FC2ブログ
≪ 2019 04                                                2019 06 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -
 議員活動の記事一覧 

 最終議会 

 「今日は朝から好天に恵まれ絶好行楽日和となったが、午前9時より議会運営委員会、さらに9時半からは議員全員協議会となり10時半からは本会議場にて3月議会最終日の議会を行った。昨日から母の様子に変化があって、もしかしたら病院に行くような事態になるような兆候があって施設より電話が来るのではと冷や冷やしていた。それで全協の前の休憩時間に電話をしたら、何とか熱も下がって病院に行くような事態には至らなかったとの連絡を受けてほっとした。これで議会に集中できそうだ。」

 これまでの1号から16号議案までは淡々と可決され、17、18号の追加議案は人事案件でしかも再任人事だったので問題なく同意して、残る19号議案これに長い時間をかけて理事者側と議員間で攻防があった。
 この議案は公共施設温暖化対策の一環として環境省の補助を受けての事業実施を目指し、申請書類の作成支援に係る業務を委託するのにかかる費用329万4千円を平成31年度補正予算として追加計上するものだった。
 議員からは当初予算になぜ入れることができなかったのか、間に合わないなら6月補正でもよかったのではないかという意見が出て、しかもその申請が通った後の公共施設の省エネ改修事業に一体いくらかかるのか、それも明確でないものに議決はできないという意見もあった。
 ただこの申請は31年から3年までの3年間の期間しかできず、財政指数の高い自治体でも費用の2分の1の補助がある有利なものなので是非これを使いたいという切なる思いがあって議会にかけているわけだからと熱のこもった町長の話もあって、議会としても駆け込み的な補正に対する抵抗感もあったが11対2の賛成多数で可決した。
 そのあと広報常任委員会があってページ構成などを話し合い、次回の委員会までにできる限り担当ページについて原案作りに専念することで一致した。
 ★夜には川崎屋さんで理事者と議会による懇親会で、新年度に向けて新たな船出を協力して頑張ろうと誓った。今日のような緊張感のある議論で汗を流すのは爽快感もあるような、二元代表制たる議会の役割をしっかり担えたように感じた。



 予算決算常任委員会(2) 

 「今日は午前9時半より予算決算常任委員会の文教厚生分野の審査に入った。学校教育課では松前中学校の改修工事や青葉幼稚園の認定こども園化への補助、さらには給食センターの調理業務契約の5年間締結とか、規模の大きい当初予算となりそうだ。エアコン設置やブロック塀補修など、学校関係に3月補正に上がっているものも含めて子供たちの安全・安心に関わるものが多い。社会教育においては補助金の付け替えの部分で聞きたいところがあったので質問し、予算付けは総務であっても執行は社会教育という整理の仕方をしていて今回減額になった部分は科目を変えて計上しているので問題はないとのことだった。また北公民館耐震改修工事について、この6月から来年4月まで使用できない期間中のサークル活動について質した。福祉課に関しては、岡田小学校敷地内に建設予定の放課後児童クラブのことや児童手当について質問。昼1時から保険課や健康課さらには特別会計部門3つ、この説明を聞いているあたりでは昨夜の睡眠不足が特に体に効いてきて極端に思考力低下状態になった。理事者側からの説明も子守唄のように聞こえてしまって、これではよくないなと思い体調を万全にして臨むべきだったと反省している。」

 また追加議案についての説明を、もうかなりみんなが疲れている時に最後の方で出してきたものだから議会を軽視しているのではとかなり膠着状態に。
 結局本会議に追加議案として上程したいという事なので、会議後控室の各デスク上には議案書が置かれていた。
 予算決算常任委員会が終了したのが4時45分ごろ。議会報告会の時の意見交換会の集約表も皆さんに配布できて、(最終日にプラスαの意見収集をするために)やっとという気分だ。
 5時過ぎにやっと庁舎を出てスタッフに連絡し、今日はお互い顔を合わすことができなかった。
 実は3時半ごろ会議中にぐらぐらっと感じてびっくり、なんと地震だった。今日は3月11日だ。この日は何かが特に災害の予感のする日なのか・・
 今日はテレビ番組の多くのところで東北大地震関連の内容だった。何度見ても信じられない光景に胸が痛くなる。今はその当時の面影が少なくなってきていて一見復興が進んでるのかなと思いきや、人の心はそう簡単には復興できないものだ。一方であれからすっかり生活が一変し、人生もガラリと変わってしまった人も多い。避難生活から戻れない人々、仮設住宅のまま原発で帰りたくても帰れない複雑な人々の気持ちの葛藤など・・・難しい問題が根強く残っている。決して他人ごとではない。日本にいる限り、いつ自分の身にも降りかかってくるか分からない災害大国の国民として、いつも防災・減災について備えておかなければならないわけだ。


 文教厚生常任委員会 

 「今日は朝から気温が上がらず、肌寒い。午前9時半から文教厚生常任委員会があり、委員として条例改正の案件について審議した。いずれも指定管理に関することだったが、社会福祉協議会が管理者となる随意契約で児童館などは13年来てまたこれから5年の契約更新という形になる。今回は児童館は約1年間使えないし、その間の運営はどうしていくのか、今後も社協が妥当かどうかも含めて、常に検討してベストなところに指定管理してもらうようにすべきではないのかなど、議会の意見交換会の時にも指定管理業者については住民からも注目される事象だ。協議会において今度の皇位継承に関わる10連休の保育所対応について聞いた。」

 確定ではないが近隣の市町の対応も参考にしながら、まずは対象の保護者にその間の利用について聞いて、それから事態に即した形にシフトしたいとの意向だった。決まり次第広報することで保護者に情報をしっかり提供しなければならないので、その時は速やかに行うとのことだった。
 ★10時半ぐらいに終わったので事務所に戻り、デスクワークで特に資料のチェックをして12時過ぎになった。
 いったん自宅に戻り昼食を済ませ、そのあと史談会の理事会に出た。
 今年度決算と事業報告、来年度の予算と計画の発表の折に会員さんの中から特に文化協会への上納金について、人数チェックと実態が伴わない数になったいるから本来なら会員全体でカウントしたらもっと多く出すべきところ過少申告しているのでは、と聞かれて会長が丁寧に説明していた。
 会報の取り扱いについて印刷業者や印刷代の見直しや、今後スポンサーを募って宣伝広告記事の入ったものにしても健全にこの会の存続を考える会の発足をさせて議論してより良きものにしていきたい旨、来年度の県外研修の説明などいろいろ盛りだくさんにお話が・・・地域の会員さんへ会費集めと会報配布のお仕事をもらって帰ってきた。この宿題は地域の会員さんとシェアしてノルマはクリアできそう。



 総務産業建設常任委員会 

 「今日は長男の誕生日。もう20代最後の年を迎え、今は外国に行ってるし、本当に忙しく仕事に邁進してるようです・・・誕生プレゼントはラインでメッセージを。また今日は雨模様で結構寒かった。やはり日差しがなくて雨がぽつぽつ降ると、ぐっと気温は下がるものです。とはいえ、昨日の一般質問が終わってちょっと肩の荷も下りた。朝刊には私の記事も出ていたし、午前9時半からは総務産業建設常任委員会が始まり、この前の広報委員会で決めたようになるべく委員以外のものが議事録をメモしておこうという事にしたので、その用紙を持って少し遅れて部屋にはいったら皆さん用紙も持たずにメモ紙に直接書いていたので、すぐにフォーマットになったものを他のメンバーにも渡して書き始めた。」

 ★今日の委員会は皆さん案件に対して次から次へと質問が飛び交い、本当に書き込んでいく作業が大変だった。それでも最後まであきらめずに書くと4枚ぐらい使った。
 時間外勤務の条例改正に約1時間ぐらい質疑があって、協議会も解放してこれも結構意見が飛び交った。
 途中で休憩はあったが、12時近くまでかかった。
 昼食後、事務所に戻り明日に向けての準備や友人に向けて依頼書を送ったり、何かと忙しく過ごし帰宅。
 ★今日は日産の元CEOのゴーン氏が3度目の保釈請求が叶い、びっくりするような出で立ちで拘置所を出た。また同じ日にあの森友学園の事件で300日の拘留から保釈され第1回目の公判を受ける籠池夫妻の久々の発言が聞けた。これからどう展開していくか楽しみな2つの裁判・・・注視していきたい。
         【画像】カルロスゴーン保釈時の変装がバレバレ!なぜコスプレかの理由や意味3[1]
20190306-00000054-mai-000-1-view[1]
 ★明日は文教厚生常任委員会だ。しっかり質疑して理事者の回答を求めたい。


 一般質問 

 「今日は朝からいいお天気で暖かくなってきた。啓蟄と言われるこの時期、本格的な春がやってくるようだ。さて午前9時半から一般質問が始まった。私が通告書提出が早かったので1番手だったのだが、3つの質問をした。まずは町長の公約の総仕上げ、ホップ・ステップ・ジャンプのまさにジャンプになる年に松前町民にとって、まさにそうなっているのかどうか考え方をただした。また水道事業の民営化の動きについて町としての考え方、さらに女性のDV対策と子どもの虐待も絡めて質問した。」

 それぞれについてしっかりと回答して頂けたことは、町民の皆さんにもそれらに対する不安や疑問があっても払拭できるものになったのではないだろうか。
 限られた財源の中でも大型の公共施設更新や必要と思われること、急ぐべきことは着実に計画化し来年度の予算に組み込んでいただいていることは町民にとっても期待のできるまさにジャンプとなることなのだろう。
 ただ先月、議会が主催した意見交換会の中でも出た町政懇談会で問題になったことが十分に深堀されていないことが浮き彫りになってきたことがあったので、私からその点について施策の十分な説明ができていないのではないかと投げかけると、これからも繰り返し広報し丁寧な説明をしていきたいと答弁を頂いた。
 水道事業の法改正に絡めて民営化の動きや広域化の問題などについて質すと、当面町としてコンセッション方式や広域化などの考えはなく、従来通り町が運営していくことに変わりはないと回答をもらった。ただ今後、浄水場の建設計画なども浮上する中、水道代の値上げについては上げないでいくとは限らないとの含みのある回答だった。この点は計画の詳細や今後の経営状況などの数字が出された時には水道代の値上げは現実的な問題となろうが、その内容を出された時点でしっかりと議論していくべきだろう。
 女性のDV問題について緊急の避難場所などの設置が求められているが、町内は非常に面積も小さく秘密にするには無理があるので県内のどこかに設置し、守るという方向だと聞いた。人権を守り当人はもとより家族、関係者を保護していく上には町だけでなくいろいろな関係機関としっかり連携していくことが挙げられていたが、まさにその通りでそのネットワークを強固なものにしてほしい。
 子どもの虐待に関しても、救済連携をしっかりして加害者への情報漏れのない体制をしっかり構築してほしいと感じた。子どもが小・中学生になる場合は、教育委員会としてもその連携に組み込まれていることが大切だと思うが、その点についても答弁を頂いた。 
 私以外に3人の議員から町政を質した。防災関係、空き家対策、時間外労働時間の削減、健康寿命の延伸、介護予防、などなど・・・
 午後2時前には日程を終了。急ぎフラのレッスンに行き、終わる直前に行って必要な情報をお知らせに行く用事があったので、それはかなった。
 帰宅後、本当にどっと疲れが出ておやつを食べながら紅茶を飲んでウトウト・・してしまった。
 明日から各常任委員会が始まる。また傍聴してメモをしていく作業に。


藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!