FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

ガンバレ、おばあちゃん!

 「母も順調に回復しており、車椅子から介助つきで少しずつ歩けるようになってきた。焦らずしっかり歩けるまで生活リハビリ続けたい。」
 
 
 今日は「河辺整形」に母を連れて行く日だ。
 骨折手術からちょうど2ヶ月が過ぎてだいぶよくなっており、これからは通院頻度が月1回でOKになったので、時間をかけてホームの中で生活リハビリをすることで介助なしに歩けるように頑張ってもらうようにお願いしてきた。

 また母のベッドの敷き布団(洗濯換え用)とシーツ追加もされたのでニトリに。
 そして出来上がったクリーニング衣料を取りに行ったり・・と、何かと忙しい1日でした。

 
 2月は28日までしかないので、「あっ」という間に3月が来た。
 3月1日の 『議員全員協議会』 を皮切りに、3・4日と3月議会が始まっていく。
 10日の一般質問から11~16日で休みを挟んで常任委員会、最終19日まで忙しい日々が続く。
 その後も広報誌の原稿等でしばらく忙しさが続くことになるが、たえず体調も気にしながらまわりに迷惑かけないように頑張ろう・・・

感動しました。

 「真央とキムの世紀対決に決着。トリプルアクセルよりも技の完璧度・芸術性に軍配が。真央ちゃんは4年後の金メダルにむけて再チャレンジだ。」
 
 
 午前中、退院後初めての通院となっており受付で看護士と話していると・・・。
 「せんせい、せんせ~い!」と大きな声で呼ぶ人がいる。・・なんかイヤな予感がする・・。
ギクッ!!」 やっぱり、例の【おしゃべりおばさん】でした。
 入院中は同室でおしゃべり砲火を受け続けてたから、退院してあの呪縛から解放され 「ほっ」 としてたのに・・・また会ってしまった。


 彼女も私の退院後2~3日で退院したのだがすぐ体調崩し再入院して、1週間後にやっと退院できたとか・・。今日は通院日で診察は既に終わっていたが、スケートが気になってロビーのテレビに釘付けになっていたらしい。
 ・・が、私が車で来てることを知って 「ちょうどよかった、家まで送ってちょうだい !!」 ときたもんだ ・・・

 
 「は~?」 って感じだったけど、まあ帰り道で方向的には回り道にはならないから・・。しかし、このおばさん 「どこまで心臓に毛がはえてんだろう~~」 と思った。
もちろん帰りの車内でも、おしゃべり砲火は続いてましたから・・・・


 おばさんを降ろし帰宅した私も、フィギアのフリー演技が気になってテレビに釘付け。
 鈴木さんのマリアは情熱的で素晴らしい感動のパフォーマンス。大舞台でパーソナルベストがだせるなんて本当にすごい。
 安藤さんは、まずクレオパトラの衣装がとっても綺麗でよく似合っていた。演技はそつなく無難にこなしたけど、何時もの美姫ちゃんの迫力とスピード感がちょっとなかったみたい。


  そしてキム・ヨナの番。前日のショートで真央に5点近くリードして1位で、真央の先に滑れるためか自信に満ちた雰囲気。
 やっぱりすごい高さのある流れるようなジャンプ、それも連続で 「これでもか~」 と言うぐらい決めてくる。そしてスピード感はそのままで最後までミスなく素晴らしい演技だった。当然、すごい点数! 男子並みの150点超えでトータル228点。これを見た時、たぶん真央ちゃんがたとえミスなくこなしても超えるのは難しいと感じた。 
        med1003011107000-p11.jpg
 その次に滑ったのが真央ちゃん。トリプルアクセルは2回ともちゃんと跳べたのに、後半で3連続ジャンプの一つ目でバランスを崩し回転不足をとられた。その後もスケートのエッジに氷がささり3回転が1回転になってミスが続き、点数も131点。結局23点ぐらいの大差をつけられての2位となり、そのことが悔しかったんでしょう・・インタビュウーに応えられないほど泣いていた。 
                 med1003011107000-p7.jpg
 そんな彼女を見て、「ご苦労さまでした。悔しい気持ちを次の「ソチ」で開かれるオリンピックでリベンジしてください」と思わず声に出していた。


 すべての結果を観てから事務所に戻り、通告書(清書)を持って事務局へ提出。まだ私で3番目でした。

 
 夜もずーと、フィギアスケートの番組をやっていた。それにしても日本の選手は全員、男女とも入賞してそれぞれ銀と銅メダルを取ったのだからすごいよ。
 このレベルの高さは、是非維持してもらいたい。そのためにもスケート場や選手の育成に対して、もっと国もサポートすべきでしょう。こんなに国民に夢と感動を与えてくれてるんだから・・

春もすぐそこに・・

 「いよいよ3月定例議会も間近に迫り何かと気忙しくなってきた。気になるオリンピックも明日世紀の対決があり終盤を迎える。」
 

 朝10時に来客予定だったので、ラブの散歩もままならずに事務所に入る。
 約1時間近くお話をして帰られた後、書きかけの一般質問通告書を見直し2項目目のところでお昼となった。

 
 午後3時過ぎ、再び事務所に戻り仕上げに掛かる。事務所を出たのは午後6時過ぎ。
 明日には事務局に提出できるだろう。

 
 明日は退院後初めての通院予定だ。ここのところ心臓(不整脈)はあまり気にならないから大丈夫!でしょう・・・


 それにしても、今日は暖かかった。風も強く生暖かい。どうも春一番のようだ。

            春の予感

がんばれ日本!

 「今日は朝からお客さんが次々来られ、何かと忙しかった。それに気になるフィギアスケート女子の頂上決戦もあり、みんなテレビの前に釘付けになっていたのでは・・。」


 いつも月末ごろ現れる事務機器関係の営業マンさん。
 今日も伝書鳩の面白い話から・・健康について食事や漢方のことまで本当に多くの情報を持っておられ、お客を飽きさせないところはさすが長年保険会社の支店長さんも務められただけのことはあるな~と感心するところだ。


 そのあとも通告書のまとめをしなくちゃと思いつつ(粗原稿だけはできているが)、接客などで時間切れで今日の完成には至らなかった。

 
 お昼は、やっぱバンクーバーオリンピック!
 金メダルを懸けて、まずはショートプログラムで浅田真央とキム・ヨナの直接対決もあり、他に安藤・鈴木・ロシェットなど実力者も続々登場するハイレベルな戦いがまた見ものだった。

 まさに真央ちゃんがトリプルアクセルを飛ぶとき、思わず「成功して!」と叫んで無事着氷した時は鳥肌もんだった。
 その後の演技もほぼノーミスで73点代が出た時は、次のキムヨナにかなりのプレッシャーを掛けれるなぁと期待したが、それ以上に彼女の精神力は勝っていた。
 完璧な演技で78点を叩き出したときには、「19歳にしてこの勝負強さはどっからくるの?」と思ったぐらいだ。


 とにかくフリーでまた自分の持てる力を全部出し切って、ミスのない悔いの残らない素晴らしいパフォーマンスを私たちに見せてください。
 その結果で決まるメダルならみんな満足できるし、なによりご本人さんたちが納得いくのではないかしら・・。
  
 がんばれニッポン!! 

 111109_l.jpg 70.jpg75.jpg

春の気配

 「あの目の痛みは何だったの?・・と思うくらい、痛みが無くなり安心! 春らしいポカポカ陽気で庭のパンジーやマーガレットなども綺麗に色付き、何だか風邪もふっ飛んだ気がします。」
                  花

 朝の日課であるラブ とのお散歩も外の気温が上がってくると気持ちよくスタートできるので、今から6月ぐらいまで(雨の日を除いて)ベストシーズンになってくるでしょう。

 
10時半、少し遅めの事務所入りだ。
 そろそろ通告書のほうも固めていかなくちゃあ! ・・・とばかりに、資料など整理しながら煮詰めていく作業に入った。


昼食後は家で気になるバンクーバーの様子伺いを、日本選手の活躍に期待しつつ・・・。
 もう残り日数も少なくなってきたオリンピックもいよいよ佳境を迎えようとしていて、すべてにおいてレベルの高さに感心したり、~~~などなど。
 いよいよ明日から始まるフィギアスケート女子の活躍が楽しみですね。


 今日はスタッフがお昼までの勤務なので、私は午後4時ごろから事務所に入り残りの仕事にかかった。
 帰宅したのは7時過ぎ。ラブが淋しそうにしてたので抱き上げると、顔中舐めて嬉しさを表していた。

              ラブラブ

今日は何の日~

 「2のゾロ目の日! 平成22年2月2日の記念切符を買おうと全国で動きがあったようだ~。また椿祭りも今日が最終日。そして春のぽかぽか陽気で暖かい1日でした。」


 朝から右目に違和感が・・。以前のようにまた重く眩しくて、光が入ると涙が出るのですぐ眼科へ。
 やっぱり半年前にかかった目のヘルペスだった。すぐに目薬と内服薬を処方してもらい、だいぶ痛みが緩和した。


 11時に来客予定があったので、急いで事務所に戻った。
 廃油利用による環境にやさしいエネルギーについてのお話を聞く。 今後に繋がる話題として自分の中で更に整理し、また必要あれば町の環境対策の一環として紹介できればとも考える。


 午後3時ごろより椿神社境内にて「北朝鮮による拉致問題の早期解決を目指して」の国へのアピール活動として署名とカンパ協力を求める運動に参加し、参拝客に大きな声で訴えかけた。
 その声に反応して、署名やカンパをして下さる方も結構多く本当にありがたいなと感じつつ、この問題の遅々として進展しない問題解決に歯痒さを感じた。
   P1020761.jpg 

            P1020763.jpg

 4時過ぎに交代の議連の方々にバトンタッチし、事務所に戻った。
 3月議会の一般質問について、課題の絞込みにかかる。今週中には通告書を提出する予定だ。

伊予路に春を呼ぶ祭り

 「今日から椿まつりです。お天気はいいのだがまだ肌寒い。まさに伊予路の春は椿さんが終わってからなんですね。」

 
 
 午前中はまだ風邪も完全に治ってないので家でゆっくりして、昼からコムズに出かける。


 午後1時半よりコムズ3階調理室にて 『みんなで話そう、学ぼう~ワイワイトーク』 が開催された。
 「松山市の男女共同参画の現状」という内容で15人ほどが集まった。松山市からも、まちづくり課の課長・主幹・副主幹・主任の5人の方々に来て頂いて、質疑応答・意見交換などを行なった。

 レジュメ・参考資料・パンフなどの事前準備もされ、2時間のうち前半45分を市のそれぞれの担当のお話、また課長から全体的な話もして頂き、現状の課題や今後の努力目標も見えてきた。

 私は他市町の立場で、客観的に見せて頂き意見も述べさせてもらった。

 「男女共同参画」という言葉が何か一人歩きして、とても必要な事なんだがこのテーマの会合に一般人たちが集まりにくいのも事実。
 敬遠される理由も考え、実質的なツールとしての問題提議・・例えば「防災」「食育」「環境」「少子化問題」などをもって、その底流にコンセプトとして『男女共同参画』があるという方向性のほうが、分かりやすく自然と入るし説得力もあるのでは・・という話も出た。
P1020756.jpg P1020760.jpg


 3時半に会合は終わり更に受け継ぐ会のリーダー会へと流れたが、私は途中5時に抜けさせてもらった。
 というのも・・今夜は地域(西高柳)にて先日完成したパワーポイントで、新しい地域役員さんたちに自主防災会の説明をすることになってたもので。

 午後7時から、私のパソコンとプロジェクターをジョイントさせスクリーンにスライドを映し出した。私のちょっと鼻声のナレーションで「自主防災会」を分かりやすく説明させてもらった。
 防災士の方にも補足説明してもらって、会は無事終わった。好評だったようで良かったです。

         2010-02-20 西高柳自主防災研修 005  

2010-02-20 西高柳自主防災研修 015 2010-02-20 西高柳自主防災研修 020 

念願のメダル獲得

 「高橋君、ついにやりました! 男子フィギアスケート銅メダル!!」

 
 午前中は事務所にてデスクワーク。
 お昼過ぎからの期待の「男子フィギアスケートフリー」をとても気にしながらの仕事だった。

 【オリンピック】って何でこんなにも人に感動を与えるんだろう・・。
 そこに至るまでの辛く大変な練習を乗り越え日本代表を勝ち取り、その上の世界での舞台で日本中の「期待」という大きなプレッシャーを抱えて戦う姿が応援する私たちに感動を与え、更にメダルという結果を残してくれたら自分たちの叶わぬ夢を実現してくれたような気分になるからだろう~


 午後1時半から和楽園にて老人ホーム組合議会があった。
 1時過ぎに行くと、そこでも議員さんたちもテレビの前に釘づけ。ちょうど織田君の競技最中で、スケート靴の紐が切れたところでみんな大きなため息、そこで時間となったので2階の会議室に移動。

 会議終了後、先ほどの結果が気になり・・・またテレビの前に集まる議員・町長・職員。
 会議中に高橋の演技もプルシェンコの演技も終わっていた。それに織田君が引き続き演技を続けてちゃんと採点してもらって7位に入っていたのも驚きだった。

 とにかく日本の三選手全員8位内入賞という快挙。また悲願であった男子フィギアのメダルも高橋君がゲットした。
 ショートプログラムの貯金と演技構成点の高さで、フリーでの4回転失敗で伸び悩んだ技術点をカバーして逃げ切った。
                  20100219-638182-1-N.jpg


 女子1000メートルスピードスケートに出場した4選手は思うような結果を出せずに悔しい様子だったけど、この経験を次に繋げるバネにしてステップアップして欲しい。
 特に若い高木選手、中学生で代表選手になれるなんてすごいことなんだから~! ソチ(次のオリンピック会場)に期待してるよ

松前中 体育館落成式

 「今日は、松前中学校の新体育館の落成式に出席しました」
 

 昨日から風邪を引いて鼻はズルズル頭はボー、体はだるい。
 そのため頭も洗えず気持ちが悪いので、近所の美容院に行きシャンプーしてもらい、そのついでにダイングとカットも・・ちょっと気分が爽やかになった。


 午後1時半から松前中学校体育館の落成記念式典に出席。
 内装に木の温もりがしっかり感じられるほどふんだんに使われていて、全体的に非常に明るい感じがした。

 この体育館は環境に配慮した、また省エネ感覚に満ちた建物だ。屋根には太陽光発電パネルを敷き自家発電で稼動し、トイレなどは雨水利用システムでまさにエコの考えをふんだんに取り入れている。
 こんな体育館で仲間と汗を流せる生徒さんたちは、幸せだなあと思った。
 
 また大きな災害が起こった時の避難場所ともなるこの建物は、耐震性も強固なものとなっている。地域の人たちにとっても頼もしい存在だ。
          P1020752.jpg  

 式典後、3時過ぎから杮落としにと【東レアローズ】のプロ選手たちによるバレーボールのパフォーマンスがあったのだが、風邪でこんな寒い底冷えのする体育館で1時間以上待ってられなくて早々に帰った。


 夕方のニュースで荒木や木村さおりなど全日本の有名な選手が出ていたのを見ると 「ちょっと惜しい事をしたな」 と思ったが、あのまま居続けたら症状悪化になってたと思うので帰ったのが正解だっただろう。


 明日には、治したいこの風邪・・・

                      風邪っぴき~

完成! パワーポイント

  「パワーポイント初お披露目の日。結構わかり易いと好評だったので、「ほっ」と安心・・」
 
 昨日の疲れが残ったのか、朝から鼻が詰まって喉も少々痛い。「やばいな~」 もしかして風邪引いた? ひどくならないうちに何とかしないと・・。

 今夜、地域の役員さんたちに自主防災会のパワーポイントを見てもらう予定になっていた。
 約半年かけて、資料集めから始まり今年になって特に精力的にビジュアル面やアニメーション化に拘りを持って作ってきた。

 如何に分かりやすく自然と飽きずに見てもらう事ができるか。
 自主防災会の必要性やその役割について、少しでも理解してもらえたらなあ~という気持ちで作ってきた。

 夕方(4時半ごろ)用事で議会事務局に行った時、できたてホヤホヤの湯気の出てるようなパワーポイントを自前のパソコンにて披露。
 せっかくだからとばかりに3階の担当課の補佐にも見ていただいた。
「お世辞抜きでいいですね~うまくできてる」とお褒めの言葉を頂き、本当に嬉しかった。

 時間は掛かったけどそれなりの作品に仕上がったことは、率直にうれしい。
 一番大変だったのは内のスタッフかも・・・。こだわりとダメ出し、やり直しに苦労しただろう。本当によくやってくれました。感謝、感謝です。(ありがとう)

                         戦い            

研修2日目

 「今日は呉市役所にて保育所の統廃合と民営化について研修。」

 朝9時過ぎにホテルを出発。すぐ近くの市内中心地にある呉市役所へと向う。
 本来なら研修後に立ち寄るつもりだった【大和ミュージアム】は現在改装中で見学できないので、バスの車窓から建物の外側だけ見せてもらった。

 呉市は人口25万人の市で、平成17年に1市6町の合併をして中核工業都市として生まれ変わる。
 ただ島嶼部も多く抱え、行政サービスやそのバランスを図っていくのにも大変な部分もありそうだ。

 そんな呉市は多くの保育所や幼稚園を抱え、しかも公立よりも私立のほうが入所・入園率が高いと言う現状の中で少子化時代を迎え、今回の合併で過疎地域などで一定の人数に達しない保育所などが増えるという背景をもっている。

 そうした背景の下で、以下のような考えに基づき保育所の統合、民営化を進めていったという経緯を含め、今後の松前町の保育所統合などに直面した場合の参考になると考え今回の研修に至った。 
  P1020741.jpg  P1020738.jpg   

 (統合、民営化の目的)
 適正規模での保育所運営を実施することにより、児童が集団生活の中で多数の児童と関わりを持ち集団適応力や社会性を育んでいくなど入所児童の健全育成を図ると共に、多様化する保育ニーズに迅速かつ柔軟に対応するため民間活力を最大限に活用し、限られた財源でより効率的な保育所運営をすすめていくことが目的。

 (民営化の手法)
 民間移管方式または公設民営(指定管理)方式。
 ただ後者は4~5年で公募して管理者の更新をかけるわけで、それがあまり保育になじまないという結果がでてきているので、前者の方式が多く採用されている。

 (運営主体の考え)
 公立保育所の引き受け先の運営主体は、現在市内において認可保育所または認可幼稚園を運営してる法人さらに社会福祉事業を業とする社会福祉法人から公募により選定される。
 具体的例として、現在稼動している平成19年4月より統合民営化された【呉市立安浦中央保育所】をあげて説明をして頂いた。
  342020670.jpg 342020671.jpg 
 約2時間弱の研修を終え、途中竹原市(安芸の小京都、頼山陽ゆかりの地)の町並み散策をボランティアガイドさんの案内で約1時間見学してまわった。
 江戸時代に塩田で栄え、浜商人と言われる豪商たちがその町並み保存の大きな屋敷を建て権勢をふるい、また町の発展にも寄与されたようだ。
                      P1020743.jpg
 造り酒屋や呉服商、お寺(3箇所)、頼山陽の祖父の家などもあり、ちょうど今の時季は雛飾りがされており公開してる武井邸にて写真をパチリ。 
      P1020744.jpg P1020748.jpg

 夕方6時半に庁舎に帰り着く。
 2日間有意義な研修をさせてもらって、今後の幼児教育・保育に関する問題や課題について町としてどうあるべきかを考える指針になったことには違いない。
 これからの議会活動に活かして生きたいと考える。

厚生委員会研修

 「今日から尾道、呉へと1泊2日の視察研修です。」

 午前9時30分松前庁舎を出発、しまなみ海道を通り大三島に抜け、11時30分に昼食休憩。小雨の中バスは順調に走り、13時30分には因島の三庄認定こども園に到着。

 ここでの研修内容は、幼稚園と保育所を一元化してその両者の良さを加味した認定こども園の保育の様子、できた背景、平成21年度からの1年間の成果や問題点、今後の課題などを勉強させてもらった。

(沿革)
  ・昭和27年9月に因島市立三庄保育所が開所
  ・2年後           〃   幼稚園が開園
 県道拡張工事と建物老朽化のため現在地に移設計画が出される
  ・平成15年4月、保幼合築施設として1階を市立保育所・2階を市立幼稚園として開所・開園し、子育て支援センターも併設された
  ・平成18年1月、因島市が尾道市に合併する
  ・3年後4月、尾道市立三庄認定こども園が開園

(認定こども園のコンセプト)
  ・一体的な施設、カリキュラムによる教育や保育の充実
  ・保護者、地域から信頼される園、安心して遊べる園
  ・就学前、小学校、中学校の連続性のある教育、保育実践

 何より感心したことは、
 少子化の原因となっている働きながら安心して子育てできる環境作りという面で、短時・長時保育を段階的にフレキシブルに利用でき、一時預かり、延長保育もできる。
 短時・長時間利用の子供たちも給食後2時までは一緒に保育され、ある程度の人数の中で遊んだり学んだりできるということだ。

 施設内を実際に見せてもらったが、本当に広々とした園庭に芝生が敷き詰められ(鳥取方式のポット植えらしい)、屋上広場では夏のプールが組み立て式で用意されるとのこと。
 またそれぞれの部屋も木の温もりが伝わるようなつくりになっており、給食も自販方式で月~土曜日まで完備されている。
 休暇中もお盆も関係なしに(年末年始の6日間は休み)保育時間の間は稼動しているとのこと。
 また隣接する小学校の副校長がこども園の園長もされているので、行事や参観日等の情報も共有できるというメリットもあるようだ。 
             P1020718.jpg   

   P1020728.jpg  P1020731.jpg 
 公立のこども園がこのように地域にしっかり支えられて保護者からの信頼が厚いということは、そこで保育されるこどもたちも幸せだなと感じた。
           P1020736.jpg
 
 3時過ぎまでしっかり研修させていただき、その後呉市に向ってひたすらバスは走る。
 途中渋滞に巻き込まれたりで結構時間一杯かかったが、6時過ぎにはホテルに到着。
 夕食後、ホテルに戻ると結構疲れていたのだろう・・オリンピックの結果を気にしながら眠りについた。

チョコあげた? 貰った?

 「今日は、バレンタインデー。今年こそはと婚活に勤しんでいる女性にとってはビッグチャンス!?・・そこから遠のいた中高年にとっては・・自分でチョコを食べ、また脂肪がプラスされる日?かも」

 世間はバレンタインデーですが、わが息子は朝から決戦の時を迎えて頑張っている!
 とは思うけど・・まわりの雰囲気に圧倒されて実力もさほど出ないのでは・・なぁんて色々考えたりもして、やっぱ親ばかですかねぇ~。

 午後から久しぶりに健康風呂に入りに行く事になり、じいちゃんも誘った。
 元伊予鉄健康ランドのあったところで「そらともり」という和風モダンでインテリアのオシャレな建物。
 2階に露天風呂・屋内風呂・岩盤風呂・サウナ風呂等・・いろんなお風呂があって、エステやリラックスルーム・喫茶コーナーなどの休憩場所もあちこちにある。
 1階はレストランや大きな吹き抜けのロビー。更に宿泊できる施設まであって、これは家族連れで来ても長時間楽しめそうだなあと思った。
 それに館内は無料で貸し出しているサムエを着て行動できるので、更に風呂上りを満喫できるわけだ。

 そのあと夫行きつけの【おばんざい】の店に行った。
 父もそこの家庭的な味に大満足! 最後はにら雑炊で締め括って、美味しかったけど・・また体重が増えないか心配。

 8時過ぎに帰宅し、息子に受験の感想を聞こうと電話。
 サッカーの試合観戦中か? 出てこない。しばらく待つと連絡あり。
 数学が解けなくて、頭真っ白になっちゃったらしい・・。気分的にちょっと落ち込んでいた。しかしそれが現実なんだから、しっかり受け止めなくちゃね。

 ★☆★☆今日のバンクーバーの結果★☆★☆
 期待の上村愛子が涙の4位。4回目のオリンピックだから、今度こそは!・・という気が一杯だったろうに。 また今回も勝利の女神から見放された?
 
 もっと見放されてるのは、サッカー日本チーム。ホームでやって東アジア選手権で4国中3位とは

 明日から、厚生常任委員会の先進地研修で広島県の因島及び呉市に行きます。
 認定こども園や幼保一元化や保育所の民営化について視察、説明を受ける予定。

                      行ってきます

バンクーバーオリンピック開催~

 「今日からバンクーバー冬季オリンピックだ。約2週間熱い戦いが白銀の世界で繰り広げられる。多くの夢や感動を期待しています。」
 
 朝8時過ぎ、息子(次男)が受験(東京)のため、空港まで車で送って行く。
 本人は 「なんか落ちる気がせんのや~」と至って前向きなので、親としても応援するしかないので「頑張ってね」 と声掛けして別れた。

 家に帰り、部屋の片付けや洗濯など主婦をした後、10時前に河辺整形(母のリハビリ)に同行する。
 レントゲンの結果、新しい骨ができてきれいに骨折部分が繋がっていたので、これからのリハは本格的に歩行訓練に入っていいということだった。

 エンゼルに戻りそのことを報告し、担当スタッフと今後の生活リハビリのプランを確認した。
 やっとここまで回復して、ちょっと「ほっ」と・・早く一人で歩けるようにと願うところです。

 午後から事務所にて、総務の「東京・埼玉研修」に関するレポートを書き上げた。
 
 夕食は息子もラブもいないので、夫と二人で飲みに出かけた。

 今日から始まったオリンピック開会式の演出も気になるので・・・パソコンしながらテレビもネ・・
 OSK201002130075.jpg OSK201002130197.jpg
 夜遅くからスキージャンプもあるし、寝不足にならないように調整しながら観戦しないとね!
 また不整脈でも起こしたら大変だし~

今日も一日頑張った!

 「自主防災会のアピール用パワーポイント作成で一日中デスクワーク」

 昨日に引き続き20日のプレゼン用パワーポイント作りにスタッフと念入りの打ち合わせ。午後5時までの数時間、ほとんどこれに費やした。

 17日にリハーサル(試写会)を予定しており、更に微調整するつもりだ。

 次男が大学受験で東京行きを明日に控えており、持って行く荷物を詰めたり何かと落ち着かない感じだ。
 合格はかなり難しいー、彼の実力からして・・。
 でも本人は受かるつもりでいるから、かなり大物か?・・受験を舐めてるのか?・・。
 結果は23日に出るので、まぁそれまでが天国で・・結果次第で奈落の底に突き落とされるわけだ。

 ラブも明日から1週間、動物病院に預かり。またまた私が15日から研修に行き、夫は17日から出張予定なので。
 家族がみんな揃うのは19日になるようだ。

ストレス解消に

 「今日は建国記念日。朝から凱旋車が走り回って賑やかなこと・・。寒さも少し戻ってきた

 朝から雨が降ったり止んだり。
 久しぶりに、松山の友人と高島屋で会うことに。
 彼女も年老いた義母をかかえて病院の入退院やお世話に忙殺される毎日だったが、とうとう施設に入られて介護の苦労から解放され少し時間の自由ができたとのことで、ゆっくり昼食をとってお互いの近況について語り合った。

 私の入院や母の骨折・リハビリ・・ともっと明るい話はないのか?と思うほど、お互い体のことを考えて、健康維持にも努めていかなきゃいけないと痛感した次第です。

 でもこうやって、美味しいものを食べたりコーヒーブレイクできることが至福の時かもしれませんね。
 またこういう20年来の友達とじっくり話が出来ることが心の洗濯にもなるわけで、ストレス解消にもなります。

陽気な一日

 「今日は4月並みの暖かさで、コートも要らないような陽気だった。私の体調も順調に回復してきた。油断は禁物だが・・」

 今日も昨日の続きでパワーポイント作成に、スタッフと知恵をしぼり完成に近づけていく作業で午前中いっぱいかかる。

 午後からは久しぶりにフラダンスのレッスンに参加。
 すっかり振り付けを忘れているから、困ったもんだ。 3月に慰問するダンス発表には間に合うように頑張ろう。 
                    フラ練習 

 そのあとエミフルにて快気祝いを買って、お見舞いに来ていただいた方に持っていく。
 健康の有り難さを感じたし、自分の体に過信していたことを大いに反省している。食事に関してもカロリーや栄養のバランス・量などを考えつつ、体重計にも毎日乗って自分自身の健康管理に真剣に取り組む良い機会になったようだ。
 睡眠時間もなるべく6時間を下らないように~

 「今週は行事が少ないので、自分の活動に専念しやすい。防災会プレゼン用パワーポイントの作成に傾注できるぞ!」

 午前10時に事務所に入る。
 2月中旬に行なわれる防災会幹事会で今製作中のパワーポイント初公開の予定になっているので、そろそろ仕上げにかからないといけない。

 なるべく文字を少なくし図形化して、アニメーション機能で動画させインパクトのあるアピールをしたい。そのため今日はほぼその作成で時間を費やし、デスクワークに終始した。

 明後日、防災士のI氏も事務所に来て合同で作業にとりかかることになっており、それまでには大体仕上げておきたい。

 お昼頃、大きな宅急便(?)が家に届いた。「何だろう?」と思い開けてみると、義妹からのお見舞いの花籠だった。
 赤いバラにピンクのチューリップ、白いマーガレットが眩しい・・。本当に春爛漫のようなアレンジに元気を戴きました。ありがとう 

                                     イメージ画像

コムズフェスティバル

 「コムズフェスティバル分科会にシンポジストとして参加。昨日はレジメ作りで午前中が潰れた。」
 
 午前中は家事を済ませラブとお散歩などしてる間に11時過ぎ・・・昼食を摂る間もなくコムズの会場へ。

 12時まで前の会があり、終了後すぐに会場作り。
 12時半シンポジスト3人とコーディネイターとの最終打ち合わせ。
 
 13時から15時まで2時間ぶっ通しの会が始まった。
 ○テーマ 「わたしのまちは、女性(わたし)たちの手で」
 ○コーディネイター:立川 百恵 氏
 ○シンポジスト:①星の子クラブ代表 管 優子 氏
           ②雄郡地区まちづくり協議会 中村 和憲 氏
           ③地域自主防災会  藤岡 緑

 最初に「地域の現状」「今、地域で進めている活動について」を一人10分で語る。
 ①ではパワーポイントを使っての話
 ②ではレジメを使っての話
 ③では、資料なしでの話

 次のラウンドでは活動中で気づいた点やリーダー、仕組み、住民意識、などポイントを絞っての話を各5分ぐらい 。

 その次のラウンドでフロアとの意見交換。
 結構活発に意見も出されそれらに対する返答も含め、会場が一体化したような雰囲気になった。

 最後に今後の方針や夢などを各自発表して、最後コーディネイターのまとめで終わった。

 中には学生さんなど町内会にも入れない人たちからの地域活動へのアプローチ・問題定義などや、まちづくり協議会と従来の町内会の立場、どう共存させていくのかなど色々な問題点や女性の幹部登用の難しさなどこれからの課題もたくさん見えてきた会となったようだ。
 P1020712.jpg P1020711.jpg
 
 会の終了後、参加者アンケートも書いてもらったので、また次回反省会のときなどに総括してもらえたらと考えます。

 すべて終わって家路に着くころには、さすがに「どっ」と疲れが出てきた。

 疲れは貯めないようにしよう・・・

退院しました!

 「いよいよ退院の日。娑婆の空気が吸える・・」

 あ~、あの「おしゃべり砲火おばさん」の呪縛からもやっと解放です。
 今朝ナースステーションの彼女たちにこの言葉を投げかけると、みんな其の事に気付いていてくれて笑いながら「本当にご苦労様でした」と言われた。

 パジャマから普通の服に着替え、荷物整理をし会計課で入院費の清算を済ませた。
 同部屋の方々にお礼とお別れの挨拶をしたら、あのおしゃべりおばさんが別れを惜しみ廊下の端までお見送りしてくれた。何だかちょっと淋しい(あのおしゃべりが、もう聞けないと思うと・・?)複雑な気持ちになった。

 タクシーで家に帰ると1週間の家事が溜まっていた。
 でも私の帰宅を一番待ち望んでいたのは、やっぱりラブちゃん 体中で嬉しさを表現してくれて、最高に可愛い! でも、犬舎の中は紙くずだらけになっていて(よっぽどストレスが溜まってたんでしょう)、すぐにキレイにしてやりました。

 午後からは庁舎にも顔を出し、ご心配かけたみなさんにちょっと挨拶してまわっった。
 その後、買物や銀行、そして事務所にてデスクワークなどなど・・。

 これからは自分の体にもちょっと振り返りながら、仕事を着実に焦らずにこなして行こうと決めました。
 そして・・
 日付の変わらないうちに就寝すること
 カロリー控えめの腹八分目の食事に拘っていこう
・・と自分に誓いました。不自由かけた息子と夫のためにも、ね。

                                           祈り

退院決定

 「朝から75gGTT(糖尿の検査)をして、夜には結果がでる」

 8時から10時にかけて30分おきに採血と採尿する。
 ところが私の血管は採血するのが大変なほど看護師泣かせの血管だから、4回の採血がなかなかの大仕事。
 それに・・もちろん絶食だから、あ~お腹空いた・・・。

 入院費概算も出たので、退院決定。やったぁ、明日には出れるぞ~~~

 今後の体調管理・治療方法についての最終のお話があった。
 結果的には、どの分野も合否すれすれの境界値というところだ。よってこのまま入院前のような生活を続けていると、確実にその病気になってしまうということだった。

 ということは、まさにこの入院は私にとって大きな生活改善を求める警告だったのかもしれない。これからは自分の健康についてもっと真剣に考えていこう。

            健康一番

お見舞い、ありがとう

 「今日は父や友達4人が来てくれた。ちょっと一息、ベッドまわりはお花でいっぱい。まるでここだけ一足先に春が来たみたい。」
 
 朝からエコーでの心臓検査をする。検査は、結構時間がかかった。
 
 その後、1階の売店に行きウロついていると何だか「きつねうどん」が食べたくなり注文した。そこで売店の人と会話がはずみ・・ちょっと同部屋のおばちゃんの口撃の話をすると、その人が例のおばちゃんの名前を言い当てたではないか・・ビックリ!!
 それだけ病院内では【おしゃべりおばさん】で有名らしい。
 みんな結構、そのおしゃべりの犠牲者になってるらしい。退院までの2日間、上手くかわして過ごすしかないか~

 11時前に父が訪ねて来てくれた。電車とタクシーを使って・・。
 その5分後にはバドミントン仲間4人もお見舞いに来てくれた。お花や果物などを持って・・・何だか気を遣わしてしまったなぁ。 でも口撃から逃げれる時間にもなるし~~

 ただ仲間と話してる間、父はずっ~と待っててくれたんだけど、結局長く話もできなくて悪かったなぁ。 しかも帰りのバスの時間が近づいており、追い出すみたいになっちゃったから。ごめん・・

 夕方、スタッフが来てくれて連絡事項を聞き、5日からの仕事の段取りの申し合わせをした。
 そのあと明日の検査について主治医と打ち合わせ。 血液のサラサラ度を調べ動脈硬化や糖尿の検査も入ってるとのこと・・。

 今夜も夕食後、いつものおしゃべりが始まった。部屋のみんなほとんど返事もせずにいたのだけど、独り言のようにまだまだしゃべり続けていた。
 そこへ看護婦さんが見回りにきて、私が目で訴えたら「ピ~ン!」ときたみたいで、そのおばさんのおしゃべりに「口チャック!」と厳しい一言。・・・ちょっとビックリしたみたいで、その後はちょっとおとなしくなったので「ほっ」とした。

 でも夜は、あんまり熟睡できなかった。・・・

そろそろ帰りたい・・

 「続いた雨も上がり気持ちよい日差しが窓越しに・・早く外に出たいな~、退院が待ち遠しいな」

 今日も朝食後8時ごろから始まった。隣のおばちゃんの独り言か何かよく分からない話しが・・・。また延々と続きそうな予感を朝から感じつつ、「今日はどうやってクリアしようか・・」と考えている私だった。

 9時半には採血が終わり、そろそろ読書でもしようか・・・と時間もたっぷりあるし! ・・・ということで、お昼前まで休憩室にて読書。

 午後からテレビで国会中継を見ていたら、またまた隣のおばさまの世間話しが始まった。しばらく我慢してたけど、全然テレビに集中できないので休憩室に逃げた。

 夕方、主治医から今後の方針についての説明があった。
 明日、最後の心臓エコーをした結果で、ほぼ5日(金)には退院できるということがわかった。 今回の不整脈は、ストレスと睡眠不足続きからきたようだ。

 どちらにしても、今回の入院はちょっとした休暇休養期間と考えたらいいみたい。そしてやっとお風呂の許可を得て、4日ぶりに頭も洗えて本当に気持ち良かった。頭が軽くなったみたい・・・ゆっくり休めそう。ただ、誰かさんのおしゃべり口撃がなければだが~~

入院雑感Ⅲ

 「検査しました。やっぱ、苦しかった・・」
 
 今日は、エコー・胃カメラの検査で、午前中はなんだか慌ただしく終わった。
 さすがに鼻から入れる胃カメラは、麻酔液を右鼻孔に入れて頭の芯まで『キ~ン』。ちょっと痛くてそれが喉を通る時にさらに苦しい感じで、胃に到達した時は「早く終わって~」って感じでした。
 モニターを見ながらの検査なので結果はすぐ分かりましたが、特に異常もなく「ほっ」としました。

 夕方には友人が二人見舞いに来てくれて、ちょっと息抜きできました。

 夕方5時以降に隣のおばさんが目覚めて、また牛のよだれのように長い長いお話が始まりました。 あ~あ、耳栓がほしいよ~

 同部屋の他の人たちは黙っているけど、どんな風に思っているんだろう?
 それに今日新しく入って来られた方は、特にビックリしておられるのでは~・・・

 仕事のことも気になるが、逆にこの期間はすべて頭からオフして休暇のように考えることにした。