fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

たわわ祭のお手伝い

 「今日はスタッフの結婚記念日だという事らしいがとっても爽やかな秋晴れで、エミフルのまさき村でのたわわ祭には最適の陽気となった。午前中は明日の西高柳文化祭の準備があったので、9時半からその展示や参加された方への持ち帰り品としてお水と小タオル、防災メモをセットして、予定の250のうち140セットを作って箱にセットした。明日の本番には自分のフラの年に1度の発表会のためスタッフとしてかかわれないため、今日できる事をしておきたい。」
      1000002882.jpg
  1000002884.jpg
 午後1時から、エミフルまさき村でのたわわ祭の中にブースを構えた「まさきいいとこ見つけ隊」のスタッフとしてお手伝いを。
    1000002887.jpg
      1000002890.jpg
 まさきマップの配布や観光についてのアンケート記入斡旋、裸麦茶のお接待など、いろんな知った顔や、友人、そのお仲間たちなどがブース内のテーブルでお茶を飲みながら、おしゃべりしていく皆さんと楽しい時間を過ごすことができた。時々、派手な法被を着て、いいとこ見つけ隊の宣伝をしながら他のブースにいって買い物をしたり、おしゃべりをしたりして、いい時間を過ごすことができた。
 夜は夫が用事でまた東京や千葉に行って私一人の夜なので、のんびり過ごした。美味しいお酒とお刺身など帰りのお店で買ったものや、たわわ祭で購入した北海道松前町の本マグロキムチを頂き満足だった。
 明日はフラダンスの発表会。一年のおさらいだし、友人も見に来てくれている。頑張らなくっちゃ・・・・

ワイワイ座談会

 「今日は朝から議員運営委員会があり、議会改革委員会や議会報告会の実施に当たり、そのスタッフや委員をどのように選出していくか、またその進め方についていろいろ意見が出て13日の全協に向けて議員全員に向けての希望の取り方など、早く進めていくにはどうするかなど前向きな議論もあって、結果的にはともに早く進めていく一歩が踏み出すことができた。また作業部会からさらに特別委員会に上げていくにはもう少し中身の具体化を進めてからということになり、議員の請負公表も合わせて12月議会に向けていい発進ができた。」

 午後からはネットワーク松前主催のワイワイ座談会が行われ、12時半には福祉センター2F集会室にて準備に入り、ほぼ1時半の始まりにはゲストさんも皆さん5つの島に別れ着座し、先生のパワポの準備、プロジェクターやスクリーンへのセッティングもスムースにできてほっとした。
 お誘いした議員さんたちも参加してくださって、一緒に
災害時のマイタイムラインの考え方などをワークショップをすることで学んでもらった
  1000002839.jpg
1000002870.jpg


  1000002858.jpg
 それぞれのグループが5人づつでワイワイ話をしながら、事前に用意していた模造紙の表の中に各人が考えたアイデアを付箋に書き張り付けていき、避難準備、避難指示などの段階での行動について話し合い、最後に発表し、先生の総括で終わった。
       1000002856.jpg
 最初の講話の部分が結構予定時間より長くなったので、その後のワークショップが最初の打ち合わせとは異なるものにはなったけど、結果的には予定通りの内容でまとめることができたので、会としては成功だったのでは・・・・
 3時半過ぎには予定通り座談会は終わり、みんなで後片付けをして4時には事務所に戻ることができた。
 最後にアンケートも出してもらっているので、まとめて近いうちに反省会もしたいところだ。

防災ボランティア講座の助っ人!

 「今日は朝から、防災ボランティア講座の助っ人として参加。今日の主なメニューは猫袋を使っての御飯づくり、段ボールトイレづくり、クロスロードゲームの簡略版、最後にできたご飯を試食。集会室と調理室を言ったり来たりしながら、最後は和室にて試食して解散という流れだった。集まった皆さんは夏休みということもあって、小学生やその保護者さんたち、また地区の役員さんたちなど40名ぐらいの人たちが集まって結構集会室もワークグループ席が7つぐらい島を作って、ワイワイにぎやかに楽しんでもらった。私は段ボールトイレの作り方や神野さんの説明の折々や猫袋によるご飯づくりの時にカップにお米を計って入れたりする作業のお手伝いなど、いろんな形でお手伝いさせてもらった。」
  PXL_20230725_023626492.jpg
        PXL_20230725_010355920.jpg
 クロスロードゲームでの究極の選択イエス・ノーについては皆さんかなり迷っておられたが、これは完全な正解というものはなくて、その時のいろいろな状況やシチュエーションで答えは変わってくるので、その時々のとっさの判断が重要になってくる。
 講座やワークショップしている間に猫袋に入れたお米やホットケーキミックスは、大きな鍋で30分以上沸騰させてしっかり出来上がっていて、皆さん最後においしそうに食べて帰ってもらった。
 盛りだくさんではあったけど、神野さんの進行で予定通り準備していた内容はこなすことができた。アンケートの結果で、どのくらい皆さんの理解や興味が深まったかはある程度分かるし、今後の参考になるのでは・・・
         PXL_20230725_025512574.jpg
 午前中いっぱいかかって、講座を終えることができた。
 その後、阪ちゃんとヴォイスでランチを。
     PXL_20230725_034727798.jpg
 その後、事務所に戻って地図作り作業にかかった。今後のあいさつ回りをスムーズに行うためのものだ。夕方5時過ぎまでかかったが、続きはまた28日以降に・・・
 今日は本当に暑くて、やはり昨日同様、4時半ごろから暗くなってきたかと思うとものすごい勢いで雨が降って来た。まるでスコールのようだ。いつから熱帯モンスーン気候になったの??

一夜明けて・・

  21日(金)、早朝に長男夫婦が帰り、弟の息子(長男・次男)も帰って、弟と彼の三男がせっかくなのでと車で松山や砥部などを一日観光して夕方帰って来た。
 私は事務所にてネットワーク松前の人たちと総会に向けての打ち
わせをしたり、母の件で銀行関係の人たちとの打ち合わせや残務整理が残っているので忙しく、かなり疲れているのがよく分かった。
 夜は鍋にして、弟家族2人と私・夫、次男の5人で
食事をしたのだが、料理の準備、片付けなど、もうすでにビールや酒でいい気分になってお尻に根が生えてる男どもに腹が立ってきた。(次男は2階で8時半までしていたので)イラっとしながら何とか鍋を始め、ようやく5人が揃ってビールを飲もうとしたら、もうそれがなくて急遽、次男に買って来てもらい、それから11時半ごろまで飲んで食べて・・・、夫は眠くなってとっとと寝室に消え、弟はタバコを吸いに外へ出ることが多く、結局また最後の片づけも私・・・イラっ!! 次男がそのあと一緒に手伝ってくれて片づけもスムーズに終わったのだが、もう疲労はピークに達していた。
 今日22日は朝から少しゆっくり目の起床。昨日準備し
ておいたサンドや調理パン、果物などで4人で朝食を済ませ、弟の三男は朝10時前に車で帰宅の路に。弟は長距離バスで帰るとの事で一番町のバス停まで送って行った。
 また母の使っ
ていた洋ダンスや整理ダンスなどの処分について地域の方に相談すると、欲しい人がいるかもしれないからと一緒に施設から引き上げるのを手伝ってもらうことに。ちょうど、運び出す手伝いに次男が残っていてくれたので一緒に衣類や他の物も一切合切運び出すことができた。これで大変な仕事もスムーズにできて助かった。
 その後、衣類や寝具など仕分けして袋に詰めて、古着・古布で出せ
るものは次回の収集日まで何か所かに分けてストック、またタオルなど集会所で使えそうなものは手伝っていただいたお礼にお渡しした。
 夜は、ようやく親子3人だけになったので松山
に出て食事を済ませ、ほっと一息ついたら急に疲れが出てきたので入浴して12時頃には就寝出来て、すぐに爆睡した。

同時多発テロを考える

 「今日は朝から曇りがちな天気。今週の天気予報で行くとほとんど晴れの日はなく、むしろ小雨が降る可能性の高いどんよりとした気候が続くようだ。大型台風も近づく中、十五夜のお月見などはできそうもない残念な天候になりそうだ。朝8時より、地域の資源ごみ回収の作業が集会所にてあったので参加した。今回は収集量が少なく、作業は30分もしないうちに終わり解散した。そのあとモーニングに行った後、エミフルにて家電関係やロフトで季節カードなど買い物を済ませ帰宅。」
              PXL_20210911_230815530.jpg
   PXL_20210911_230808560.jpg
 午後から庭の草引きなど作業を考えていたが、やはり気が進まずラブとの散歩だけで済ました。むしろデスクワークに時間をかけ、決算審査での資料に目を通し付箋付けなど明日の準備に時間をかけた。
 昨日がちょうど20年前のアメリカ同時多発テロで犠牲になった
3000人の追悼の日で、今日もこれに関する特別番組が放送され、今アフガニスタンで起こっているタリバン政権の復活、米軍の完全撤退、残された人々の不安、女性の人権等の問題について考えるとき、この20年のアメリカの対テロ作戦は正しかったのか、その検証の結果、多くの犠牲と憎しみだけが残ったのではないか・・・・本当に遺族の思いから言えば、虚無感や焦燥感だけが残っているのではないかと思われる。
 事件後すぐに愛国主義の下、イケイケで報復攻撃に走ったが結
果泥沼の長い戦いの末、アフガンの多くの民間人がその戦渦に巻き込まれ犠牲になっている。その数字は米兵の犠牲をはるかに上回っている。今後タリバン政権の統治に対し、世界が注視し、本当の意味での民主国家となっていくまで経済支援ある程度の政教分離の政治が行われるような支援も必要だろう。
 少なくともテロの温床にはならないように、隣接国家はもとより
国際的協調力で見守っていかなければならないだろう。
 日本が平和的解決力を発揮
して、外交面でリーダー的役割を果たしてほしいものだ。