FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

文化祭2日目

 「文化祭2日目。始まる頃にはポツポツ来て、本格的に11時ごろからは本降りに。」

 フリーマーケットのお手伝いに行こうと準備し始めた頃には、もう降り出してきた雨。
 「あ~中止かな?」と思いつつ、とりあえず親父を誘って文化センターに向かう。1時間後に集合の約束をし、私はフリマに向かった。なんとかまだ販売を続けていたので持って来たタオル類を出品して、しばらくお手伝。

 それでも雨が一向に止まないので、まわりで出店している人たちも次々に片付け始めた。
 私も11時過ぎには 「国際交流の会まさき」 の出しているコーヒー店にスタッフとして入る。昨日に引き続きお手伝いを。
                 P1040446.jpg

 しばらくすると、色々な作品展示会場を見て廻った父が帰ってきたので、コーヒーをご馳走してクッキーや隣のフレッシュリブさんのひまわり餅などを食べてもらった。父も満足した様子だったので、岡田タクシーを呼び帰ってもらった。
 お昼も近づいたので、私も色々と買出しに廻った。
    P1040448.jpg P1040451.jpg

 雨の勢いは止まず、客足が伸びない。身内同士・仲間内で買い合って売り上げに繋げるという感ありだったが、まつまえのホタテは美味しかった。
 いろんな店のものを少しづつ買ってスタッフで分け合いながら食べたので、おなかもすぐ一杯になった。

 午後からは少し寒くなり体調もなんだか怪しくなってきたので、まだ販売終了とまでは言ってなかったのだが少し早めに帰らせてもらった。

 帰宅後、咳が激しくなり熱ぽくってしんどくなり、「これは、ヤバイ!!」と炬燵で温め2時間ぐらい横になるとだいぶ楽になった。

 明日からまた忙しい週になりそうだ。とにかく風邪を治して、万全の体調で臨みたい。

松前文化祭

 「朝から天候が気になる松前文化祭第1日目。曇り空ではあったが風もソフトで寒くもなく、開会セレモニーも屋外ステージにて行なうことができました。」
     P1040441.jpg   PA301356.jpg
 
今回の文化祭は姉妹提携をしている北海道の松前(まつまえ)町から、町長や議長・小学生など十数人をお招きして、更なる交流の場となった。
 PA301341.jpg PA301346.jpg
 開会式では北海ソーラン節の踊りを披露してもらい、祭りのオープニングに花を添えた。 


 11時過ぎから、文化センター横の図書館前でコーヒーとクッキー販売を手伝った。
        P1040444.jpg
 明日もフリマのお手伝いが終わったあと、ここに戻ってくる予定。

 途中で2階3階に展示されてる住民の皆さんの力作(習字、手芸、絵画、写真、絵手紙など)の観賞に出かけ、素晴らしい出来栄えに感動した。
 PA301358.jpg  PA301360.jpg
    PA301366.jpg  PA301371.jpg
  PA301372.jpg  PA301373.jpg
             PA301377.jpg
 明日文化祭2日目もいい天候に恵まれますように・・・晴れ女の意地にかけても。

医は忍術・・

 「今日も風邪気味な体調でスッキリしない。でも用事は色々あるので、休んでばかりはいられない

 午前中は母を連れて愛大病院へ。
 今日は、なんだかご機嫌よく笑顔も多い。そして主治医の伊賀瀬先生の優しい声掛けに、いつもは自分の名前さえ言えなかった母がはっきりと「マツモトタケコ」と言ったのです

 「医は仁術なり」 とは・・正にこのような事かしらと・・思ったぐらい嬉しい瞬間だった。
 しばらくの間(冬の期間)は愛大は通わないことになったけど、本当に認知症の神秘のような気がした。

 こんなに素晴らしい事があった後に、広報の表紙の出来上がりを見て色落ちが激しくてガッカリした。
 今後のこともあるので業者への申し入れは、しっかりしなくてはと感じた。

 さあ明日から文化祭だ。元気になって頑張らなくっちゃ・・!!

病院三昧

 「朝から歯医者や罹りつけの病院へ・・・まさに病院のはしごをした。明日は母のために愛大病院に行く予定。」

 今日もなんだか肌寒い朝を迎えた。
 まだ治らないしつこい風邪に悩まされながらも、朝一番に歯医者に行き(先日のアクシデントで行きそびれた)奥歯の治療をしてもらう。
 また昼前には予約しているいつもの定期検診へ。

 今夜は父のために鍋を準備して歓待。
 明後日(30日)は父の84歳の誕生日なので、ちょっとした気遣いのつもり。

 というのも、ケアハウスのお風呂が故障しており2~3日入浴できないので、うちでお風呂を借りたい・・という事情もあったのだが・・。

 久しぶりに夫が買ってきた長浜のお魚を使った【魚貝ちり鍋】。
 フーフー言って食べるのは、なんとも身も心も温まりますね。父もとっても嬉しそう、一番喜んでたのはラブかもしれないね。
               b0009331_2336855[1]
 早く風邪を治して、これから忙しくなる週末にかけて走り抜けよう・・・・

少し回復へ・・

 「昨日から今日にかけて風邪で体調を崩し、周りの方々にご心配を掛けました。夕方からは咳が少し残るもののだいぶ良くなってきたみたいです。」
 
 昨日は寒気がして熱ぽくって体の節々がだるく、立っているのも辛くて夜も風呂も入らず床に着いた。
 こんな体調で夕方、近くの歯医者に出かけたところ・・離合時に左に寄りすぎ、車の左前輪が脱輪し 「ガリーー」 という音とともに傾いた。
 近所の方に声を掛けて、何とか車を上げようとしたが無理だった。
 JAFに連絡して事なきを得たのだが、寒風吹きすさぶ中で待ってる時は、「何てついてないんだろう・・」と情けない気持ちになり余計落ち込み熱が出た。
             寒い・・
 今日トヨペットさんに来てもらって、車本体に影響はないかどうか確認してもらった。結果刷れただけで、へこみもなかったのでさび止めを塗るだけでよかったということで『ほっ』とした。車検まで2週間ではあったが、問題なければ当初の予定通りでいけそうだ。

 午後からも事務所でデスクワーク。
 決算特別委員会の事前資料に目を通しつつ、スタッフがパソコンと新しく入れ替えたプリンターとの不具合に格闘しているのを傍観して、その粘り強さに感心している私がいた。

 4時半ごろ事務所を退所。
 夕飯の準備をしてたら、E銀行のN氏が訪問。この前締結した契約手続きの書類不備で来られ、父の印鑑違いを見落としていたことで謝りとその手続きをするため父のいるエンゼルまで同行しほしいとのことだった。

 無事手続きも終え帰ってきたら、はや7時半。 遅めの夕食となった。
 今日こそはお風呂に入ってスッキリしたいし、風邪も早く治さなきゃ・・・。
 明日もまた今朝のように寒いのかな~

 夏のように暑い日々が結構続いてただけに、この冷え込みは体にキツイ。                    

風邪引いちゃったぁ?

 「朝から雨がしっかり降ってた。でもラブちゃんは散歩をご所望のようで、傘をさしながらの超短縮コースで廻った。」

 ラブは濡れてもやっぱり嬉しいみたい・・・でも私は、ちょっぴり風邪気味なのか喉がヒリヒリ・・。
         おさんぽ
 昨日お風呂上がってから、冷えたかな? それに多分疲れもあったよね・・。
 リラックスしすぎると緊張感がなくなり、かえって体調崩したりするのかも・・。

 ★午前中は事務所にて来客対応。
 あと、故障で修繕に出していたパソコンが戻ってきたが、リカバリーソフトでほぼ修復できたかと思いきや・・ドライブの問題もあるみたいで結局再度(再々度?)修繕に出すはめに。

 午後からは、銀行に行ったり庁舎で用事を済ませたりと・・。
 だんだん体がしんどくなってくる・・・やばいよねぇ~、熱でも出たら明日からに響く。
 寝る前にお風呂で温もって、サッサと床に着こう。もちろん風邪薬も飲んで。なんだか鼻水まで出てきたみたい、ズルッ!
                    hito10[1]

オフ日で、ゆったりと・・

 「今日は、のんびりした1日だった。まさにオフの日だ。ゆっくり朝起きて、久々8時間寝ると頭もスッキリだ。」
 
 でも気になることもあったので、昼から電器屋へ。
 昨夜、新しく購入した ネットブックみたいなパソコンでゲームをインストールし時間バージョンで遊んでいると、突然警戒音が鳴り出して止まらない。底板が熱くなっているのでバッテリーを外して、強制的にシャットダウンしてしまったので購入先の店で点検してもらった。
 やはり容量オーバーなソフトが問題を起こしていたみたいで、アウトストールしてなんとか問題クリア。「ほっ・・」と、そして反省・・。

 朝早くから夫は詩吟仲間と一泊二日の親睦旅行に出かけて、私のこののんびりリラックス感は最高潮!
                               
                 リラックス
 ラブとゆっくり時を過ごす。父にお土産を持っていったり、買い物したり・・。
 明日からの忙しさに備えて十分休養を。 
         P1040437.jpg
 時間の余裕もあったので、ちょっと事務所に寄るとデスクの上にはあちこちからの手紙や書類が。
 11月の決算特別委員会の予定がズラっと入っていて、その間に厚生常任委員会の研修視察も予定されている。
 風邪を引いたり体調を崩さないように、自分はもとより高齢の両親にもお願いしたい。昨年はちょうど今頃、母の体調不良でかなり心配させられた事もあったので・・。

研修最終日

 「昨日夜中の2時頃まで書いてたブログ・・一瞬のことでよくわからなかったが(寝てたのか!)突然消えてしまい、色々試みたが復活できず大ショック! 貴重な2時間半を返してくれ~」

 昨日(21日)の授業は、本日(最終日)の具体的財政分析の演習につなぐ総論のようなものだった。
 ・病院事業に行き詰って大きな累積赤字を抱え財政再生団体になりかけた赤平市を取り上げ、健全化法で壮絶な行財政改革を行なった例を学んだ。
 お話は、実際に現場で指揮を取っておられた赤平市の企画財政課長の伊藤氏

 小西先生の前段の話は、企業が発生主義会計であるのに対し自治体は現金主義会計であり、地方債について建設公債主義の下でとらえるという内容だった。

 今日は事前提出していたレポートをもとに学習した。
 具体的に20年度決算の数値を元に
  「実質収支と財政調整基金の合計の標準財政規模に対する割合」
  「1年間の償還財源の余裕度」
  「中長期の償還能力、将来負担比率と償還財源」
  「債務償還可能年限」
  「平均償還期間」

 これらを一定の数式に当てはめて計算し分析グラフに記入していく作業をしながら、最後に総括して質問を受けるという授業で最後を締め括った。

 2時半に修了式を終えて、4日間一緒に学んできた仲間(議員さん)たちもそれぞれの地元に帰っていった。
 またいい仲間が増えて今後の活動にプラスになりそうだし、次回の研修での再会を願って別れていった。

 夜7時半にようやく自宅にたどり着き、預けていたラブちゃんも戻ってきて、また明日から
いつもの生活が始まる。
 帰ってきたラブちゃんは、綺麗にシャンプーされ美犬になってた。
 
 さすがに疲れました・・とは言っても明日は法事があるので、朝ゆっくりはできない。疲れを取るために、もう休みましょう。

研修2日目

 「今日は、私の名前の分権改革(緑の分権改革)と実践例として東近江市の取り組みについて学習。どの時限も面白く眠くなるコマは一切なく、得た知識をわが町に当てはめた時何ができるのか、応用範囲の広さに不安もある、可能性も大きいと感じた。」
             DSC_2624.jpg
 1時間目: 「緑の分権改革、地域力創造施策」 原田 淳志 氏(自治省)          
 地域力創造にむけた組織体制の三つの柱
  ・緑の分権改革推進
  ・地域力創造(定住自立圏構想)推進
  ・自治体クラウド推進
 
 緑の分権改革のコンセプト
 人材や食料・エネルギー・資源等ができる限り地域で有効に活用される構造に変えていくことにより、ヒト・モノ・カネ・エネルギーの動きそのものを変革し地域の自給力と創冨力を高めるような社会システムの構築を目指すもの。

 推進プロジェクトは、企業・NPOとのコラボで民間機能を活用した事業の実施。          
 雇用の増加等の成果目標を明確にした提案を公開プロセスをへて採択 。
  エネルギーは、太陽光、風力、小水力発電
  農林水産分野は、コミュニティ・レストラン・農家民泊
  観光分野は、1次産業、商品開発、資産の有効活用
 上記は雇用の確保につながる

 2時間目: 「東近江市が目指す緑の分権改革」 野村 正次 氏(東近江市の緑の分権改革課長)
 実践例として、これはぜひ先進事例として視察に行きたいところだ。
  面積:388平方キロ、人口:11万人
 つまり東近江市は、日本の約1000分の1モデルといえる。

 具体例・・・・
  多分野連携取り組み事例として~
  ・「菜の花エコプロジェクト」・・・資源循環の地域モデル
  ・ひがしおうみコミュニティビジネス推進協議会・・・太陽光を利用した市民出資の共同発電所事業
 他にも、地域資源利用の農家レストラン構想や森林資源の循環利用を目指しての活動、どのような状態でも安心して暮らせる地域拠点作りを目指す福祉モール構想など
 まさに地域でヒト、モノ、カネが回る地域自立の仕組みのできている実践例である。
                                    
 3時間目から5時間目まで: 「持続可能な自治体経営の在り方」 : 森 貞述 氏(前高浜市長)
 市会議員から市長になられた森先生の話は、議会と首長の関係はどうあるべきで最終的には住民にとって何が大事で・・そのためにどうすればよいのか熟議を重ねていき最終の落とし所を見極めることのできる関係を作ることが大事と。

 ・住民からみて議員の活動がどう映っているのか~見える総合計画とローカルマニフェストとの整合性
 ・議員が総合計画の立案の段階で参画できる条例づくりが必要では・・
 ・議員改革会議の中身: 議員定数、一般質問、反問権から最終的に議会基本条例作成に
これらが理念条例であることは周知の事実だが、具体的なまちづくり活動をより有意義なものにするための支援を担保するものになりえる。
 
 休憩を挟んで・・・
 実際に森先生が市長時代に行なったいろいろな実践例について話を聞く。
 ・福祉でまちづくり
 駅前再開発計画を大型ショッピングセンターを中心とする商業ベースだったものから少子高齢化時代の先取をし、福祉ベースで開発をするという大きな計画変更に舵をきったために大変な苦労があったこと。
 高齢者向け高層住宅・商店街・県立高校に介護福祉科を増設し卒業後の雇用にも繋げたこと。
 そのために地域福祉計画及び居住福祉のまちづくり条例の策定。
 
 ・構造改革の目玉として、市が5千万出資し高浜市総合サービス(株)設立で単純労働的分野の仕事を請け負う。雇用の確保に繋がる。

 ・医師不足で経営危機を迎えていた市立病院の民間移譲
 15億の建物が1億5千万に、医療器具2億がゼロという条件に議員や住民から大きな抵抗。しかし廃院にすることはできなかったので、地道に説得・・・理解を求めた。
 上記以外にも多くの苦労の末、成し得た改革事例の紹介があった。

 最近話題の長と議会の関係についても名古屋市や阿久根市の例を出して、手法の問題・信頼関係の構築が大切。専決事項は極力避けたいことなど・・・話された。

 素晴らしい、とても役立つ講義に満足。明日も頑張ろう

 今日はカメラのバッテリー切れで写真なし・・臨場感ある報告ができなくて残念!

研修一日目

 「いよいよ講義が始まる。午前9時25分から午後5時まで(途中休憩含む)しっかり勉強させてもらった。一コマ70分授業は、集中力持続がポイントとなる。」
     P1040419.jpg
 1時間目 「地域主権改革の現状と今後の方向性」
  講師:総務省自治行政局行政課長  安田 充 氏
       
 ○地方分権推進法の一次改革から二次改革の流れ
  平成20年5月の第1次勧告 重点行政分野の見直し、
   同   12月の第2次勧告 出先機関改革、義務付け、枠づけの見直し
  さらに平成21年10月の第3次勧告 見直しに係る条項4000のうち892条項の見直し措置を提示

 ○地域主権戦略会議(内閣府)の中身から・・・
  ①義務付け、枠づけの見直しと条例制定権の拡大
  ②国と地方の協議の場の法制化
  ③今後の地域主権改革の推進体制
        
 ○自治体の基本構造のあり方 
 ・二元代制を前提とした自治体の基本構造の多様性
 ・議会のあり方
 ・住民参加の在り方
 ・財務会計制度、財政運営の見直し
 ・自治体の自由度の拡大
 
 まさに今マスコミ報道でも話題になっている阿久根市や名古屋市の首長対議会バトルの事例をあげながら二元代表制の仕組みについて、議事機関と執行機関のバランスや様ざまなパターンを示し今後の方向制をわかりやすく話された。

 昼食をはさんで13時より17時までの講義(昼からの授業は眠たいのが相場だが、この先生の語り口はまさに落語家さんみたいで本当に退屈せず、難しい監査制度改革が印象深く入ってくるのが不思議~)

 「自治体内部統制体制の整備と監査制度の在り方」 
  講師:関西学院大学教授 石原 俊彦 氏
 板書しながら一つ一つの言葉をクイズ形式で投げかけて、簡易に作ったグループで相談して回答させる形式で講義が進む。

 内部統制の中でミスや不正予防や発見・修正をするが、これを何というか・・ リスクの事前回避
 なぜコスト意識が必要・・・・最小経費で最大効果が要求されるのか~ それは扱うお金の原資は、税金だからでしょう・・
 
 内部統制の整備と運用は自治体の長がすべきこと。整備して運用することは構築するという。

 ・経営理念から  100-1=0、1+1=3の感覚
 ・地域主権戦略大綱の柱・・・「補完性の原則」「緑の分権改革」

 ・監査人の必要条件
  ①専門的能力
  ②実務経験
  ③正当な注意
  ④懐疑心
 上記の点から公認会計士は、公会計の外部監査には不向き。制度会計、企業会計に長けても管理会計に弱い。
 
 ・包括外部監査には、共同監査制度で今後対応すべき。(先生の持論)
 ・議員の決算監査の視点に、中長期財政計画、学校や施設の耐用年数などを知って実質公債費比率が15%とかで安心してないか~ 今、日本の地方債は6割金融関係から購入先は外国人投資家が多いのを知っているか~
 などなど、いろいろな角度から疑問を投げかけ、当たり前に信じていることに多面的な考え方が必要であることを講義を通して教えてもらった感がある。
 
 講義後、目からうろこ的な感覚もあって気分は爽やかだった。
 ただずっと座りっぱなしだったので、夕食前に近くの琵琶湖までほかの女性議員さん達と散歩に出掛け気分転換した。
    P1040422.jpg    P1040425.jpg


議員特別研修に臨む

 「大津の国際アカデミー研修所にやってきた。北海道から宮崎県まで全国各地から集まった49人の議員たちが、これから5日間の勉強会に臨む。初めての人から私のように4回以上ここにきてここの生活にはベテランの人までいろいろだった。」
 
 朝から出発までいろんな用事を済ませて、午前11時50分の松山発伊丹行の飛行機に。
 午後12時40分には大阪、バスに乗ってさらに京都には2時ごろ、そして目的地唐先には3時ごろ到着。
 駅に降り立つと知った顔もちらほら・・。
             P1040411.jpg
 4時のオリエンテーション後、玄関ホール前で記念撮影。

 17時半には交流会が始まった。
 今回は全体的に女性が少ない。でも結構積極的で社交的な方が多いので、楽しくやっていけそうだ。
 また多くの方々と名刺交換ができて、夜のラウンジでもいろんな話が弾んだ。とくに竹の燻製・・まるでスルメのようなものが酒のアテにぴったりで、集まった議員たちには好評だった。これも涙ぐましい地産地消の作品らしい。20グラム 「320円」 はちょっとお高いと感じるのは、主婦の感覚?
             P1040412[1]
 明日もラウンジに集まって座談会をやろうと、そしてもっとたくさん人が集まるよう呼び掛けしようと約束して散会した。

衣替え

 「朝からそろそろ冬支度・・。籐の敷物からホットカーペットに替えたり、衣類の入れ替えや模様替えなどを。」

 ★今日もいいお天気で、あちこちの庭先やベランダには干し布団のオンパレード。
 明日からの4泊5日の国際アカデミー(大津)地方行財政コース受講の準備で、キャリーバッグに衣類や洗面具など必要品の詰め込み。今日中にしておかないといけない用事は、すべて終えた。

 ★午後は、松山出身のアマチュアゴルファー松山英樹選手の出場している【日本オープン】を見ながら用事を済ませた。
 初日には石川遼君と一緒にラウンドプレーをし、全然気後れすることもなく堂々と渡り合うプレーをしてスコアもバーディー先行型で並み居るプロたちに混じってトップテン入りした。
 まさに優勝争いにも食い込んでいる素晴らしい人材が、この愛媛県から輩出したことが素晴らしい。
                  PN2010101001000407.jpg

 ★明日から行く研修先(大津)では、全国の市町村議会議員が集まってくるので情報交換やその後のネットワークも広がる。
 今回の研修内容は自治体財政についてで、特に地域主権改革の現状や今後の方向性、さらに緑の分権改革、その実践例、健全化法など。
 また住民から信頼される自主的な財政運営を目指していく上での議会が担うべき役割や取り組む課題・方策についてグループ議論などもセッティングされており、盛りだくさんの内容に今からワクワクしている。
 帰ってからは、ちょうど決算特別委員会も控えているし、タイミング的には絶妙だ。

 18~22日のブログは、大津からのダイレクト発信(ネット環境がOKであれば)にトライするつもりなのだが・・。
 それでは、今日はおやすみなさい。

ゆったり休日

 「澄み切った青空が昨日までの祭りの喧騒を包み込むような 感じの、すがすがしい秋晴れだ。」
 
 朝からゆっくりとした時間が流れるように、久しぶりにのんびりとした土曜日。
 夫の従兄弟に玄関のチャイムをモニター付きの物に替えてもらったり、勝手口の足場付近にばら石を撒いて整えてもらった。
 私は・・新聞に入ってたチラシをゆっくりと見て情報収集したり、特に家電品のチラシは見てるとなんだかワクワクしたりするのはなぜだろう・・。

 ところでいつものように新聞記事に目をやると、留まる気配のない円高とその影響、国政、特に予算委員会の紛糾ぶりや小沢氏の説明責任云々・・。
 そしてあの33人奇跡の生還について・・・本当に70日間に及ぶ狭くて暗く蒸し暑い劣悪の環境の中で、33人の男たちがパニックを起こさず冷静に過ごし無事生還し地上で待っている家族、友人、同胞、と再会できたこと。世界中の人たちに安堵と感動をもたらしてくれた彼らに改めて拍手を送りたい。
              amr1010152216013-p5.jpg
 これほどの注目を集めた彼らは、今後の人生に大きな変化が訪れる事になりそうだ。あちこちからインタビュー、仕事のオファー、保証金、賠償金等々、お金も集まる。映画化もされるようで出演依頼などもある。せっかくの美談が醜い金銭 問題に発展しないか不安な要素も多い。

 もうひとつ・・ヤワラちゃんこと谷代議士が、柔道の現役引退を表明した。やはり二足
の草鞋と言うスタンスは無理だったようだ。
 そもそも国会議員をしながらオリンピックの金メダルを目指すなんてことは無理な話で、両方の世界からそんな甘いものではないとかなりブーイングも出ていた。
 
 柔道の代表選手選考基準にポイント制が導入された。今の彼女はポイントがない状態で、すでに若手が多く育ち世界選手権でも彼女の階級はハードルが高くなっている。今後はスポーツ選手の現役後の生活保障やスポーツ界全体の底上げに、政治の舞台で1本勝ちをやってください。
            20101016k0000e040052000p_size5.jpg

地方祭 本番

 「お祭り最終日。早朝から大人神輿の宮出しに参加。まだ辺りは真っ暗だが、明かりのついた境内でその堂々とした姿が子神輿4体の間に浮かび上がっているような感じだった。」
               P1040365.jpg
 昨日早めに寝て目覚ましもかけていたのでちゃんと5時には起床し、宮出しを見るために稲荷時神社へ。
 そこには既に西高柳以外の氏子の神輿が到着していた。
 神輿のかきてが少ない中、粋なかき夫姿の若い衆まで現れて、祭りの雰囲気も高まる。神事も終わる頃には、『いざ出発!』という空気が男たちを高揚させ、まさに宮出しのクライマックス。
      P1040383.jpg
 お宮の周りを三回まわって、それぞれの地域へと繰り出していく。
 大人神輿は子ども神輿の後ろから堂々と行進。途中かき上げ揺らしをしたとき、屋根と電燈をつなぐ コードに神輿のてっぺんにある鳳凰の飾りが引っかかり、落ちてしまうハプニングも・・。
 40年ぶりにお披露目した大神輿は、慣れない部分もあるが今後に繋がる事柄としてみんなで続けていきたいと願う。
                       P1040396.jpg
 威風堂々、やはり大人神輿は迫力がある。ただかき手の皆さんは、神社から集会所までの巡航だけで汗いっぱいで、「ふうふう・・」と言う感じだった。
 記念にみんなで集合写真をパチリ。
             P1040402.jpg
 私も昼前に神主さんのお払いを受けて、12時過ぎに事務局へまつかぜ取材記事を届けて帰る。
 その後、父のところに顔を出す。18日からしばらく自主研修に行ってくる事を伝え、母の
顔も見にグループホームを覗く。笑顔で母に声をかけると、とってもいい笑顔を返してくれる。なんだか癒されてるみたい。また来るね・・。
                              おばあちゃん
 夜は久しぶりに夫と二人で町へ。お酒は、祭りにはつき物だしね!

絵手紙教室 取材

 「今日は月1回の絵手紙教室の活動ぶりを取材してきました。」

 皆さんグループに分かれて座り、画材となるコスモスや秋の草花を片手に持ってもう一方の手に筆を持ちスラスラと紙一杯にはみ出すぐらいの勢いで動かしていく。
 色鮮やかなパレットを並べ顔料を水で溶かしながら、楽しそうに形にしていく皆さんは笑顔がよく似合う。
   P1040344.jpg  P1040357.jpg
 今日は文化祭に出品予定の土鈴(来年の干支のうさぎ)に絵付けをする作業も見せてもらった。それぞれ個性豊な皆さんのオリジナル作品ができそうで、仕上がりが楽しみです。
                P1040339.jpg
 皆さんと楽しくお話しができて取材がスムーズにできました。先生に依頼してた原稿も受け取り、明日の午前中までにはレイアウトを含めてデータ化し事務局に提出することができる見通しがたった。

 昼食後、かなり眠くてうつらうつらしてたら何と3時になっていた。
 その後事務所に行き、探し物の書類を見つけるために机の周りを整理しつつ片付けたが結局お目当てのものは見つからなかった。
 明日また別の所を探そう・・

 明日早朝、大人神輿の宮出しの応援に出かけるので、今夜は早めに就寝するつもり。 おやすみなさい

地方祭 始まる

「今日は地方祭の初日で各戸の御神燈に灯が入り、日が暮れると子どもたちの『もってこ~い』の元気な掛け声が地域のあちこちで聞こえてくる。」
 
 朝から広報委員会。
 また会議冒頭で机を叩いてのお怒りモードの個人攻撃から始まった。連絡が後手になり事後承認をしっかり取れなかったことが原因だが、もう少し次元の高い議論なら納得できるが・・いや~疲れます。
 そういうこともあって、会議要項(申し合わせ事項)も作ったのだが・・。

 会議後、最終校正にむけて写真のキャプションなども入れた。明日14日のサ-クル取材と写真撮りが済めば、レイアウトして15日午前中には間に合うだろう。

 午後からは昨日購入したハンディタイプの小型PCのネット設定をと・・、すでに事務所にはネット環境があったので簡単に繋げた。
 来週からの研修先で、学習メモやブログ用に役立てるつもりだ。

 朝の一発はキツかったけど、へこむ内容でもないかなとスルーしちゃうと案外楽になるもんだ。明日も忙しくなりそうだから、もう寝よう

多忙です!

 「連休明けは何かと忙しい。アポが午後に集中したため、結局フラの練習には行けず・・短く感じる1日だった。」

 朝から伊予農高にアポ取りの電話をしたところ、担当者が昼過ぎでないと対応できないとの事だったので、午前中はデスクワークに集中。
 昼前に来客あり。

 昼食後、花苗の販売の協力依頼の件で伊予農高を訪問。
 私の所属している「さんかくの会」で来年(1月23日)の「コムズで遊ぼう」に企画展示を予定しているのだが、そこで高校生のみなさんとポラボできたらと考えた。
 こちらの趣旨をよく理解していただき担当者の方も好意的にお話に乗ってくださったので、決済をいただき次第最終のお返事を頂くようになった。

 そのあと「まつかぜ」の表紙候補(2枚)の確認済み写真を岡田中学校より持ち帰り、その後庁舎に。
 明日の広報委員会に間に合うように、まだ未定の写真選択や新たに写真撮りをしたりでデータで収めた。

 その後、持ち歩きできる軽くて性能の優れたPCを購入するために、またまたデオデオに。(2日連チャン
 またまた展示品処分価格で購入、今の時期はある意味チャンスかも!?・・。
 今度の研修会にあると便利なので、購入してネット環境のグレードアップにつなげた。

 帰宅頃にはもう薄暗くなっていた。猫の手も借りたいくらい忙しかった?
                     nekonote-green.jpg

体育の日です

 「体育の日にピッタリのいいお天気。あちこちでスポーツイベントが行なわれていたが、私は溜まった家事の片付けに終われる午前中だった。午後からは、事務所で探しもの?」
 
 数日前から自宅のあちこちをひっくり返して探していたもの・・あった!! 思わぬ所にありました・・探し物!
 これでパソコンの故障も直すことができるでしょう・・良かった

 その後、エミフル内のデオデオに事務所で使うパソコンの下見に出掛けた。
 かなり前から調子の悪いのをだましだまし使っていたけど、ついにディスクの読み込み書き込み機能までいかれてしまった。 そろそろ買い替え次期かな?と思いながら店員さんの説明を聞いていると、ちょうどパソコンフェアをやっていて新機種との入れ替えで価格的にかなり安くなっており、しかも展示品でさらに格安なものがありそれに決めちゃいました~。(対応してくれた男性スタッフが、ちょっとイケメンだったのも影響したかな?
                            2.jpg 

 おまけにプリンターも写真プリントアウトの快適環境にするため、買い替えに踏み切った。
 これからもいい写真を撮って、広報やいろいろな分野に活かしていきたいと思う。

 明日はやることがいっぱいあるから、抜けないように要注意だ。

のんびり一日

「地域の水路掃除の後、まつり旗の設置、40年ぶりにお披露目した大神輿を集会所まで運ぶ。」
            P1040323.jpg P1040326.jpg

 朝の水路仕事が済むと、なんだか疲れて久しぶりにのんびり過ごす。
 新聞を読んだりチラシを見たり、庭でひなたぼっこやラブと一緒にうつらうつら・・・

 夫は朝から詩吟大会で夕方まで帰ってこないし・・。
 ゆっくりと昼食をすませ、午後から広報委員会のスムーズな運営を目指して基本要項的なものを作成。12日には持っていけるのではないかな。

 今日からCOP10が開催される。
 地球上の生き物の多様性を研究調査した結果に基づき、現在の地球環境の問題を考えていく会議のようだ。 これから私たちの自治体でも考えていきたい「かんきょうノート」などの取り組みにも、間接的に繋がっていると思われるので興味深くみていきたい。

 明日は体育の日。・・少しスポーツでもしようかナ?

ノーベル賞

 「久しぶりに朝から雨で、ラブはお散歩に行けずちょっと不満気だった。昨日からの洗濯物もあるので早くカラッと晴れてほしいところだ。」

 朝は昨日の疲れがあってか何だかスッキリしない感じで過ごした。
 昼からコムズに行くので、例の「日本女性会議2010きょうと」の感想レポートを仕上げなければならずパソコンの前に座ったが、あまり時間がなくて半分しか書けなかったのでまた近いうちに提出ということに・・。

 さんかくの会のリーダー会では、今度のコムズフェスティバルの出し物、分科会の内容について話し合う。
 その中で 「コムズで遊ぼう」 の展示物の横に販売コーナーを設置することに。しかも花の販売を・・・その打ち合わせで伊予農高の園芸科あたりに相談してみようか・・ということで担当がまわってきた。
 これからまた忙しい日々が続きそう・・。

 今年のノーベル賞の物理、化学部門で2人の学者が受賞者に決まり、日本中が明るいニュースで沸いた。
 中国では初めての受賞に喜びたいところが、民主化運動のリーダーで政府批判をしたことにより投獄されているリュウ氏がノーベル平和賞に決まり、猛反発しているというからなんとも皮肉な話だ。

 このところの中国周辺諸国に対する強圧的な振る舞いに、国際的な批判が高まる中での受賞だけに、さすがノルウエーと拍手を送りたい。

瀬戸内国際芸術祭

 「今日ほどお天気が気になることも最近では珍しいのですが、せっかくのバスツアーですからとにかく曇りでもいいから持って欲しいと願うところです。」

 朝5時15分起床、まだ外は真っ暗。でも雨は降っていない。なんとかもちそうな空模様。晴れ女の勢いでこのまま降らずにいてくれたらと祈りつつ、朝の散歩を済ませラブにご飯をやって、自転車で岡田駅6時30分集合。

 小型バスに乗りこんだネットワーク松前のメンバーとお友達総勢12名で、にぎやかな珍道中の始まり~。
 高速に乗って3時間ほどで高松港に到着。10時出港・・。

 男木島、女木島の順に【瀬戸内国際芸術祭2010】のアーティストたちの展示物を見学してまわった。 
                PA081231.jpg 
              (動く展示物・・・ファスナーの船)
     
 島の自然に溶け込んだ、また生活の一部や使っているものにアートを見出した面白い展示方法に感動!
      PA081251.jpg  PA081260.jpg
 とにかく平日にもかかわらず、多くの人たちが見学に来ていたのには驚きだった。この祭典も今月末まで終わるので駆け込み客も多いのかな?
 すれ違う島民の方々、ゲスト同士みんあ気軽に挨拶や声掛けでアットホームな雰囲気。また要所要所にスタッフカードをつけた人たちが案内してくれるので、安心して見てまわることができる。

 ☆まず男木島では、団扇の骨で作った壁を張り巡らした小民家、石垣や道路ぶちの塀沿いのアート作品の数々・・とても面白い。 
   PA081250.jpg PA081259.jpg
 そのあと入ったところが、川島猛(ニューヨークで創作活動している有名な現代アート作家)の作品が部屋一杯になっている紙球の展示会場。大中小いろんな大きさの紙球が所狭しと置かれ、キャベツのように切り目の入ったものも・・。
 そこにはちょっとした軽食カフェもあり、バーガーとアイスコーヒーを・・・美味しかった!
             PA081269.jpg
 そこを出て、音の出る不思議な空間へ。
 鳥の羽で作った風鈴のようなもの、牛小屋の中の展示。また金属や貝殻のようなもの、竹細工などでぶら下がる楽器のようなもの。不思議な音を奏で、訪れるものを神秘の世界に誘うように~
        PA081281.jpg PA081288.jpg 

 ☆さあまだ雨は降らずに、何とかもっている空模様。次の女木島に向けて、舟を待っている時間にちょっと集まりパチリ。 
                 PA081294.jpg
  フェリーで20分ほどで着き、港から鬼が島の洞窟までバスが出ていて、それに乗ってちょっと丘の様なところに登っていく。
 バスから降りて階段を少し上がり、洞窟に入る。中に入るとまるで鍾乳洞のように頭がぶつかりそうな低くたれ下がった壁を潜り抜け、奥に入っていくとまるで別世界のようなヒンヤリとした空間に出てきた。
 そこで仲間が連れてきたガイドスタッフさんの説明で、鬼が島と言われる所以や岡山の鬼が島との関係などを面白おかしく話してもらった。
 PA081308.jpg  PA081311.jpg
 洞窟内の金属メッシュで作った女体・男体になんだか不気味さを感じつつ、しばし桃太郎の鬼退治気分で帰ってきた。

 そこから出た場所よりぐるりと小道を上がっていくと、瀬戸の島々が一望に見れる展望台に。
 やはり曇ってどんよりしてるので視界が悪く、いい写真は撮れずちょっと残念だったけどなんとか雨も降らずにここまで守ってくれたことに感謝。

 バスの時間に間に合うように停留所の待合所に入ってしばらくすると、なんと雨がポツポツ降ってきた。もうここまで来たらほぼ島巡りも終わりなので、雨の影響はさほどない所まできていた。

 最後の見学場所の福武ハウスに入るときには、さすがに雨も本降りに・・。
 ここは国内外のギャラリーがそれぞれ一押しする作家の作品を展示するギャラリー・サイトだ。
 現在休校中の小学校を舞台に現代アーティストの作品が展示されていて、よく意味がわからないような映像のアートもあったがなかなか面白い表現や自由な発想が観るものに独特な世界観をもたらす。
  PA081325.jpg  P1040316.jpg
      P1040320.jpg   P1040321.jpg

 いよいよ船着場に帰り、3時20分発のフェリーで貸切バスの待つ高松港へ。
 港で讃岐うどんを食べることは断念して、とりあえず豊浜までバスを走らせた。そこで30分の休憩時間を取って、お土産を買う人・うどんを食べる人地地・・それぞれ個人で自由に過ごして、一路松前の岡田駅までノンストップで帰った。

 午後6時40分、もう真っ暗になっていて雨も降っていたがそこから自転車で帰宅。
 お疲れ様・・お世話してくださった役員さんにも感謝、感謝です。

 ラブちゃん、ただいま! 夕飯は私一人なので急ぎ準備しようね。
 さすがに眠くなってきた・・・旅の大事な部分では、ほとんど雨にあわずにすみ、私も含めて晴れ女の念力、恐るべし!!

体調もパソコンも不調?

 「朝晩はかなり涼しいのに昼間はまだかなり暑い。ただ湿度が低い分、真夏の暑さとは一味ちがって過ごしやすい。」
 
 朝から少しノドがスッキリしない。ちょっと扁桃腺に腫れがあるような・・。熱でも出たり体調異変でもあると困るので、早く休んで治さなきゃ~。

 午前中は事務所にて作業。ところが3台のパソコン中、2台の調子が悪く作業効率が下がり思いがけず支障が出てきた。
                     お手上げ

 過酷に使いすぎたかな・・1台はこの前治してもらったばっかりなのに、また故障だ。保障期間が過ぎた頃に故障するんだから~。

 特に写真のように重いデータを扱い出すと、それも大量にやるとキツイもんがありますね。

 昼から広報まつかぜ表紙の件で岡中の校長先生を訪問。
 そのあとエンゼル(父を訪問)に行き、契約書(夫の用事)の確認をし夕方帰宅。

 明日は朝が早いので、今日は日付の変わらぬうちに就寝しないと・・。
 せっかくのバスツアーが半分居眠り旅行になっちゃうからね。
 【瀬戸内国際芸術祭】の島々を散策して、ふるさとまちづくり活性化のヒントとして吸収してきたいと思ってます。ではでは・・おやすみなさい

秋らしくなりました

 「朝晩はぐっと涼しくなってきた。特に朝方にはもう1枚フトンが欲しくなるほど、秋らしくなった。まさに風邪にかからないように気をつけよう・・」
                                          風邪っぴき~ 

 今日も事務所にてデスクワーク。来週にむけて事務整理。
 
 昼前に友人が訪ねてきて、ランチのお誘いが・・。ずいぶんご無沙汰してる友達のレストランに行くと、ちょうど自然派デザイナーの佐藤氏の衣料品展示会をやっていて大入り満員だった。

 2時前に事務所に戻り、国際アカデミーでの研修内容について予習をし、眠気と闘いながら関係書物を何冊か読み、3時半には広報写真の件で庁舎に行く。

 5時過ぎに庁舎を出て、帰りに食材を少し買い足し昨日の分にプラスして急ぎ準備。

 今日も1日お留守番だったラブちゃん。私たちが帰宅すると本当にうれしそうに家中を飛び回りボールやら人形を持ってきて遊ぼうと促すんだけど・・夕方は忙しくて相手してやれれなくてごめんね・・

広報委員会

「今日は広報委員会。嵐が大きく吹かんようにと願うばかり・・」
 
 午前9時半に会が始まり、各委員会・一般質問・サーケル紹介等々・・それぞれが事前チェックしたものをもとにしっかりと意見交換。
 委員会は昼前に終了。

 午後3時に、太陽光発電設備についてモニター設置と今後の契約証書の説明を聞くことで業者がやってくる。

 夕方は父の用事で庁舎に寄り、帰ってからは夕飯の準備・・。
 そこへ夫からの電話が・・・「友人と食事に行くから来ないか」と。
 久しぶりにお会いできるということで、街に出て楽しいひと時を過ごした。

仕事山積み・・

「日本女性会議の余韻をもって昨日の夕方帰ってきたが、こちらに帰るといろんな用事が待っているので、あっという間に時間が経ってしまう・・」 

 帰ってくるや否やみつももさん(動物病院)にラブちゃんを迎えに行き、荷物整理や溜まった家事やらでブログのためにパソコンの前に座ったのはもう夜も更けていた。

 そして今日は朝から事務所にてデスクワーク。
 今月中旬に予定している大津(JIAM)からの宿題レポートの締め切りが6日となっているため、早く仕上げて提出(メール)しなければならず、とにかく集中、集中!・・・夕方には完成した。
 さらにそのあと広報委員会に備えて、1次校正のためのチェックを行なう。

 今日は事務所で缶詰状態で、5時半ころまで掛かった。
 途中、友人が訪ねて来たが、あまりお相手もできず申し訳なかった。本当に、疲れました・・。

 昨日の寝不足を取り戻すために、今日は早く就寝しよう・・

女性会議 2日目

 「2日目。9時には国際会議場に入る。お昼を挟んで午後3時半まで全体会が行われる。」

 イベントホールに2000人ぐらいの人々が開会式を前にして集まってきた。
 そこに入りきらない人は、別のアネックスホールで画像中継にて参加。

 私たちは3つのグループに分かれて座った。
 オープニングには茂山千五郎家の狂言で笑と和みを醸し出した。
        狂言

 基調報告は内閣府の岡島敦子氏から~
 ・国の男女共同参画施策の現状と今後の課題、地域の男女共同参画社会実現に向けた課題を統計的な数字やアンケート調査などをもとに、より具体的なお話で興味深かった。

 11時より記念講演・・・
 『自由で豊なパートナーシップ』というタイトルで、ひとりひとりが輝く未来に向けて夢や勇気を与えてくれるような渥美雅子先生(弁護士)のお話だった。
 千葉県の女性弁護士第1号として活躍しながら二人の子どもさんを育て上げ、両親の面倒を看ながら、まさに仕事と家庭生活の両立をしてこられたお話。
 それを支えてこられた夫の剛治さんも後段で登場して、掛け合い講談 「山之内豊和の妻新説バージョン」 を聞かせてもらった。大変おもしろかった。
                       渥美夫妻 

 昼食休憩を挟んで13時半より、パネルディスカッション。
 『異世代コミュニケーション』というテーマ
 社会構造の変化に伴いライフスタイルが多様化する中で女性の社会進出が進んできているが、法整備や社会認識がまだ遅れている部分も多い。
 男女共同参画の視点を持つ世代が増えつつあるのに、それが社会で十分に活かされないのはなぜか、今後どのような取り組みが必要なのかを世代の異なるパネリストと共に考えるパネルディスカッション。
 パネリストは30代のパパ料理研究家滝村雅晴氏パナソニック電工のダイバーシティ推進室主事の呉本紀子氏、50~60代の京都市長門川大作氏華頂短期大学生活学科教授斧出節子氏の4人。

 特に滝村氏の実際の活動(テレビ番組で取り上げられた内容)のDVDを紹介しつつ、自然に家事分担しているそのさまを 「妻を手伝ってるんじゃなくて、パートナーとして出来るものが出来ることをする!」 という自然さが凄く良かったし、これが本当の家庭内男女共同参画なんだなと感じた。

 呉本さんのお話からは、仕事の多様性を十分に発揮できる環境作りに企業をあげて活動している内容からワークライフバランスの大切さとの関連も感じた。

 京都市長からは、そのワークライフバランスを仕事・家庭の両立だけでなく地域活動もその項目に入れて欲しいという話しがあった。仕事を離れた時、地域との接点もないと濡れ落ち葉状態になってしまう男性を作らないためにもと・・。

 斧出氏は日本の家族の中での世界的なジェンダー格差について、研究過程から問題点の指摘があった。
 年代を繋いで、負の遺産を残さないようにすることが大事。特にステレオ的発想、固定的性別役割分担について・・
 自然なワークライフバランスがしっかり根付くように、環境を整える。法的・社会的・教育的見地から、力強いかつ包括的アドボカシー(政策提言)行動が必要だろう。

 3時にパネルディスカッションも終わり、ついに閉会式のセレモニーへ。
 ここで次の開催地松江市よりアピールがあり、最後に一人一人が輝く男女共同参画社会の実現に向けたメッセージの大会宣言があり、煌びやかな京都の着物PR隊のパフォーマンスをエンディングに幕を閉じた。
   閉会セレモニー 
                 閉会セレモニー2 

 そのあと私は実行委員会主催のエクスカーション 『祇園ツアー』 に参加。
 4時半にはバスに乗り、京都のナイトツアーへと・・。

 5時前、祇園界隈で散策。偶然道行く舞妓さんや芸妓さんとすれ違う。当然写真をパチリと。
      芸妓さん   舞妓さん
 そのあと祇園コーナーの真正面にある料理屋さんで京料理に舌鼓。
   京料理 京料理2

 7時より祇園コーナーで日本の伝統文化のダイジェスト版のような出し物を鑑賞。
 茶道、華道、お琴、雅楽、狂言、舞妓踊り、文楽など・・・・以下写真で紹介
           伝統文化1
 伝統文化2

 最後は小高い丘に上がり、京都の市街地が一望できるスポットでバスをおり、しばし見学。
               京都の夜景

 9時にツアー終了。解散地より徒歩で2~3分の新都ホテルにチェックイン。さすがに疲れてバタンキュー・・・おやすみなさい

日本女性会議in京都 (10/1)

「『日本女性会議2010きょうと』に参加し、男女共同参画社会の実現に向けて2日間大勢の方々と共に考え・議論し、何かを持って帰るために頑張ります。」
 
 朝9時過ぎのフライトで、友人・仲間と共に大阪(伊丹)空港へ。
 そこから京都まではリムジンバスで・・・JR京都八条口には11時過ぎに到着。
 午後1時からの大会受付には、十分間に合う時間だ。

 1時半、国際会議場の各分科会にそれぞれ散らばった。
 私の参加した分科会は第1会場で、500人は入る円卓ホール。
 同時通訳器を着けての国際的な会議という雰囲気で、集まったほぼ満員の会場は熱気に包まれていた。
 講師に元インドネシア共和国女性問題担当副大臣シャムシア・アフマッドさん、
 コーディネーター山下泰子文京学院大学名誉教授、他パネリストに堀内光子氏(児童労働ネットワーク代表)、二宮周平氏(立命館大学邦楽部長)を迎えてのシンポジウムだった。 
               女性会議1 

 女性差別撤廃条約批准25周年を迎えて、まだまだ残る日本の課題、特に 「ジェンダーギャップ」についてクローズアップした課題を今後ポジティブアクションをどう起こしていったらいいのかを各先生の研究や活動の中から提言していただいた。
 ・25年経ったが、当時日本より下位にいた国が今となっては政策決定の場に占める女性の割合で追い抜かれてしまっている現状。
 ・国会議員、地方議員、首長など、また経済界においても管理職、社長などは圧倒的に女性の割合が少ない。

 また家族法の研究者から選択的夫婦別姓や婚外子の相続権の問題、女性再婚禁止期間の存在などに対して、国連女性差別撤廃委員会から問題点の指摘や是正を求められており来年には回答および報告書の提出が求められている今、日本の固定的性別役割分担に固守する層から強固な慎重論が出てなかなか前進できない現状など・・フロアからも問題提議があった。

 全体としてまだまだ問題は山積しているが、着実に少子高齢化社会の中でこれらを打開し、かつ経済の活性化や国際化した先進国になるためには更なる男女共同参画社会を構築していかなければならないことを痛感した。

 明日は、このテーマをさらに深めるべく全体会が予定されている。

 午後5時半よりイベントホールで1000人ぐらいで立食パーティの交流会が行なわれた。
 色々なアトラクションで楽しませてくれたが、飲食物は人数に対してあまりにも少ないのでは・・?。
 会費との比較で文句が出るのも分かるが、女性が圧倒的に多い会合ですから・・お腹一杯に食べれる期待はできないのかな・・。
   女性会議交流2  女性会議交流  

 大会委員長が華道家元 次期家元の池坊由紀さんでしたので、彼女の生け花デモンストレーションが京都のおもてなしらしく素敵でした。ちょっと時間が長かったように思えたけど。
   池坊1   池坊2

 7時に解散で、松山の仲間達と予約している旅館に移動した。
 部屋に着いてからすぐにお風呂に入って、今日の反省やいろんな話題で気付けば12時過ぎ。まるで修学旅行の一コマのように楽しかった。