FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

  藤岡みどり活動日記のナビゲーター   トップページ  

議員全員協議会

2021 - 01/22 [Fri] - 16:40

 「朝から雨模様。気温は高めだがすっかり曇り空で、なんだかすっきりしない。午前9時半より月例の議員全員協議会で、前半は理事者側からの議案説明があった。一つはまつやま圏域未来共創ビジョンについて、これからの5年間の未来の計画がまとまったので議決を求める形で3月議会に上程されるのでその前に概要説明をするという形で上程された。議員からは過去5年間の成果の出し方が簡単すぎて評価のしようがないままに、次からの5年間の提言があまり深く提言されたものとして感じないというような辛口のコメントが多く出された。」

 町としての課題を盛り込んだ内容となる今後の内容であればこのビジョンに期待は持てるが、それとの連携のない松山市さんだけがうまみを得るような内容になっていては賛成できないというのが議員としての見解だ。

 協力し盛り上げていくには、そのあたりの意見が反映されるべきだろうというのが我々の思いだ。

 また二つ目の新型コロナへのワクチン接種の計画についての説明だったのだが、やはり非常に時間的な制約と大勢の人を順に対象として売っていくという大きなプロジェクトに対し不安な点も多い。補正予算だが、これは全額国からの補助となるが事前に1275万円の専決処分が見込まれる。いろいろな課題もある事業だが、感染症対策の目玉でもあるこの対策には大きな期待もあるので、ぜひ成功させたいところだ。

 議会報告会の代わりの住民アンケートの実施については、議論が原点戻りになりそうで一山二山ありそうだが、近く改革委員会でまた議論し前へ進めていきたいと考えている。

 午後2時から来客対応、そして今日も18人の感染者が愛媛県に出たために緊急事態の時短要請がさらに2月7日まで延長になった。

素敵な工房へ

2021 - 01/20 [Wed] - 22:59

 「朝からいいお天気。午前9時には集会所にて防災士が集まり、24日の西高柳総会に向けて同日引き続き行われる自主防災会の総会の報告案件並びに予算案の内容の確認を行った。私は10時までに議会事務局のほうに行かなければならなかったので中座したのだが、お昼ぐらいまでかかったようだ。私は議会だよりの責了に向けて最終の校正をして、11時半には事務所に戻りいったん帰宅し昼食を終え、また1時には事務所に戻り、友人の山下さんと一緒に彼女の夫の工房に行った。素晴らしい景観のあるぽつんと一軒家のような仕事場を見学させてもらうことに。ここならいいアイデアがふつふつと生まれてきそう・・・今後の私の仕事にも関係してくるこの創造力がとても楽しみだ。」

      PXL_20210120_043359693.jpg
 PXL_20210120_043419112.jpg

 工房の中の暖炉が部屋全体を一挙に温めてくれて、大きな机に資料を並べ本当に居心地のいい場所だった。そこでおいしいコーヒーと焼き芋を頂き、身も心もほんわかあったかくなりました。
PXL_20210120_043501664.jpg PXL_20210120_060607626.jpg
 帰りにそこの工房で生まれた設計のもとできた素敵なお菓子屋さんに立ち寄って、おいしいクッキーを買って帰った。
 4時過ぎに事務所に戻ってスタッフと打ち合わせ、ワクワクレポートの編集に向けて再度スケジュールを調整した。5時前には事務所を出て買い物をして帰宅。
 今日のコロナは愛媛で17人の感染者、死亡者も昨日に続いて一人、累計で866人になっている。なかなか下火にならない状況下で、知事も毎日自粛お願いをしている。東京は1274人とまだまだ高止まり状態、ステージ4から下がらない。
 今日、日本時間では夜遅くからアメリカ合衆国第46代大統領の就任式が始まる。トランプ大統領の退任式があってそこで、ご自分の手柄について支持者の前で自画自賛して必ずまたここに戻ってくると不敵な言葉を残して、最後まで強気ぶりのアクションで閉じた。
 一方、バイデン新大統領の就任式にはトランプは出てこない。本当に最後までジョーカートランプだった。
 日本時間では夜中の1時半過ぎに就任式のセレモニーがあるので、ライブで視たいけどちょっと無理かな・・・
   バイデン新大統領

巣ごもり状態

2021 - 01/17 [Sun] - 21:52

 「今日は朝から、さほど寒くもなく過ごしやすい気候だったが、相変わらずのコロナ禍で自粛生活、不用不急の外出禁止で家の中にこもりがちとなる。本当にうんざりするけど感染拡大を抑えるためにもこれには協力せざるを得ない。今日も日曜日としては過去最高の数字となる1549人という感染者を出している東京、しかも重症者の数も毎日更新して医療現場のひっ迫度は危機的状況だ。1年中で一番寒い時期をこれから迎える約1か月間、ますます感染度も高くなるこの期間は巣籠で頑張るか・・・」

 ようやく議会だよりの校正も最終段階で来週前半で責了、そうなればワクワクレポートの編集に本格的に掛かれるので、3月議会の始まりには何とか終えれるように思う。
 デスクワークにはこの巣籠状態というのはいいチャンスかもしれないと、前向きにとらえている。
 夕方にはラブちゃんに散歩を要求されているのがわかるのだが、今日は私の気持ちが乗らない。ごめんね・・・・部屋でボール投げの相手をして、こらえてもらった。 

議会広報も校了

2021 - 01/15 [Fri] - 22:00

 「今日は朝から広報常任委員会のため庁舎へ。第3回の委員会の時に時間をかけてほとんどのページでチェックを入れて完成形に近づけていたので、また原稿入りもしっかりしていたので、この第4回については約1時間半で全16ページページの再校を仕上げることができた。写真撮りが行事中止のために急遽内容が変更になったため、ぎりぎりの駆け込みとなった。それで担当者にも頑張ってもらって何とか協力していいものになったのでほっとした。さらに午後から印刷業者と最終打ち合わせをして、来週の責了につなげることができた。」

 午後2時半ごろには終わり、下のロビーで地域の方と会って少しお話を聞いていたりしてたので、ぎりぎり3時に事務所に戻った。アポを取ってもらっての来客だったので、ひやひやの到着だった。事務所についての大事な打ち合わせだったので・・・・
 おなじ時間帯にアポなしのお客さんが来て、ちょっと先客に待ってもらってこれも大事な内容だったので対応した。これはこちらの要望に対する回答だったので、私としても待っていた内容だったので緊張しながら聞いた。とりあえず内容的には、ほぼこちらの要望にご理解いただけたものだったので、私としてもじっくり対応できるという道筋を確信できたので今後の方針に迷いはなく、また着々と進めていけるなと感じた。
 その後先客にもこの旨を話し、打ち合わせを続行した。
 打ち合わせが終わって客人がお帰りになってから、スタッフと今日もコロナの状況などをテレビや報道などチェックした。緊急事態宣言が矢継ぎ早に全国あちこちに出ているのに感染者数はほとんど変わらないし、それどころか増えている。
 みんな自粛、ホームステイに努め飲食業界はまたもや時短営業、もしくは休業に追い込まれわずかな保証金や協力金でつないで行く状態で経済の悪化は日増しに増えていく。それ以上に医療体制のひっ迫度や崩壊度は加速度的になっている。
 専門家たちの悲鳴のような声を毎日聞きながら政治の無力さにはがいさを感じる。
 18日からやっと国会が開かれるという温度差・・・・こんな時には通年国会で行くべきだろうと思うのは、私だけではないだろう。流れてくる国会議員関連のニュースは会食で顰蹙を買ったり、贈収賄事件で起訴された話とか・・・情けない限りだ。

暖がもどる!

2021 - 01/14 [Thu] - 22:01

 「今日は、もう春の到来?って思えるくらい暖かかった。また明日から寒波で寒くなるようだ。冬はまだまだ続く。これはコロナとの戦いも今日で1年、ちょうど日本で初めて感染者が出た日となるようだ。本当に長い冬のトンネルのようだ。明るい入り口がなかなか見えない。緊急事態宣言が各地で出ても、さほど感染拡大は止まらない。何より心配なことは医療現場のひっ迫状態だ。飲食業界はこれも大変な状況で、地方都市の松山でも午後8時ごろにはもう人も明かりも消えてゴーストタウンのような不気味な感じだ。この状態を2週間続けて感染が収まるのだろうか。実際に行って見たわけではないが、報道で見る限りは寂しい状態だ。行きつけの店はどうなってるのか心配だが、行くわけにもいかず忸怩たる思いだ。」

 午前中は、明日の広報常任委員会のために再校正のPDFをチェックして、残っていた表紙と裏表紙の写真やデザインなどたたき台を作成して準備をしておいた。その途中でスタッフのパソコンが故障してどうにも再起動してもうまく戻らず、結局私のほうのPCで作業をしてようやく議会事務局へのメールなども何とか送ることができたので、ほっとした。ただ修理をしないと今後の作業に支障が出るので、専門家に依頼して指示を仰ぐしかないようだ。
 午後からは久々に早めに自宅に帰ってコロナ関係のニュースを聞きながら、なんかこの状況を画期的に抜け出す方法が今の対策では見いだせないようで、ますます深みにはまっていくようなそんな不安が大きくなった。少なくとも自分自身は感染者にならないよう、また増やさない努力を愚直に続けていくしかないのかなと思っている。
 暖かい夕方にラブとの散歩に出かける。
 夜には息子から宅急便のお礼の電話があって、喜んでくれていたのでよかった。

 | HOME |  »

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード