FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

多忙な毎日

 「月日の経過は何と速いのでしょう !! 11月もあと数日。12月には定例議会が始まり、また忙しい毎日に・・・
 
 3日ほど留守にしていた事務所にて、溜まっていた事務処理・連絡や銀行振込みなどで午前中は消えてしまった。
  午後からは、降り出した雨にフットワークも鈍り気味となった

 またインドで大きなテロ事件が起こり、日本人商社マンが犠牲になっておられたが本当に憤りを感じる。
 罪もない善良な市民の命を一瞬にして奪うテロリストたち。こういった手段を選ばぬやり方に対し、どんな訴えであろうと認めることはできない。
 彼らの政治的意図が何であれ、暴力は何の解決も生まないし悲しみと恨みだけが残って前進はない。
 それに比べると、タイの空港占拠の市民団体のやり方は強引で関係ない人も多く迷惑を被ってはいるが、政府に対して話し合いの機会を窺っている分だけマシと言えるのか・・・。

 どちらにしても民主的な手法で焦らずじっくりと交渉してほしい。 暴力は絶対だめだ! 話し合いで解決の道を模索して欲しいし、知恵ある人間ならできるはずだ。

                                       11月27日

帰国だよ~

 いよいよ帰国。 あっという間に時間が過ぎ、明日からはまた忙しい日常が待っています。

 10時過ぎにホテルにお迎えのバスが来て、一路空港へ。
            今から帰ります
 出国ゲートに入り免税店で買ったものを受け取り、軽く昼食を取った。 残ったウォンを使い切るためにお土産を買い、いよいよ関空行きの飛行機に
  
 関空に着いてからも乗り継ぎ時間などで、結局松山着は午後6時半すぎ。
 もうすっかり暗くなってからの帰宅。

 あ~ お疲れモードですが、溜まった家事もあるし・・・。
 また今夜も遅くなりそうだけど、2日間の充電期間を頂き元気になってますので大丈夫!

                                         11月26日

ソウルを満喫

 ソウルの朝はもっと寒いのかと思いきや、それほどでもなく朝食の後、腹ごなしのためホテルから繁華街まで歩いていきました。
 そして今回の目的! 格安お買い物ツアー達成のため、あっちこっちのデパートや免税店に足を運び、夫も半日付き合ってくれました。
 しかし午後からは垢すりと岩風呂サウナのコースに行き、私は・・というと・・夕方までバッチリ、足が棒になるまで値段リサーチし本当に安いと思えるものをセレクトして購入しました。(かなり頑張ったよ~

             ショッピング♪

 しかし日本人が多い! (私の予想をはるかに超えていてビックリ。) 食事に出掛けてもショッピングをしても・・至るところで日本語が飛び交い、東京か大阪にいてるような錯覚に陥るようでした。

                                    11月25日

韓国旅行

  「関空経由で半日がかりでソウルへ

 午前11時過ぎ。息子に家のことを頼み、私たち夫婦は一路韓国へ・・・と旅立ちました。
 
 11月22日が 『いい夫婦の日』 だそうです。 それにちなんでというわけではないのですが、半日掛かりで韓国のインチョン空港に18時、ソウル市内には夜の8時ごろの到着となりました。
  
 そろそろクリスマスモードに入るのか、街の至るところでイルミネーションの飾りつけがされ、実に煌びやかで真っ暗な夜がファンタジックワールドとなっていました。
 特にロッテホテル入口の前庭は圧巻でした。

         着、韓国

                                       11月24日

艶姿

 「艶やかに!歳も、日頃の煩雑な事柄も忘れ踊りました。華麗なフラダンスを!」

 朝8時31分の電車で市民会館に向けて出発。フラダンスの衣装を詰めたバッグを持って張り切って出かけました。今日がいよいよ本番だから・・・。
                         集合写真
 
 大会では皆さん大変落ち着いて気持ちも一つになり、市民会館大ホールに来て下さったお客さんたちにも満足して頂ける大会になったようだ。
 特に午後からはハワイからプロのダンサーと歌姫にも来てもらい、更に盛り上がった。ほぼ満席の客席からも惜しみない拍手が鳴り止まないくらいだった。
         フラ大会

 それはさておき、私は・・前夜午前3時ごろ床に就いたもので4時過ぎの消防サイレンが聞こえず、近所の火事に気づかなかったらしい・・
 大会会場で話を耳にし、防災委員としてはお粗末な話です・・。 夕方区長さんのところに事の詳細を聞きに行きました。煙の影響でガラガラになった声に、消火に手こずられた様子が伺えました。本当に大変だったようでした。幸い火事の原因も特定でき不審火でもなく、ケガ人もなかったとの事で少しほっとしました。

 明日より夫と結婚30周年メモリー旅行に行きます。
 実際のところは、円高ウォン安で格安韓国ツアーのチラシに誘われてその気になっただけと言えば、あまりに夢がないかな・・・。
 でもよく30年もったなぁ。お互い忍耐? ちょっと違うかな  今は同志のような信頼関係で繋がっている私達でした


                                韓国
                                       11月23日

年齢不詳 !?

 「女性は、綺麗な衣装や花飾りなどをつけると若返り、踊りだしたら更に輝く娘たちのようになるのは・・・なぜ?」

 明日の【フラダンス大会】のリハーサルで、市民会館の中ホールと大ホールを行ったり来たりしてました。(昼食抜き
 中ホールで全員着替えをするんですが、まさに『男子禁制』というよりも・・もし間違って入ってきたりしたら、思わず後ずさりしそうな光景でしたから・・・
 年齢を考えず思いっきり化粧して派手な衣装を身にまとい、腰をくねくね、にっこり笑みを浮かべて踊る姿は、年齢不詳!の世界です。
 でもみんな活き活きして、気分はアロ~ハ~

         リハーサル

 明日はいよいよ本番。間違わないよう、そして楽しく踊れますように・・・お祈りします。

    リハーサル(私)

                                        11月22日

決算特別委員会

 
 朝から【決算特別委員会】の最終認定を行った。
 事前意見書に対する町長からの答弁があり、またそれに対する質疑応答があり。最終的に12月定例議会へ全員一致で認定可決した案件を送った。案件のまとめは委員長・副委員長と議会事務局に委任した。
                                     11月21日

インタビュー

 「町内のお医者さんにインタビューし、現場の声をお聞きする。濃縮した良いお話が聴けた。
 
 午後から予めアポイントを取っていた町内の二人の医師に、現場のお話を色々と伺った。

 産婦人科医のS氏との会談
 
 松前町が県都松山の近郊にあるがゆえに、患者さんは町内2~3割でむしろ町外から多く来られる。15分圏内に周産期センターも完備され、高リスクの妊産婦さんにも充分対応でき、今問題になっているような患者の【たらい回し】状況などはないので、ある意味都会より恵まれた環境にあること。

 今、問題視されてる【たらい回し】は人口集中の大都会近郊では需要と供給のバランスが取れず、無理して診察することで事故が起こり刑事訴訟にもなる。それなら断ってマスコミや世間の多少の非難は浴びても、訴訟リスクよりは随分軽いもので済むとの状況のもとで起こる。

 更に産科医希望の学生が少ない。(眼科医希望が多い。) 命に関わる医療事象が少なく仕事のきつさに対して、診療報酬が同レベルだと楽な方にいく傾向にあるのは理解できる。
 ならば産科医を育成する大学側のシステムも国行政の力で考えて頂き、偏りのない適正な数の医者の供給ができるようにしてほしい。
 また女医さんたちがウェイトを占める産婦人科などでは、なかなか夜間診療などが出来にくい現状がある。こういう女性のワークライフバランスを考えた子育て支援策がまだまだ足りない。
                                    妊婦さん
 優秀な女性たちの力の活用が充分にできていないのは残念だしもったいない。医師不足解消のため、また女性が安心してもう一人産んでみようという気持ちになるのも、働きながら家事や育児を安心してできる『社会づくり』が重要課題だ。そのためにも女性議員がもっと増えて、そういう視点でどんどん発言していくべきでしょう。
 
 会談終わりには、逆に女性議員の活動にエールを頂き大変恐縮致しました。
 先生ご自身、「そういったセミナーなどをするときは、お呼びください」と自ら講師を買って下さったので大変心強い思いがしました。
  貴重なお時間ありがとうございました。

 小児科医M氏との会談
 (2時の約束が15分も遅れるほど、M先生とのお話が長くなっちゃいまして・・・。幸い、場所が大変近くにあったので助かりました。)
 
 やはり松前町の立地条件から町内の患者さんだけでなく、かなり広域化して伊予市や砥部町、もちろん松山市からも多くの患者さんが来られるようだ。
 
 救急体制については24時間小児科医待機の態勢で、県中央病院と日赤で輪番している「中予ネットワーク」にM氏らも当番制で張り付くこともあるそうだ。医療的には恵まれた環境にあるといえる。
 
 ただ親の国保不払いのため保険診療が受けにくい子供も少数ながらいることは残念。以前と比べて親に精神的な余裕がない家庭が多くなってきたような感じを受ける。
 
 5歳児健診の必要性については、巡回相談や町立幼稚園・保育所における保育士さんたちによる現場でのチェックで大部分フォローできるのではないか。ただ私立幼稚園や松山市内の幼稚園などに通う子供たちに漏れが生じる可能性あり。
 
 病時保育について、かなりのニーズがあってもスタッフの関係で随分利用人数が制限されることや、自治体同志の連携でクリアできる問題点も多く行政手腕にかかっている部分も多い。来年度は更に充実させていきたい。

        病気なの・・
  今後の課題として小児保険や予防注射の摂取についても広域化が必要。

 以上のようなことを、先生の奥様を交えた3人で約1時間半ぐらいお話しさせてもらった。貴重なお時間を頂きまして、本当にありがとうございました。
                                       11月20日

暗いニュース

 「暗いニュースがテレビや新聞を賑わしている」 

 政治テロなのか? 元厚生事務次官という官僚トップが襲われ、社会不安に陥れた。
 当時の3つの年金制度を一律化して基礎年金制度の元を作った二人に恨みを持つ者なのか・・。

 もっと、明るい話題でいっぱいにして頂きたいものだ!


                               11月19日

冬到来!

  「冬がすっ飛んで来たみたいに・・寒~い」
 
 『和歌山新報』の記事依頼を忘れていて〆切り直前で思い出し、パソコンに釘付け状態になり、すご~く目がショボショボ涙しています。お陰で昨夜はブログが書けなかった
 おまけに今日は朝から ”ど~ん” と気温が下がってきて、夕方にはクリスマスの時のような寒さになった

 午前9時半より【産業建設常任委員会】所管の課についての決算認定をする。
 午後2時ごろには終了したが、総括での質問内容と提言について話合った。
 次回21日に最終総括で次年度への提言をする予定だ。

 夕方、歯のブラッシング講習を受ける。歯肉炎にならないためにも毎日の手入れが大切。 「また1ヶ月後に来なさい」だって・・・。当分通わなきゃならないみたい。
                                      歯磨き

 夜には事務所で仕事。パソコンに集中!

                                     11月18日

子供議会

 「子ども議員さんたちはとてもしっかりと自分の意見を持っていて、町政について堂々と質問する姿はとても頼もしかった。  特に女子生徒さんたちが多かったのが、女性議員として今後が楽しみ・・・

 地球温暖化から環境問題について町の取り組みは?・・・
   自分たちの学校校舎の耐震性は? 危険なら立替もしくは修復
  は・・・
   なぜ松前町は合併しなかったの? これから先、新しい合併は
  あるのか・・・
   商業施設エミフルを中心とした町自体の活性化について・・・
   浜交差点など通学路の安全確保について。 歩道の建設な
  ど・・・
   議員活動、特に仕事をする上で心がけている事など・・・

 実に真剣にそれぞれの立場で質問してきました。理事者側も真剣勝負でなくては彼らに失礼!
 そのため、分かりやすく具体的な答弁を心掛ける町長や議長に私たち議員も納得。 でも再質問せずにちびっこ議員さんたち、ちょっとお行儀良すぎるんじゃない・・・。 たぶん時間の関係でそういう約束になってたんでしょうね。

 この後、私は大阪行きのため中座しましたが、後半の町長への政策提言も良かったんじゃないでしょうか。10年後の松前町に向けて、いろいろな新鮮なアイデアがたくさんでていたようです。

 こんな試みは、今後も年に数回あったら議員にとってもいい刺激になるし緊張感も持てて、とてもいいのではないだろうか。
 私たちもいつもの席ではなく理事者側の席に座り、とても新鮮な感じを得ることが出来た。
                                      子供会議

 大阪行き高速バスに乗って目的地に。ホテルに着いたのは、すでに6時過ぎ。 市内に入って渋滞につかまり、大学のゼミ同窓会に30分遅刻・・・。
 でも皆んなに遠方からようこそと、温かく出迎えてもらえました。  先生方もお元気そうで、とても73歳になっておられるようには見えなかった。 仲間たちもそれぞれ社会的な地位を持っており、それなりに頑張っている様子が覗えた。 二次会も楽しく過ごせた。 強行軍だったけど、それなりの収穫はあり!でした。

    
      関大 同窓会
                                    11月15日

NEWパスポート

 「やっと手にしたパスポート! ICチップ入りのカード頁が付くので手数料が1000円高くなったみたい・・・」
 

 午前中にパスポート交付のため県文に行き、三越に寄り、昼頃自宅に戻る。

 午後から事務所にて来週以降の仕事の段取をする。
 ぼちぼち12月定例議会の一般質問内容のための資料準備をしなければならない。インタビューのアポを取ったり、直接電話で話したりして中身を詰めつつある。

 明日は朝から子ども議会がある。私は大阪への移動予定があるので中座するが、時間の許す限り楽しみたい。子どもたちがどんな事を町に期待しているのか、具体的な提言を聞いてみたい。

 夜には大阪にて大学のゼミ同窓会に出席予定。

                                    11月14日

責任放棄!

  「定額給付金という有難くないお小遣いのようなものを、二転三転させ結局各自治体の窓口にお任せして配れって?・・どうよ~
 
 国政を司る政治家の皆さんが各自治体の現場の事をどれぐらいお分かりになっているのか甚だ疑問だ。 年度内に決着をつけるとばかりに実現に向けて頑張っておられるようだが、選挙前の「ばらまき作戦」という感じが見え見えで、決して景気対策にもならないと思うし生活支援と言うなら所得制限も分かるが・・・これを各自治体の裁量に任すなどと言って丸投げするなんて、責任放棄もいいとこだ! あ~あ、早く解散して今の政権について国民に信を問うてほしいわ。
                                怒り

 午後7時より岡田小学校体育館で、10月27日に起こった火災についての保護者、地域関係者対応の説明会が開かれた。
 校長・教頭より事実関係の説明があり、事後から時系列で各部署、関係者に再発防止のためにどんな改革、是正をしていったかの説明もあった。
 今後の図工室の修復について、現段階でわかっていることの報告など。
 さらに、スケジュールの変更について。

 質疑応答の時間ではそれほど批判的なことや感情的な質問はなく、概ね学校側の対応について好意的、協力的な見解の方々が大半のようだった。
 今後の学校の立ち直りに希望も持てるし、議会も行政も子どもたちのために出来るだけ迅速な対応が求められていると感じた。

                                        11月13日

産業振興活性化

 「まさき産業振興の要として、商工会に元気になってもらう事! そのためにも『まさき村』の来年春オープンに尽力を。」
 
 午前中は事務所にてコピー機からスキャンした資料を管理できるソフト(ドキュワークス)をパソコンに装填してもらい、その説明をスタッフと一緒に聞いた。
 今後の資料整理の効率化に拍車がかかりそだし、リサーチ時間の節約にも繋がりそうだ。

 午後は商工会にて
      「まさき村来春オープンに向けて」
      「松前商店街まちなかにぎわい再生事業」
      「国道56号線沿い振興事業」
   上記についての意見交換を議員(5人参加)と商工会代表者で行なった。
 
  ①オープンまでには超えなければならないハードルも多いが、やるからには前向きに色々なアイデアを終結し松前ならではの特色を出しつつ、この店のオリジナル性を広く広報し集客を目指してほしい。
  もちろん議員として行政側の協力を執りつける支援も必要だが、それに終始するのでは従来型の存在価値しかない。 これからは先進事例やアイデア、経済的ハードルに伴う助成金の方策、ルート開拓等々・・、情報の積算も大切である。

 ②『まちなかにぎわい再生』も実際、南予・東予のいろんな所でかなり深刻な状況の中で必死に生き残りをかけて、空き店舗利用などNPOやボランティアの若者たちを巻き込んだ活動が展開されている。
 議員としてのスタンスを保ちながら、松前の町の活性化という部分についての共通項があるわけだからタッグを組んで前進していきたい。

 また「これをきっかけに意見交換会を続けていきたい」と事務局からのお話しもあり、私たちも産業振興の一環を担えるなら協力することは吝かではない。
   頑張っていきまっしょい !!

                                       11月12日

フラダンス練習

 「今月23日に発表会があるのに・・と思ってたら、練習に出れて『ほっ!』」

 今日は9時半より決算特別委員会(文教常任委員会所管)。 朝一番に思わぬ来客や電話などで、5分遅刻・・あせりました
   
  ・学校教育課 : 備品購入に際しての予算計上から、減額補正、
            結果不足生じるからと流用する展開について。
             奨学金返還滞納金の回収について

  ・社会教育課 : 文化センター自主事業、使用料関係の滞納回
            収について。
             他に給食センターの決算認定などがあったが、
            特に議論になるような問題はなかった。

 午前中で委員会が終了したので、ずっとお休みしてたフラダンス教室に行き練習に参加した。 発表会が目前に迫ってるのに練習日である火曜日が議会関連の仕事が入っておりずっと出席できず、皆んなに迷惑かけてたので参加でき良かった
 久しぶりに踊ったのだが・・所々忘れている振付け部分もあったが少し記憶が戻り、おさらいできて「ほっ」とした。 本番には最高の形で出来るように頑張ろう・・・*^0^*

                                フラガール
                                 11月11日

老人ホーム組合定例会

 「老人ホーム和楽園は現在49名のお年寄りが生活しており、高齢化が進みつつある

 午前中は事務所にてデスクワーク。(パスポート申請関連書類の確認、午後からの組合定例会の資料確認など・・・)

 伊予市、伊予郡養護老人ホーム組合の19年度決算認定、一部条例改正承認、20年度補正予算承認について、和楽園にて議会審議。

 3時過ぎから県パスポート申請窓口に手続きに行く。 ものの5分で申請完了。4日間で発行できるそうで以前に比べて速く出来るようになったものだ。

 情報システムの改良がスピード化に繋がっていると思う。今問題になっている救急医療システムでも、ネットワーク化と地域連携が鍵となってくるだろう。特に妊婦さんや幼い子どもたちにとって、安心して受けれる医療システムの構築が待たれる・・・

                          安心な医療を・・
                                           11月10日

松前文化祭

 「今日は松前文化祭なのに な、何と雨が降ってるじゃないの・・・天気予報ではぐらいだったはずなのに!」
      松前町文化祭
 朝からの雨に私は【晴れ女】のプライドを賭けてオープニングにかけつけると、な・何と雨が上がり!少しづつ人出も多くなってきて、いつもの賑わいが帰ってきた。
 今年は文化センターの舞台でも、2日間かけて多くの芸達者さんたちが日頃の鍛錬ぶりを発揮し盛り上がっていたようで、観に来たお客さんたちも満足そうな顔で出て来られてましたよ。(私は実際のステージは全然観てないんだけど・・)
   
 ミーファの出店してるコーヒー&クッキーの販売手伝いで結構忙しくしてたもので・・・。それに時々他のお店も覗き、買い物をしたり写真撮りをしたりで動きまわってました。

            たこ焼き屋さん

 コーヒー販売の方は場所も良かったのか順調に売れ、明日のクッキーの追加のため今晩また増産されるそうです。ご苦労さまです。
 3時ごろには店じまい。 その頃、ふれあい展示室などに展示してある書画、生花、絵手紙、手芸、工芸品、写真などいずれも松前の皆さんの力作を見せて頂いた。

      作品展
                                            11月8日 

        ー    -    -    -    -    -    -    -   

 「朝から雨模様、そして”ぐっ”と冷えてきました。冬の足音が聞こえ始めたかな・・・」
   
 ★昨日に引き続いて松前文化祭。 今日は9時半よりアリーナ前の広場でフリマに出店。ネットワーク松前とひまわりグループで隣同士に店開き。 ひまわりさんからも一部品物を分けてもらい、少ない商品を効率よく手分けして販売した。懸念されてたお天気も、わたしの晴れ女パワーでちょっと寒かったけど何とか保ってくれて続けることが出来た。
               フリマ   

 ★1時過ぎから《ミーファ》のコーヒー販売の手伝いに行った。 フリマの方はほとんど売れていたのでこちらに来たのだが、私が居なくなり暫らくするとパラパラときたらしい。 やっぱり私は【晴れ女】なんだあと改めて確認した。仲間もビックリしてたよ。
 ちなみにコーヒー販売の場所は文化センター入口の屋根付きのエリアなので、さほど問題なかったが・・


    コーヒー販売 
 

帰る頃には、すっかり足がだるくてさすがに疲れがドッと出てきました。
 明日からまた忙しい一週間が始まるので、今日中に疲労を取っておかないと・・・。
 風邪を引いたり体調くずしの原因になるので、気をつけないとね!

 今日のお客の入りは昨日以上で、日曜日とあってしかも雨も上がったので大勢来ていた。
 庁舎前の食べ物販売のテントには家族連れやお年寄り・若者たちもいて、本当に賑やかでなかなかの盛況ぶりを見せていた。
         

 また文化センターの中や中央公民館の展示会場も、大勢の人々が展示作品を観にやってきていた。 
        

                                         11月9日

おばあちゃん

  「今日のおばあちゃんは、ご機嫌よしでした。」

 朝から両親を連れて愛大病院へ。
 認知症の進み具合を診る日でしたので、いつもの老人科ではなく精神科へ。 待たされたり対応によっては直ぐ機嫌が悪くなる母ですが、今日は早目に順番が回ってきたこともあり、すこぶる機嫌が良く同行する私たちは 「ホッ」 としました。
 今のところ血糖値も安定しており感情も穏やかで、なるべくこういう時間が続いてくれたら・・と思うところです。(おばあちゃん(母)が機嫌がいいとおじいちゃん(父)も幸せそうな表情になります。やっぱり夫婦なんですね・・・)
                                   ほのぼの・・
 昼までに診察が終わったので、事務所に戻りパスポート発行手続きの書類作成などをした。
 その後、夫からの用事を済ませるために松山に出掛け、買い物をし帰宅したら6時でもう真っ暗。本当に日が短くなったものです。

 明日から松前の文化祭。ネットワーク松前も9日にある「フリマ」に出店するので、うちの事務所で作った雑巾も出品します。 8日には、まさき国際交流の会(ミーファ)のコーヒー、クッキー販売のお手伝いもするので、この土日も忙しく終わりそうな予感・・・

                                         11月6日

厚生決算特別委員会

  「ちょっとドキッ! パスポートの期限が切れてる・・月末に韓国ツアーを計画している私にとって、これは一大事

 今日は厚生常任委員会所管の各課においての決算認定を行う決算特別委員会に出席。
 
 町民課 : 年々少なくなる県支出金、民生費関連での援助の先細
       りは結構きつい。
       扶助費の補正額が大きく、年度末不用額が大きいのは
      なぜ・・・
       やはり個人医療費関連は、その大小の予測がつきにくい
      のでもしもの不足が出ないようにしているとの答弁。
        特別会計分にも同様とのこと。

 福祉課 : 滞納金問題(災害援助資金滞納、住宅新築資金貸付金
       滞納、保育料滞納)状況に対して、返還してもらう努力&
       対策について。
        財政への圧迫材料になっていること、多くの善良な支払
       い人との間に按分の責任があるのに不平等・・・
 
 介護課 : 介護サービス給付費が補正減額しても余るほど利用数
       が少なくい。
        これは介護保険の事業内容に予防事業にシフトした部
       分もあり、介護認定にハードルを増やしたことに起因する
       のでは・・・。
        今後のケアマネの作成プランやその中身の広報などに
       も力を入れて、利用者との間になるべくミスマッチングが
       起きないように進めていってほしい。
        介護保険の滞納問題、不納欠損理由の内訳で納付意
       識の欠如が一番多いのは問題だ。

 生活環境課 : ごみ処理にかかる費用は分別化を進めると減って
       いってるのか。
        ここ数年の動きをデータ化し表示して費用対効果を見た
       い。
        埋め立てごみや粗大ごみが増えていないか。最終処分
       業務委託費は廃棄物収集運搬処理委託料の中で半分を
       占めている。

 保健センター : 保健師の数が少ない中で特定検診など新規事業
       が加わって、実際に機能しているのだろうか。仕事の煩雑
       さもあるが、日々臨時雇用をしたり委託などでしのいでい
       るのも現状。
        住民サービスの面からも是非正規雇用の保健師をお願
       いしたい。
 
 途中休憩を挟みながらも、今日も3時近くまでかかった。 なんだか頭に数字がチラついて、ボーとする・・・
       
                              あ~頭が・・
                                          11月6日

佐賀県上峰町議員来訪

  「佐賀県上峰町の議員さんたち10名が行財政改革の勉強に当庁を訪ねた」

 午前中の議員全員協議会で、以下の項目について説明があった。
  ・10月18日に公表された宗意原保育所の給食による食中毒
  ・10月27日に起こった岡田小学校図工室の火災
  ・11月15日開催予定の松前町こども議会

 説明後、数名の議員より各項目ごとに質問や意見が出され、今後の対策に活かされていく事を期待する。
 特に食中毒や火災などあってはならない事が起きて関係者はもとより地域の人々にも不安の声が上がり、子どもたちの心のケアを含め迅速な対応と再発防止に全力を挙げるよう議会からも行政に対し要請した。

 午後からは、佐賀県より人口9千人ほどのやはり合併をせずに頑張っている上峰町の町議さんたち一行が 「松前町の行財政改革について学びたい!」 とやって来られた。(今晩は道後温泉泊まりとか・・・)

 こちら側として、正副議長、各常任委員会委員長、企画財政課長、補佐が対応。 そして我々1年生議員5名(傍聴)が参加。

 向こうから出される質問の多くは滞納問題が中心で、余程このことに悩んでおられるのかなと感じた。
 議員さんたちの平均年齢も65才で10人中一人女性議員がいて、その方が58歳で一番若かった。行財政改革のなかで歳出削減と税収増をどう図っていくのかという点では、経常費用の削減に関心があったようだ。

 2時間という限られた時間の中でのやりとりだったので充分な研修になったかどうかは分からないが、合併をせずに生き残る厳しい選択をしたという共通項の元に、これからも尚一層の努力をされ住民に納得のいく議会運営をされん事を祈ります。

 さあ明日は、厚生関連の決算特別委員会だ。ガンバロー^0^

                                    11月5日

総務 決算特別委員会

 「決算特別委員会(総務常任委員会管轄事項について)審議」
 
 9時半より開始。
  ・総務課 : 職員の資質、能力向上のための研修に対する考え
         について。
         流用額もその件数の多いことなど
  ・企画財政課 : 物件費関連の委託事業について。
         関連業者等、実質赤字比率がマイナス計上つまり黒
         字である現状において予算計上をどう考えるか・・・
         など
  ・税務課 : 税金の滞納について。
         不能欠損額30万以上の理由別内訳から見える収納
         化対策、方針回収機構の働きなど
  ・監理課 : 物品購入入札の落札率が特に低いものについて。
         問題性の有無、指名競争入札で落札した契約業者の
         下請け会社の実質工事について、どこが管理責任・・
  ・会計課、議会事務局 : 特に大きな審議事項なし。
  
  尚、中予広域水道企業団決算審査については、ダム負担金還付に伴う補助金返還額について消費税の取り扱いにより金額の差異があることの指摘等あり。

 最終的に当日総括終了は午後3時ぐらいとなった。 次回の委員会は、明後日 6日に厚生常任委員会管轄の課別の審議予定となっている。

 さあ!今日こそ早く寝よう・・・明日は議員全員協議会

                                       11月4日

文化の日

  「今日は文化の日、しかも私の結婚記念日。30年目を迎えます。真珠婚というのかな・・・
 
 西高柳の文化祭で、朝早くからスタンバイ。 準備はしっかり2日前から始めて昨日の夕方には終わっていたみたいで、気合の入れ方もちがっていた。

 各セクションとも淡々とお客に対応できるように準備。でもその頃より雨が降り出し作業はしにくいし客の出足も心配になってきた。でも30分後には雨も上がり、皆なもほっとした。そのうちお客もぼちぼち来はじめた。

 今回の文化祭の目玉は何といっても自主防災組織結成後、皆さんに周知してもらうために、今までの活動内容や防災訓練時の写真及び皆んなで作った防災マップの紹介etc・・・アピールコーナーを設けた事、そして炊き出しを実際にやったことだ。
 しかも集会所の中だけでなく外でも行ない、皆んなに豚汁&おにぎりを振る舞い大変喜んでもらいました。

炊き出し

もちろん餅つきも好評で、老人会の皆さんの元気で老練な腕を披露してもらい、来られた来賓の方々にも餅つきを実際にやってもらったり、終始楽しい雰囲気で活気があった。
餅つき

 集会所の中の展示は何だか若返ったような感じで、お花のアレンジものも多く、クリスマスをイメージしたおしゃれなものも多かった。
               作品の一例

 最後の片付けも皆んなでテキパキ要領よく済ませることができた。
 防災組織結成により、特に私たちの地域の【男女共同参画】が進んだような気がする。 互いの特性を自然な形で出し合い、変な遠慮もなく意見を言い合い一つのものを作り上げていく実感がした。
 本当に体は疲れたが、気持ちはとっても爽やかだ。

                                        11月3日

岡田中学校文化祭

 「息子の卒業後ゆっくりと観ることのなかった文化祭」

 -久しぶりに面白かった。たどたどしさの中に一生懸命な部分を見ると【若さ】っていいなと感じたー

 10時位から体育館で生徒たちの職場体験や修学旅行の思い出の発表を聞いた。
 家族や先生に守られた空間から離れ 【職場】という普段経験しない世界に飛び込み、ある意味大変厳しくしんどい経験をした事を話していました。
                職場体験 

 またその後は有志によるエンターテイメントがあり、バラエティに富んでいた。
 「ブックトーク」という図書委員の本への興味を持たす試み。
 中2でショパンのスケルツオを平然とピアノ演奏するO君にもびっくりびっくり
 もっと驚いたのは「バンド演奏」で、ボーカルが最初から最後までズレていたんだけど本人たちは諦めずに最後までやり続けた事。
 そして音楽専任の先生のサックス演奏。24年間も吹き続けて会場を盛り上げ、午前の部を締めてもらったような気がします。 
         有志による発表
     
 お昼の休憩時に美術部や生徒さんたちの入選作品など力作の数々を見せてもらいました。また地域やPTAの方々の隠れた才能の片鱗を競うような作品の数々を見せてもらいました。
 
            数々の作品 
 2時ごろより音楽コンクールも見せてもらいました。
 気のせいか・・クラスの人数が少なく何となく元気さに欠けるようなおとなしい印象をもったのだが・・・
 
合唱コンクール 


 明日は結婚30周年ということもあって、夜は久々に夫とデート。 と言っても・・美味しいものを食べに行っただけだけど~ 新潟の純米酒(銘柄なんだったけ?)美味しかった。 4合飲んだのは、後できたね(反省)
                                      11月2日

 「感情を言葉で表現することは、簡単のようで難しい」
 
 朝、ロンドンの息子と久しぶりにスカイプして1時間ぐらい話をした。
 毎日結構忙しくキャンパスライフを送っているようで、日々の食生活もなかなか料理する暇もなくて大変みたい。 それにゆっくりとお風呂に浸かれないのが残念。シャワーだけだとやっぱり味気無いみたいで・・・ ちょっとホームシック?かな・・
 そんな事を言いながらも 「やっぱりこちらのギャラリーはすごい !! 美術の教科書に載っているような作品がここぞ狭しと陳列されており、その道を目指す者には素晴らしい環境だ !!・・・」 と強気な事も言っている。まだそちらに行って2ヶ月しか経っていないぞ~~~
 でもそんな弱気な部分を見せられると・・少し「ほっ・・」とする母の複雑な思い、変?

 午後2時よりコムズにて「子どもの心に寄り添う」というテーマで心理カウンセラーの先生による『子育て応援講演会』に参加。(ジョブカフェ愛work主催)

 最近の子どもたちの特徴の一つとして、感情を表に出さない、あるいは出せない点があげられる。そのためコミュニケーションの苦手な子、相手の気持ちが分からない子が以前に比べて多い。
 そこで感情を言葉で表現することを、この2~3日の自分にまつわる出来事でやってみて下さいと言われ、直ぐ隣の初対面の人とロールプレインした。

 なかなか難しいものだ。感情への理解が、特に子育てに於いてそれぞれの時期に必要なプロセスがあるものだということがよく分かった。
   

   我が家の子育ては、どうだったかな???
   結果は、今の息子たちを見れば・・・ってことになるかな

                                      11月1日

時の流れは早い

 「とうとう10月も終わり2008年も残すところあと2ヶ月!」

 月日の流れ、時間のたつのはなんて速いんでしょう・・・。
 議員生活もいよいよ2年目を迎え、いつまでも新人という言葉に甘える事ができない期間に入ってきた。この間私が住民の方々にとってどれ程のお役に立て、また暮らしやすい松前町になるべく有機的に活動できたか、しっかり総括しながらよりグレードの高い動きのできる議員活動を目指し、2年目を歩んでいかなければならないだろう・・・。

 11月からは『決算特別委員会』が始まる。4日には総務常任委員会所轄の決算認定の委員会がある。事前資料のしっかりとした確認と今後のまちづくりに関わる予算立案の元となる決算を見極める事が、いかに大切な事かこの前のセミナーでもしっかり認識した。
 故にいくら眠たかろうとも時間を割こうとも、委員になった限りはその責任においてやり抜かねばならない。 この点では1年前に委員になった時と、やる気については同じだがその見方観点がかなり違ってきたようだ。果たしてどこまで理事者と詰めた議論ができるのか・・頑張ってみよう !!


      ファイトがんばる

                                         10月31日