2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
無理はできない、フラレッスン
2017/11/21(Tue)
 「今朝は本当に洗濯日和なのに、昨日ほとんど洗濯しちゃったのであまりバスケットに入っていないので残念。昨日できなかったブログを今朝書いてメールした。そのあと事務局へ行き、議会報告会の資料について確認して24日のグループ別作業部会には出せるように。その後エミフルにて軽く昼食を。そしてフラのレッスンに。今日はいつもの潤子先生は用事で来れず、お弟子さんが来て一緒に踊ってくれた。私の今の状況は何曲か踊ると左足がしびれてきて、鈍痛がするので最初の基礎ステップの練習をすると最後までできなくなってしまうので当分、年内は直接踊りの練習に入ったほうがいいみたい。情けないけどね・・・」

 レッスン後は事務所に戻って、昨日からの続きで一般質問の通告書の原稿書きをした。今週中にほぼ仕上げる予定で、大きなテーマとしては3つぐらいを考えている。
 夕方4時半には事務所を出て、帰りに買い物をして帰宅。ただ夕食を作る前に夫から電話があって、夕食はいらないとのこと。一人のんびり食事を済ませ、ニュースやメールのチェック。
 明日はネットワーク松前のワイワイトークの日だ。うまく会が進行できるように、ファシリテータとして頑張るつもりだ。記録係として写真もしっかり撮っておこう。
 ただ明日は雨らしいので皆さんの出席にかかわるかも知れないので、ちょっと心配。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
通告書に着手
2017/11/20(Mon)
 「今朝から冬将軍の到来か・・・とっても寒い。なんだか霧雨も降っているような。12月下旬並みの気温だったとか。午前中はネットワーク松前の一部メンバーとともに、来る22日の本番に向けて最後の打ち合わせと資料の印刷なども事務所にて行う。その中でこのネットワーク松前の設立当初の12年前を振り返って、松山の女性会議の実行委員時代のことや、そのころ自分の中でもやもやしていた性別による不平等や不利益的扱いについて語り合い、それが男女共同参画社会の推進力になったことなどを熱く語りあう場にもなった。結局12時過ぎまで話し合いを行い作業も終えて、私はそのま
ま事務所にて軽く昼食を取って、引き続きデスクワークに入った。」


 午後2時ごろより、いよいよ12月議会に向けて一般質問の通告書を書き始めた。今回は9月の中ごろに遭遇した台風18号について、今までにはない怖い思いというか危機的状況に対応しなくてはならなかった事象について、しっかり検証すべきだと感じた。このところの異常気象から、このような大雨台風や集中豪雨はこれから頻度高くやってくる可能性があるとみて、防災対策をきっちり構えておくべきだと痛感したのでこれを行政に対してしっかり認識していただきたく一般質問によりその姿勢を正していきたいと思っている。
 この質問以外にまだ2~3質問事項があるのだが、これについては今週中にまとめて表記していくつもりだ。
 また同時並行に、作業部会の当面の審議事項として議会報告会の実施とその要綱づくりがある。
そのための資料集めや、たたき台となるべき松前町議会の実施要項も固めていかなければならないので結構時間との戦いだ。集中しないとスイッチの入らない私としては、そろそろ始動しないと大変だと感じつつ、環境は整った。
 夕方庁舎事務局に行くつもりだったのだが、歯医者の予約があったことに気づき行けなかった。
 夕方5時の予約に飛び込んだ歯医者だったが、それは私の記憶違いで実際は12月4日の5時とのことで結局無駄足に。
 とはいえ、少し時間の余裕ができたので早めの夕食準備にかかり、スタンバイできたのに夫はそれらにはほとんど手を付けず、冷蔵庫から自分の好きなものだけ出してお茶漬けを食べてたので、ちょっとイラっときたけど喧嘩する気持ちもなく(以前の私ならかなり嫌味の二言、三言は言っていたと思うけど)お互いの時間を好きなように生きているというこの空気を居心地良く感じている自分に、はっとした。
 夜10時過ぎには、二男からようやく見習いから正式社員になれたと報告があって、私はそのことがとても嬉しかった。もう完全に関心は夫より息子のほうにいってるなと、冷めた自分を再確認した。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
男女共同参画学習会
2017/11/19(Sun)
 「昨晩足が痛くてなかなか寝付けなかったので、さすがに今朝は寝不足気味な感じがあった。午前9時にはフレッシュ・リブまさき主催の男女共同参画学習会に参加。初めに愛媛県版イクボス「ひめボス」実践研修講師:和泉 智子氏のお話を1時間あまり聞いて、そのあと休憩をはさんでA家庭でB地域でC職場でという3つの分散会会場に分かれて意見交換をして、最後に元の大会場に戻って各会場の意見をまとめたものを発表者が述べるという形のものだった。」

 和泉さんのお話のテーマは「私らしい寄せ鍋人生~ワーク・ライフ・ソーシャルの相乗効果を目指して~」だった。
 1998年に愛媛トヨタに入社、
その頃は専業主婦に漠然と憧れを持ち、ショールームの案内役という花形っぽい仕事についていたが、3年後の社内移動で上司が変わって指示待ちじゃなく自分で考える姿勢を促されるようになってから仕事がとても面白くなって、結婚しても仕事は続け、ま
た子供ができても産休・
育休を取って今も時短で働かせてもらっているとのこと。気が付けばもう入社20年のお局様だけど、係長というポストについてしっかり社内でも中間管理職的な位置を保っておられる。
 そんな彼女のロールモデルは、ひめボスの存在だったと。これは
職場で働く部下・スタッフのワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら組織の業績も結果をだし、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のことらしい。
 正社員で働き続けることが、夫の転職時や自分の病気の時も
人生のリスクヘッジをクリアすることができたという点も大事なポイントのように聞こえた。
 とかく働きやすい、
特に子育て中はパートとかフリーランスという形にというのが今はまだ多いのだが、社会保険やのちの年金のことなどを考えると、また子育て時から解放された後には再考すべきではないだろうか。
 やはり女性側が我慢したり、
子育ては女性がすべきもの特に3歳児神話などがその時期の女性たちの判断に影響するのかもしれない。
 Cの分散会での意見交換会のところで
その点を大いに考えさせられたが、その視点が少し影を潜めているのかもしれない。
 ただ、今は
労働力不足で企業側も正社員への転職に窓口を大きく開けているようなので、チャンスかもしれないとのアドバイスも入った。
 やはり今回も感じたのだが、
せっかくの講師の話と分散会の中身があまりリンクせずに、意見交換が浅いままで終わってしまうのが残念。議事進行や発表者の意見の中身からそういうことを引きだす打ち合わせなども今後は執行部のほうでやっておかれたら、多少でもこの不消化感がなくなるのでは?
 
会終了後、友人と久々にゆっくりとエミフルの敷地内のレストランで食事をして、楽しい時間を過ごすことができた。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
防災士スキルアップ講座
2017/11/18(Sat)
 「今日は午前中は、母のことで長い間お世話になっていた10年間通い続けた愛大の先生に、この退院を機に松山市内の近場の先生のほうに切り替えさせてもらうことについて感謝とお詫びを込めてお手紙を書いて私なりにけじめをつけさせていただいた。父が生きている間は母とのツーショットのお膳立てをまた母一人になってからは気分転換のドライブがてらにと愛大病院まで連れて行ってたのだが、私も股関節を痛め母を抱え上げて車いす移動など十分に一人で対応することに自信がなくなり、ちょうどこちらの松山の病院でしっかり糖尿以外の肺炎性心不全も直していただき退院させてもらったことを機に切り替える決意をした経緯を詳しく書いて20日の受診日に行かないことを伝えた。本当にありがとうございました。」

 その手紙を携えてエミフル内の郵便局から速達で出して、
昼食を食べて昼1時から予定されている消防学校での防災士スキルアップ専門講座に出かけた。途中、車の渋滞などもあって15分ほど遅れて到着。
 ワークショップのために最初から5人ずつのグループに分けられた
席が決まっていて、私は松前町、内子町、東温市の防災士さんたちと一緒に講義を受けた。
 最初の2時間は地区防災計画を作る目的や実践例、
またそのプロセスなど、先進事例新居浜市の金栄校区の自主防災会の例を紹介しながらのお話。
           P1120223 (250x149)   
 そのあとは高知市下地地区の取り組みや計画策定時に生じた課題や
問題点解決策などについて講義があった。
    P1120226 (250x200)
 そのあと2時間かけてのワークショップ。テーマは「
地区防災計画におけるよう配慮者への支援について」
 いつものようにテーブルの上に大きなトリノコ用紙を広げ、
ポストイット紙、マジックなど筆記用具を置き、まずはグループ名を決め、自己紹介、ファシリテータを決める手順で進めていった。
 アイスブレイクした後結局、私が進行役と発表役を任され、
なるべく皆さんの意見をどんどん引っ張り出して書いてもらって、項目に分けて貼り付けていった。
         P1120227 (250x188)
 みなさんとってもいいご意見なり話の展開で、
進行役としてはとても楽させてもらった感がある。たぶん日頃からそれなりの視点をお持ちなんだろうし、地域の抱える問題もよく把握されている感じだった。 9月17日の18号台風のちょうど後だったという事もあって、災害に対する危機感も以前よりは現実味があったのではないだろうか。
 
最後に各グループで作ったトリノコ用紙の内容を壁に貼り付けて、各グループ3分間の持ち時間で発表するという形を取った。私たちのグループはみなさんがいっぱい書いていろんな意見を出してくださったので、大きくまとめた3つの項目が整理されとても見やすい表が出来上がったので、こちらとしても発表しやすかった。
    P1120230 (250x136)
 最後にアンケートを書いて提出し、帰宅の途に。
もうすっかり暗くなっていたが、途中でちょっと買い物をして一人のんびり夕食を。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
作業部会にむけて
2017/11/17(Fri)
 「今日はいいお天気。でも何かと忙しい。午前中は事務所にて今日の午後からの作業部会のための準備などでデスクワーク。また今後の仕事の段取りについて、スタッフと打ち合わせ。11時半過ぎにはいったん自宅に戻って書類を取りに行き、それから庁舎に行って、簡単なランチを取って事務局にてレジュメなど資料を受け取り局長に別の資料の件でお願いして、午後1時には6階の部屋で作業部会を行った。先日の議運での内容報告と急がねばならない議会報告会の内容や18号台風の検証について、議長を通して議会への報告を含め全協でやってほしいことなどを確認した。午後3時過ぎには閉会した。」

 そのあと母のところに行って退院後のホームでの生活に適応できてるのかどうか見に行った。ちょうどおやつのケーキを食べさせてもらっているところだった。少しづつベッドから起きて車椅子の時間を増やしてるとのこと。元気そうにしていたので私も安心して帰れた。洗濯して持ってきた毛布や下着など、係の人に渡してホームを出た。
 また事務所に戻って、24日の作業部会Aグループのための資料の入手についてあちこち先進的な事例のところに直接掛け合った。
 夜には西高柳地区の集会所にて、自主防災会の幹事会があったので出席。
 先日の防災士会でほぼ固めた第10回の総合防災訓練のことについて説明し、意見を出し合っ
て12月10日本番に向けて皆さんの承認を取り、準備に取り掛かることに。
 9時過ぎには帰宅。夫は酔っぱらってご帰還だ。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ