FC2ブログ
 

のんびり日曜日

 「夫の詩吟大会に応援参加」

 今日は久しぶりにゆっくり起床。子どもたちは昨日から2泊3日で中山のほうに『国際交流キャンプ』に行っていて、夫婦二人だけの日曜の朝はのんびりしたものです。
   
 ちょうど今日は【コロンビア吟詠コンクール愛媛大会予選】で夫の出場もあったので一緒に大会会場に行くことに。 彼は昨日の練習もあってか相当声を枯らしていたので、お腹から振り絞るような声を出して頑張っていました。
 結果はどうあれ心に響く詩吟だったように思いました。昼前には出番も終わり仲間の吟も済んだので、何処にも寄らず自宅に直行で帰りました・・・。
 子どもの吟の部もあって、表彰式もありました。
            

                表彰式 


 午後からは相変わらずの暑さなので、涼しい部屋でのんびりとテレビのお友達になっていました。
 見ていると、黒柳徹子さんの「カンボジアの子どもたちの今」を伝える番組があり、かつてのポルポト政権の爪あとから医療や教育現場など子どもたちの環境の悪さがはっきりと見えてきて、ユニセフからの募金を募る内容となっていました。

 理不尽な人民の大量殺人により、一番影響を受けるのは子どもや女性たち。 多くの外国の援助がないと立ち直るのに更に時間がかかりそうです。遠い国の事と目を背けず、国も民間も何が出来るか先進国を自負するなら絶えず考え実行していかなければ、この乳幼児死亡率の高さを変えることはできないでしょう。
 さて、私にできることは?~ 自問自答・・・

                                      8月3日

 

村芝居

 「これぞ村芝居の極意かな!」

 議員仲間のY氏が所属している徳丸一座の『馬場(?)の忠太郎、瞼の母』を観に行きました。全員素人の集まりで一座を組み、舞台から大道具、小道具、衣装まで全部手作り。全3場の構成の時代劇。

 微笑ましいくらいベタベタ&お涙ちょうだいの村芝居・・・。
 かなり台詞棒読みの人もいたけど、そこがまたプロでない村芝居の良さだと思うし・・。 娯楽の少なかった昔、地域の人たちが心を一つにして練習して祭りなどで発表し、芝居をする者、裏方さん、芝居見物に来た人が一体になって盛り上げ村の連帯感を高めていたのでしょう。
 それをまた現代に復活させて、もう13回も続いていると言うからすごいよね。 

 徳丸の地域の人たちに乾杯で~す。 この日はちょうど【松前祭り】の日。客足が心配だったのだが、上演時間頃には大勢の観客が集まってきて、皆さんの団結振りにも脱帽! さすがです。  
   村芝居☆ 
 
 お芝居そのものは皆さんの一生懸命さと熱演ぶりが伝わってきて、もう細かいことは言いません。 最後に一言、ご苦労さまでした!!



                                            8月2日
 

オリンピックまでに!

  「いよいよ北京オリンピックまで1週間となりました」

 今日も朝からレポート配りに廻りました。出会う人々と挨拶しながら少し話をしたり・・・、朝の貴重な清涼感を独り占めできるのがいいですね。

  オリンピック 五輪  が始まるまでには、配り終えたい。あと1週間が勝負!
 
 
 昼1時15分、フィッタに滑り込みセーフ! ここ2回お休みしてるフラダンスに間に合った。火曜日に習ってる教室と先生が同じなので、振り付けについて復習ができリラックスしてできます。

     フラダンスⅡ 

 リニューアルした議会広報「まつかぜ」がやっと届いた。 それなりの工夫をしたつもりだが、読者の反応はどうだろう。自己満足に終始せず読者の感想を聞きつつ、さらに工夫を重ねていきたいところだ。

 ◎特に表紙の題字や色使い、バランス、写真のインパクトなど・・・。
  裏表紙を「短歌、俳句の紹介」からサークル紹介として人や団体にターゲットをしぼって紹介するコーナーにしたことなど~

 夜は久しぶりに夫と2人で二番町に出て、創作料理の店でビールと焼酎で・・乾杯
  日本の食料自給率アップのための施策、第1次産業従事者の疲弊ぶりに鈍感すぎる政治に、食の安心、安全をどう確保すべきなのか、地産地消のすすめなど・・・。 およそカップルの会話とは程遠い色気のない、しかし今特に課題になっていることを結構お互い熱くなって話してました・・・。

                                       8月1日

07 | 2008/08 | 09

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索