FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

議会に向けての準備

 「8月も今日で終わり、明日から9月。秋の扉が開く時期ですが、今年は当分暑さが続きそう・・。子どもたちの運動会練習も厳しくなりそうです。」
 
 朝から屋根の塗り替えが始まるので、ラブを連れて事務所に避難。
 通告書の原稿書きや、そのための資料の読み込みなど時間もかかった。

 10時半には議運が済んでいたので、議会事務局に議案書を取りに行く。
 3日の全員協議会に間に合うように議会資料の内容把握に努め、午後からは防災士研修の履修確認レポートの虫食い問題に挑む。

 事務所内はエアコンが効いて快適だが、外で作業している人は本当に大変だろうな・・まるで炎天地獄のようだろう、屋根の上なんて・・。

 ラブも事務所内をウロウロしながら昼寝し易い所を探しては、気持ち良さそうに体を床面に投げ出して寝ている。幸せそうに・・(ラブの目が治りました。)

 とうとう民主党は大物二人の一騎打ちとなったが、市場はクールに反応して株価は300円近く下がるし84円と円高は進み危機的状況になってきていることにもっと対策はないの・・。
 回転ずしまで1皿100円が95円に下がって、デフレの勢いが止まらないというのに。

ストレス発散

 「この暑さ本当にいつまで続くの? 今、家は屋根や壁のリニューアルで待機状態。そのため窓は閉め切り、部屋の中は暑いし暗いし塗料の溶解材の臭いでたまらん状態のため、事務所にラブと共に避難。」
 
 午前中は作業過程でまだOKだというのでラブを家に残して事務所にてデスクワーク。
 通告書の締め切りも考えながら、質問内容の絞り込みに入った。
 今日は来客も多く、何かと落ち着かぬ1日だった。
 
 また9月中旬に受講する防災士研修のために、履修確認レポートの提出があるので研修初日までに片付けておかなければならない。問題数も多いので早めに少しづつやっておかないと後でしんどくなりそう・・。

 午後からはラブも連れて事務所で、お仕事。
 おとなしく長椅子の上や床で寝ていてくれてるので、仕事的には捗る。

 夕方5時に家に戻り、今晩出かける準備をする。
 子どもが幼稚園時(最年少組)の同級だったママさんたちとの食事会、まさにおしゃべり女子会だ。
 7時頃より始まって食事はコース料理でで8時半ぐらいには終わっていたけど、話が途切れることもなく出るは出るは・・・。皆さんあまり飲まずむしろウーロン茶何杯かという世界で、私は勿論!ビール、ハイボールとか・・一人で?飲んでた??
 結局、11時過ぎあたりまでおしゃべりは続き・・。5人も40~50代のママさんたちが揃えばそうなるかもね。ジャンルも広いね。政治経済、教育、健康、美容、芸能、家族、友人、ペット、近況報告、本当に話題の展開も早いし、みんなよく笑う。

 これがストレス発散のもとで、明日の鋭気に繋がるのかも?

        b0009331_9472219.jpg

のんびり日曜日

 「今日は小中学校の夏休み最後の日曜日。まだ宿題が終わっていない子どもたちの家庭では、親子で必死じゃないかしら~ガンバレ・・」
 
 私にとっても子どもたちとの家庭的ホリデイが終わって、ちょっと一息つく日曜日となった。
 とはいえ、家の外側には外壁と屋根の塗り替えのため足場が組まれ、周りに飛び散らないように掛けられた布で、なんとなく家の中が暗い。

 午後からは映画鑑賞? 録画してた夏の納涼ホラー映画3本(WOWOW)を続けて観たら、ちょっと頭痛がしてきた。あまりのB級ぶりに・・。

 先日送ってきてた防災士の研修用教材。やっと中を確認することに・・18日の研修初日に提出の履修確認レポートがあったので、ビックリ!!
 受ける前にしっかり予習をしておけ! ということだ。結構ボリュームがあるので、時間のあるときにしっかりやっておかないといけないと・・と思った。
                
気合だ~!!
 9月の18・19・20日の3日間、毎日約6時間の授業を受けて最終日に防災士資格試験があるらしい。これはしっかりやらないと、落ちたらなんとも恥ずかしい・・

 夫は昼から詩吟の大会と懇親会で、昼も夜も食事は家で食べない。本当に今日はのんびりとお一人様を満喫した。
 明日からは、また忙しい月末と9月の議会月を迎える。体調管理に気を配りつつ、頑張っていこう・・

また二人っきりの生活に・・

 「今日は親戚の新盆で灯篭流しのため、長浜出海の海岸べりに関係者が集合。本当に暑い、熱い灯篭焼でした。」    
                P1040093.jpg

 今日の夕方、長男が東京へ旅立った。
 また午後1時から2時半にかけて先日のトライアスロンの総集編がテレビ愛媛で放送されたが、ちょうど車で移動中だったのでHDDとDVDに録画して帰宅後じっくり見た。

 結果的には期待するほど息子は画面には出ず、ランのところで一瞬写っていた。でも本当に記録に残るいい夏の思い出となった。

 二人の息子が家を離れてまた夫婦二人になると、何だかちょっぴり淋しい気分になるね。ラブちゃんも心なしか物足りなそう・・また二人と1匹の生活が始まるよ。

 ところで此のところの新聞・テレビの報道は、民主党の代表戦、猛暑、そして高齢者行くえ不明問題が話題を独占している。
 これについては以前ブログで、「このまま調査を続けていくと理論上では150歳も200歳もあり得るね」って、皮肉も込めて書いたことがあるが・・・なんと実際に出るは出るは!・・連日その年齢が上昇して、遂に189歳から今日200歳の戸籍上の人物がいたとか。国定忠治と同じ年だって(笑)
            私は何歳? 長生き? 
 本当に日本の世界1位の長寿国というのも、あやしくなってきたのでは~

それぞれの始動・・

 「今日も猛暑の一日。次男は東京に帰ることに・・あっという間の休暇だったが、来年の入試に向けて本気モードも垣間見え少しでも早く帰って予備校新学期に備えたいらしい。現役高3の時には考えられんリアクションだ!」
 
 朝から息子たちはそれぞれの帰り支度を始めた。
 長男は28日夜に松山を発ち、東京で2泊、成田で1泊。9月1日出国し、香港で4泊、5日にロンドンに向けて出発。9月末からの大学授業開始にむけて準備開始とか・・。

 私も9月定例議会に向けて始動だ。みんなそれぞれの秋に向かうが、日本は残暑が長引きそうで体調管理と夏バテに要注意だ。

 昼頃、定期健診で係り付け医の診察を受けた。今の処健康上問題もなくなんとかこの猛暑乗り切れそうだ。油断は禁物だが・・。

 夕方、次男を東京行き深夜バス停まで送り届けたあと自宅に戻り、次は長男と一緒に松山市内に出た。
 夫や友人たちと行きつけの店で飲んだり食べたり、語ったりと・・・。特に以前ロンドン在中だった友人が息子に生活上のアドバイスや楽しみ方の指南をするのだが、とっても興味深く面白い話も多く時間の経つのも忘れて夜も更けていった。
 持参していた息子のロンドン土産と4月に撮ったロンドン旅行の写真集で、話はさらに盛り上がった。
 さらに・・トライアスロン用の自転車は、絶対に宅配で送るな・・ということだった。(高級品は行方不明になり易いらしい。)そのため自分の部屋に置いて行き向こうでの練習用にもう1台購入することになり・・スポーツには本当にお金がかかるなと感じた。(本人的には、ロンドンマラソンやトライアスロンに参加したい希望があるみたいだ・・) 
             トライアスロン

負傷ラブちゃん

 「今朝はちょっと涼しかったかな。秋の訪れがちょっと待ち遠しい今日この頃。でも日中の暑さは、やはり猛暑。」

 昨夜一緒に食事をした長男は市内で私たちとは別れ、友人たちと別の店に行って・・・なんと!! 朝帰り。
 朝の6時に帰ってくるんだから、飽きれるわ・・。

 朝の散歩から帰ってラブの顔を見ると、どうも左目がおかしい。なみだ目でしょぼしょぼして、絶えず目を細めている感じだ。
 早速9時過ぎに、かかりつけの動物病院に。検査の結果は左目角膜に傷が入っていて、それが痛むようだった。

 目薬を1日何回も処方してやらないといけないが、しみるのかとっても嫌がるので二人がかりで押さえつけながらしないと上手くいかない。
 早くよくなって、その可愛いまん丸おめめを見せてネ・・。
 散歩中の草むらに顔をつっこんでクンクンする癖を止めさせないと、結構こういうことが起こるんだって。
        目が・・

 ようやくレポート配りもすべて終了。
 いよいよ9月議会に向けて色々な準備にとりかかねばならない。特に通告書は9月3日までに提出しなければならないので、資料等の収集・チェックにかかる。

家族が揃う

 「今日は次男も東京の予備校から帰ってきた。束の間の夏休みを楽しんでいるみたいで、それぞれの青春を走ってるようだ。」
 
 朝の早い便で羽田より到着。
 妙な東京弁を使う 『なりかけ東京ボーイ』 は、高校生の時より結構話もするようになり、ちょっぴり大人びた感じにも見えた。
 早速、高校時代の先生や同級生たちと久々の再会に市内に出かけ、3時ごろ帰宅。
 
 私はというと・・長男の年金等の事務手続きなどで庁舎に出向き、事務処理を手伝ってもらった。
 そのあとエミフルで今開催されてるトリックアート展に入り、二人でしばし童心に返ってそれらの展示品を観賞した。 
   P1040082.jpg  P1040085.jpg
          P1040086.jpg
 今夜は本当に久しぶりの家族4人が揃ったので、東京暮らしでなかなか食べれない新鮮ネタのお寿司を食べに行く事になった。
                P1040092.jpg
 次男はこちらから何も言わなくても、「今回の模試の結果はこうです。」と成績表を差し出し現在の志望校に対する合格可能性を報告したりする様子は、一人暮らしをして予備校で頑張っている自分の立ち位置を自覚している証拠だと解した。
 親としては成長の一端を見たような感じで、ちょっと嬉しい・・。甘いかな?

 この調子で成績優秀者の常連となって、来年の春には見事自分の目指す大学に合格してほしい。

 ラブも久しぶりのお兄ちゃんたちの来訪に興奮気味。散歩も遊び相手もしてくれる彼らの存在は嬉しい限りなのだ。

       P1040089.jpg

素晴らしい夏の思い出

「朝から眩しい太陽、波も静か。まさにトライアスロン日和。同宿の選手たちは朝から入念にバイクチェックなどしてる。なんだか応援家族にまでその緊張感が伝わってくる。」
 
 朝6時に起床。7時には朝食をしっかり戴き、息子は軽いランに出かけた。
 私も今日の長い戦いの準備を。(特に暑さ対策をしっかりとして)
 夫は・・相変わらずのんびりとマイペースで支度をしていた。
 
 レース中は選手や家族の不用な荷物は宿側が部屋を貸してくれて保管できる。本当に島民全体で親切にサポートしているという感じだった。
 応援家族の私たちまでワクワクドキドキする感じだ。
 
 気温は時間の経過とともに上昇してくるし、みんなの熱気で更にヒートアップしているみたいだ。
 9時30分にはジュニアトライアスロンが開始。
 かわいいジュニアの選手たちがバイクなしのスイムとランだけのショートコースに挑み、レース後上位選手の表彰もあった。

 いよいよ10時過ぎには本番前のスイム会場にウェットスーツを着た選手たちが続々と集まってきた。
   P1030998.jpg
 今年は800名近くの応募が約500名近くの人が選ばれ、男子430名、女子60名ぐらいが最終エントリーだったようだ。  
               img097.jpg

 10時30分、スイム1.5キロメートルのスタートだ。
 選手たちが一斉に海に張られたロープから折り返し点ブイに向かって泳ぎだした。まるで芋の子洗いのような状態で、選手同志がぶつかり合いだんご状態の中を抜け出すがのが大変みたいだった。
        P1040002.jpg
 私は海から上がってくる選手の様子を見に、浜辺の波打ち際のギリギリのところでカメラを構えた。
 息子は今回の男子エントリー選手で一番若かったので1番のゼッケン番号をもらい、結構インタビューを受けたりでプレッシャーもあったのではないかな・・。
 
 スイム練習では1500メートル22分のタイムを出しているのでかなり前のほうで上がってくると期待してたが、どんどん速い選手が上がってくるのに息子の姿はなかなか現れない。
 「どうしたのかな」 と思っていた頃、タイム的には30分で漸く上がってきた。
すぐ前のおじさん選手がよろよろと倒れかけて(たぶん疲れと砂で足を取られてのことだろう)、それでも這うようにして起き上がりバイク会場まで走って行った。
                     P1040016.jpg 
 私も慌てて次の場所に移動しようと走り始めると、途中で私を呼ぶ声(奴)がする。なんと30分前からどこへ行ったか分からん夫ではないか。しかものんきに応援にきてくれた仲間とビールを飲んで、 「よう、お前も飲まんかな。」 ときたもんだ。
 「 いったい何しに来たの?」 と言いたくなる気分だ。
 彼の奮闘ぶりをこの目でしっかり見て励ましの言葉かけをしようと思っていたのに、呼び止められたロスでバイク会場の個人エリアにはもう姿は無かった。
 順調にバイクに乗ってロードに出たことは確認したが、その時のシャッターチャンスはこの夫の呼び止めで逃してしまった。・・ったく、肝心な時にいらんことをする人なんだから 
 
 その後も1時間近く、バイクの折り返し点などで彼の姿はないか必死に追っかけをした。
 最後は40キロを走破した選手たちが戻ってくる地点で、その雄姿を捉えようとスタンバイした。100人ぐらい通過した時点で、息子が目を鬼のように見開いたすごい形相とスピードで目の前を通り過ぎていくのを見た。声は掛けたが、写真は撮れずじまいだった。

 今度こそはと・・、ラン10キロに向かう彼の姿をカメラに収めたくスタンバイし、やっといいポイントで撮れた。

 その後はゴールまでの約50分間、暑い中で上位選手たちの雄姿をカメラに収めながら、息子の無事完走を祈りつつ最後の瞬間を楽しみに最終ゴール地点でスタンバイした。
 
  ついにやってきた!! その瞬間が。本当にごくろうさん。
         P1040053.jpg
  タイムトータル2時間44分、初めての挑戦でこの記録は立派なものだ。3時間切れを目標にやってきて、この結果は見事だ。
 
  結局夫は、てれこてれこでレース中の彼を一度も見ずに終わってしまったようだ。
 しかもレース終了後しばらくしてから、こっちがら探し回りケータイを掛けても出て来ない・・。  
 困り果てたところで、ひょんなところから 「おーい」 と声が・・・案の定、夫だ。聞けば、ランの途中地点でスタンバイしていたが、全然来ないので途中リタイアしたのかと思って帰って来たというから、あきれちゃうね・・。

 まぁ、とにもかくにも初めてのトライアスロン挑戦が終わり、結果いいタイムで無事怪我もなく完走できたことに感謝いたします。
               P1040055.jpg
 
  総合成績の男子450人中108番は、記念すべき結果でしょう。
 本人はまだまだスイムとバイク技術やコースどりでもっと上げれたのに・・と、少々不満の残るレースのようだったが、贅沢言わずに今回は納得して次につなげましょう。
 
 3時過ぎ、フェリー乗り場には多くの選手や家族がごったがえし、会場で知り合った人々と健闘を讃えあい来年の再会を誓いあいながらそれぞれの帰路に散って行った。
  P1040057.jpg P1040059.jpg 
           P1040070.jpg
 【トライアスロン】って凄い強靭な肉体と精神の持ち主たちの競技と思っていたが、意外と普通の人たちだったり、年齢も様々で77歳のおじいちゃんや私と同年代の人、またそれ以上の年齢の人たちも参加し、それぞれが完走を目指してマイペースで競技を楽しみ人生を謳歌しているような気さえした。
 
 皆さんの頑張りを見させてもらい、その汗と必死な姿に感動し、戦いの前も後もフレンドリーで経験者も初心者も分け隔てなく包み込んでくれる島の雰囲気にも素晴らしさを感じた。
 いつか競技者として来る日はあるのか?・・ないのか?・・まだその決心はつかないが、魅了されたことは事実だ。素晴らしい夏の思い出をプレゼントしてくれた息子にも感謝。ありがとう。
                   ???  

トライアスロン前夜祭

 「ついに来ました! 中島トライアスロン前夜祭。初めての経験で何もかもいい意味で予想が外れて、面白い思い出となった。」

 今日も朝からレポート配りをして、汗一杯掻いた。午前中にいろんな用事を片付けラブをいつもの動物病院に預けて、一足先に行った息子を追いかけ三津浜港4時すぎのフェリーに乗る。多くのトライアスロン関係者が乗船していた。

 夫は相変わらず・・「どうせ民宿なんか狭くて寝れんぞ~」とか、「前夜祭のパーティーなんか参加しても食うもんないで~」と文句ばっかり言って、可愛くない事限りなし。

 でも実際は、部屋はエアコンもしっかり効いていたし、バストイレも付いていて1泊3500円でこれ以上文句は言えんでしょうという感じだった。
 
 前夜祭の内容も充実していて、とても良かった。なによりそこで多くのトライアスロンのアスリートや愛好者たち・その家族の人たちとお友達になれ、いろいろなアドバイスを受けることもできてとても楽しかった。
 息子以外にも応援したくなる仲間も増え、明日の楽しみも倍加した。

 また各テーブルに置かれたオードブルも、2000円の会費に比して本当に豪華だった。さらに瀬戸内海の幸であるひらめのお造りや、サザエのつぼ焼きなども嬉しい誤算だったし、地元のボランティアの方々の歓迎ぶりがすごくて感動した。
   P1030976.jpg  P1030982.jpg  
 中島中学校の学生さんたちによる湧水太鼓のまつりの演奏、歌や舞妓さんの踊りや他いろんなアトラクションで会を盛り上げ、中村市長も駆けつけてみんなに激励の言葉を。
 
  また地元の婦人会の皆さんによる手作りうどんも美味しかったし、昼間の暑さから冷たいビールやポンジュースが本当に美味しく感じた。
 お腹いっぱいになるくらいの食事内容に、足らない場合を想定しての鯛めしパック(3つ)もあり、食べれずにずっとお荷物になってしまった。
  P1030986.jpg P1030988.jpg
 とにかく今回文句ばっかり言ってた夫の予想が見事に外れて、私的には面白くてたまらない。
 茶化して突っつくと 「お前の言うとおりや、予約しといてくれて助かった」・・などと言ってくれたらいいものを、最後まで 「こんなもんよ」 なんてうそぶいて、本当に可愛くないんだから~・・この性格、素直にはなれないもんなんかなあ。

 息子は、こんなやりとりに始終苦笑い。まあ今晩はしっかり寝て、元気に本番に臨める様に集中していた。明日も暑そうだ。暑さ対策をしっかりしておこう。

病院付き添い

 「母の定期診断の日。愛大病院まで車椅子と共に・・。プリウスのトランクには幸いにも折りたたんだ車椅子がスッポリはまるので、母のサポート役の人も一緒に乗ることができる。」
 
 今回は父が足の筋肉痛を訴えて同行することができないので、息子に来てもらった。
 認知症の母は一人にすると不安が極度に高まり感情を抑えることができなくなって不穏な行動を始めるので、必ず見守りさんが必要だ。私が受付や会計事務手続きなどをしている時などは、必ず母の側に気の許せる人がいるようにしている。 
                   車イスとおばあちゃん

 もちろんトイレなども必ず介護が必要なので、もし私一人だとすべての荷物を抱えて車椅子ごと一緒にトイレに入ることになり想像以上に大変な事となる。
 この先、高齢の父が同行できないことになれば、なにか対策を考えねばならない。
 例えば・・病院内にいる時だけでもサポートしてもらえるボランティアさんがいるだけでも助かるのになあとも思う。

 午後からは事務所にてレポート配布先の地図確認や事後チェックなどのデスクワークに終始した。

 明日はいよいよ中島入りだ。そろそろ準備もしておかなくっちゃ・・。
 暑さもこのまま続きそうだし~~、暑さ・日焼け対策も万全にしておこう!!

暑さとの戦い・・

 「眠い目を擦りながら朝の貴重な時間を使ってのレポート配り、あと少し頑張れば全部終わりそう・・」
 
 息子に手伝ってもらいながらの配布だが、彼もトライアスロンの練習があってなかなか思うようには進まない。
 午後からは彼のバイク整備のため道後方面まで車を出したり(後部席を倒して自転車を運ぶ)で、こっちまで巻き込まれた半日だった。

 夕方には夫も帰ってきて、前日のフェリー時間や出発時間帯についてあれやこれやとビール片手にテンション高く嬉しそうに語っていた。

 5時過ぎ、少し風も出てきたので近所まわりのレポート配りを済ませたが、やはり暑くて汗で気持ち悪い。早々にお風呂に入り、サッパリ気分で夕食準備に。
 やはり今週も暑さとの戦いで終始しそうだ。
 そして終末の土日は、いよいよ息子のトライアスロンのサポーターとして、ヒートアップした中島に行く予定。どうなりますやら~~

 さらに日曜の夕方には、息子の友達が韓国より来日予定。疲れた3人に、どんな接待ができるのかしら??

 今日もラブちゃんは暑さに少々お疲れモードみたい。秋が待ち遠しいね。

      P1030967.jpg P1030970.jpg

          

レポート配りもあと少し !?

 「何日この猛暑日が続いているんだろ。夕方やっと夕立が降ってきたが、逆に予定してたレポート配りができなくなり残念!」

 昨日の夜更かしがたたって、ちょっと遅く5時45起床。 さすがに空気が清清しい。

 8時前に『ゲゲゲの女房』に間に合うように帰ってきて、それから朝食。
 残り少なくなってきたレポート、今週中には何とか終了しそうだ。

 午後1時、庁舎5階へ。今後の議会運営で更なる公開議会を目指すシステムについての話題提供。
 それなりの緊張感をもって議会に臨める議員になり、活発な議論や質問のできる全体のレベルアップに繋がれば議会無用論などを公然と言われる風潮も払拭できるのではないか・・と考える。

 庁舎を出る頃には少し曇り気味だったがレポート配布も可能かなと思い、事務所に戻り準備をし実際に回ろうとしようとした時に大粒の雨が・・。結局行けずじまいでした。

 息子は中島トライアスロンの本番に向けて体調コントロールをしながら、ロードバイクやランの練習に汗を流している。
 22日までカウントダウンだ。

              ロードレース

暑さに負けず頑張ろう!!・・?

 「今日も猛暑日。雨が降らないので庭の草花は夕方になるとかなりグッタリ。人間も日中の外出や青空駐車の車に乗った瞬間など、やけどしそう・・」
 
 朝5時15分起床。さすがにこの時間帯は涼しい。
 レポート配りも気持ちよく順調にでき、朝の仕事を終えて帰宅すると汗は掻いてるけどなんだか気分的にはスッキリしている。

 9時半に事務所に入り、私の盆休みも終わりました・・。
 午前中は溜まった仕事を片付け、デスクワークに集中。
 まあこう暑いと、クーラーのかかった事務所での仕事は能率が上がるが、しばらくすると気持ちよすぎて眠気も襲ってくる・・
                  うたた寝
 昼からは、そう一番暑い時にフラダンスの練習。
 部屋はクーラーが入ってるのでそんなに暑くないが、頭はなんとなく記憶力低下のイメージが・・。やはり集中力が暑さのため、弱くなっているのかな? ^~^

 3時には帰宅。ラブの涼しい部屋からリビング全体に冷気を送り、快適空間を作り出す。
 夕方までに家事を済ませつつ、今日は夫が魚を買ってくるというからそろそろ準備しましょう・・

派手に暑い!!

 「連日の猛暑、熱中症で病院に担ぎ込まれる人が過去最高だとか・・本当に溶けてしまいそう~~」
 
 とにかく日中の暑さが尋常でないので、早起きをして少しでも涼しいうちにレポート配りをしたいと思い5時半に起床。
 7時ぐらいまでは風も涼しいが、もうその先は汗が吹き出すほどの暑さとなってくる。

 朝は挨拶から始まり、なんとなく行き交う人とのちょっとした一言が気持ちいい。
 犬の散歩をしてる人、ラジオ体操が終わって帰宅途中の小学生、手押し車をもって散歩するおばあちゃん、畑に出ている人・・声を掛けると必ず笑顔で挨拶が返ってくる。本当に気持ちがいい。配る疲れも吹き飛ぶエネルギーとなる。

 8時近くに帰宅。もうかなりの暑さを感じる時間帯だ。
                              暑い!!
 午前中はどうしても片付けておかないといけないことに集中した。
 その後、庁舎で用事を済ませエミフルで買い物をして13時帰宅。
 もう暑さもピークで家に逃げるように帰ったら、息子が既に帰っておりクーラーをガンガンにかけすごく涼しくなっていたいたので、ホッと一息でした。 
        涼
 夕方には息子の高校時代の同級生が遊びに来て、町へ飲みに出掛けて行った。
 若いっていいわね~、疲れを知らない仔犬のように・・毎夜、実家に帰ってきてる仲間と久しぶりの再会を楽しんでいるようだ。

 さあ、明日も早起きして残りのレポート配布頑張っていこう!!

終戦記念日

 「今年一番の暑さを感じる日だ。今日は、くしくも終戦記念日で戦没者追悼式の日」

 朝からギラギラ灼熱地獄のような暑さを感じる。起きたのも7時半すぎだったのではあるが、今日は外に出るのさえ躊躇したくなるような暑さだ。

 行きつけの喫茶店へ、3人でモーニングに。
 帰ってから洗濯物を干しにテラスに出たが、汗が噴出してくる感じがよく分かる。
 また今日もレポート配りには行けそうもない・・。

 この暑い中、五色浜の海水浴でマリンスポーツを楽しむ仲間に誘われ出掛けることになった夫と息子に、エミフルでの買い物だけは付き合ったが私はトットと帰った。
 ラブと涼しい部屋でパソコン叩いてる方が、ずーっといいので遠慮した。

 3時過ぎに2人も帰ってきた。泳いで日焼けした肩をいたわりながら、思ったより早く引き上げてきた。やっぱり行かなくてよかった。日焼けはお肌の天敵だからね!
             海水浴

 こういう日は、家でじーっとしてるのが一番。
 そして65年前の終戦の日を思い、二度とこのような惨禍を繰り返さない不戦の誓いをして全世界の恒久平和を静かに祈るのが一番・・・と思います。

        20100816k0000m040068000p_size5.jpg

バーベキューパーティー

 「お盆の中日、今日も本当に暑い。午後から大洲の姉の会社ガレージで恒例のバーベキューパーティに参加。」
 
午前中は暑い中家事を済ませ、バーベーキュー食材の準備などに時間を費やす。今回はラブも連れて、息子と三人で午後1時ごろ出かけた。

 途中、長浜にある祖父母の墓参りを済ませ、3時過ぎに姉の家に着いた。
 スイカは池の中で冷やし、炭おこしやバーベキュー準備など汗を掻き掻き・・夕方の涼しくなるのを待った。

 待つのも退屈な人たちは、もうビールを飲みながらワイワイと・・。
 5時過ぎには親戚・家族など続々集まり、ラブもみんなに手がわれて少々お疲れ気味。

 兄さんや息子たちが肉の塊を串に刺し炭火コンロの上で回転させながら焼き、ナイフで切っていくというやり方で皆さんに焼きたての肉を披露してくれた。
 私の用意した夏野菜も好評で、持っていった海老やホタテも綺麗に片付いた。 
    P1030946.jpg P1030954.jpg

 7時半ごろにはすっかり暗くなり夜風も吹いてちょうど気持ち良くなってきたところで、用意してた花火で締め括った。
 打ち上げ花火の迫力や線香花火の可憐さなど、子どもたちと一緒に楽しんだ。
 
                    P1030960.jpg

久しぶりの再会

「遠路はるばる熊本から、2年前の大津議員研修で親交を深めた市議の来ちゃんが実家(新居浜)帰りに訪ねてくれた。」

 当初予定してたフェリーを一本乗り遅れたため、予定時間がぐっとスライドしてこちらの伊予インターから松前庁舎に着いたのは6時15分過ぎだった。
 庁舎前で写真を撮り私の事務所を少し案内したり・・松山のビジネスホテルに着いたのは7時40分過ぎ。
 予約していた居酒屋サンには8時前で遅れ遅れのスケジュールだったが、気の合う友との久しぶりの再会は楽しいものだった。 
                    P1030943.jpg
 おなじ「議員」と言う立場で共通する話題も多く、飲むほどに盛り上がるテンションを自重させながら、本当にあっという間の2時間半だった。

 苦労の数だけ人間味も話題も豊富になるとは、まさに彼女のためにある言葉かなと思われるほど、笑い飛ばして話す彼女に私もまたパワーをもらった。

 次回の再会を楽しみに、時々はお互いのブログを見て日々の音信をはかりながら無言のエールを送りたい。

 彼女の思わぬ予定変更でできた時間を使って午後2時から4時にかけてレポート配布ができたので、まさに怪我の巧妙か・・・。

松山まつり

 「今日は松山おどり。大街道から千舟町まで汗シャワーの中で思いっきり踊って、はじけちゃうぞ・・」
 
 朝は7時起床、もう早ギラギラお日様が照りつけていた。
 6時に起きた息子がすでにラブを散歩に連れて行ってくれてたので、朝食の準備にすぐ掛かれた。やっぱり気の利く息子は助かるね。

 「今日も頑張ってレポート配りにいくぞ!」と・・昨日は水分補給のペットボトルもケータイもお金もすべて忘れて行きスゴクしんどかったので、今回は必要グッズはちゃんと自転車前カゴに入れて10時ころから昼にかけて廻った。
 さすがに昼前には、暑すぎてもう限界。明日もまた午前中頑張ろう・・・。

 さあ、これから【松山おどり】に出掛けます。夕方5時45分に三越前に集合。
 暑さを吹き飛ばすように、踊りに集中しよう。
  P1030909.jpg  P1030915.jpg
     P1030923.jpg  P1030925.jpg
 踊った後は、みんなでぐーっと一杯、懇親会が待っている。

長男、帰国

 「台風の影響もあってかギラギラ太陽が影を潜め、少し涼しいような感じ。レポート配布をいよいよ開始。」
 
 朝9時過ぎより、地図を片手に自転車で配布開始。
  最初は曇り空だったので安心していたら、11時ごろから晴れてきて背中も頭も熱くなり11時半には今日の分は終了にした。
 喉はカラカラ、風も強くなり出したので残念ながら事務所に戻ることに。それでも100軒ぐらいには配れた。

 3時過ぎに、長男がロンドンより帰国。ちょうど合わせたように大阪に出張していた夫も、息子に同行して帰ってきた。
 結局手荷物のトライアスロン用の自転車は別便で、明朝には着くとのこと。

 夕方、父も誘って市内で久しぶりに日本の寿司を堪能してもらった。
 やはりおいしかったのか箸の伸びる率も自ずと高く、父も久しぶりの孫との会食にとても楽しそうで、至福の時を過ごした。
                寿司

 10時ごろ帰宅。さすがに疲れが出たのか、あまり時間も経たぬうちに2階に上がり就寝した。おやすみ・・。

今日もハードスケジュール?

 「久しぶりに命の貯蓄体操のレッスンをしてる集会場へ。二人1組になって、気持ち良さそうにツボを圧していた」
       命の貯蓄体操

 みなさんにレポートの紹介をして配布。
 私もあのまま続けていたら、お腹の肉もここまで付かなかっただろうし、もっと軟らかい体になっていたかも・・
 忙しさを理由に止めちゃったので、いまさら言っても遅いわね *0*

 10時半、史談会のつぶやき報告会に参加。
  戦争と平和について話したり、憲法問題、坂本竜馬やその当時の歴史上の人物について語りあったりなど・・12時過ぎまでいつもながら話題豊富な会でした。
 もちろんレポートもお配りして、読んで貰った。

 昼過ぎにはフラダンスの練習。
 習った曲のおさらいと新曲の振付けで、かなり頭がぐちゃぐちゃ、複雑う!
                       002989s.jpg

 その後3時前に帰宅。3時にエアコン取り付けのアポがあったので急いで帰った。
 その後、太陽光発電の業者さんも分電版の確認や機種選定等の用事で来られ、夕方のレポート配布も結局できず、かなり焦ってます。

 明日は長男が帰国。
 部屋のエアコンも新しくなって、この日本の暑さにも対処できるでしょう。ただトライアスロン用の自転車が相当おおきな荷物になってるみたいで、国内線でOKがでるか心配。この帰省客の多いこの時期だけに・・。

核廃絶

 「65年前の今日、長崎に原爆が投下され忘れえぬ悲しみの日となった。その被爆者の一人が、私の母だ。」
                           平和記念像
 認知症である母の記憶には、もう忘れ去られたかもしれない原爆。
 しかし、どこか潜在的な恐怖は残っているような感じがする・・大きな音や光、また夕暮れから夜にかけての時間帯に不安な顔になったり、不穏行動に走ったりする時がある。

 なんとしてもこの長崎が人類歴史上最後の原爆投下の都市であってほしい・・・。
 反面、北朝鮮の指導体制が今のままなら核爆弾の脅威をごく近くで感じながら、公然と核の傘で外交をしてくる国に対して日本はどう向き合い、また拉致問題の解決なども考えていったらいいのか明確な答は出ない。

 かの国が国益のためだけに暴挙に出ないように、わが国だけで向き合うのではなく近隣の友好国としっかりした包囲網でその動きを封じていかなければならないだろう。

 今日は朝から来客多しの日で、気忙しいぐらい出入りがあった。
 そのためワクワクレポート配りが計画通りにいかず、少々焦り気味だ。

 明日からは、時間の合間をぬって始めよう。

               レポート配布

まさき祭り

 「夜空に咲いた大輪の花、豪華絢爛、真夏の夜の祭典、今日は 『まさき祭り』 のまさき音頭パレードと花火大会を観賞、至極の時を過ごす事ができた。」

 午前中は、今計画している太陽光発電パネル設置とオール電化への切り換えについて、業者からの説明を受ける。

 午後からコムズにて 『男女共同さんかくの会』 語ろう会(途中から)に参加。
 2時からはリーダー会になり、前回の報告や今後の予定、またコムズ参加のコンセプトについてなどの話し合い。
 さらに夫婦間の立ち位置についてや、家庭・職場・社会において男女の平等感についてなど・・いろいろな意見が交錯し結構盛り上がった。

 4時半頃帰宅。7時前には『まさき祭り』に出向くつもりなので、夕食の準備をして6時前に夫と二人で食事を終えた。
 気温が少し下がったように感じる6時半ごろ、自転車でまさき町民グランドへ。

 本部席に着くと、知った顔ぶれがズラリと並んでいた。
 うちわを貰ってしばらく待っていると、まさき音頭を踊る各連の人たちの入場が始まった。 
     P1030834.jpg P1030841.jpg   
             P1030845.jpg        
 みなさん楽しく凝りに凝ったユニークな扮装でアピールして、踊りの舞台へと繰り出していましたね。
 中央の櫓では大太鼓が叩かれ、祭りのムードも最高潮に。
 ただ2時間踊り続けるのは・・ちょっときつい気もするが、どうだろう。・・「まさき音頭」 だけじゃなくても良いような気もする・・。
 たとえば、すべての連が入場して一通り踊って審査ができたら、プロの踊り手さんとかサンバ調の踊りの披露など・・ちょっと雰囲気変えてから、フィナーレで全員でまさき音頭で閉めるとか・・・工夫がほしい感じ。
               P1030832.jpg
 9時、いよいよ仕掛け花火のショーが始まる。
 グランドの提灯の灯が消えると、一斉に赤青緑黄色など輝く火の花の乱舞。日中の暑さ疲れが吹き飛ぶ美しさだ。
       P1030881.jpg P1030882.jpg 

    P1030889.jpg  P1030890.jpg  
 約30分の見事な音と光の饗宴に酔った多くの人たちが、終わったとたんに一斉に出口に。本当にごった返していたよ。5千人ぐらいは、来てたのでは?

 また来年が楽しみだ~

伊能忠敬の偉業に驚愕

 「今日は、あの忌まわしい原爆が投下されて65年目を迎える特別の日だ。今回の平和式典にはアメリカのルーズ駐日大使や国連の事務総長パム氏の出席があり、オバマ大統領のプラハ宣言が大きく影響したのかもしれない。」
 
 世界で唯一の被爆国、日本はその悲惨さも恐ろしさも一番わかっているのだから声高らかに非核三原則を訴えることができるはずだし、核兵器の完全廃絶に向けてこの悲劇を語り継ぎ、全世界に訴え続けなければならないと思う。 
    2010080610560422.jpg 
 私の母も長崎で14歳の時に被爆している。
 爆心地から1.5キロ圏内でまさに生きているだけでも奇跡のような場所にいた彼女だが、長い間その体験を私たちに語ってくれなかった。思い出すのも嫌だったのだろう。
 花火、特に打ち上げ花火が嫌いだったのは、あの音と光に地獄のような体験が重なる部分があったのだろう・・でもそれが分かったのは、随分後のことである。 
 私が大学生になった頃にやっと被爆者の会で手記を書いたりするようになり、いろいろな事を話してくれるようになった。
 だが70歳ぐらいで認知症の発症とともに、きれいにその記憶が消えてしまったようだ。思い出したくない記憶を病気によって消してしまった。なんだか切ないね~

 朝、事務所に入ると近くの住民の方がお住まいの事で相談に来られた。
 アポなしの訪問ですぐに結論の出ることではなかったので、一旦帰っていただいた。
 結果的に、行政や関係業者に相談をして、来週には何とか解決できそうなところまで漕ぎつけることができた。

 午前10時、父の依頼で伊予市のしおさい公園体育館で開催されてる 【伊能忠敬展】 に同行した。
 なんで体育館なんだろう?と不思議に思いつつ、行ってみて初めてその意味がわかった。しかも玄関入口で裸足厳禁だったので、100円でソックスを買って中に入った。
    P1030803.jpg P1030807.jpg

 なんと体育館の床一面に日本地図が広げられ、しかも九州、四国、本州、北海道それぞれが詳しく海岸線もほぼ現在の地図のように表現されていた。
 特に関西琵琶湖周辺、関東中部あたりの内部辺も詳しく表記されていたのには驚いたし、この地図編纂を始めたのが50歳を過ぎてからの偉業だと言う事にも感心させられた。 
            P1030811.jpg 
 P1030814.jpg  P1030816.jpg 
 
 当時は人生50と言えばほとんど終焉で、それから17年もかけて完成させるなんて本当に粘り強い努力家だったんだなと、自分の生き方の甘さに 「まだまだ感」 を否めなかった。

 その後、父に相談したい事もあって、帰りにインドカレー専門のレストランに連れて行ったらとても喜んでいた。
 40年ぐらい前の商社マン時代にカルカッタの支店長として単身赴任しており、その頃よく食べていたナムの味を思い出して嬉しそうに頬ばっていた。プチ親孝行気分の私でした。

猛暑の影響

 「この猛暑で様ざまな方面に大きな影響がもたらされている。気温が1度上がるごとに1500億円増の経済効果があるとか。今年の平均気温は去年よりは2.6度も高い。」

 エアコンの売り上げは 「海の日」 以降、鰻のぼり。 取り付け工事は1週間待ちは当たり前。でもその間はどうするの?って感じですね。
 扇風機や一昔前の窓型エアコンなども、続々売れているらしい。

 野菜は暑すぎたり大雨があったりで、収穫量が減って価格高騰。
 逆に、ビールや清涼飲料水・アイス冷菓などは売り上げ倍増。
  
 本当に各方面に悲喜交々の現象が起こっているわけだ。

 午前中はワクワクレポート折り作業を中心に、デスクワーク。
 涼しい中で仕事をするのは能率が上がるが、これでエアコン無しだったら大変だろうな・・とつくづく思った。
        快適、快適 !!
 午後は、友人や近所の人たちなどに配布を始めた。
 本格的な配布は、来週からになるだろう。朝の涼しい時間帯を使っての行動予定で、ゆえに5時には起床の毎日となろう。

どこまで続く、この暑さ・・

 「お盆まであと10日。昔から盆が過ぎたら秋の訪れを感じると聞くが、今年は盆が過ぎても当分暑さが続きそう・・」
 
 外の暑い時間帯は、室温調節している事務所にてデスクワーク。
 午後からはバトミントン練習へ行き、出来上がったレポートを仲間に配布。休憩タイムに配って、ちょっとおしゃべり。
             
badminton.gif
 体育館の中はまるでサウナ状態。大汗掻いても風通しがないので、たえず水分補給をしないと熱中症になってしまいそうな雰囲気だった。
 1時間半ほど、休憩をとりながらゲームを楽しんだ。

 その後事務所に戻り、昼間に買った最新の伊予市・松前町の地図(配布場所の確認)をもとに作業。
 その他、パソコンでの調べ物などのデスクワークを5時過ぎまで行い、帰宅した。

 家に入るとラブの部屋以外は、かなりの暑さだ。エアコンで快適になるまで、結構時間もかかる。
 今夜も熱帯夜のようだ。暑さ対策万全で就寝しないと寝苦しい夜になるぞ・・

                        寝苦しい夜

家族の関係が薄い?

 「今日も、朝から猛暑の兆し。ラブとの散歩もだんだんスタートを早めねばならない・・」

 この暑さは人から「やる気」を奪う魔力があるようだ。
 
 このところ毎日のように報道される、100歳以上の超高齢者を取り巻くなんともおかしな事件(記事)が目を引く。
 同居してるはずの110歳のおじいさんが白骨化して、家族は知らなかったと??
 杉並区在住のはずの113歳の最高齢のおばあさんが、実際には同居してなく20年前から音信不通で多分弟と住んでるのでは??・・と、聞かれて初めて語る長女。

 自治体側もここ数年間、会わずに高齢表彰や贈答品を渡しており、類似事件の発覚により慌てて確認したところそのような事例が出てきたとか・・。

 なんともお粗末! 安否確認もせずにそのまま放置すれば150歳や200歳も可能になる話だ。
 この際、各自治体ごとに独自の調査が必要では。少なくとも100歳以上の高齢者については・・。

 それにしても自分の親・兄弟姉妹間でこんなに冷たい関係になるものなのか、人の命が軽い世の中になってしまったのか・・。
 都会の片隅で死んだのか生きてるのかも分からず、それを気にしてくれる身内もいない人生の終局はあまりにも切なく哀れな気がする。 
                      illust2211.png
 平均寿命世界1位や何位やを問題にするよりは、人生終末満足度世界ナンバー1を目指すほうがいいのでは・・?

むら芝居公演

 「猛暑は続く。穴倉生活がしたいような気分。もう亜熱帯の気候と変わらないのでは・・。」

 こういう季節は、涼を求めて山や海へと繰り出す人も多いが、ちょっと油断すると思わぬ事故に遭遇する。
 今日も中高年の登山パーティが、下山途中で天候不良のため救助を待つ事態に。
 先日のヘリの墜落事故も、元はと言えば登山グループの女性が崖下に落ちその救助の際に二次被害にあったわけだ。
 その上、現場の取材に向った記者とカメラマンも命を落とした。まるで呪われているような場所だ。
 犠牲者にはお気の毒だと思うが、やはり気の緩みや危機管理の甘さがあったのではないだろうか。自分自身にもいつ降りかかって来るか分からない事象として、判断の慎重さを旨としたい。

 今日も相変わらずの暑さのため、事務所にてデスクワーク。
 ワクワクレポートの印刷はほぼ終わり、配布するために折りたたみ作業に取り掛かる。その手伝いを「推薦する会」のメンバーに依頼していたところ、早速今日からそれぞれの時間の合間に来て下さった。
 おかげでかなりのレポート折りができて、大変助かった。今週から配布作業もぼつぼつと・・。

 夜は、むら芝居徳丸一座の「あっぱれ作兵衛 義農伝」を観に行った。
 素晴らしい演出と皆さんの熱演でとても良かったのだが、残念なことは演者の声が後ろの方まで聞こえなかった事だ。集音の工夫がほしいところだ。

 秋には全国むら芝居サミットがここ松前町で行なわれる。また練習に励んで、いいお芝居をお願いしますね・・。
  P1030789.jpg P1030799.jpg

 同僚議員のお役人姿、とてもハマっていましたよ。暑さも吹っ飛ぶ演技に思わず拍手

                   この人だぁれ?

親子球技大会

 「今日は幾分曇り空だったが、相変わらず暑い。朝8時の親子球技会に間に合うように早起きをして、ラブの散歩も7時前に行った。さすがにこの時間帯は涼しい。」 
 
 平成22年度岡田校区青少年育成会親子球技大会の開会式にて来賓挨拶のお役目があったので、遅刻しないように岡田中学校まで自転車で出かけた。

 いよいよ時間となりマイクが回ってくる寸前に急にお腹が痛くなり「どうしよう・・」と我慢してたが、順番が来た時には緩和してたので「ほっ」としながら喋っていた。暑さと痛さで、すごい汗を掻いていた

 昨年の優勝カップ返還があり、21年度はレクバレーもキックベースボール部門も両方とも西古泉の独占だったようだが、さて今年はどうなるんでしょう。
 皆さんの健闘を祈るとともに、怪我や熱中症などの体調崩しで大事にならないことを願った。

 まず全体でラジオ体操をして、8時半ゲームスタート。それぞれ岡中の体育館やグランドで熱戦が繰り広げられた。
           P1030761.jpg
 キックベースボールはトーナメント方式なので、負ければその場で終わりの一回しかゲームができない。
 レクバレーはリーグ戦なので、最低3回は闘う機会がある。
  P1030764.jpg P1030771.jpg
 一回のゲーム時間が長いキックの場合は仕方がないのかもしれないが、表彰式の時は勝ったチームだけが残っており、ほとんどの人が参加賞を持って帰ってしまうのでちょっと淋しいのが現状のようだ。

 かく言う私も1時間ぐらいは応援しつつ写真も撮らせたもらったが、さすがに暑くて先に失礼させてもらった。

 帰宅後、遅めの朝食を軽く食べて、涼しい部屋でパソコン叩いたりラブとのんびりまどろんだろして、時を過ごした。本当に外に出る気がしない暑さでした。