎日の原発事故後の影響についての報道を聞いていると、風評被害を生み出しやすい不安をあおるようなマスコミの言い方も問題だと思える。
 店先からミネラルウオーターのペットボトルが無くなっていた。この愛媛の店ですらこんな状態だから、すぐに影響がでるようだ。

               ない!

原稿仕上げに奮闘

 「朝晩はやはりまだ寒い今日この頃、眠い目を擦りながら自分の運動と割り切ってラブとの散歩を楽しみます。」
 
 朝からラブを連れて知り合いのトリマーに預け、シャンプーしてもらうことに。
 1ヶ月ぶりに洗うのでかなり汚れや毛玉ができてるんじゃないかと心配。夕方まで預ける事に。

 そのあと事務所に入り、まつかぜ原稿の最終チェック。
 レイアウトの確認などで、もうお昼に。・・時間の経つのが速いこと・・
 午後からも原稿チェックをして、3時過ぎに庁舎事務局に持っていく。

 帰りに父のいるエンゼルに。・・電動自転車のことを調べてほしいと頼まれていたので、パンフを持って行く。

 午後4時、病院に行く。
 明日で主治医の先生とお別れのため、今後のこともあり先に検査を済ませる。
 
 夕方、きれいになったラブちゃんを迎えに行く。可愛くなったラブで~す。
 P1050104.jpg P1050107.jpg
 明日は岡田小学校の卒業式だ。
 東北大震災で多くの小中高の卒業式や入学式が挙行されず、子どもたちが大切な思い出となる式典に関われないことに辛い思いをしてると思うと複雑だ。被災地の子どもたちが元気になれる復興を祈り、我々もできる限りの応援をしていくべきだろう

グループホーム慰問

 「連休中から手掛けたまつかぜ原稿を、午前中にほぼ仕上げる。午後からフラダンスで慰問に。」
 
 ★朝から事務所にて、パソコンとにらめっこ。まつかぜ原稿レイアウトで、見出しの工夫や写真配置など見易さ、読みやすさにポイントを置いて初稿をほぼ仕上げた。
 確認のページについては、関係者にメールで送り目を通してもらうようにした。

 昼から毎年恒例になっている総合福祉施設エンゼル慰問に行く。
 1年間練習してきたフラダンスを見ていただいた。所々振り付けを忘れてる部分もあって冷や汗ものだった。
 でも一生懸命観てくださり、拍手を頂いて嬉しいやら恥ずかしいやら・・・ 
 P1050074.jpg P1050077.jpg  
 演目終了時には、施設利用者さんの代表が我々フラの滝口先生に花束贈呈。
 着替えのあと、お茶を飲んで少し休憩して次の4月の練習日の再会を楽しみに別れた。
 P1050079.jpg
            P1050090.jpg
 3時過ぎから次男の眼鏡購入に。だいぶ視力が落ちて今の眼鏡がだんだん合わなくなってきてたので、今回の帰松は良かったのかも~
 28日には仕上がるので、これからは授業もよく見えるだろう。
 そ のあと散髪屋まで乗せて行き、私だけ一足先に帰ってきた。(明日はラブちゃんの番! シャンプーカットで美犬に!

グループホーム見学会

 「今日は、新設されたグループホームの家族見学会に参加。4月から母たちが生活する場所をみせてもらった。とっても綺麗で新しくて広々してるけど、今のアットホームな感じがなくて、果たしてどうだろう・・・慣れてくれるまでが心配」

 朝から小雨が降っていたが、散歩をねだるラブを連れてちょっとウオーキング。
 
 9時半、移転先のグループホームの家族見学会に行くためエンゼルに立ち寄る。父も一緒に行くつもりだったんだが、体調がすぐれなくて私一人で参加した。

 エンゼルから車で5分ぐらいの所だが、父と母が別々に住む形になり可哀想だ。本人も一緒に住むのは無理だとわかっているので、できる限り周りのものが動いて二人が会える機会を作っていく工夫が必要だろう。

 グループホーム『なかがわら』の施設見学をして、今後の生活についてや医療や介護サービスの説明会もあった。
 新しい部屋やまるでホテルのようなエントランスなど、ちょっと冷たい感じが否めなかった。
 P1050069.jpg P1050071.jpg

 午後から事務所にて、まつかぜ原稿の続きをする。明日から24日にかけて原稿レイアウトを仕上げよう・・・

次男も一時避難

 「なんだか暖かいなと思っていると、昼から小雨が降り出した。まさに春雨だ~」
 
 朝、次男が東京から一時避難(?)で帰ってきた。
 とにかく計画停電があると、ダイヤが大幅に変わって人が溢れ大変な混雑になる。また近くのコンビニとかスーパーの店頭から、カップラーメンや電池、紙製品、日用品まで品薄になって暮らしにくいらしい。その上余震が頻繁に起こるとなお更だ。

 連日の東北大地震の報道を見ていて、皆さん本当に辛抱強いなと感じる。
 寒くて食べるものは少なく、おまけにガソリンもなくて移動すらままならない中で、整然と助け合う声を掛け合いながら一生懸命生きている。
 でも10日目を迎え、そろそろ限界のところも増えてきているようだ。

 特に高齢者の多い施設や病院では、スタッフ・看護士・医師の皆さんが限界の所で頑張っている。
 自身も被災者なのに懸命にお世話をし診察・薬の処方などを行なっているが上手くいかず、其のまま亡くなられたり重篤になってギリギリのところで転院されるお年寄りも多いようだ。
 本当に悲惨で、まるで野戦病院のような感じもする。

 午後から夕方にかけて、事務所でまつかぜの原稿書きをする。
 明日も忙しくなりそう・・

ご卒園、おめでとう!

 「朝から春らしい暖かさが戻ってきた。そろそろ本格的な春が来てもよさそうにと待ち遠しかったが、頬を撫でる風はまさに柔らぎ今日の卒園式にピッタリだった。

 朝9時過ぎ、卒園式に出席するため町立白鶴保育園に向かう。
 ぽかぽか陽気の中、来賓としてお招きを受け祝辞を述べさせていただいた。
 可愛らしい10名(男児4人、女児6人)の卒園児とその保護者の皆さんや保育士さんたちの前でお話させてもらったが、園児さんたちがとてもしっかりとお話が聞けるマナーを身につけていて、また保護者の皆さんも感動で目を真っ赤にされていて、こちらまで感動を頂くような感じだった。本当におめでとうございます。
      P1050062.jpg

 午後から文化センターにて愛媛大学防災情報研究センター主催の『防災キャラバン』の講演会に参加した。
 このイベントが決まってから後に、あのニュージーランド地震そして今回の東北大地震が起こったこともあり、当初予定していた内容からかなり近々の地震の被害状況や規模などにシフトした内容になっていた。
 そして今回初めて、原発被害など今まで経験していない問題なども合わせて講演があった。
           P1050066.jpg

 また事前に松前小の30~40代の保護者の方に取った防災意識のアンケート調査の結果発表があり、なかなか興味深い結果をみることができた。
 ある程度の知識はあっても個人として何ができるのかとか、実践には結びついていない実態が明らかになった。
 
 今回未曾有の災害に見舞われて、かなり現実的になってきた東海、南海地震について考えざるを得ない状況となってきた。
 今がチャンスかもしれない・・若い人たちにも身近な家族を守るという観点から、ぜひ自主防災としても巻き込んでいきたいものだ。

 ただ残念なことに、参加人数が少なく特に女性の参加が少ないのが残念だった。こんな大災害の後だから、もっと多くの人に危機感を持って聞いてもらいたかった・・・

 今晩からしっかりとこの連休を使って、広報まつかぜの原稿作りに時間を割いていこう。

3月議会最終日

 「定例議会の最終日。最初に議員運営委員会の報告を受けて議員全員協議会が開かれ、全員総意で義援金の全体額や集め方、今後の被災地に向けて何をどのようにしていこうかという事について議論した。本会議始まりは11時前となった。」

 本会議では、一般会計当初予算など14議案の可決、請願2件は否決。
 また東日本大震災の復興支援の為の支援金1千万の本年度補正予算、関連の条例改正
2議案が上程され全会一致で可決した。
 さらに3月末で任期満了となる副町長と教育委員の再任に同意した。

 会議後すぐに広報特別委員会があり、日程打ち合わせとページ役割の確認を行った。
 それぞれ自分の割り当て原稿のためリムーバルスティックをもらって、24日の提出を確認して散会した。
 本来なら3月議会終了日には理事者との懇親会があるのだが、このような時なので自粛してとりやめになった。
 今回退職される理事者の方々にはお礼と送別の意を表したかったので、ちょっと残念な気もします。本当にご苦労さまでした。

 3時過ぎに事務所に戻り、早速広報原稿の準備を始めた。
 また次男の東京での生活も気になり電話をしたところ、やはり計画停電や物不足など色々不便を感じているので暫くこちらに戻ってくるという事になった。
 20日の早朝、バスで帰ってくるようだ。

県内公立中学校卒業式

 「春の到来遠しといわんばかりの寒風の中、町内の中学校卒業式が挙行され、私は校区の岡田中の式に参列させて頂いた。」
 
 今年の岡中卒業生は、男子40名、女子35名の計75名(2クラス)という例年より1クラス分少ない3年生だった。

 しかし在校生に尊敬され、とても団結力のある学年だったように感じた。
 卒業証書授与の時も祝辞を受ける時も、とても礼儀正しく清清しい態度に好感度大であったようだ。
   P1050054.jpg
 在校生の送辞に対して答辞をした女子生徒の時々声を詰まらせながら語る言葉に、聞いている私たちも感動して涙を誘うものになっていた。

 最後に卒業生全員でする合唱「青葉の歌」を聞いた。
 歌いながら溢れる涙に顔をくしゃくしゃにしている子もいたが、保護者や先生方も感動の涙を必死で堪えている姿を見た。いつもながらの光景だが、そこがまた式典の良さなのかもしれない。
             P1050059.jpg
 ただ体育館の中は寒かった。でも今、東北大震災で被災された方々のご苦労を考えたら、そんなことは当然言えるものではない。がんばろ~

 11時に事務所に戻り、デスクワーク。
 12時前に友人の訪問。頼まれたデータのCDを手渡したら、美味しそうな手作りパンのおみやげを頂いた。ウレシ!

 午後からは自宅にて被災地情報などを聞いた。やはり頻繁に地震(余震)が起きてる様子で、寒さと物資が届かないもどかしさの中で高齢者等が低体温症なので死亡するケースも増えているようだ。
 明日で震災からちょうど1週間になる。皆さんの我慢も限界に近づいている。ガンバレ東北~

今こそ助け合いの輪を!

 「松前町も被災地への緊急支援として災害基金より1千万円を 議会も議員全員の合意でまとまった義援金を贈る予定。 ガンバレ東北、ガンバロ~日本!」
 
  午前中、緊急議員全員協議会の招集がかかる。
 行政側から、町が大規模地震災害に備えて5年前から毎年3千万づつ積み立ててきた基金より1千万円を今回の東北地方太平洋沖地震復興支援金という項目で支援するため、一部条例の改正と補正予算編成の承認を求めるものであった。

 もちろん金額にもう少し増やしたら・・とか多少の議論はあったが、議員も理事者も篤い思いは同じで全員一致で明後日の本会議上程を了承した。

 そのあと議員としても、まとまった形にして義援金を出そうというこになり、その額や方法等について話し合い、他の市町村の動きを見つつ調整することになった。

 また議員研修についての話し合いも持たれた。
 当初このような時期だから自粛すべきではという意見も出たが、今年は8月に予定通りなら選挙を挟むことになり9月以降となればメンバーや会の編成自体が変わる可能性があるので、それまでにすべきであるという考えが主流となり統一選等ハードルも高いがこの期間に行く事で落ち着いた。

 さらに3月26、27日に予定されてる町道筒井徳丸線開通記念イベントと開通式について、太鼓やパレードのような鳴り物は自粛して樟球もやめてテープカットだけにするなど地味にすると言う提案があり了承した。

 午後から伊予農校に行き、先日の「コムズで遊ぼ」に協力してくれた生徒さんたちの感想文を貰ってきた。
 紙ベースなのでパソコンデータに治して、写真の添付をしてCD化した。
 明日、さんかく通信担当の友人に手渡す予定。

 天気予報を見ていると明日は相当冷え込みそうだ。被災地は真冬の寒さに逆戻りのようで、ただでさえ灯油やガスの供給が少なくて寒さに震えているのに、これでは体調を壊すお年寄が増えるのではと心配だ。

 一日でも早く被災者の皆さんが、暖かい所で暖かい食べ物や飲み物をたっぷり食べれるように国のリーダーシップを発揮して欲しいところだ。

深刻な被害状況


 「福島原発の2号機や4号機などにもトラブルが発生して、核燃料の温度上昇を必死に止めようと海水注入をしてるのになかなか水位が上がらないとの報道あり。流出放射能の濃度も徐々に上がっているようだ。」

 東日本大地震のいろんな被害状況や避難場所の様子、被災者の悲痛な叫び、原発近辺の放射能漏れに不安を隠せない人々などが映し出される報道などを気にしながら、今日の産業建設常任委員会の傍聴に行った。 

 産業課、まちづくり課、上下水道課の年度末補正と来年度当初予算について審議、議論し手いる委員の皆さんのやり取りを聞く。
 特に他団体への補助金などにはその根拠を示すように理事者に迫るなど、なかなか議論伯仲でお昼までには済まなかった。

 午後から用事があったので、その後の動きはわからないが本会議最終日に報告が聞けるでしょう。

 午後7時から岡田校区愛護部連絡協議会の総会に招かれ、祝辞を述べた。
 22年度の事業報告、決算報告、23年度の事業計画、予算について粛々と会が進行し、全体で1時間足らずで終わった。朝の会議とは対照的だった。

 帰宅後も、テレビ報道は続いていた。東日本大震災について~~
  PN2011031501000811.-.-.CI0003[1] (疲労感に漂う避難生活)
 (寒さの中続く救助活動)PN2011031601000298.-.-.CI0003[1]

厚生常任委員会

 「今日の厚生常任委員会は、付託された案件について審議、議論して午後4時過ぎまでかかった。」

 会の始めにあたり、このたびの東北・関東大震災の多くの犠牲者に対して哀悼の意をこめて黙祷した。
 また本会議終了後に予定していた懇親会の自粛を決めた。
  
  委員会では、主に22年度3月補正、23年度当初予算について審議、議決をした。
 条例の一部改正について文言に議論を呼ぶことになったり、認定こども園や特別会計の国民健康保険制度、後期高齢者制度、介護保険制度について一定の議論があった。

 4時過ぎに事務所に戻り、デスクワーク。お疲れモードでした。ふ~
              疲れたァ
 今日も地震の被害状況が次々と流れる。時間を追うにつれ被害の大きさに目を奪われ、犠牲者の数の多さに愕然とする。
 また命からがら避難してきた人々の疲労感がテレビの画像を通して伝わってくる。
 今は義援金ぐらいでしか支援できないが、他にも何かできないかと自分の中で歯痒くなるような感じを覚える。
 復旧には時間もかかるだろうし、長期戦になればまた私たちにできることも見えてくるのでは・・・・と考える。

みんなで救済を!

 「連日甚大な被害が報告されている。壊滅状態の市町村の事を聞くと、行政や議会の人々も不眠不休で救出、避難活動、情報収集に奔走されてるのではないかと胸が痛む。何か議会として協力できる事がないのか、みんなと考えてみたい」

 朝は地域の資源ごみ回収に私もいつものように参加したが、さすがに年末時よりは全体量が少なかったようだ。
 また作業中も口を開けば、東日本の巨大地震のことだった。

 福島の原発1号機の爆発や放射能漏れ、被ばく者の出現など・・やはり巨大地震の前では安全神話も通じないということか・・。
            TKY201103120574[1]
 同じように伊方原発を抱える愛媛県としては、やはりこれまで以上の防災対策を考え見直していく必要があると思う。

 東日本での巨大プレート3つが同時期に断裂するようなエネルギーが、あの広域巨大津波を生みだした。
 これは東南海、南海地震に繋がる予兆かもしれない。そうなると西日本も決して無関係ではないし、今回のものに匹敵する巨大地震に見舞われる可能性が益々大きくなったように思える。

 松前の津波対策もまだまだという感がする。海に面している部分、川の河口からの逆流域、高台のない平地がほとんどの地形・・・どれをとっても津波の格好の餌食になりそうだ。いくら瀬戸内海という内海に面しているとはいえ、避難時間に少し余裕はあるかもしれないが、かなりの被害がでそうだ。

 本当に自然の力に改めて脅威を感じる。しかし人間は、立ち直り、復興していかなければならない。今日本は世界の注目を浴びている。地震対策最先端を自負する日本がいかにこの国難を乗り越え、最小限の被害に食い止めるか、二次災害を起こさないようにするか、試されているような気がする。

 世界の50を超える国と地域から援助の申し出があったことは本当にありがたく嬉しいことだが、それらが有機的に動けるように現場でのスムーズな指揮をお願いしたいところだ。
 とにかく時間が経つにつれ救える命も難しくなる。救助を求めている人たちの所に的確にその支援が届く事を望むし、被災された方々も頑張ってほしい。

想像を超える被害状況

 「昨日、発生した東日本大地震。時間が経つにつれ被害者の数はうなぎ上りで増えている。また福島の原発が予想だにしない地震の規模で想定外の事態を引き起こし、付近住民はもちろん放射能被害に我々国民もとても不安を感じる。」

 昨日からずっとNHKも民放も地震についての報道をし続けていて、私たちもあまりの被害の大きさに画面に釘づけ状態になっている。

 我が家も連絡がつかずやっとメールで無事を確認した息子から直接電話がかかってきて元気な声を聞きことができ、しかも寮にいたので帰宅難民にもならずにいたことがわかり、「ほっ」とした。

 彼の話に寄ると、やはり東京杉並でも余震が頻繁にあって気持ち悪いが、ライフラインは大丈夫なので生活そのものは普通に行なえるとのことだった。

 午後から史談会総会に参加。
 伊予市翠小学校の和田校長先生に「光と風と薫りのある翠小学校づくり」というタイトルで講演をして頂いた。

 パワーポイントを使って、エコな学校を地域の人たちと共に子どもたちを中心に盛り上げている姿を、分かりやすく話してくださった。
 『咲き顔』という素晴らしい言葉も印象的で、これを本当の心情を表す顔という言葉で一人一人を大切にしている教育方針が垣間見えて、情熱を感じた。
 P1050048.jpg P1050052.jpg

 その後5時ごろより場所を変えて、先生を囲んで懇親会をして皆さんとの親交をはかった。

 午後8時過ぎに帰ったが、テレビをつけるとやはり大地震の被害速報が流れていた。
 被災者の方々の疲労がだんだん溜まり二次災害にも繋がりかねないので、早く食料、水、暖、トイレ、地域情報などを提供してほしい。

 私たちのこの西日本にも南海大地震がいつ起きるともわからない。決して人事、対岸の火事ではないのだ。改めて自然への畏怖と防災の見直しも考えていかねばならないだろう。

観測史上最大地震

 「なんと言うことでしょう。明治以来の観測史上最大の大地震が発生した。東北から関東にかけて大津波に襲われ、また凄い揺れで建物や道路が壊れ、山が崩れ、多くの犠牲者、行方不明者がでていて、時間の経過と共にその数が増えている」

 朝9時半より文教常任委員会の傍聴に行き、11時ごろまでかかった。

 そのあと事務所に帰り、総務の研修先候補を調べたりした。

 午後から国会中継で与野党の予算審議を聞き、2時半頃事務所に戻りデスクワーク。
 その後、息子がお世話になっている寮の管理人さんにお礼の手紙と粗品を送るため高島屋に行く。
 地下の食品売り場で買い物をして東京方面に送ってもらうように伝えると、「先ほど大きな地震があったので遅れる可能性があります」と言われ、始めて地震のあったことを知った。

 その後、関東地方でも震度5弱の揺れがあったと聞き、急に息子の安否が気になって電話したが繋がらない・・。メール送信でやっと繋がり、1時間後に無事の確認が取れて「ほっ」とした。

 それにしても都内は各公共交通手段がストップして多くの帰宅困難者が出て、あちこちで人が溢れ大変な状況がテレビ画面を通して報道されていた。

 各民放もNHK並にコマーシャル無しにずっと報道し続けているのには、びっくり。

 これから救出、避難、復旧、復興まで長い道のりが始まる。私たち被害にあっていない地域の人々は、何らかの支援の手を差し伸べていかなければならないだろう。今は被災された方々の冷静な行動で、より減災できることを祈るばかりだ。

 そして犠牲者の方々に心より哀悼の意を表します。合掌

総務常任委員会

 「朝晩の冷え込みは、真冬並み。でも日中は風が強くて、花粉が飛び交っている。大変な季節だ。」

 朝から総務常任委員会。
 22年度一般会計3月補正と23年度当初予算で、委員会所管部署の項目につき審議する。

 私が気になった点は・・
 ①企画費
 ②外国人登録を住民台帳へ移しこむためのシステム改修費
 ③滞納機構に委託していた件数が減じた理由や回収率について
 上記3点を理事者側に質した。
 他に消防詰所の件や法人数の減少にかかわる税の均等割についてなど。

 協議会も含めてギリギリ12時に終了。
 明日は文教常任委員会だが、私は委員ではないので傍聴という形で会に臨む。
 委員の皆さんは頑張って内容吟味して、どんどん質してくださいね。

 帰宅後、次男のことで予備校の進学指導の先生に電話する。
 今回の彼の受験について結果惨敗だったことをどう総括しているのか、今後の方針や次回の必勝を確実にするための対策はどうすべきかなど聞いた。
 また月末には直接アドバイスをお願いしたい旨を述べ、アポを取った。 

 友人(同じ受験生の親)とも、今回の厳しい結果を振り返った。彼女の娘さんも第一志望は不合格だったが、既に受かっている所に決めて浪人はしないという決意に従うとのことだった。

 うちの場合は一つもないので、浪人しないのなら就職か専門学校の選択肢しかない・・・もう一度トライするしかないわけだ。

 さあ、もう休もう・・眠くなってきた・・

一般質問

 「今日は朝1番に私の一般質問から始まった。ただ傍聴席は たった2人で、本当に淋しいものだった。」

 今日の私の一般質問は・・ 
 ①「防災教育」 
 ②「コミュニティバスの利便性拡大」 
 ③「オリジナルデザインの犬の鑑札は」 
       質問イメージ
 ①について、教育長から答弁
 「地域自主防災会との連携で、小・中学生の防災教育に実践的な地域密着の学習内容を今後深めていく支援を考えている」との前向きな発言。

 ②について、町長からの答弁
 「年末年始のバス運休は、道路周辺の混雑で時間通りの周回ができないかもということでこれまでそうしてきたが、利用者の声や利便性拡大という観点で、事業者との協議で今後前向きに検討し利用者の声に応えていきたい」との発言。

 ③について、担当課長からの答弁
 「松山市の4月からのオリジナル鑑札導入の流れに、今後は他の19市町村がどのように対応していくか検討中。ただそれぞれが異なる鑑札になると獣医師の現場ではすべてを準備しなくてはならなくて大変煩雑なことになるし、コストもかさむ。
 とはいえ、現在の鑑札は不人気なのもわかるので、19市町でもっとデザイン化した鑑札を作成していく方向で考えている」との発言。

 今回の私の質問は理事者側との一致点も多く、住民ニーズとのマッチングもタイムリーなものだったようだ。今後も住民ニーズに敏感にアンテナを広げ、ライフタウン松前がその名のとおり住みやすい町になるため私なりの立ち位置から活動する努力を惜しまないつもりだ。

 一般質問のあと(2時過ぎ)、産業建設委員会管轄のまちづくり課の案内で23年度当初予算での道路補修関係の現場視察を行なう。

 事務所に3時半ごろ入り、昨日から考案していた松前の男女共同参画シンボルマークを仕上げ、庁舎に提出。

 帰宅は5時半過ぎ。明日は自分の所属する総務常任委員会があるので、書類に目をとおしておかなくちゃ・・

年度末にかけて・・

 「三島神社の寒桜が10日遅れで開花したとか・・・いよいよ春ですね。これから年度末にかけて忙しい日々が続きそう。体調管理が大切だ。」             
                             illust739[1]
 午前中は事務所にてデスクワークと来客対応。
 
 そして依頼された松前町独自の男女共同参画シンボルマークのデザイン案に、いろいろ頭をひねる。
 10日が提出期限だとか・・・あまり時間がないのでイメージ的な案として出してみますか。

 午後はフラダンスの練習に、いつもの場所に集まる。
 22日にエンゼルで披露する4つの演目のうちあまり自信のない3曲について、何回も練習を重ねた。これでもう1回来週おさらいをしたら、当日は何とか格好がつきそうだ。
    フラ練習

 練習の後、みんなで近くの喫茶店に行き、4月からのサークル運営について話し合った。
 新役員が今後うまくやっていけるように。

 さあ明日は私の一般質問から始まるぞ~、張り切っていきましょう

一般質問に向けてガンバル

 「少し春らしさが戻ってきたかなと思ったら、スギ花粉がものすごく飛散し始めて、花粉症の人にとっては悩ましい季節到来だ」

 朝からガソリン切れかけで、大慌てで給油に。
 そのあと事務所に入ってデスクワーク。
 9日の一般質問当日の原稿仕上げなどでパソコン打ちに集中してたら、11時半集合の昼食会に少し遅刻してしまった。

 ★ネットワーク松前の役員さんの昼食会にご一緒させてもらった。
 5月の総会に向けての話し合いもあったりして、いつも通りのちょっと高齢の女子会は賑やか笑いの絶えない会でした。じゃんじゃかの焼肉ランチ934円で、リーズナブルで美味しかった。
 5月の総会に向けて、皆さん原稿書きなど役割分担して準備していく話になった。

 2時過ぎに事務所に戻り、原稿の続き作業で4時半にはすべて終了した。
 明日は最終チェックをして、9日当日に備えたい。

 さあ寝不足にならない程度に就寝するのも大事かな・・

 暴飲暴食に注意!

  「今日は、ゆっくり起床。実は昨日夜から体調壊し(胃腸)・・・でもゆっくり睡眠をとったので今朝は回復。」


昨夜、夫と行きつけの焼き鳥やさんに行き、美味しさのあまりつい多めに注文し食べ過ぎた・・。帰る間際、急に気分が悪くなってトイレに飛び込むハメに。
 やっと落ち着いたと思いきや今度はお腹がすごく痛くなって、帰りの代行運転中に2回もコンビニやらガソリンスタンドのトイレに飛び込んだ。とてもじゃないけど我慢できない下痢に悩まされ、油汗タラタラ・・だった。
        
お腹が・・
 家に帰ると痛みは落ち着いたのだが、寒気がしてしばらく炬燵から離れられなかった。いや~つらかったね。考えたらおやつに解凍したイチゴ大福を2個も食べて、そのあとの焼き鳥はヘビーだったかな。ともあれ今日は、すっかり治ったので食中毒ではなかったのだ。

 朝から梅雨のような、しとしと雨が降っていた。それでもラブにせがまれ散歩に。
 いつものように土手沿いを歩くと、所々にポイ捨てのペットボトルや食べカスの入ったビニール袋などが落ちていたので拾いながら歩いた。
 それにしてもみんなの通る散歩コースに土手上の道路からドライバーがポイっと捨てていくんでしょう。マナーを守ってほしいものだ。

 午後から自宅にて、一般質問用の原稿の一部をパソコン打ちして9日に備えた。
 
 夕方の買い物の折にも、まだ雨が降って気温も低いので鍋の材料を。
 美味しいお酒も控えて、明日以降に備えた。

私って、ミーハー !?

 「今日も昨日に引き続いて寒い。何かと忙しい1日だったのに・・。」

 午前中、名刺の追加発注で、業者と打ち合わせ。
 また一般質問のための資料集め・調査等で、あっという間に昼になった。
 午後からデスクワークにかかりだすと、またまた来客。

 3時にアポのため庁舎に向かう。
 年金問題について、担当課と現状について話をする。
 その後5階に上がって、総務の研修先についてネット検索を。時期的に4月の最終週あたりを考えているが、そうなると4月の統一選と重なる自治体が多くて訪問先の選定に苦労する。
 絞り込みには時間がかかりそうなので、早めに着手する事が肝要だと思われる。

 午後5時の庁舎内チャイムを聞いてから退出し、エミフルで買い物など用事を済ませ家に着く。
 一人のんビリと夕食を楽しみ、ウトウト・・してたら夫が帰ってきた。ご存知の通り只今夫は確定申告の時期で、本当に忙しくて自分の事務所にて夕食を済ませ遅くに帰ってくる。
 だから8時半なんて、まだ早いほうのご帰還だ・・。

 ところでちょっとミーハー的な自慢(?)を一つ。
 今年のアカデミー賞作品はつい最近報道のあった『英国王のスピーチ』ですよね。その中で国王役を演じていた俳優が主演男優賞を獲得したのだが、さてその人は誰でしょう?。
・・・そう! コリン・ファース氏 ですよね。渋い演技派タイプの俳優さんです。その人がよく利用している行きつけのすし屋が、なんとうちの長男がバイトに行っている店なんですよ
 ロンドン広しといえども、凄い偶然じゃないですか・・
            コリン・ファース氏

 息子に頼んでサインもらっちゃおうかな~ なんて。まずは映画を観てからですかね、ハハハ~^0^~

本会議2日目

 「今日はお雛様の日だが、まるで真冬に戻ったような寒い1日だった。本議会2日目、当初予算に集中審議の嵐だった。」  
                 寒い・・

 定例議会2日目。昨日、主旨説明のあった各議案に対して、審議が行われた。
 特に22年度補正予算と23年度当初予算事項に、複数の議員から行政側の意見を求める形で審議が続いた。
 
 今日も認定子ども園に対する懸念事項が多く出された。補助金の額が大きいのもさることながら、幼保一元化に対する不安、民営化に対する問題意識が根底にあるからだろう。

 私は、就学前の子どもたちの一定レベルの教育水準が幼稚園と保育所で大きな差異があってもいけないと思う。特に少子化時代の今のような環境において、また共働き世帯が圧倒的に多くなってきている現状で、まさにこの両システムの融合で良い保育なり教育が受けれる機会が増えることは、むしろ自然のニーズだと考える。その選択肢が松前にできるのも良いのではないかと考える。

 民営イコール利潤追求でグレードが公営より低いと考えるのは、少々乱暴なくくりだと思う。
 手を上げたやる気のある私企業に公的な補助金を出す事で、監視と指導をしながら民間活力で有機的な経営と社会貢献をしていく企業に育て委託していくという発想は、むしろこれからのもだと思う。

 当初予算全体では昨年度比で110%の伸びで、町税収などの落ち込みからして無理してる部分もあるようだが、こんな時代だからこそ基金取り崩してでも必要な所には配分しているんだなと感じる。
 住民特に子育て支援や耐震補強など、国の重点施策による補助金の厚い部分を中心に重点配分の労が見える。
 ただ松前町を外に向けてアピールして、どんどん来てもらえる街にしていくためのコンセプトが見えない。今はエミフルに頼る人の流入だけだが、周りの市町に埋没してしまっているわが町がそこにある。
 たとえば、『坂の上の雲』構想の松山市、『坊ちゃん劇場』とハーフパイプの青野君で売っている東温市、砥部焼で有名な砥部町・・・・と何か特色ある仕掛けやコンセプトでしっかり観光資源にして外からの訪問を受け街の活性化に繋がっている。このような人やものの掘り起こしを行なう施策の予算化がみられなかったのが、今後の課題かなとも思った。

 夕方、次男から今後について話があった。結局、今回の受験校すべて不合格という惨めな結果をしっかり受け止め、何が敗因だったかをよく分析して二浪の道を再スタートさせてほしいということだった。
 同じ予備校の選抜クラスに入り、確実に来年こそは合格できるように頑張れる環境を提供する事を許可した。ただ学生寮の方は、予備校の推薦する系列の寮に移転することになった。通学時間の大幅短縮と共通する希望大学を目指す学生が多いこともその理由だ。今の悔しさを糧に、燃える闘志とモチベーションを絶やさずガンバレ~~

定例議会初日

 「3月定例議会始まる。当初予算と補正があるため、今日は主に主旨説明が中心となった。」

 午前中いっぱい掛かった本会議終了後、住民の方より頼まれていた質問やお願いごとなどで各担当部署廻りを行なう。
 行政側の意向もわかった上で、それぞれの方にフィードバックして理解や納得していただいた。

 あちこち部署廻りのおかげで、関連話などをしつつ帰ってきたら2時半過ぎ。
 昼食抜きだったので、さすがにお腹が空いて遅めのランチを摂った。

 3時半頃事務所に戻り、デスクワークや来客対応。
 夕方、3月末に開通する町道筒井徳丸線の高架付近を自転車に乗って見て廻る。
 今は何もなくて殺風景だが、花や緑が入ってくると人々の賑わいなども聞こえてきて、不審者の出入りしにくい場所となるだろう。

 そんな場所にするのも、地域住民のコミュニティの力が必要になってくる。子どもたちの安心安全な通り道にするためにも、いろんな世代の人たちの行き交う所になってほしい。
 そのための工夫やアイデアなどがどんどん出され、出来ることからやっていきたいものだ。

  お花いっぱい

3月です。そろそろ春の予感が・・

  「今日から3月、定例議会も始まります。今週は雨模様でまさに一雨ごとに春到来という感じで、ラブとの散歩コースにある土手沿いに土筆が顔を出していた。」
                    print-i157[1]
 朝からどんよりした天気で、かろうじて降ってない合間をぬってラブと散歩に行った。

 午前中は、事務所にてデスクワーク。来客あり、住民相談など。

 午後、いつものフラダンスレッスンへ。
 3月22日のエンゼル慰問での披露ダンスがなかなか覚えられない。先生からは、「慰問が嫌がらせにならないように(笑)頑張って覚えてね・・」と釘をさされてる。どうしよう・・・
     大変なのよ・・
 3時前に父の用事を済ませ、4時ごろ帰宅。
 食事の準備前にちょっと新聞に目を通してると、いつの間にかウトウト・・と居眠りを。

 一人のんびり夕食中、テレビの健康番組で「頻尿の原因について」やっていたので見ることに。
 膀胱周りの筋肉の衰えが関係してるということだった。それを予防するのに、その筋肉を鍛える方法にフラダンスの中腰でお尻を前後や左右に振ったり回したりすることが、よい効果をもたらすということも知った。頑張って続けていこうと改めて思った。

 中東の特にリビアのカダフィ大佐を見ていると、独裁者の哀れな末路のようなものを感じる。自国民をも保身のためなら銃口をむけ、反抗すれば空爆も厭わない。金をばらまき、貧困層のアフリカの人々から傭兵をつのり周りをガードし、徹底抗戦だ。
 40数年の独裁で彼とその一族には数兆円の富が集まっている。ほとんどがオイルマネーだ。一日も早い新政権誕生と民主国家に生まれ変わる事を願う。

 そのためにも周りの国々の間接的な支援が必要だろう。独裁政権の経済的バックボーンを解体し、新たな金のばら撒きや傭兵を雇えないようにし、また民主的な手法で憲法や議会を起こし、混乱や内紛が起こらないようにしながら新政府樹立できるように協力していくべきだろう。

 明日から3月議会が始まる。