FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

梅雨入り

 「とっても早い入梅です・・・」

 朝10時、商工会の方と情報交換。商店街活性化について~。

 その後、事務所にて打ち合わせ。 デスクワーク337149~一般質問の内容について~

 午後2時よりNPO設立にむけての相談・・・。
 
 今日から梅雨279250に入ったらしい。昨年に比べ16日も早いんですって・・・350 ムシムシ,じめじめのいや~な季節を迎えます。 でもアジサイの花が色づき、私のブログも模様替えしました。257
 
 『らいちゃん』とやっと連絡つく。ほっ***319
                                    5月29日

  「衣がえより早い真夏日?・・・」

 朝から気温がぐいぐい上がり、5月の心地よさを通り越して、一挙に夏が来たみたい350 今年の夏も猛暑なのかな・・・?

 朝は事務所で『推薦する会』開催の打ち合わせ及び活動レポートのレイアウトについての話し合い。

 11時より1年生議員の勉強会で、直接《給食センター》に集合。設備としくみ、今抱えてる問題点などの説明を受けて、議論・・・。
             議論中
 
 その後久しぶりに中学生になった気分で、今日の献立分を試食させてもらった。 「昔懐かしい味やね~」 (どこかの宣伝コピーみたい*)

                  試食
 
 夜は恒例の【親睦会】(関係課長+1年生議員で)。 なんと行った先の居酒屋で先輩議員と鉢合わせ・・・お互いびっくりでした。451
                                        5月28日 

多忙な日

  「なんだかとっても忙しい一日でした」

 朝から原稿(昨日作った活動レポートの原案ラフ)を事務所に届け、その足で 『命の貯蓄体操』 の長期お休みという事実上の退会を告げに行きました。約1年間続けてきたのだけれど、仕事の関係からほとんどお休みばかりになるので、やむなく止めさせていただく事となりました。 13時からの 『フラダンス』 だけは、頑張って続けるつもりです。

 気になっていたエコバッグの生地を貰いに行きました。 そして舗装されてない生活道路について現場を見ながら説明と、長年に渡る隣近所の合意形成が出来にくい理由など聞く。 更にその件につき 《まちづくり課》 のほうからも事情を聞き、今後静観しつつ住民相互の関係修復や話し合いの場についての知恵を出していかなければ・・・と思った。地域の執行部ともしっかり話し合うことが必要でしょう。

 久々のフラダンス・・・新しく進んだところは『ちんぷんかんぷん~~』 でもレッスンが終わる頃には、だいぶ踊れるようになってきた?・・・257
                      ハワイアン

                                     
 子どもに頼まれてた銀行振り込みをする。

 以前に依頼のあったNPO開設場所について、知り合いの不動産屋さんに打ち合わせに行く。

 午後7時より岡田校区青少年育成会総会に来賓として出席。
  「子ども理解とコミュニケーション」というタイトルで県教育センターの渡邊先生の講義を受ける。(つい子守唄のような波長にふらふら~と・・・ごめんなさい) 総会行事の中で、分館の巡回学習の参加者が少ない事への対策について意見交換された。9時前に閉会。

 明日は1年生議員の勉強会が予定されている。また忙しい一日が待っている。 やせる思いで走りまわっているのに、なぜか痩せるどころか体重増加傾向にあるのはなんでだろう?  
   
  ◇走り回っているといっても車でだもんね~変な汗 ☆ もう着れる服がなくなるぞ~
焦る

                                             5月27日

スポレク

 「川原でお遊び・・・」 (8:30~12:30)

 今日は『岡田スポレク』と『日レク』共催のあそびの日でした。
 昨日の大雨が少し気になりましたがすっかり晴れました。 重信川河川敷の出会橋付近で親子連れ100名以上の参加で、いろんな遊びに挑戦したりお昼にはおいしいカレーに舌鼓していました。

     スポレク

 本当に楽しそうな子どもたちの笑顔に触れ、こちらも童心に帰ってゲームに参加しました。

 参加者たちもとても満足した様子で帰り際にはきれいにゴミの片付けも行ない、マナーの良さにほっとしました。

                                     5月25日

議員研修 Ⅳ

  「研修総括」 その四

 23日(金)(9:25~14:00)
 「演習(意見交換)」 3つのグループに分かれ、提出事前レポートを元に意見交換。

 私のグループは13の市町村の議員で円卓状に並び、コーディネイターの先生として金沢大学大学院教授の赤松俊彦氏に入ってもらい、朝から昼食をはさんで14時まで意見交換演習をしました。

            意見交換演習

 (主な意見交換内容)
  ・議会事務局の役割について、議員との関係
  ・議長の役割、あるべき姿
  ・地方議会の役割ならびに二元代表制の確立
  ・合併と議員定数の考え方
  ・議員報酬の考え方、ボランティア議員なのか、行政のチェック機関、住民の願いを条例立案できるプロ議員集団となりえるのか
  ・監査について
  ・三位一体の改革の地方行政にかかわる実質的影響
  ・上記について議会としてどう対処するのか
  他~それぞれ独自に抱えている各自治体の諸問題について

 どの問題も完全な回答もないが、お互い議論していく中でそれなりの解決策がでてきたり、ヒントになったりするもんだ。

  最後に赤松先生のほうから、いいアドバイスを頂いた。
  先生は以前キャリアの公務員として執行部側に在職していた経験があるので、行政側とどういい関係を構築していくかについて分かりやすい助言をもらった。

 いよいよ4泊5日の研修も閉校式を迎えた。(14:30~) そしてすっかり仲良くなった仲間達とも、今日でお別れ・・・。皆なそれぞれの議会でこの研修で身に付けたノウハウをもって、ある意味「闘いの日々」をおくるのだ。ガンバロ~

 最後に40人の名簿記入と、リーリングメールの申し込みをして別れた。

 家に帰り着いたのは、午後8時半過ぎでした。
           ☆ さすがに、お疲れ・・・ ☆

議員研修 Ⅲ

  「研修総括」 その三
 

 22日(木)(9:25~17:00)
  「地方税財政制度」 関西学院大学大学院教授 小西 砂千夫 氏

 パワーポイントを使いながら時々その画面にライブで書き加えて、私たちに板書の時間を与えてくれる進め方は、とても分かりやすく理解度を高める方策として良かったように思えます。
  ・ 地方財政計画と基準財政需要額の関係
  ・ 20年度地財対策の概要
  ・ 地方再生対策費を含めた20年度の見通し
  ・ 歳出、歳入一体改革と今後の地方財政
  ・ 実質単年度収支と財政調査基金の比較
  ・ 経常収支比率について
  ・ 財政力指数、実質公債費比率
  ・ 債務償還能力の分析
  ・ 財政逼迫の現状を物語る「体力以上の起債
  ・ 交付税措置のない元利償還金と留保財源の関係
  ・ 事業別予算という試み
  ・ 地方公共団体の財政の健全化に関する法律について

 特に後半の健全法については少々時間切れの感ありで、質問タイムにみんなが次々と手を上げるもんだから大変・・・。

 ○財政分析は決算統計で行うことが基本!・・・先生が力説。
 

 とても長い講義なんだけど(もちろん休憩あり)一番面白かったし、わかりやすかったので睡魔に襲われずに聞けた。319 著書の「自治体財政のつぼ」を早速注文するつもりだ。

 夕食後、明日のグループ別意見交換をよりスムーズに進めるために、食堂横の和室を借りて簡単な茶話会をした。お互いの今かかえている議員としての問題意識を話し合うだけでもとても親近感がもてるし、いいアドバイスを受けることにもなる。 とっても和やかな雰囲気の中、充実した時間が持てた。257

議員研修 Ⅱ

  「研修総括」 その二

 21日(水)(9:25~10:35)
  「これから(分権時代)の人事行政」 元人事院総裁 中島 忠能 氏
   1 地方議員の力
   2 地方議員の評価
   3 改革の動き
   4 議会の本来の機能
   5 人事管理の面で議会(議員)に期待する
   6 今後の姿
 
 改めて自分の活動内容を振返り、耳の痛いこともいっぱいあった。
    
   (10:50~17:00)
  「地方自治制度」除く税財政・議会制度

                  政策研究大学院大学教授 横道 清孝 氏
   1 地方自治の保障ー憲法第8章
   2 旧地方自治法から新地方自治法へ
   3 国と地方自治体との関係
   4 地方自治体の事務
   5    〃   の区域
   6    〃   の住民
   7    〃   の条例制定権
   8    〃   の執行機関

 ここまでの講義後、残り1時間質問タイムに入りレジメの9~12はほとんど明日の講義に任すというスタイルになる・・・。
 特に地方自治体の監査に関することは、小西先生の「地方税財政制度」にゆだねられた・・・とにかく自治六法を捲りながらの授業で、条文の小さな字を追っていると本当に目が痛くなってきた。263

 授業が終わると昨日の約束どおり玄関前に集まり、タイ料理をたべるために琵琶湖の湖畔を目指して行きました355。6時の予約だったので時間つぶしにまた唐崎神社まで行って、昨日見つけたけど閉まっていた『みたらし団子』の店にも寄り、注文していた団子をお茶つきでいただいておいしい それから目的のお店に入りました。 本格的なタイ料理に舌鼓をうちながらみんなでワイワイと盛り上がりました。
 研修の後のリラックスタイム!気の合う仲間と議会について熱く語りながら、夜は過ぎていきました。センターには8時ごろ戻り、早めの就寝となりました。445

議員研修 Ⅰ

 「研修総括」 その一

 19日(月)15:30~
 全国から集まった議員たち、開校式の後5日間の寮生活のオリエンテーショを受ける。 その後それぞれのお国自慢じゃないが、お互いを良く知り得るための情報交換できる場を提供してもらった。つまり前夜祭だ。何枚名刺交換したのかなあ?たくさん持ってきててよかった。
 さすが皆さん社交的。一度に名前を覚えるのは無理なので、それぞれの町や市の議会の現状及び執行部との関係などを聞きながら、その特徴と結びつけ覚えていった。明日からいよいよ琵琶湖のほとりのこの研修所で勉強が始まる。

            交流

 

20日(火)(9:25~14:10)
  「地方議会の役割」  政策研究大学院大学教授 高田 寛文 氏
  議会制度改革第28次調査会答申より~
   (地方の自主性、自立性の拡大及び地方議会のあり方に関する答申)(14:25~17:00)
    
  「地方公務員制度」  東北大学大学院准教授 原田 賢一郎 氏
   ・地方公務員制度の基本理念
   ・改革の動き
   ・抱えている問題の根源にあるもの
   ・身分保障と労働基本権

                 やる気満々!

 夕食前のフリータイム時に、親しくなった女性議員8人でセンターから琵琶湖湖畔まで散歩した。10分も歩けば唐崎神社があって、そこから湖を一望することができ、立派な松の木があるところで写真を撮ったり体操したり楽しいひと時を過ごした。帰り道で、おいしそうなタイ料理の店を発見。皆なで明日は「ここで夕食を摂ろう!」ということになった。しかし女性は食べる事には、目敏いね~jumee☆faceA130


     散歩☆

                                     5月24日

ただいま

  「大津から今日帰ってきました」

 19~23日まで4泊5日で【市町村議員研修会】を大津の全国市町村国際文化研修所にて、50人の仲間と共にしっかり勉強をしてきました。 3万平方メートルの広くて設備の充実したところで、研修に集中するには快適な環境でした。全国から集まって来た議員たちは比較的若い人が多く、新人議員や比較的経験年数の少ない議員も半分ぐらいいたので議員活動の中で持つ悩みも共通することが多く、問題意識や意欲面も似ていた。その上勉強意欲や向上心も強く、かなりの社交性のある仲間、特に女性たちに最初戸惑いを感じたくらいだ。4割弱の17~8人ぐらいは女性議員でした。 ふと、これぐらいの割合で全国の議会においても女性議員がいたらなあと思った。

  以後期間中の主に印象に残った事をお話します。

                                      5月23日

 「エミフルは、日曜の午前10時ごろは案外すいている。」

 朝からおいしいコーヒー93を求めて、モーニングに【エミフル】へ・・・買い物ついでに。 日曜だから混んでると思いきや、意外と空いていた。319 

 いよいよ明日から大津での 『議員特別研修』 で缶詰になります。
  よって、一週間(19~23日まで)ブログはお休みします。368  しばらくお待ちくださ~い。466
                                    5月18日

母の運動会


 「おばあちゃんは、パンに未練が・・・」

 朝から母がお世話になってるグループホーム『エンゼル』さんの運動会に参加。父も同施設のケアハウスにいるのだが、あいにく土曜日は透析に行って午前中は不在なので私が家族として母の横についてあげた。とても快晴で気持ちよさそうだった。わたしも家族競技の【綱引】に出たのだが、つい力が入って・・・明日あたりから筋肉痛3になりそう~259

 母とパン食い競争に参加。母は始めゼッケンをつけてレースに出るのを拒んだのに、みんなとスタート地点に立つと「よーいドン!」でものすごい勢いで走っていきパンを手で取って、2つも・・・あとで私が1つもらいました。257 おばあちゃんの終わったあと、次から次へと目の前で【パン食い競争】が行われるので自分が出た事を忘れて、「私はこの競技に出たいのに出してくれない、パンも取りにいけない!」と文句を言い出したりして、職員やヘルパーさんたちを困らせていた。258
 

 母は、かなりパンに未練があったようだ。

   パン食い競争 245              

 午後から「知るぽると・ライフプラン講座」を聴きに行きました。 講師が若松進一先生だったので申し込んでました。もと双美町の教育長でお話がわかりやすくて、面白い。何度聴いても飽きない若松節に今日も笑わせてもらいました。 毎日3枚葉書を書いて、最近ではブログもされるとか~頭が下がります・・・

                                     5月17日

スムーズな会議

  「のどかな広報委員会で終了(*^^)v」 

 今日は広報 『まつかぜ』 の表紙デザインの大幅な改良、裏表紙の新案などいくつかの打ち合わせ事項がありました。いずれも比較的スムーズに話し合いがすすみ、のどかな雰囲気の中で広報委員会は無事終了。ほっ***

 みんなの意見を結集した《表紙デザイン》については、わたしが事務所に持ち帰り修正しその日のうちに事務局に提出した。

                                      5月16日

地場作物ブランド

  「無農薬で作物を生産することがいかに農家にとって過酷なことか」

 エミフル内のヴェスタ【地場産コーナー】に出荷している生産者の方と、今度予定されている『まさき村』出店について話し合った。 「まさきブランドを県内外の多くの人にアピールできるビッグチャンスだから、是非成功させたいね!」ということで一致したが、ブランド線引きにはある程度の条件が必要であり、肥料や農薬使用の件で私見を述べるとかなりの当惑があった。 それは農薬使用についてだった。

 肥料については、有機栽培でも化学肥料を使用しない形で充分可能だ。 しかし農薬使用については、基準も厳しくある程度減らす事は可能だが、無農薬で生産するということは一つ間違えると作物の全滅に繋がりリスクが大きすぎると言われた。しかも四国のような温暖な地形では病害虫の発生は防ぎようがないらしい。特に病気の原因になっているダニの種類については、世代間が短く農薬耐性も強くとても駆除に苦慮されるそうだ。

 まさに生産者である現場の声だ。 消費者の立場からすれば、食の安心・安全の立場から安易に無農薬、有機栽培で・・・などとすぐ注文をつけたがるが、これは両者にとって大事な課題である。これからもお互いのニーズをすり合わせながら、体にやさしく、美味しい、妥当な価格の地場の農産物を作り出す努力をしなければと痛感した。そのためにも、もっともっと生産者の方々の声を聞き、勉強しなければと改めて思いました。

          地場作物

                                      5月15日

    「新しいスタート」 

 私の所属する『ネットワーク松前』の3回目の総会に出席・・・。 創立のころから色々な変遷をとげ今完全に私の手元から独立してくれて、「ほっ」としたような、ちょっぴり淋しいような複雑な気持ちです。 20年度からは、愛子さんをはじめとする信頼できるメンバーに委ねることができ安堵してます。
  また新年度の年間計画の骨子と予算案も承認され、まさに『ネットワーク松前』の新しいスタートとなりました。私も議員としてお手伝いできる事をしていこうと考えています。 会議後、みんなで【エミフル】のグルメランド一角にある焼肉店でランチ146しました。(本当は、隣のイタリア料理店に行きたかったんだけど、かなり並んでいたので諦めた)

 あ~今日もバドミントンさぼってしまった259・・・肉が付きそう 
362
                                   5月14日

運動不足

    「久しぶりの体操とフラダンス」

 いや~体が硬くなってますねぇ。こまった桃 ちょっと運動せずにデスクワーク中心の生活やってると、要らないお肉が幾重にもウエストまわりや背中にくっついて来る。jumee☆faceA137

 フラダンスは4月がお休みだったので、今日から新しい踊りに入る。 来週になったら忘れそう・・・ー∀ー ;

 夜7時より、NPO設立の打ち合わせ(事務所にて)

                                 5月13日

 「中国で大地震、おおきな被害が出ていると報道される」

 高2の息子が独り言「仏教徒をいじめるから、罰が当たったんや~」
 このところのチベット問題、人権問題の報道を見聞きしてのことだろうけど面白いことを言うなと思った。 とにかく3ヵ月後の北京オリンピック、まともに開催できるんだろうかと率直に思った。

 研修中に溜まってた用事で結構忙しかった。事務所の来訪者も多かった。

                                5月12日

母の日なのに・・・

  「昨日の疲れも取れぬまま、頼まれ議長に・・・」

  以前から『2004を受け継ぐ会』総会の議長を頼まれていたので、10時の会議に間に合うように少々眠い目をこすりながら行きました・・・コムズへ。 
  無事議事進行もすませ責任を果たした後、20年度活動について茶話会でワイワイと議論しました。***
 

今日ってもしかして【母の日】ではないか!?。 家族はみな知ってか知らずか・・そのことにふれない。 カーネーション1本もくれないんだから・・・冷たいなあ泣く***

 考えてみれば、普段からあまり母親らしいことしてないからかなあ・・・・・・ハムハム涙くしゅん

                                      5月11日

議員研修最終日

  「議員視察研修の最終日」 5/10
 
 ・・・午前中金沢市内観光、午後から移動・・・

 
今日は昨日の夏日からいっぺんに冬に戻ったような寒い日・・・jumee☆faceA134絵文字名を入力してください  待ち行く人もみなコートの襟を立て急ぎ足で歩いていた。 朝食後、ジャンボタクシーで【兼六園】へ。歴史の勉強も兼ねて季節の色を鮮やかに映し出す庭園の美しさにしばし感動・・・。一方で観光客の多い事にもびっくりjumee☆faceA211L。 特に中国語を耳にする団体にあちこちで遭遇。他にも台湾、韓国からの人も多かった。
 

      兼六園


 お昼頃、近江市場到着~。 金沢市内の農産物・水産物を引き受ける市場として有名な所らしい。 市場の中は、お客さんに振り向いてもらおうといろんな呼びかけの声が行き交う活気のある場所だ。カニ・甘エビ・大蛤など、新鮮な物を安く提供しているし、全国にクール宅急便で送られているようだ。

 午後2時頃より帰りのルートに入り、松山に着いたのは午後7時。とても寒かった!おつかれさま~

研修 PartⅡ

  「議員視察研修2日目の巻」 5/9
  
 ・・・・・・厚生常任委員会中心・・・・・・

 
昨日の研修先《七尾市》から宿泊先は和倉温泉224に入り、しょっぱい温泉湯に少々びっくりしつつ後から体がホカホカ~して結構汗330が出ました。

                   そして・・・

 今日は元気に【輪島の朝市】を見学。 後期高齢者に相当するようなおばあちゃん達が、ハツラツと仕事をしていた。 行きかう観光客に声掛けをしながら、自分で作った飾りぞうりや港から水揚げした海産物を荷車に乗せて売っていた。この生活力パワーは、どこから来るのだろう~。日本海の荒波に揉まれて逞しい人生を送って来られたのか、眉間の皺も屈託のない笑顔に刻まれとっても輝いていた。
  

    見学
 
  そこから千枚田(山肌に幾重にも棚田が続いてる名所)を観て【キリコ会館】へ行く。『キリコ』という響きはガラス細工かなんかを想像してしまうが全く異なるもので、能登地方の夏秋の祭礼に使う巨大な御神灯で大きいものは高さ10メートルを超えるものもある。現在は道路事情から4~6メートルぐらいの小型のものが主流だそうだ。

 昼食後、今日の研修先の《津幡町》に向かう。

 津幡町:石川県のほぼ中央に位置し、中核都市金沢に隣接している。 面積110.44平方キロメートルで東部に低い丘陵性山地が連なり谷間の土地も枝状に発達、西部に平坦地が広がり富山県と県境を接している。 人口は約三万六千人、ここ数年人口増加数、増加率とも県内一。 合併もせず当分単独で頑張るそうだ。
     津幡町
  
 以上のように、人口や中核都市のベッドタウン的要素など共通点も多い。ただ予算規模は一般会計で113億、財政力指数は0.476とかなりきついが、民生費(21.6%)や教育費(12.5%)には力を入れている。特に子育て支援には大きなウエイトをかけているようで、当町にはない魅力的な施策がたくさんあった。例えば各6校の小学校に隣接する充実した設備を持つ児童クラブ、妊婦さんのマイ保育園制度、チャイルドシート購入補助、出生お祝い金(商品券)制度などなど。子育て中の若いカップルなどから人気で人口増加の原因にもなっているようだ。限られた予算の中でどう割り振りするかは、これからの街の指針に関わることなので議論を深めて行かなければならないが、ライフタウンを目指す松前町なら自ずと答も出てくるのでは~~。
         児童クラブ
 
 迎えて下さった津幡町議員さんや行政スタッフのみなさんに時間オーバーになっても熱心に視察案内してもらい、私たちは本当に有意義な時間を過ごす事が出来ました。帰ってからこの視察研修を生かし、今後の松前町の子育て支援を、より前向きに取り組めるように頑張りたい271と気持ちを新たにしました。

議員研修

  「議員研修、(厚生産業建設常任委員会)1日目の巻」  5/8

 朝7時より行動開始。 8時25分発の飛行機233に始まってバス、電車を乗り継いでJR金沢に13時着。 そこから貸切バスで七尾市に入る。 ここが、今日の視察研修先。

          研修

 ・・・・・・産業建設委員会が中心となる研修で・・・・・・
  主な研修目的は 「中心商店街の活性化」

 七尾市:能登半島のちょうど真ん中、七尾湾の足元に位置し、平成17年の合併(1市3町)で6万2千弱の人口で面積317.96平方キロメートル、議員28名で三常任委員会と八つの特別委員会と議運がある。
  もともと港町で、有名な和倉温泉などの観光資源も豊富。

 中心商店街として一本杉通りがある。その昔北前船の寄港地として栄えた町だ。 近年の郊外型大型ショッピングセンターの進出で客足が遠のき寂れる中、なんとか町の賑わいを取り戻したいと商工会議所やおかみさんたちの会などが、アイデアや出資をし5年前から 『花嫁のれん展』 というイベントを企画し活性化に成果をあげている。 ちょうど4・29~5・11の期間中に視察に行けたので実際に 『花嫁のれん』 を見ることができた。それが各商店の店前や中に展示してあり、何軒かに一軒は語りべさんがいたり、お茶やコーヒーが飲めたり、トイレも使えたりするので楽しい。

 花嫁のれん:昔からの庶民の風習で花嫁さんがこちらの方にお嫁に来る時、これを持参して花婿の家の仏間の入口に掛けられ、お嫁さんがそれをくぐる儀式に使うものだそうです。かなり高価なもので家紋と花鳥風月がみごとに描かれています。

    花のれん
  

 この『花嫁のれん』は、婚姻時のみに使われあとは箪笥の肥やしになっていましたが、このイベントにより 《日の目》 を見たわけです。もったいないの気持ちと再利用できる物を使い、みんなに喜んでもらって人集めをし活気を取り戻す・・・女性らしい発想だ。しかもそれを【実行委員会形式】でまちづくりに生かしていく。すばらしい効果を生み出しているようだ。今や県下でも有名なイベントになりつつあるそうだ。

 ただこれからの課題としては、それがどれだけ商店街の売り上げに繋がっているかということらしい。まずは人に来てもらい知ってもらい愛される町になること。それがひいては売り上げに繋がっていく事になり、商店街の皆さんの『やる気』の基となるのでしょう。それにしても行政は、徹底して黒子になってバックサポートしてましたね。拍手拍手 パチパチ

 松前町の商店街の皆さんにも、是非 【積極的なまちづくりの企画】 を、お金を掛けずに何かアイデアをもって生み出していただけたらな~と思いました。257

連休明けは大忙し

  「連休明けは、いろんな用事がたまってますな~」
 
 明日からの研修の準備とそれまでに終わらせないといけない用事などを片付けていると、 『あっ』 という間に時間が過ぎてしまった一日でした。

 朝から来客多し。 銀行や両親のところ、買い物(3日分の食料というか簡単調理のものなど)に行き忙しくしているなか、昨日から東京に行ってる息子の【ビザ申請】の件でめんどうな手続きがあり、こちらからサポートしなくちゃいけなかったりで、今日もまたバドミントンにいけなかったわ259・・・ 最近、特に運動不足が気になりだしたと言うのに~260

 6月からは、時間の合間をぬって***【フィッタ】に行って体を絞り込むぞ!!        jumee☆WeightLifting1b jumee☆WeightLifting2b

 さあ、明日は早いぞ! 寝坊したら大変なので、おやすみなさい・・・200200200

 ~ 研修のおみやげ話は、かえってからのお楽しみという事で454 ~
                                              5月7日 

子どもの日

   「こどもの日を家族で楽しんだのは、随分前のような気がする・・・」

 5月5日は【こどもの日】というのは分かっているのだが、いったい子どもというのは何歳ぐらいまでを言うのかなと考えると、やはり14歳ぐらいまでかな?・・・。 そうなると我が家の二人の息子は18と16で風貌もしっかり大人びて、私たち親より背も高いし髭なんか生えてるし、どちらかというと《おっさん》ぽくなってきたみたい。 玄関に並んでる靴も27とか28とか・・やたらでかいし、洗濯籠に入ってるTシャツやズボンもほんとに可愛くないサイズだ。でもにっこり笑顔にはちょっぴり幼顔が残っていたりして、こちらもほっとする。そして何より夫婦二人で一日家を空けて旅に出てもそれほど気にすることなく、ちゃんと食事もして自分たちのペースで過ごしている。

 少しずつ親離れしていく子どもたちに安堵しながら、少々寂しさを感じる。 子どもが小さい時は、早く大きくなれ大きくなれと育児のしんどさから開放される日を指折り数えて待っていたはずだったのに。 とはいえ手のかからなくなった分、今度はお金がかかる。高校、大学、社会人としてきちんと独立するまで、まだまだ元気で現役を続けなければならないし、気も許せないわけだ・・・。
           こどもの日
 
 ちなみに今日は、朝から夫に付き合って高松まで詩吟の大会に出かけた。大学時代に同じ吟詩部にいて4年間詩吟に関わってきているもんですから、聞く耳は健在です。特に夫は半年前から詩吟を再度始めて、その道場先生の勧めもあって出かけた次第で、往復列車の日帰り旅でした。 むこうで夫の同期で私にとっては先輩に当たるO氏と待ち合わせて、3人で詩吟のことから学生時代の思い出話・・はたまた政治談議まで話しに花が咲いて、昼食が2時間半にわたる長いものとなったけどお酒も入って本当に短く感じられるひと時だった。

 帰り途中(川之江から伊予三島間)で、前の列車が踏み切り内での人身事故を起こし、その影響で1時間近く立ち往生して、止まったままの列車の中で缶詰になるハプニングがあった。(次の日の朝刊にその事故について掲載されていた。)

                                              5月5日

親孝行

  「たまには親孝行も・・・」
 
 気が付けばGWの後半で、汗ばむような格別の上天気。昨日から両親を我が家に招いて、長浜の新鮮魚の刺身や煮付けで歓待。そして朝から【富士山】(大洲)につつじの花見に行きました。駐車場から展望台まで登るのがちょっとしんどそう・・・。おまけに途中の石段でつまづいて膝こぞうをいやというほど打ち付けて、おばあちゃんのご機嫌は相当悪くなかなか歩いてくれなくて、上まで行けないかなと思うほどでした。 やっと機嫌を直してもらって景色のいいところで写真をパチリ・・・・・・ほっ


       富士山(とみすやま)

 内子の【和紙作りの工場】へと行ったのですがお休みでした。 目当ての食事場所もお休みで、中山の【そば打ちクラフトの里】に行きました。そのころには、ご機嫌回復で手打ちそばを「おいし、おいしい」と頬張っていました。食後のシャーベットも気に入ってくれました。
 
 認知症の母を気遣いながらその母と一緒にいてるだけで幸せになる父のために過ごした時間でしたが、嬉しそうな二人を見ていると「たまには親孝行もしなくちゃね!」と思う私でした。(*^^)v

                                                5月4日

憲法記念日

 「憲法記念日に思うこと」

 毎年この日が近づいてくると、 『憲法論議』 がマスコミを中心に賑やかになる。 特に憲法9条について、集団的自衛権や海外派兵の問題や自衛隊とその整合性について議論が集中するところだ。

 特に自主憲法の制定を唱える改憲論者は憲法改正を急がれるようだが、世論調査によると議論する事は否定しないが改正には反対という立場が6割を超え、安部政権の時より「変えないほうが良い」にかなりシフトしている。

 私個人の見解としては、《世界で唯一の被爆国》としてもっと胸を張って核廃棄を訴え、その悲惨さをアピールできるはずで、その意味からも自国を守る自衛隊までは否定しないが、あくまで外国への派遣は国連の平和維持活動に留めるべきだと考える。故に今の9条の解釈論の範囲の問題であり、改正させる必要はないと考える。

  それよりも武力を行使せずにやっていける国があり、平和憲法の価値を世界に示していく事こそ、日本ができる最大の国際貢献だと思う。

  もちろん他の部分でもう少し議論してほしい箇所はある。人権特に【生存権】については、時代背景等々今後の流れによれば柔軟な解釈論のみにたよることに限界があるかもしれない。
                              5月3日

子育て支援

 「また一人フリーノートのファンを作った・・・」

 また例の 『フリーノート』 を持って、今度は子育て支援センターへ行った。実物を見てもらいながら【本】が作られた経緯などをお話しすると、とてもよく理解して頂き次回発行分の置き場所として快諾してもらった。319 かわいいポスターも貼らしてもらった。257

 今後は、作成のためのサポーター探しのほうにも力を入れねば~~

                                                 5月2日

暫定税率復活!

   「ガソリン税率復活値上げでレギュラー160円突破か!」

 遂に1か月で元に戻った、いやその間も原油元売価格の高騰で前よりも値上がりしたガソリン。昨晩は駆け込み給油でスタンド前に長蛇の車列。庶民感情としてはごく当たり前のことかもしれないが、道路整備財源となる暫定税率復活とのからみで、議会人としては複雑な思いに駆られる。260  どうしても必要な生活道路整備などの財源を、どんな形でも各自治体の裁量に任されるものとして税源移譲をしてくれるのなら一般財源化されても構わないわけで、要は保障されてるかどうかだ。

 しかしながら、このままガソリンの高騰が続くなら当然車での長距離移動を控える傾向になり、輸送コストや物価にひびき、ある説によるとリットル200円が限界点だと言われている。 …とすると、もしこのままガソリン代が上がり続けると、みんなが車を使わない現象が出始めるて、いくら立派な高速道路を作っても宝の持ち腐れという皮肉なことが起きるのではないかと懸念される。
     

     無駄遣いダメ

 そのためにも、石油に代わるエネルギーの開発が急がれる。ハイブリット車や廃油燃料車などの研究や開発がさらに加速されるだろう。

 カーボンオフセットの考え方も必要になってくるだろう・・・。 つまり自分の出した二酸化炭素を自然エネルギーを使った発電に協力すなどして相殺する方法だ。コンビニと端末機があれば簡単に操作できるお手軽さがある。

 どちらにしても、個人が地球全体のことを考えながら生活していかないと大変なことになる世の中になってきているということだ。決して大袈裟な言い方をしてるわけではなくて・・・・・・こまった桃ふ~~~



                                                5月1日

   「フリーノートの絵本、結構人気」

 今日は児童館の館長さんにフリーノートの絵本を見てもらいました。 「物語のタッチがやさしく子どもたちが喜びそうなので、是非読み聞かせに使いたい」 とのことでした。 次回作品にもかなりの期待が・・・。なによりこれらが、コンピューターでできることがすごい~と感心しきりでした。 
            

              絵本
 

  
 ちょっと早い【母の日プレゼント】を、グループホームにいる母に届けに行きました。 オープン早々のエミフルで買ったズボンとジャケット、とても気に入ってくれたので ゛ほっ゜ と安心:::
  
                 母の日

                                                  4月30日